菜花庵-nanohana.an

maropu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

『2013 春の京都に上洛しちゃおう!~町家ギャラリー』の話

2年ぶりかしら、春の京都を訪れるのって。春休みを1日だけ取って行ってまいりました!

今回は、桜を楽しむというほかに、お友達に会うというイベントを計画。まずは、菜花庵にコメントをたくさんくださっているちかぽんさんのギャラリー(準備中)におじゃましました。

今出川駅から徒歩数分の閑静なところにある町家がちかぽんさんのギャラリーです。玄関を入ったところから・・・わーー、すてき!玄関が長い~。手前の引き戸は、なんだと思いますか?ふふふ、お手洗いなんですよ。なんかいいなぁ、こういうの。
f0036603_21314664.jpg




長い玄関からのつきあたりの空間!
f0036603_21384586.jpg



ホント、すてきなものがちょこちょことさりげなく飾ってあって、見ていて飽きません(^^) それにしてもすばらしく大きな生け花!
f0036603_21344038.jpg




生け花の空間の上を見ると、吹き抜けになっていました。家の中が明るいのは、こちらの吹き抜けと天窓のおかげだそうです。2階にもおじゃまさせていただきましたが(ご親切に町家見学ツアーを開催してくださったので♪♪)、2階のお部屋(廊下?)からこの吹き抜けを見ることができて、開放感たっぷりです。
f0036603_21331187.jpg



格子の出窓もあります。洋風の出窓もかわいいけど、町家の出窓もすてきねぇ。ほぅ・・・(ためいき)
f0036603_2135152.jpg



ツアーが終わると、まずはこちらのお部屋に通してくださいました。お茶室です。
f0036603_21354790.jpg



茶道をなさっていたことのあるちかぽんさん、お点前を披露してくださいました!こんなサプライズなウェルカムがあるなんて感激!!!「ちゃんと覚えていないのよ」っておっしゃってましたが、こうやって自由にお茶を点ててお茶を楽しむというやり方もいいですよね。
f0036603_2136449.jpg



茶道では、お菓子を先にいただいてしばらくしてから、お茶をいただくという順番。でもね、ちかぽんさんもそうみたいですが、私も実はお菓子とお茶を同時にいただきたいというのが本音(笑) 甘いお菓子と苦みのあるお茶をいただくっていうのがやっぱりいい♪♪ 
f0036603_21363812.jpg



お菓子は、京都といえばの麩饅頭!おいしかったー。↑の写真になりますが、白い包みの干菓子は、大徳寺のお豆が入っている落雁です。こちらもおいしかったので、帰るときにお土産に買いました。
f0036603_21365592.jpg



座るとちょうどよい角度になる窓。静かな空間でいろいろとお話。
f0036603_2137559.jpg



町家は寒いそうで、冬にはこのストーブを使っているんですって。レトロな感じがいいなぁ~。珍しく思って、じーっと見ていたら、ちかぽんさんが火をつけてくれました。
f0036603_21373442.jpg



ただいま準備中というこちらのギャラリーには、ちかぽんさんの作品(草木染め!)が展示される予定だそうです。今の時点でも、さまさまな作品がさりげなくインテリアとして飾られていました。ギャラリーなので、天井には照明もちゃんとあります。
f0036603_2137546.jpg



こんなすてきな空間も。後ろにはきれいな青い作品が飾られています。
f0036603_2138722.jpg



写真の撮り手がいまいちなのですが、このリビングの写真にも作品があるんですよ!
f0036603_2138214.jpg



こちらです~。写真だと質感が分かりにくのですが、布のテクスチャーや草木の微妙な色合いがとってもステキなのです。立体的のもあって、存在感もあります。
f0036603_21383197.jpg



ちかぽんさん、お忙しいところお時間をいただきありがとうございました!東京では体験できない貴重な町家ツアーもうれしかったです。


ギャラリーを後にして、今出川付近のお寺を散策することにしました。
f0036603_214048.jpg



相国寺というお寺があります。足利義満が建立したんですって。ちかぽんさんのギャラリーからもこのお寺を見ることができるの。お部屋から由緒あるお寺を見ることができるなんて・・・さすが京都!
f0036603_21403964.jpg



サクラが咲いていないからか、境内には人がまばら。ゆっくり散策することができました。枯山水ももちろん見てきましたよ!
f0036603_21405525.jpg



ぼーっと座っているカップル、カメラ片手にひとりで楽しんでいるおじさま、そして私の3組だけ。しーーーんとした静かな空気、鳥の声だけが響きます。都内ではなかなか経験できないわね。
f0036603_2141664.jpg



あまりに静かで、じーっと見てると水の輪が動いているように見えちゃう。
f0036603_21411941.jpg



相国寺には、天井に大きな龍が描かれていて、堂内のどこにいてもコッチを見ているという不思議な龍さんなんです。ある位置で拍手をすると、龍が鳴いているように聞こえるとも言われています(やったけどよくわからなかった・・・^^;)

こちらは、あの有名な同志社大学!相国寺の敷地内にあるように見えたんだけど?
f0036603_21414070.jpg



さて次の目的地へ移動しましょう!
by maropu21 | 2013-04-24 22:28 | 旅行 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://maropu.exblog.jp/tb/19185152
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みい at 2013-04-26 20:19 x
こんばんは~

 わあ~いいですね!
京都行ったんだ。
ちかぽんさんおのギャラリー、とっても素敵空間ですね。
風情があって落ち着きますね。
ちかぽんさんと会えてよかったですね。
お寺もいい感じね。

いい旅が出来てよい一日でしたね^^。
Commented by maropu21 at 2013-04-27 09:50
みいさん、

こちらもおはよう~。
そうなの、京都行ってきました!
せっかくの機会なので、ちかぽんさんにもご連絡し、お時間をいただきました!
ほんと、すてきな空間でした(^^)
昔の知恵というか、家のつくりに工夫が見られてそういうところがとっても興味深いものがあります。
現代のシンプルな洋風家屋には見られないものを感じます。
町家の雰囲気は、お江戸では体験できないしね。

みいさんのところにもいつか行かせていただきたいです!!!!!
あの自然の中を歩いてみたいです(^^)
できたら、マグねえさんやルナトラコンビにも会いたいな~♪
Commented by ちかぽん at 2013-04-27 21:29 x
まろぷうさん、先日はお訪ねいただき
ありがとうございました。
まろぷうさんのお土産のクッキー
あっという間にうちのあほ娘が食べきりました汗
上手に写してくださって自分家のように
見えません。感激!
幕末のころの地図で見ると烏丸通もなく
ウチあたりまで相国寺の境内だったようです。
もち同志社も。都市伝説として
格安値段且つ百年契約で同志社が
相国寺から土地を借りている・・・とか
いろいろうわさはあります・・・w
Commented by maropu21 at 2013-04-28 19:46
ちかぽんさん、

改めまして、こちらこそありがとうございました。
とても楽しかったです!!
クッキー、娘さんにも楽しんでいただいて嬉しいです。
記事にも書きましたが、お茶の干菓子でいただいた大徳寺のお菓子は美味しかったのでお土産にしました。東京では買えないですし、みんな喜んでました。

大きなお寺は土地が広いですものね。
上野の寛永寺も昔はとてつもない広さだったようです。
次回、京都を訪れるときには、教えていただいた茶道ゆかりの地域を散策してみたいです。