菜花庵-nanohana.an

maropu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

『車でぐるり旅、 関西・中国・四国へ! 其の十八』の話

愛媛県から香川県へ。とっぷりと日も暮れてきました。深い紺色の空にまっくろな山が現れます。
f0036603_14392029.jpg



香川の高松出身の同僚・ミヤちゃんから教えてもらった絶品讃岐うどんのお店に向かっていたのですが、夜8時までの営業ということで間に合いませんでした。あと30分だったんだけどなぁ~!!しおなみ海道でのんびりと四国に入ったので時間かかっちゃった(^^;


でもやっぱり讃岐うどんは食べたい!ということで、夜遅くまでやっているお店をガイドブックで検索。そこで見つけたのは、ここ「鶴丸」でした。深夜4時までオープンしています。
f0036603_1631424.jpg



2階に通されました。お座敷になっています。
f0036603_1634131.jpg



手始めにおつまみを。「おでんとうふ」というネーミングに誘われて注文してみました。(ところで、おでんとうふって高松独特なの・・・??) 焼き豆腐に辛子がかかっていました。
f0036603_1635868.jpg



私はぶっかけうどん。ものすごくつるつるしてて美味しかったよ。それにしても、讃岐うどんって太いわ・・・何本も口に入れてすすれない!
f0036603_1641141.jpg



鶴丸と言えばカレーうどん!という口コミをいくつも見たので、もっちが注文してみましたヨ♪讃岐うどんを語れるほど食べていない我々なのに、カレーで更にうどん自体の味が分かりにくくなっちゃった。「うどん」が美味しいとか、そういう記憶がないもの(^^;)でも、私的にはここのカレーうどんはとってもおいしくいただきました。今まで食べたカレーうどんの中で一番印象に残ったぐらい。
f0036603_1642680.jpg



この鶴丸でのディナーの後、先ほども↑で出てきました同僚のミヤちゃんのご実家へ挨拶に行ってきました!本人不在で(平日なので働いています(^^;))、彼女の同僚(私)とそのオットのみご両親と初対面・・・(笑) 
我々の車のナビが古いので、彼女のご実家付近でちょこちょこ迷い、やっと「あ、ここじゃない?」とあるお家に到着すると(立派なお家!)、家の前に誰かが立ってるのを発見・・・ なんと、ミヤちゃんのお父さまが遅い到着を心配して外で待っててくれてました!とっても親切(涙) ありがとー(><) 
冷たいスイカをご馳走になって、いろいろお話して記念写真も一緒に撮ってもらって・・・そして、結婚おめでとうとかわいいお湯呑みセットをいただいたよ。ミヤちゃんのご両親、ほんとうにありがとうございました♪

その日は、香川から名古屋まで(それが無理でも神戸辺りまで)行き、明日は東京にのんびり帰るということを考えていたのだけど、のんびりしおなみ海道がきいたのか(苦笑)、とてもじゃないけどそこまで到達できなかった・・・

というわけで、高松で急遽一泊することにしました。ホテルを予約していなかったので、No.1高松というビジネスホテルに泊まりました。

今までの宿泊先がどこも満足のいくところだったのに、最後の夜がビジネスホテルとは・・・(^^;) まぁそういうことも行き当たりばったりの旅の楽しいところということで。もっちはここの朝食がとてもおいしかったと大喜び。東京までの帰り道、今回の旅の思い出ベスト5というのをお互いに発表していたら、あれだけ色々と体験し美味しいものも食べたのにも関わらず、ここの朝食がベスト5に入ってたぐらい(笑) 普通の朝食バイキングだったんですけどね。サラダ、しゃけ、生タマゴ、海苔、その他色々。それでも500円であれだけ色々なおかずが食べられるのは確かにいいかも。ちなみに、ベスト1は2人とも三徳山での修行入山でした。(←「あなたは頂上まで行ってないでしょ!」ともっちに言われ・・・まぁ、そうなんだけどね(笑))


