菜花庵-nanohana.an

maropu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

『車でぐるり旅、 関西・中国・四国へ! 其の四』の話

岡山市街地から北上して奥津温泉まで向かいます。山々に囲まれた道を行くのでとっても気持ちのいいドライブです!

山の上に遊園地がある!
f0036603_1632960.jpg



バイクで走っているおにいさんもノンビリしているように見えます。山の形がかわいい!雲の形もかわいい!
f0036603_16351656.jpg



なんてうきうき楽しい気分でいたところ・・・こんなショッキングな山に遭遇。ハゲ過ぎ・・・かわいそうに(><) 人間ってヒドイなぁ・・・
f0036603_16433866.jpg



真ん中の木がまん丸でかわいくない?こえだちゃんの木のおうちみたい(←知ってるかな?)
f0036603_1645378.jpg



日が傾いてきました。ただいまの時刻夕方の5時半です!夕食までに旅館まで到着しないと!
f0036603_16495040.jpg



少しして久米南町というところに到着。岡山県のほぼ中央に位置する農産業を中心とする町です。ここらでちょっと一休み(=もっちがひと眠り)することになり、山道の途中で見つけた道の駅「くめなん」に寄りました。
f0036603_16522562.jpg



建物の裏には青々した水田がとってもきれいで涼しげに広がっていました。稲って緑のときも刈り入れ時期の茶色のときも、いつでもきれいだね♪
f0036603_16544753.jpg



ほら、こんな山の中にあるんですよ!こういうところなら私でも運転できそうだな~。
f0036603_16562449.jpg



あれ、よく見るとおじいさんが犬の散歩してる。しっぽの付け根が茶色でかわいい子だナ(^^)
f0036603_16572760.jpg



道の駅「くめなん」には小さな食堂があり、いかにも田舎の食堂といういい感じです!余ったスペースにもうちょっとテーブルをたくさん置くと、たくさんのお客が座って食べられるのにって思うのは都会のヒトの余計なお世話なのかもしれません(苦笑) これぐらいのんびりしたのがいいのかもね。
f0036603_170725.jpg



備前焼の置物でおもしろいのを見つけました。なんとなくうちのマロに似ている・・・!買っておけば良かったな。
f0036603_171871.jpg



そうそう。こんなかわいらしいトンネルがありました。トンネルの向こうに行くと千と千尋の世界に行けるかも?!
f0036603_15305842.jpg



雲が近い!影がくっきり!
f0036603_15385029.jpg



珍しいファンタを見つけました。ゴールデンサイダーだって。黄金色のファンタです。味は・・・一番しっくりくるのは、インカコーラみたいな感じ(って分からないですよね。いつかDC編をアップしたときに紹介します!)。なんだろう、べっこう飴のサイダー風味、かなぁ。
f0036603_15413156.jpg



「くめなん」道の駅でのんびりと休んで、さあ、また出発だ!これからはイッキに奥津温泉まで行きましょう。高速道路がないので、一般道を使います。

一般道は景色が面白い。関西を過ぎると、「そば」ではなく「うどん」の看板が目立ちます。
f0036603_168393.jpg



弓削って「ゆげ」って読むのかな?弓削というと、山岸涼子の「日出処の天子」に出てくる弓削王子しか思いつかない(^^; 聖徳太子の息子の息子です。こういう地域で弓削っていう地名に遭遇すると、何らかのつながりを感じちゃいますネ(^^)←根拠ゼロです
f0036603_16165071.jpg



田舎なのでこんなところで止まって写真も撮れます!
f0036603_1618358.jpg



入道雲が黙々とモクモク・・・何を考えているのだろう?
f0036603_16184924.jpg



時刻は夕方6時半ごろ。夕方の空ってきれいですね~。
f0036603_16193648.jpg



院庄(いんのしょう)という駅を撮った理由は、この院庄というところまで来ると奥津温泉はもうちょっとなので待ちに待った場所だったから!あと少し、がんばろう!
f0036603_16212672.jpg



以下、次号へ続く!
by maropu21 | 2009-09-20 12:07 | 旅行 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://maropu.exblog.jp/tb/11945537
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by KIM at 2009-09-20 21:53 x
次号続く!ってところがニクイにゃー!「お、もうそろそ到着やん?」って思ったところだったのにさ!笑

のんびりした所だね~!ウチの田舎っぽい。笑 田んぼの所とか、ああいうスッキリスペースのあるドライブインとか。スペースがあるから、せせこまとしてないというか。

田んぼって、綺麗だよね~!情緒的で。だから、十市女皇だったかなー、いや違うな、誰だっけかなぁ、稲がなびく様に、あなたに私の気持ちのなびくのです。。という歌を歌ったのよね。なびく穂を見ると、その歌を思い出して、いにしえの人達は、これを見て歌を詠むのよネェなんて、思ったりします。(MEの場合は、天上を思い出したわ、弓削の所で。笑。その後、そっちを思い出した!笑)
よくYOUが「この部分を切り取って、昔の人が見た風景と変わらない部分を眺める」って言ったの覚えてる??以来、MEもそういう風に風景を眺めるようになったわー! 
次号楽しみにしてまっせ!
Commented by maropu21 at 2009-09-22 09:46
KIMちん~
YOUは明石、1番好きだったよネ!彼女は本当にラッキーな女性だと思うけどそれをひけらかさず、自分や源氏の立場を理解していたし控えめで賢いよね。憧れるなぁ、私とは程遠いからなぁ(笑)


景色を切り取る話、覚えてるよ!今でもたびたびしてるよ。ちょうど昨日は古都鎌倉に行って、鶴岡八幡宮の前でソレやった!あと、鶴岡八幡宮の辺りは鎌倉の中でもかなり騒々しい地域でね、でも、源頼朝の時代は音も全然違うものだったんだろうなと想像してたよ。

写真をまたいろいろ撮ってきたから(笑)またいずれ今回の鎌倉も紹介するわ(≧∇≦)