菜花庵-nanohana.an

maropu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

『車でぐるり旅、 関西・中国・四国へ! 其の六』の話

次の日の朝、一足先に目覚めた私は朝風呂に入ることにしました。部屋にも露天風呂がついているので、せっかくだから入らないとね。もちろん源泉掛け流しです♪
f0036603_14422832.jpg



どんどんお湯がそそがれ、お湯があふれます。もったいないぐらい!
f0036603_14432936.jpg



湯船につかって上を見てみると緑でいっぱいでした。キモチイイ~~(^^)
f0036603_1444579.jpg



外にあるのでそんなに熱いお湯ではなくゆっくりあったまることができます。お風呂からあがってしばらく涼んでいると、もっちものっそり起きてきて、露天風呂に入ってました。

さて、その後はすぐに朝ごはんです♪朝早くからお風呂にも入ったしお腹すいてきたな~。旅館の朝ごはんっていろいろと出てきてワクワクしますよね(^^)
f0036603_1535668.jpg



この魚、川の魚だそうです。名前忘れちゃったけど、風味がしっかりあってあっさりしていてとても美味しかった。
f0036603_165122100.jpg



ほとんど塩のみで味付けしていると思われるこちらの野菜スープ。ベーコンのうまみとトマトの酸味が相性バツグン!
f0036603_16523384.jpg



トマトといえば、この何気ないトマト+たまねぎみじん切りのサラダがおいしかったなぁ。
f0036603_1654385.jpg



昨晩、夕食前にお風呂に入ったとき、あとからおばさんが一人入ってきました。突然話しかけられたのでびっくりしたのだけど、どうやら大阪のおばちゃんだったみたい。うん、それなら納得(笑) 娘夫婦とおばちゃん夫婦と4人で旅行をしているようでした。娘さんのお相手はイギリス人。こちらはもっちがお風呂で一緒になったらしく、ちょこっと会話したそうです。

夕食も朝食もレストランでいただきます。たまたま、我々の夕食タイムがその4人家族と同じ時間帯になりましたが、娘さんとお父さんの大阪のノリがすごくて面白かった!一方で私がお風呂で一緒になったおばちゃんは物静かなお母さんでした。イギリス人のだんなさんは日本語があまり分からないのか、大阪のペースに圧倒されたのか(笑)ずっと静かなままでした。



こちらは部屋からの眺め。昨日はもう暗くなっていたので景色がわからなかったけど、目の前の川の流れる音がとても心地いいです。露天風呂に入っているときもいいバックミュージックに!
f0036603_16573514.jpg



部屋からの眺め、その2。大きな木がニョキ。
f0036603_1658385.jpg



朝ごはんの後、もっちはまたお風呂に、私はその辺を散歩しました。旅館の中庭です。こういうのいいな。
f0036603_1658227.jpg



旅館の前の道。とても静かな様子。他にも宿泊施設があるようです。
f0036603_16584476.jpg



バス亭があるのでバスでもアクセスできるんだね。バスでのんびり来るのも楽しそう。このバス、どこから出てるのかな。近くに電車の駅があるのかな。
f0036603_1659316.jpg



旅館内の建物の屋根の上はこんな風になってます。釘など使わずにヒモだけで組み立てているように見えるけど?
f0036603_16593187.jpg



格子窓とそれを覆うように広がっている草木。日本人は、格子などのように細かい線の集合している状態に美を感じることが多いと聞いたことがありますが、うん、わかる気がする。格子や簾などから差し込む光とか障子が均等に仕切られた様子とか整然としたまっすぐな静かな美しさがあると思います。
f0036603_1659527.jpg



廊下。右側にあるのはさっき外から撮影した中庭です。
f0036603_1704323.jpg



旅館の前を流れている川の橋。
f0036603_1711238.jpg



川の水はとてもきれい。
f0036603_1721044.jpg


流れの速いところもある。
f0036603_1723043.jpg



河岸に小さな建物があり、中をのぞいてみると洗濯中の地元の人がいました。このあたりは「足踏み洗濯」というのが有名なところで、イベントも開催されるんだって。ここは足で踏む洗濯場ではないけれど、それでもこうやって公共の洗濯場があるんですね。週末には観光客も洗濯ができるのですよ、と旅館の女将が言ってました。ところで・・・後から知ったのですが、写真手前の地元の方が洗濯しているところは洗濯用の槽なのですが、その向こうにある2つの浴槽はなんとお風呂用なんだって。しかも混浴!!きゃー!!公共のお風呂場なので、なんとお湯に入っているときにも洗濯する人が入ってくるとのこと。驚きです。
f0036603_1725489.jpg



