菜花庵-nanohana.an

maropu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

『大阪、京都、そして名古屋へゆく ~東福寺 vol.1』の話

紅葉では人気No.1と言ってもいいぐらいのお寺といえば・・・・東福寺ですよね!紅葉がきれいということは新緑の季節もきれいということを京都の方から教えてもらい、「確かに!」と納得。早速行ってきました。


「絶体」っていう文字を横目に気にしながら・・・
f0036603_1855358.jpg



東福寺みたいな大きなお寺には、境内に小さなお寺や庵が点在してます。塔頭(たっちゅう)といいます。そういうとこをのぞきながら、ゆっくり歩くのも京都寺社巡りの楽しみのひとつ。東福寺の境内でまず最初に入ったのは、こちらの「退耕庵」。
f0036603_1862230.jpg



鮮やかな色の木々。人もいなくて静寂の時間。
f0036603_1862938.jpg



どうやらここは普段は非公開なのですが、冬に期間限定の特別拝観というものをやるようです。それ以外の日は予約をすれば入れるとのこと。でもこうやって敷地内をうろうろするぐらいなら、予約なしでもOKのようです。
f0036603_1863747.jpg



非公開って言われると見たくなる・・・だってここ、小野小町のお寺としても有名で、境内にある地蔵堂には、小野小町が作ったと言われるお地蔵さまがいるみたいなのよ。お地蔵さまの中には小野小町への恋文が入れてあり、縁結び地蔵なんだって(^^) 見たかったなー。小野小町ってどんな人だったんだろう。
f0036603_1865228.jpg



そして、「霊源院」て移動。ちいさなかわいいお地蔵さまがいる通り、子供のお寺です。
f0036603_1871536.jpg



お寺とお寺へは静かな小道が続きます。聞こえるのはウグイスの鳴き声だけ。
f0036603_1873091.jpg



お次は、「栗棘庵(りっきょくあん)」。普段は観光寺院ではないのですが、紅葉シーズンにはここで京料理をいただけるそうですヨ。
f0036603_1874312.jpg



今の時期は、お墓の営業看板があるだけでした(笑)
f0036603_1875096.jpg



続いて「同聚院」では小さな池を愛でましょう。どこもとても静かで落ち着きます。
f0036603_1875880.jpg



さて、次はどんな塔頭に出会えるかな。またまたウグイスの声をBGMに歩きます。
f0036603_1881529.jpg



小さなお地蔵さまが出迎えてくれました。こちらは、「霊雲院」といい、拝観料がいりますよ。300円也。有名な庭園を見ることができるの。
f0036603_1882421.jpg



書院のきれいな直線の中を進みます。
f0036603_1883256.jpg



見えてきた、見えてきた。「遺愛石」と「九山八海の庭(霊の庭)」です。
f0036603_1883920.jpg



これが、「遺愛石」。存在感あります!
f0036603_1885349.jpg



ただの石を積み上げたものじゃないんですよ。「古代インドの世界観の中で中心にそびえる聖なる山」の『須弥山(しゅみせん)』を表してるんですって。そして、周りの砂は『八海』を、奥の苔エリアは『九山』をそれぞれ表現。『九山八海』も、仏教の世界観のひとつです。難しいことは分からないけど、こうやって庭園を観察するとまた違った目で見られるよね。
f0036603_189013.jpg



それにしても、だーれもいない書院とお庭はとっても静か。独り占めでした。途中、修学旅行生がタクシードライバーに案内されて入ってきたので、記念撮影を手伝ってあげたけど、出会ったのはそれぐらいでした。
f0036603_1891531.jpg



こんなお庭も見られます。「臥雲の庭」と呼ばれるもので、雲の美しい模様と水の流れるさまを表しています。雲の色(茶色っぽい)が面白いね。
f0036603_1892246.jpg



あ、あっちへ入ってはいけないよ、の石発見!ついでにカエルくんも見張ってます。
f0036603_1892858.jpg



くるくる歩いて回って、再び「遺愛石」と「九山八海の庭」に戻ってきました。やっぱり誰もいない。
f0036603_1893542.jpg



今一度、ゆっくり鑑賞しましょう。詳しいことを知らなくっても、静かなお庭はその見た目と静けさ、そしてそこの空気だけでも楽しめますネ。あ~、いい時間でした。静かでいいけど、あまりに至福の時間なので、ひとりではもったいないぐらい。
f0036603_1894180.jpg



では東福寺内をまたまた移動しましょうか。新緑のもみじでいっぱい。紅葉すると絶景なのよ。あ、奥に見えるのは・・・
f0036603_1810475.jpg



紅葉シーズンの東福寺では、人・人・人でいっぱいになる橋だ。さすがに今は誰もいません。
f0036603_18101171.jpg



ではあちら側まで行ってみよう!東福寺のメインのエリアです。
f0036603_18104175.jpg

by maropu21 | 2011-06-20 21:33 | 旅行 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://maropu.exblog.jp/tb/16077293
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みい at 2011-06-26 10:49 x
緑のシーズンもいいですね~きれい。
人がいないのもいいね、ゆっくりゆったり浸れるもの。
静かで荘厳な雰囲気、空気がつたわってきたよ~
東福寺、行きたくなったわ^^。

続き待ってます!
Commented by maropu21 at 2011-06-26 18:48
こんにちは。
ね、きれいですよね。青々としたもみじはとても涼しげで色もやすらぎます。
桜や紅葉の京都もそれはそれはきれいで言葉を失うほとだけども、ゆっくりと散策できるオフシーズンもまたいいよね。次はいつ行こうかな~。

続き、やっと書きました!これからアップしますね(^^)