昨晩、鶴丸で讃岐うどんを食べたことを伝えると、ミヤちゃんのご両親やその友達(ミヤちゃんの幼稚園時代の先生もいらっしゃった)も、あまり浮かない顔をして、「鶴丸ねぇ・・・まぁ旅人にはいいかもしれないけど、讃岐うどんに精通している我々にはちょっとねぇ・・・」みたいな感じだったの!うーん、やっぱりおいしい讃岐うどんを一回でも食べておきたい!というわけで、高松を出る前に讃岐うどんをもう一回食べよう!ということになりました。


ランチまで時間があったので、朝ごはんの後、とりあえずNo.1高松を早々に出て、四国霊場のお遍路さんコースを1つでも行ってみようということになりました。せっかく四国に来ているのだし、そういうのが大好きな私としては願ってもいないプラン♪ちょうど、ミヤちゃんがもう一つ教えてくれたうどん屋のすぐ近くに、四国霊場第85番の「八栗寺」があったので行ってみました!讃岐うどんリベンジをする前にお寺参りか~。わーい!うれし♪


お寺の駐車場に到着。どうやらケーブルカーに乗って山の上にのぼっていくみたい。「八栗ケーブルカー」です。
f0036603_9435989.jpg




往復900円也。
f0036603_9442465.jpg



こちらがケーブルカーです。ぴかぴかでかっこいい!オレンジ色の顔のライト横に、「YAKURI」と書かれているのがかわいい(^^)
f0036603_9444835.jpg



すごい傾斜を上がっていくので、中もこんな斜め状態。
f0036603_9455823.jpg



運転席です。都電みたいだね。運転手は女の子でした。
f0036603_9461599.jpg



ぴかぴかしてるけど、実際は古い車両なのかな?あ、私、まだ生まれてないや(笑)!
f0036603_947511.jpg



出発進行~!カピパラさん、カメラ目線よ(笑)
f0036603_947242.jpg



せっかくなので窓の外を見せてあげました!ワクワクしているように見える(笑)
f0036603_9473757.jpg



頂上の駅に到着です♪
f0036603_9475640.jpg



八栗寺の入り口。ケーブルカーで同乗したおばあさんがいたのですが、とても足腰がしっかりしていてスタコラサッサと前に進んで行きます。
f0036603_9482431.jpg



ちょっとシャビーなお土産屋さんもいい感じ。
f0036603_9491736.jpg



小雨が降ったり止んだりしていたので、霧が奥深くて雰囲気が出てきました!
f0036603_9495351.jpg



突然岩が切り立ったところがありました。お花が供えてある。何だろう?
f0036603_950511.jpg



いよいよ!霧がふか~くなってきましたよ!ワクワク。
f0036603_10185033.jpg



歩いていく遍路道ってことかな。小さな看板がありました。実際、お遍路をずっと歩いて行くとなるとかなり大変だと思う・・・。高知県などにもお寺が点在してるんだもの。
f0036603_1019947.jpg



人通りもまったくありません。さっきのスタコラサッサおばあさんは、とっくに姿が見えなくなっています。ほんと、歩くの早かった!!
f0036603_10384915.jpg



塔が見えてきました。これ、なんと昭和59年に出来た新しいものだそうです。つい最近じゃない!
f0036603_1039108.jpg



大師堂っていうお堂。
f0036603_10392949.jpg



小坊主さんもニコニコ。
f0036603_10404283.jpg



さっきの新しい塔の前では、おじさんがきれいに手入れをしていました。
f0036603_1048159.jpg



お金!お金!お金!(笑) たくさん納めた人は、ゴールド会員(?)になっちゃってます!
f0036603_10582636.jpg



たくさん寄付する人っているんだなぁ~なんてお金のことを考えながら(笑)、ケーブルカーの駅に戻りました(雑念多すぎ・・・)。
f0036603_1112276.jpg



頂上の方の駅は下界よりもこじんまりとしていて、それがまたいい雰囲気です♪
f0036603_10585523.jpg



奥津の辺りの道の駅もそうだったけど、ここもスペースの割りに物が少ないですね。
f0036603_10592981.jpg



お魚が飼われてる。このお店には、さっき下からケーブルカーを運転してきた女の子と、もともと売店にいた女の子の二人がおしゃべりしていました。こんなひっそりした山なのに女の子しかいないのかな?
f0036603_10591480.jpg



