菜花庵-nanohana.an

maropu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

『春だし奈良にも行こう!石舞台古墳、そして橘寺へ』の話

さてさて。お次は、蘇我馬子のお墓だといわれている石舞台古墳へ向かいましょう!ずっと前から教科書とかで何回も見てたけど、訪れたことなかった古墳。ワクワクしちゃう。かめバスを降りて、公園を通ります。
f0036603_15285310.jpg



たくさんの花に囲まれた公園。菜の花だってありますよ!
f0036603_15294736.jpg



お堀みたいなのに囲まれた小高い丘があり、そこに石舞台古墳はありました。
f0036603_1530881.jpg



はい、こちらです!!
f0036603_153030100.jpg



裏側にはお花がお供えしてありました。大きさが分かりにくいかもしれないけど、ものすごーく大きいんですヨ!
f0036603_15304569.jpg



古墳の下に下りてそこから内部に入れます。
f0036603_1531037.jpg



中はこんな感じ。大中小の石がうまい具合に積み重なってる。
f0036603_15311420.jpg



古墳の内部にあったと言われる棺の復元です。こういうのがあるといかにも古墳という感じでドキドキしますね!
f0036603_15313813.jpg



石舞台古墳の周りは、山だらけ。
f0036603_15315355.jpg



菜の花畑もありました♪ものすごく鮮やかな黄色!
f0036603_1532720.jpg



また無人店のハッサク発見!
f0036603_15322221.jpg



飛鳥のいろいろな遺跡の中でも、ここ石舞台古墳ほど世俗的な雰囲気になっているところはありませんでした。お土産屋さんや駐車場など、観光地化されてます。でもそれもほんとに周りだけで、全体的には大きな自然に包まれている雰囲気なのですけども。
f0036603_15325342.jpg



例えばこんな出店も。
f0036603_1533222.jpg



思わずみたらし団子を食べちゃいました!
f0036603_1532371.jpg



石舞台古墳を満喫して、次は飛鳥駅に向って歩きます。途中途中に沢山の遺跡や古墳に出会える歴史道なんです。
f0036603_15334549.jpg



田んぼに囲まれたのどかな風景。桜もちょこちょこっと残ってる。
f0036603_1534779.jpg



そんな中にポツンと建ってるお寺があります。「橘寺」です。聖徳太子生誕の地に、自身が創建したと言われているお寺なんだよ。
f0036603_15342280.jpg



菜の花に囲まれたのんびりした雰囲気。出店など一切なく、ここが聖徳太子に大きなゆかりのあるお寺とは思えない雰囲気。でもそれがまたいいかも。
f0036603_1534451.jpg



ほとんどが火事で焼失したのだけど、江戸時代に徐々に再建されたとのこと。江戸時代にしてはちょっと新しく見えます。
f0036603_15353090.jpg



境内ものんびりした雰囲気。馬さんもいま~す。
f0036603_15354988.jpg



二面石というこの石、なんだか不思議な石なんです。飛鳥時代の石物で人の心を表しているそう。
f0036603_1536777.jpg



左の石は善。
f0036603_15362010.jpg



右の石は悪。人間には裏表があるということでしょうか・・・
f0036603_15363446.jpg



灯篭も石の上に乗っかっちゃってます。飛鳥が石のモノが多いな。
f0036603_15364919.jpg



橘寺はちょこっとだけ丘の上にあるので、そのからの景色はなかなかきれい。景色その1。こんもりした山がかわいい!
f0036603_1537323.jpg



景色その2。ここにくるときに見た菜の花畑が広がってます。それにしてもこののどかな雰囲気、1日中こういう中を歩いてきましたがものすごく癒されていいですネ。
f0036603_15371723.jpg



遠くの山をアップに。塔が見えました。
f0036603_15373042.jpg



この排水の筒の足元をよく見ると、石の上に上手に乗っかってる!
f0036603_1538142.jpg



お寺の下に箱を見つけました。こんなところに押し込めてもバレちゃうよ(笑)
f0036603_15374598.jpg



きれいな花♪
f0036603_15381937.jpg



狛犬は古そう!
f0036603_15383373.jpg



裏の門に赤いものを発見。なんだろう?
f0036603_15384818.jpg



まん丸なお守りみたいね。
f0036603_1539135.jpg



塀の瓦の上にもお花が。
f0036603_15391589.jpg



この石、よく見ると3つに分かれています。石の名前は三光石といい、聖徳太子が推古天皇の命により勝鬘経を3日間講讃すると、太子の冠が日、月、星の光りを放ったというお話に由来しています。
f0036603_15393144.jpg



阿字池とは、立て札に書いてある通りですが、梵字の『あ』を形取り聖徳太子が作ったと伝えられている池です。とっても小さな池で、今はよどんじゃってます(^^;
f0036603_15394643.jpg



蔵はちょっとボロボロしてる。
f0036603_1540023.jpg



立派な木の根っこだね。
f0036603_1540147.jpg



いろいろと見て周った後、やっと本堂に。
f0036603_15403163.jpg



かわいい字体ですが、書いてあることは納得。
f0036603_15404431.jpg



本堂の横にある仏像は、悪いところをなでるとよくなるというもの。なでられて一番テカテカしてたのはどこだと思いますか? 「膝」です!私もいろいろなところをなでさせていただきました。
f0036603_15405657.jpg



橘寺を出たら、桜の花びらが舞ってました。ひとひら手のひらにゲット。なにかいいことありそうな予感です♪
f0036603_15411080.jpg

by maropu21 | 2010-05-25 21:44 | 旅行 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://maropu.exblog.jp/tb/13537383
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by KIM at 2010-05-27 07:00 x
石舞台古墳!そうだよね、教科書で見た、そのものだね~!あの周りは、観光地化してるんだねぇ。日本らしい~!

昔、お客さんで「ソガです」って言ってて、なんだっけか漢字の話になって「蘇我氏、蘇我です」って言ってたんだよねー。先祖に何か関係あるんじゃないですかね~っていう話になって「いやぁ、多分ないとおもいます」っていってたけど、あるかもしれないよね~!
西暦600年代っていったらさー1000年、1400年とか前の話でしょ~~!凄いよね、日本って!!やっぱり、アメリカにいると、こういうのが全然ないよね。いにしえの感無量っていうのかな。なにもかも、ざっと200年程度だからねぇ~笑 

それにしても、飛鳥はのんびりしてる所だね~!行ってみたいな~!
Commented by maropu21 at 2010-05-27 22:27
石舞台古墳は思った以上に大きくて驚いたよ。
昔、バイト先の先輩の名字が武田だったんだけど、その人は本当に武田信玄の子孫だったよ。本人は普通に銀行マンになったけどね!なんか先祖のことを思うとロマンチックよね~。
日本に帰国したら京都とか奈良とか一緒に行きたいね。