菜花庵-nanohana.an

maropu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

その後

地震と大津波から一週間経ちました。皆さまはご無事でお過ごしでしょうか。

東京では余震、停電による交通の混乱、スーパーなどの買いだめによる商品品薄などいろいろなことが起こってます。
ニュースで知る範囲ですが、被災地の避難所生活や自宅で避難している方々の不自由さの問題や福島の原発の状況など、たくさんの不安なことがあります。
友達とメールしてても言葉では大丈夫だよっていうけど、その言葉の裏には本心には誰もが不安があると思う。


でもでも!不安なことや細かいことを考えると本当にきりがないけれど、少しずつだけど着実に復旧されつつある交通機関や道路、そして空港や漁港、また何よりも被災地の方々の中には前向きに過ごし始めている姿があり、それを見る度に励まされます。泣いているだけではなく、これからの生活を立て直す気持ちを一生懸命奮い起こしている姿に感動してます。
被災地でないところにいる私も、もう悲しむだけでなくできることを判断して支援の一部になるための努力をしないと。

一般の支援品受付が都庁で始まったみたいね。情報に耳を傾けながら本当に必要なものを揃えたい。

都心などの買いだめ・・・見ていてよいものでははないし、第一普通に必要なものが買えないので実家から譲ってもらいました。被災地のことを考えるとなくてもやっていかないといけないのだろうけどね。。。
買いだめはこれ以上全国に広がってほしくないです。きっと都心でも、突然被災して本当に物資が足りないときには譲り合うと思うけど、備えあれば憂いなしということなのでしょうね。それに、被災地ではない不便な生活をしなくてもいい今の都心では、「普段の生活レベルを少しでも落としたくない→不便を感じたくない」というまだまだ余裕な気持ちがあるのかも。生きていくために必要なものというよりも。普段でも一度生活レベルを高めると落とすのはなかなか難しいけど、落としても何とかなるものです。便利な世の中に慣れきってしまった私たちですが、限りある中でやれることを考えて工夫してやっていけば、想像していたこと以上のことを成し遂げたりしてものごとも前に進んでいくのではないかなって思います。

切に祈ることはたくさんある・・・被災地でのまだ不明な多くの安否確認が早く進んでいきますように。原発の問題も良い方向に進んでいきますように。命を掛けてがんばっている自衛隊や作業員などの方々に心から感謝しています。

あれだけの地震や津波から守られてこの世に残ったのだもの、時間がかかっても笑って過ごせるような日本にしていかないとね。


▼追伸▼
「幸せ」という漢字は、「+−=−+」でできていてつまり「ゼロ」なんだって。それぞれ相応な生活をするのが幸せなんだよ。東京タワーのゆるキャラのノッポン兄ちゃんが言ってましたヨ!被災地はそんな余裕はないかもしれない。でもまだまだ余裕のある我々は、こういうときだからこそ、そういう気持ちを持って過ごしていきたいですね。
by maropu21 | 2011-03-19 09:50 | 日常雑記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://maropu.exblog.jp/tb/15681435
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。