菜花庵-nanohana.an

maropu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

『WaterlooからEurostarでParisへ!』の話

初めてのパリ!初めてのユーラシア大陸!行く前からドキドキです。世界がこんなに小さくなったのに私にとっては初めて尽くしの旅の始まりです。

ロンドンのWaterloo駅で出国&フランス入国手続きをします。もちろんパスポートを持って。ここでまたちょっと心配になったのは、ロンドン→東京への帰りのチケットを持っていないこと・・・結局は何も問題なくスムーズに終わったのですが、このチケットレスがここまで心配の種になるとはね(苦笑)

朝6時34分ロンドン発の電車なのでまだ空は暗い・・・Waterloo駅前にて。(ちなみにlooとはお手洗いの意味があるそうです)
f0036603_23223367.jpg


駅構内もまだ暗い感じ。
f0036603_2327584.jpg


ユーロスターの乗車チケットです。往復で約110ポンド。日本円にして2万円ちょっとです。
f0036603_23293958.jpg



そうそう。言うまでもなく、イギリスの通貨はポンド、そしてフランスはユーロなので
私たちもポンド→ユーロへ換金しました。ロンドンの大きなM&S(マークス&スペンサー)にて。それぞれ200ポンド分で約180ユーロになりました。日本円にして4万円ぐらいです。現金を持ち歩くのは心配だったので、どうしても大金を使う場合にはカードに頼ることにしました。

ところで!このユーロ・・・ある事件を巻き起こしたのです。
パリへ出発の前日のこと。夜7時ぐらいにホテルを出て妹のフラットへ行き、私が日本から持ってきた食べ物とか衣料品を置いてくることにしました。そして全て終わって帰りの地下鉄の中でホッと一息ついてるところに、妹がバッグの中をのぞきながら真剣な面持ちで一言。

「あれ、ユーロが足りない・・・」
「どういうこと??」(私)

換金した後ユーロの管理者であった妹は、自分のフラットに行く前にホテルの部屋で全てのユーロを2つの封筒に分けて入れていたらしいのです。私はちょっと体調が悪かったのでベッドでウトウトしていて、そのことは知りませんでした。でも確かに出かける前、何やらベッドの上でコチョコチョやってた気がするけど・・・それでその2つに分けた封筒をホテルに置いたまま外出するのは憚れたので、全部自分のバッグに入れてフラットまで持っていったはずだと言うのです。

f0036603_2321248.jpg


「きっと、持っていったことが気のせいだったのよ。ホテルに戻ったらあるよ、きっと。」
もう気づいた時点でホテルに近い駅まで来ていたし、まさか自宅に置いてくるなんてことはシッカリ者の妹には有り得ないと思っていた私はそう言いました。
きっと、ホテルに戻ったら、「ほら、あった!良かったねー。いらぬ心配したね」なんて笑って話せるだろうと。

しかし、妹は正しかった・・・ホテルに戻ってもユーロの入った封筒が見当たらないのです。やっぱりフラットに置いて来ちゃったんだ・・・でも、私は体調が悪かったし夜も遅いのでまた妹のところまで取りに行く元気はありません。「足りない分はカード使うからいいよ。銀行にもお金入ってるから引き出せるし。」ということに一旦はなったのですが、やはり妹はもう一度行って取りに行くとのこと。大変申し訳ないけど私はもうベッドで横になりたかったので、妹は一人で取りに行ったのでした・・・


というドタバタ事件が前もって起こりましたが、それで全ての悪い運を落としたのか、その後はスムーズにいいパリへの旅を送ることができました!

ちょっと話はそれましたが、無事にユーロスターの目の前に到着!これに乗るんだ!!わーい♪
f0036603_2331418.jpg

電車大好きオタクみたいに色々撮ってきちゃいました(笑)
f0036603_23313935.jpg

ロゴ。
f0036603_23315042.jpg


これから3時間の旅。車内放送も最初に英語、そしてフランス語が流れ、本当にフランスに行くんだーとドキドキしてきます!ユーロスターは指定席で、私たちの席は2人席を向かい合わせにした4人席でした。

f0036603_23363840.jpg


私が窓際、妹が通路側に座り、そして私たちの前には若いイギリスカップルが座りました。この二人がとっても仲良しで、途中でフランス語の会話集を見て笑ったりガイドブックを見て何か楽しそうに話したりしてました。私たちも、いまさらだけども簡単なフランス語を練習しました。
f0036603_23373712.jpg


ドーバー海峡を渡りフランスに入国すると、車内放送が最初はフランス語で次に英語というように順番が変わります。
by maropu21 | 2006-05-03 23:41 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://maropu.exblog.jp/tb/2027863
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。