菜花庵-nanohana.an

maropu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

『10月の京都へ!大徳寺と今宮神社』の話

10月の半ばに京都へ行ってきました。今回は初めての(宿泊ありの)一人旅!

まずは大徳寺へ。鎌倉時代に造られたお寺で、応仁の乱で荒廃した後に復興したのがあの有名な一休さん!また、桃山時代には織田信長の葬儀が行われたりと歴史の重要な1ページを作ったのです。そしてわびさびの雰囲気にあふれた情緒あるお寺なのよ。さあ早速、立派な三門をくぐって中に入りましょう。
f0036603_1803245.jpg



境内には小さな寺院が点在していて、参拝することができるのもあれば、一般公開されていないのも。ススキがきれいなお寺に入ってみました。
f0036603_1804875.jpg



こちらはススキのお寺とはまた別モノのお寺。屋根の曲線と小道の直線のコラボ・・・ため息ものだわ!!
f0036603_1813043.jpg



それにしても屋根がステキ・・・・!!思わず違う角度から激写。うっとり!
f0036603_181498.jpg



苔が敷き詰められてとてもきれい。
f0036603_1834162.jpg



ちょっとした1部分を切り取っても、なんだか素敵。
f0036603_1874214.jpg



枯山水もあります。
f0036603_182653.jpg



詳しくはよくわからないけど、水の輪っかがぽわわわわ~んとできたような感じ(に見える)
f0036603_185971.jpg



こっちの輪っかもキレイ。
f0036603_1853717.jpg



井戸みたいのもあった。
f0036603_1843119.jpg



奥には大きな枯山水が。突然現れるのでハッと息をのみます。
f0036603_1891412.jpg



座って静かに鑑賞できるの。人があまりいなかったのでゆっくりできました。
f0036603_18121885.jpg



静かな気持ちになりますね。
f0036603_18131016.jpg



緑の庭園もありました。
f0036603_18105338.jpg


動画でどうぞ!



中庭にも枯山水。きちんと整備されています。
f0036603_181503.jpg



電球もかわいくふちどりされた壁にはまってます!
f0036603_18153253.jpg



さて、境内にある小さなお寺のうち、とっても有名なところに行ってみましょう。人がいない通りをのんびり歩いていってみよう。
f0036603_18155681.jpg



「そうだ 京都行こう」というJRのコマーシャルで使われた庭園。大徳寺内の高桐院(こうとういん)です。紅葉の季節にはとてもきれいになります。でもきっとすごい人だろうなぁ~。でも緑の季節もきれいだよね。
f0036603_18165790.jpg



高桐院を出て次の目的地へ。裏道を通ると何か(車??)の出入り口が。
f0036603_18172758.jpg



あれ、壁に何やら「点」がついてる。
f0036603_18174298.jpg



近づいて見てみると・・・ セミの抜け殻だ!
f0036603_1818087.jpg



大徳寺の大きな境内を抜けて外を歩きます。壁の模様がおもしろい。
f0036603_18203848.jpg



壁に穴が開いていると思ったら、中には福の神がニコニコ。ちなみにちょっとコワイ系の何かが潜んでいる穴もあり、「あ、また福の神だ~♪」って思っていたのでちょっとビックリしました。
f0036603_18205779.jpg



続いて訪れたのは「今宮神社」です。ここも立派な赤い門が出迎えてくれます。
f0036603_18182652.jpg



平安時代以前からここに疫神を祀っていたらしく、健康長寿の神様がいらっしゃいます。とても重厚で均一感のある本殿。ずっと見ててもぜーんぜん飽きません。
f0036603_18221998.jpg



小さなお社が八つ。諏訪社や熱田社などだそうです。
f0036603_18225525.jpg



狛犬さんの腰回り、ほっそりしてる・・・うらやましい~。よーく見てみると台座を支えているのは何かしらの生き物?
f0036603_18231961.jpg



いや~、いままでに何度も言っちゃってるけど・・・やっぱり神社の屋根っていいなぁ。
f0036603_18234426.jpg



ちょびっと紅葉が始まってました。
f0036603_1824928.jpg



本殿じゃないけど、とても雰囲気のあるお社。
f0036603_18243071.jpg



こちらは健康・厄除けの人形。
f0036603_18245333.jpg



中に住所や氏名を記入して御宮さんに渡すと吉日にお祓いをし、お焚きあげもしてくれるそうです。自分の疫厄を人形にうつすんですって。
f0036603_18251065.jpg



こちらは奇石の「阿呆賢(あほかし)さん」といい、病気を早く回復してくれます。また、願いが叶うという石でもあります。ただし、2回持ち上げ、2回目の方が軽かったら・・・という条件付きだそうです!
f0036603_1826214.jpg



真っ黒な門に金色の紋。目立つね。銀河鉄道999の車掌さんの目を思い出す(笑)
f0036603_18253982.jpg



この今宮神社は良縁のご利益もあるそうで、しかも玉の輿なんだって。狙っている人はぜひお参りください!

さーて、お参りも無事に済んだし、東門から出てみましょう。
f0036603_182867.jpg



門を出るとすぐ目に飛び込んでくる古そうなお店がいくつかありました。あぶり餅屋の「かざりや」さんと「一和」さんです。特に意味はないけど、かざりやさんの方に入ってみました(お店の人の客引きの声につられた!)
f0036603_18282339.jpg



こちらがあぶり餅です。甘い白みそダレのお餅で、焦げ目がついていてなかなか香ばしい。これで1人分なので、思ったよりも量がありおなかイッパイになっちゃいました。まだ紅葉前なので混雑していなかったため、お客もまばらでゆっくりと一休みできました!
f0036603_1828419.jpg



お店の方にお願いして撮影させてもらいました。一つ一つ指先を使って形をつくっています。とっても早い手つきなんだよ。
f0036603_18285166.jpg


昔からこのあぶり餅を食べると厄除けや無病息災のご利益があるとされていて、このかざりやさんは創業400年。今回は行かなかった一和さんはなんと平安時代からあるそうで、1000年の歴史があるんだって。すごいなぁ。それを先に知ってたら、歴史オタクとしては平安の方のお店に行ってたかも(^^; とっても古い歴史のあるお餅なんですね。
by maropu21 | 2010-11-26 23:47 | 旅行 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://maropu.exblog.jp/tb/15039876
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みい at 2010-11-30 11:13 x
京都行ったんですね~
いいなあ~何度も行きたくなる場所ですよね。今回もきれいな写真で一緒に行った気分になりましたよ^^。
和の空間って落ち着きますね。庭も庭木もお手入れ大変なんでしょうね。
あの素晴らしく美しい屋根は、宮大工さんのお仕事なんでしょうね匠の技?。
あぶり餅、素朴で美味しそう^^。
お寺、堪能しました^^。
Commented by maropu21 at 2010-11-30 18:41
みいさん、こんにちは!

京都は何回行っても飽きないので1年に数回行きますが、できることなら1ヶ月ぐらい住みたいぐらい大好きです!さすが歴史が長い街、季節ごとにさまざまな顔があって見所が多いですよね。洋もいいですが、最近は和のよさがわかってきました。シンプルの中に良さがあるような気がします。