昔なつかしニッキ水。フラッシュをつけて撮影してみたらとても鮮やかになりました。もっちはニッキ水を1本購入。初ドリンクでしたが・・・口にあわなかったみたい(^^; 私も苦手なので手伝ってあげられませんでした。
f0036603_1115291.jpg



帰り道。また同じ女の子が運転手。小雨が降ってきた。
あ、前から上りのケーブルカーがやってきました。あっちも運転手は女の子かな?!
f0036603_1135399.jpg



下山しました。お遍路さんコスチュームのおじいさんを発見!いろいろなお寺を周っているのかしらね。
f0036603_1154835.jpg



ん?小鳥?・・・なぜかこの「小鳥」の表現が面白くてパチリ。
f0036603_116052.jpg



駐車場にこんなお店がありました。時間あったら四国のところ天、食べてみたかったなー。ちなみに名古屋のところ天は甘いです。
f0036603_1162756.jpg



ちょこっとの時間だったけど、お遍路さん気分を味わって満足しました♪
f0036603_1104324.jpg



さて。同僚のミヤちゃんはいくつかの讃岐うどんのお店をおすすめしてくれたのだけど、その中でも、ここ「山田屋」はかなり有名店らしいです。ネット販売などもやってるみたいよ。ちなみにミヤちゃん一番のオススメのお店は(昨日遅くて閉店しちゃったとこ)、あまり有名店ではなく、地元の人たちでにぎわうお店だそう。ご両親も「行くならそこよ!」って超すすめてたし。舌の肥えた高松市民に愛される讃岐うどんのお店かぁ。そこもまたいつか行きたいな。
f0036603_118751.jpg



立派な門。駐車場もとても大きいし、お店もすごーく大きい。その昔、造り酒屋をしていた時代からの門らしいです。
f0036603_1175126.jpg



お屋敷みたいじゃない?
f0036603_118315.jpg



店内は落ち着いていて懐かしい様子。
f0036603_1184777.jpg



「山」のマークがお湯のみの底にも描かれています。きれいな藍色。
f0036603_1193937.jpg



これ、メニューの名前を忘れちゃったけど(「ぶっかけうどん」だったかな?)、確か一番安いやつだったと思う。注文したら、なぜか、お店の人が「本当にこれでいいんですか」って何度も聞いてきたの。色々食べてみたかったので3種類のうどんを注文したんだけど、麺の命を大切にするお店の人は、いっぺんに注文してほしくなかったようです。のびちゃうとか、この瞬間が一番オイシイのとかあるのでしょうね。
f0036603_1195327.jpg



麺アップ。「うどんだぞーー!」と主張してます(笑)ツヤツヤですね。こんなお肌だったらいいのに(笑)
f0036603_1110611.jpg



こちらは、「釜ぶっかけ」の全容。いろいろな薬味があって楽しめます。
f0036603_11103637.jpg



釜ぶっかけの麺もアップしちゃえ!つるっつる、もっちもち。かなりしっかりした麺です。でもやっぱり太くで食べにくい・・・(笑)
f0036603_11102362.jpg



焼き鯖寿司も注文しました。いやはや、食べ過ぎたわ・・・!
f0036603_11104968.jpg



さて、いよいよ旅もクライマックスに突入しそうです(やっと・・・?!(笑))。四国を出て本州に戻り、東京へ向かいます。


以下、次号へ続く!
by maropu21 | 2009-11-26 22:23 | 旅行 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://maropu.exblog.jp/tb/12290192
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tome_seisakujo at 2009-11-27 21:50
私の父もうどん大好きだよ。(定年退職前は、昼食はたいてうどんだったみたい)。実家周辺のうどんは絶対に制覇してると思う。
だから、ここ香川あたりなんぞに行ったら、大喜びじゃないかな。
いつか連れて行ってあげたいな。
Commented by maropu21 at 2009-11-28 14:54
我々の育った地域はお蕎麦よりうどんだよね。東京はやはり蕎麦派が多そうだけど!
それにしてもとめちゃん父のうどん好きはスゴイわ。毎日なんてなかなかできないよ!いつか香川に行けるといいね(v^-゚)