菜花庵-nanohana.an

maropu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

『鎌倉へ』の話

ある2月のさむーいときに鎌倉まで行ってみました。
同行者はちんたちゃんです。
待ち合わせ時間より早く着いちゃったので鎌倉駅前のお寺をちょこっと見てみました。
f0036603_2242048.jpg



しばらくすると、ちんたちゃんが鎌倉に到着。
さっそく江ノ電に乗ります。
f0036603_22431585.jpg



先頭車両に乗ったよ。都電みたい。
f0036603_22435323.jpg



雰囲気のある町並み。
f0036603_2244294.jpg



長谷寺に到着。立派な門です。
f0036603_22441611.jpg



真冬だったのでまだ景色が寒々としてる。
f0036603_22441011.jpg



今回の目的は、ちんたちゃんは「写経」。
私は「写仏」なるものに初挑戦。
f0036603_22442498.jpg



バギー置きもあります。
子連れでもOK!・・・ん??
f0036603_22444095.jpg



これ何だろう??
f0036603_22444764.jpg



写経は池の向こうにあるお堂で行います。
f0036603_22445465.jpg



こちらが入り口。
藤棚かな、咲いたらきれいでしょうね。
堂内はちょっと寒かったので、ちんたちゃんが靴下に貼るカイロをくれました。
すごく暖かくて助かりました♪ おおきに。
f0036603_2245182.jpg



写仏は、この長谷寺の観音様を描くもので、薄く下書きされている観音様を筆ペンでなぞっていきます。
頭のブツブツとか衣装の細かいところとか、かなり細部まで描くので結構大変。
一番大事な目を最後に入れようと決めたので(ダルマみたいに)、
それ以外のところをとりあえず全てなぞり、いよいよ目を入れる段階に!
まず左目から・・・息を止めて・・・ふぅ、次は右目・・・よし、描けた。完成だ!
・・・と思ったら、まだ洋服のヒダヒダが残ってたーー!!!!!
というわけで、最後はヒダヒダで終わりました(^^;



写仏も写経も、終わったら観音堂に奉納します。
ちんたちゃんはまだ終わってなかったので、一足先にお堂から出て裏にあるホラ穴をのぞいてみました。
f0036603_2245830.jpg



小さなほら穴かと思ったら・・・とっても奥が深いの。
f0036603_22452228.jpg



どんどん奥まで行けるよ。
f0036603_22452857.jpg



壁には弁天様とか布袋様などがたくさんいます。
f0036603_22453573.jpg



何かいる・・・??
小さな像だ!
f0036603_22454322.jpg



こんなにたくさん!ちょっと無理があるところにも置かれている。
f0036603_22455036.jpg



すごいー。
f0036603_22455975.jpg



あまりにもたくさんなので、私もたくさん撮影しちゃいました。
ちんたちゃんも合流して、二人で撮影大会(笑)
f0036603_2246965.jpg



外に出てみると、卍の形をした池。
f0036603_22463738.jpg



観音堂の中にはこんなのもあります。
小石にお経の一文字を書いて奉納するの。
書く文字は右側にあり、私は「子」という字でした。
ちんたちゃんが、「結婚してるんだから、『子』はまろぷーちゃんよ!」って言うの。
でも、まだ新婚だから(気分は)、2人で楽しませて(笑)
f0036603_22464681.jpg



こんな風に。
一石100円也。
f0036603_2247036.jpg



書いた石は左の箱に入れておきます。
書く石は好みのを選べます(^^)
f0036603_22478100.jpg



次の人(ちんたちゃん)のために、字の書かれたカードをめくっておきます。
次は「色」だって。
こうやってそれぞれの人がそれぞれの思いを込めて書いた1字1字が集まってお経になっていきます。
f0036603_22471877.jpg




庭園を散策してみましょう。あ・・・階段・・・(^^; 
「ちんた先輩、階段ッスけど・・・本当に行くんっスか?」って聞いてみると、
「何いってるのよ、こんなの大したことないわよ!行くわよ!!」と、叱咤激励のお言葉をいただく。
当時の私は階段の上りがとっても苦手でした(運動不足だから)。
でも、この日はちんたちゃんに疲れにくい階段の上がり方を教えてもらったのでがんばってみましょう!
よいしょ、よいしょ。
あれれ、確かに疲れてない?!?!
ちんた登法、すごいーー!
f0036603_22474729.jpg