河岸にあるこの足湯みたいに見えますが足湯ではなく、ここも浴場だそう。もちろん温泉、そして混浴ですよ。
f0036603_1732962.jpg



上から見るとこんな感じで丸見え状態。これは入るのに勇気いるよねぇ。
f0036603_175570.jpg



旅館を川から見たとこ。大きな木がこんもりしているところが我々が泊まった離れです。
f0036603_1753644.jpg



あるお宅の瓦にはこんな顔が。福笑いですね!
f0036603_1754863.jpg



旅館の川からの眺め、その2。先ほども書いたとおり、木のある辺りが離れです。右隣の棟は食事処や他の客室がある建物。川縁すれすれにある旅館なんです。
f0036603_1761146.jpg



対岸には「歌の小径」という散歩道があるので行ってみましょう!
f0036603_1763840.jpg



近くで見る川は澄んでいてとてもきれい。真夏だったので涼を得ることができました♪
f0036603_1765997.jpg



与謝野晶子・鉄幹夫妻のゆかりの土地であるみたいで、歌の小径の途中途中に彼らの和歌を見ることができます。
f0036603_17122074.jpg



あ、滝だ!
f0036603_17124467.jpg



あ、毛虫だ!
f0036603_17134633.jpg



足踏み洗濯は、歌にも詠まれていました。
f0036603_17141769.jpg



私たちと同じように夏に訪れて詠んだ歌かな。奥津には大山という美しい山があり登山ができるそうです。
f0036603_17144590.jpg



緑豊かな中に橋がありとても情緒深いデス(^^)
f0036603_17152378.jpg



川の緩やかなうねり具合がいいですね!自然に逆らっていない感じ。
f0036603_1715481.jpg



奥津温泉のマンホール。「奥津温泉」のそれぞれの字に絵がからめてあるけれど、何を意味しているのかよく分からないわ。唯一分かるのは「温」のところが温泉マークっていうことぐらい・・・(温のさんずいの一部の絵が、ハロウィンのパンプキンに見えるのは私だけ?!笑) 「泉」は川かなぁ?
f0036603_17161127.jpg



旅館の近くにはこんな和テイストの建物がありました。やっぱり障子みたいに壁が仕切られてて、整然としていてキレイ!
f0036603_17164485.jpg



このお花、よく花屋さんで見かけるけど、ここらでは野草みたいに生えてたよ。自然の中にあるとまた違った感じに見えました。
f0036603_17172282.jpg



唯一旅館の近くで見つけたお店。私たちの車のナンバーを見て、東京から?!って驚いてた。そりゃあ、そうよね(^^;
f0036603_17184661.jpg



散策を終えて旅館まで戻ると、温泉から出たもっちが、ラウンジにあるPCでインターネットをしていて何か検索していました。「この辺のこと見てたんだけど、ここ、行ってみたい」とあるところを見つけたみたい。「面白そうだね、だけどちょっと怖いかも・・・でもせっかくだから行ってみようか」ということになりましたが、それが本当に今までにないぐらいに大変な思いをすることになるとは・・・。このときは思いもよりませんでした。
f0036603_17192861.jpg



以下、次号へ続く!
by maropu21 | 2009-09-27 14:12 | 旅行 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://maropu.exblog.jp/tb/11957710
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by KIM at 2009-09-27 22:04 x
えーーー何々~!? 気になるダニ!!この終わり方!!(こういうの苦手だっつーの!YOU KNOW!!)

ともかく。歌の小径(漢字はこうだっけか)はいいねー!なんか、どっかで聞いたコトあるかも、、(公共洗濯+お風呂…とか、合わせて、なんかの温泉番組かなんかで…すごいオボロげな記憶だけど)

町の雰囲気とか、建物とかも、いい感じだね~!田舎だけど、温泉町で、それなりにいろんな人が訪れるから、超ド級の田舎、なーんもない!って感じの田舎でもなくてさ。
それにしても旅館の食事は…もう、最高にいいね!!!
Commented by maropu21 at 2009-09-28 09:47
Yes, I know!ごめんね~(笑) 続きにするつもりなかったけど、ホラ、やっぱり写真が多くてね(^^)

田舎っていいね。のんびりペースが都会とは全然ちがう。東京に帰ってきて、田舎のペースが戻ってきてたから(愛知県時代の)、東京の速さになじめなかったよ。すぐにまた慣れたけど。

YOUのレストランの料理の写真もいつか見せてね。っていうか食べに行きたいわ!!
Commented by ぴー at 2009-09-29 12:47 x
おひさしぶりでごんす!
ちょいバタバタしてて~汗
これ、いい温泉ね!! 五右衛門風呂みたいな感じでないけ?!?!
昔のばあちゃんち、思い出した^^;
大阪のおばちゃん遭遇もさ、こういう旅だからこその醍醐味でない?!
いいじゃんねー!こういうの!
で、、、大変な思い、、気になるわ~
Commented by maropu21 at 2009-09-29 20:22
ぴーちぇさん、お久しぶりです。(丁寧な出だししてみた 笑)

ゴエモンとは違って普通のお風呂なんだけど立ったままなの。意味あるのかなぁ(?_?)
おばあちゃんのところ、こんな感じなのね。いいなぁ。うちは田舎がないからうらやましいよ。