菜花庵-nanohana.an

maropu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

『車でぐるり旅、 関西・中国・四国へ! 其の五』の話

奥津温泉に到着!もう7時前です。もっち、運転お疲れさまでした。

いったいどこに旅館があるのだろうかとちょこっと不安になるぐらいの山道の静かなところです。

奥津温泉で宿泊したのは、「奥津荘」というこちらの旅館です。80年以上前から続く老舗の旅館で、館内はリニューアルされているのでとても清潔できれいですが、もともとの古くて歴史のあるところもたくさん残っていて、古いけれど新しい。そんなステキな旅館です。また、なんといってもアットホームな雰囲気なのが心地よく印象的でした。
f0036603_1632086.jpg



玄関はとても広くて整然としています。こういう広い玄関っていかにも旅館っていう感じじゃない?
f0036603_16365882.jpg


棟方志功が何度となく泊まった旅館だそう。館内にはたくさんの作品が飾られていました。アメニティーを入れる袋にも、ホラ。
f0036603_16341547.jpg



ちょっと小さくて見にくいけど、ラウンジの奥にも作品があったりします。
f0036603_1635216.jpg



旅館に入るとまずは玄関のすぐ脇にあるラウンジに通されました。窓の格子からの自然光がとてもきれいで、落ち着きます!
f0036603_1647259.jpg


f0036603_16385330.jpg



お菓子とお抹茶をいただきました。ラウンジでチェックインも済ませます。
f0036603_16401791.jpg



お茶もお菓子もとても美味しかった!
f0036603_16413937.jpg



その後お部屋に通されました。今回は離れに泊まります。離れまでの移動中、女将が旅館の設備説明や由来を話してくれました。
f0036603_16453395.jpg



本館の横に2棟の離れがあります。
f0036603_16484622.jpg



こちらが我々が泊まった方。上の写真だと左側の離れです。
f0036603_16481181.jpg



さて、部屋でゆっくりする間もなく、お食事の前に急いで温泉に向かいます。ここは源泉かけ流しなんだって。私は温泉にそんなに興味がある方ではないく、まぁせっかくなので・・・という程度。時間によって女湯と男湯が変わります。この日の夜は女湯に立ち湯があるとのこと。それがこちら。とっても小さい湯船なのですが、中は結構深いのでその名の通り立ったままお湯につかります。←立ったままって何か意味があるのでしょうかな?
f0036603_16521721.jpg



普通の湯船もあるので、ゆっくり温まりました。ゆっくりと言っても10分ぐらい・・・かも。決して熱い温度というわけではなく、ちょうどいい温度なのですが、掛け流しだからなのかな、とっても体が温まりました。もっちもそう言ってた(お風呂の後、汗だくだくだったもの 笑)それに肌がすっごくツルツルになったよ!今回の旅行で温泉には何回か入ったけれど、ここのお湯は本当に良かったです!


温泉は飲むこともできるので、キーンと冷えた温泉の水をいただきました。まったりした舌触りでおいしい。
f0036603_1657219.jpg



お風呂の後に一旦お部屋に戻りました。玄関を入ると襖があって、その向こうにこじんまりとした清潔なお部屋が1部屋あります。縁側(っていうのかな?)の奥にはお手洗いがあります。
f0036603_1113712.jpg



お手洗いはこちら!ウォシュレットですよ。
f0036603_113185.jpg



いいにほひがすると思ったら、かわいい匂い袋が吊り下げられていました。
f0036603_1134738.jpg



洗面台は広くて使いやすい!
f0036603_1143140.jpg



アメニティーもちゃんと充実しています。
f0036603_1317445.jpg



そんなこんなでお部屋を見てまわる時間もそこそこに、そろそろ夕食の時間です~♪この旅館ではしゃぶしゃぶディナーコースをいただきました。一休ドットコムで予約をした時にたまたまそういうプランがあっただけなのですが、お肉好きな我々は大喜び♪
f0036603_13502965.jpg



生肉アップ~♪♪←おやくそく(笑)
f0036603_1493515.jpg



籠の中にはかわいいお惣菜が。手前の小鉢の野菜には紫色の色素が含まれているようです。シソみたいな葉っぱなのかな?味はクセはありません。
f0036603_14264080.jpg



川魚のお刺身など。湯葉も奥にあります。川魚のお刺身ってちょっと苦手だったのだけど、今回はおいしくいただきました。
f0036603_14311572.jpg



きのこのおこわ。ほんのり塩味であっさり風味です。もっちのお気に入りでした。私の分まで食べてたくらい。
f0036603_14335856.jpg



これ、とってもおいしかったです!何だったのか忘れちゃいましたけど。。。山芋だったかな?でもおいしいけど熱かった!猫舌には大変でした(^^;
f0036603_14344235.jpg



デザートはこちら。いちじくです。いちじくって私の育った地元が産地だったので田舎の果物っていうイメージが強くて、最近のオシャレなデザートやケーキに使われている姿になかなか慣れません(笑)
f0036603_14331878.jpg




以下、次号へ続く!
(ハイ、また旅館の写真、たくさん撮っちゃって一度に載せられなかった(^^;))
by maropu21 | 2009-09-23 12:33 | 旅行 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://maropu.exblog.jp/tb/11951894
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by KIM at 2009-09-24 00:45 x
素敵な旅館だね~!なんか、古いけど新しい、っていうのがコンセプトなんだろうけど、きっとこの旅館が行ったリノベーションのコストは、建てる時よりお金がかかったはずです。笑 (と、帝国ホテルの営業の人が、東京の帝国の改装をする際にかかった費用をそのように形容していて、大変なんだろうなぁ、と思ったの。結局どこもそうだよね、きっと)

アメニティも充実、離れっていうのがいいね~!それにしても、結構ギリギリまで「何も決まっていない!」と焦っていた割りには、素敵な所が取れてよかったね!なんてたって、新婚旅行なんだしね!せっかくの素敵な旅だから、拘りたいよね~!

なんか、旅館の外の町並みが、古っぽくて、私的にツボです。暖簾の中からチラッと見える向かいの家並とか。。。

今、ほら、懐石レストランにいるでしょ。だから、お料理の感じとか、凄く興味あるわー。特にデザートとか「いちぢく」を使うところなんて、まさに日本的で、情緒あるなぁ。凄く似てるのがウチでも出るのだけど、さすがにいちぢくは使えないからさー!料理の世界って、深いよね。これからもYOUの食日記(だけじゃないけど!笑)楽しみダニ~~
Commented by maropu21 at 2009-09-24 11:51
情緒ある旅館、景色、食べ物、これがあると旅行の疲れも吹っ飛ぶよね!
自由気ままな旅で飛行機の時間なども気にしなくていいから、ギリギリまで行動を起こさない我々の悪いクセがでて、ほんとなーーんにも準備していなくてさすがに焦ったけど、ネ(笑)

和の良さ、美しさって、アメリカに住んだからなのかなぁ、ここ最近すごくいいと思うよ。(それとも年を重ねたから?)
和食器や和建築、美術など見ていて飽きないわ。洋もステキだけどね!季節感の感覚や表現に関しては和の勝ちじゃないかしら。
料理もそうよね。和菓子もね。キレイに盛りつけるのは大切だよね。食器などは日本に買い付けに来てるのかな?