そんなこんなであっという間に上の方へ。
すばらしい見晴らし!
f0036603_22475961.jpg



遠くの方に小さなヨットがたくさん。
f0036603_22481152.jpg



あ、しましま模様のもいる。
f0036603_22481832.jpg



分かるかな?
上の写真とはちょっと高さの違うところで撮影しました。
今回はちんた登法で、軽々と階段を上がることができましたよ。
f0036603_2248255.jpg



とんびがくるくる。
うまく撮りたいけど難しい~
f0036603_22483218.jpg



だんだんと遠くに行っちゃいました。
f0036603_22484252.jpg



長谷寺がこんなに眺望のよいお寺だとは知りませんでした。
ちなみにこの本堂には、日本最大の高さを誇る木造の十一面観音様が鎮座しています。
f0036603_22484968.jpg



さてさて。そろそろランチタイム。お腹も空いてきたね。
長谷寺のすぐ近くにあるこのお店に入ってみましょう。
f0036603_2249553.jpg



すてきな入り口をのぞいてみると・・・
f0036603_22492123.jpg



番頭さんがいました。
f0036603_22494320.jpg



ふふ。これはミニチュアなんですよ!
お店の中に入ると、かわいい「ミニチュアのお店」が飾ってあります。
f0036603_2250530.jpg



こんな感じ。ドールハウス好きとしてはたまりません。
f0036603_22501872.jpg



お店の方がこういうのが好きなのかしらね。
お雛様のお飾りもミニチュア中のミニチュア。
f0036603_22502718.jpg



ほら、私の指と比べてみて。すごく精巧に作られてます。ほぅ~~、ためいきもの!
f0036603_22503539.jpg



店内もね、かわいいの。
f0036603_22505578.jpg



ちょっと個室っぽくてくつろげちゃう(実際、お話が弾んでかなり長居しちゃった 笑)
f0036603_2251622.jpg



この辺りは、「しらす」が有名なので、迷わず「しらす丼」をいただきました!柔らかい釜揚げしらすは、ほんのり塩味がきいていておいしい。お店特製のタレもつけてたら更にグー。
f0036603_22511458.jpg



お会計のときに目に入ったこのミニチュア。
f0036603_2251386.jpg



よーく見ると・・・奈良のキャラクター、せんとくんが・・・!!なぜ??(笑)
f0036603_22514545.jpg



帰り道に気になったこちらのお店。
焼いているのはどら焼きです。
f0036603_22515416.jpg



結構ぶ厚いの。食べ応えありました。
黒砂糖を使った生地はあまくておいしい♪
f0036603_2252173.jpg



鎌倉駅に戻る江ノ電は、床がとってもレトロでした!
f0036603_22521198.jpg



はじめて行った長谷寺、はじめての写仏、はじめてのしらす丼!
はじめてづくしの鎌倉旅行はこれでおしまい。
何度行っても楽しい鎌倉、次はどの季節に行こうかな。
by maropu21 | 2014-05-15 20:35 | 旅行 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://maropu.exblog.jp/tb/15597991
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みい at 2014-05-17 21:55 x
こんばんは~

 楽しい鎌倉行きでしたね^^。
長谷寺、行ったことないなあ。
なので興味深く拝見しました。
写経、写仏、両方経験してみたいな。
小さな仏様軍団、見事です^^。

ミニチュア、いいですね。
いっぱいあるんだ。

シラス丼、おいしそう~
どら焼きも、黒砂糖を使ってるのね。美味しそうね!

冬の景色が、今見られて得した気分よ、ありがとう^^。

Commented by maropu21 at 2014-05-18 08:01
みいさん、おはよう〜

冬の景色、つい最近なのにずっと前のように感じますよね。
(しかもこの小旅行、じつは2年前なんです。。。!!)
長谷寺は私も初めて訪れましたが、本当にステキなところでした。
階段を上がって見える青い海の景色も最高でした。
みいさんはよく海を見ているから、羨ましいです(^_^)
あの辺りはシラス丼が有名なのだけど今まで食べる機会がなく、この旅で初めて食べたの。おいしかった〜!

いつもメッセージありがとう!