菜花庵-nanohana.an

maropu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

『紅葉前の京都、奈良へ~正倉院展へゆく!』の話

ライトアップを見た夜は、京都駅のホテルに一泊。
もっちは仕事で遅くなったので次の日の朝に上洛することに。
京都で待ち合わせか~。新鮮な感じ。
待っている間に京都駅を激写。
モダンな建築ね。
f0036603_10372545.jpg



青空をバックに京都タワーも「シャキーーーン!」。
元気いっぱいに見えます。
f0036603_21145790.jpg



そのまま京都駅から奈良に移動する予定だったのですが、私の要望ばかりだと申し訳ないので、
まずはもっちの行きたいところに行きましょう!
四条大宮にある「ヤオイソ」というフルーツサンドイッチのお店です。
彼はフルーツサンドが大好き。
一方で、私はあんまり馴染みがなかった食べ物。
まずはミックスジュースで乾杯~。
ようこそおいでやす~!
f0036603_21251178.jpg



いっぱいフルーツが入っていて、とってもボリューミー。
ヤオイソさんは果物屋さんで、お隣のフルーツパーラーでフルーツサンドが食べられます。
f0036603_21252775.jpg



期間限定のリンゴのサンドイッチも注文。
どのサンドイッチも、なんだかちょっとお高めなのですけど、おいしかったです。
f0036603_21253624.jpg



テイクアウトもしたのですが(食べ過ぎだよね)、作りたてと違って、ちょっとパンがしっとりしてた気がします。
作りたてのは、パンが微妙にパサついているのですが(そんな気がした。違ってたらごめんなさい)、具が水分たっぷりのフルーツだしちょうどそのパサつき加減がいいのです。




さて、また京都駅に戻りましょう。
近鉄で奈良へ向かいます!
せんとくん、なんだか得意げじゃなーい?
f0036603_21265673.jpg



特急に乗りました。
旅っぽくってワクワクする車両!
f0036603_2127720.jpg



個室もある~~!
f0036603_21272057.jpg



そういえば、個室といえば・・・
愛知県から家族全員が東京に引っ越しする際にプマロも一緒にやってきました。
(2匹は愛知県生まれ)
そのときは、新幹線の個室を予約。
何事にも動じないプー氏は堂々としていてケージから出たりしてましたが、
怖がりのマロは、時間が経って「ケージから出られそうかな・・・そろそろ大丈夫かな・・・」と
勇気を振り絞って出た途端、ガタン!!と大きな音がしたので、急いでまたケージに逆戻り。
その音がトラウマになったのか、それからは一回もケージから出てきませんでした・・・(^^;
プー氏は個室の旅を満喫してました(笑)


さて、旅に戻りましょう!
特急は指定席。
それもまた旅気分を盛り上げます♪
(シートの模様・・・なんだろう)
f0036603_21273646.jpg



そして奈良駅に到着。
駅前、結構混んでます。
ポストが和風になってますね。
f0036603_21282766.jpg



このポスターがいたるところにありました。
せんとくんの作者の方の展覧会だそうです。
f0036603_21284368.jpg



奈良ではこちらに行ってきました。
奈良公園の中にある「奈良国立博物館」で開催されていた、正倉院展です♪
f0036603_21292464.jpg



当日券をゲットするのに行列になると聞いていたので、東京でチケットを買っておいたのですが、
あれれ・・・とっても空いてる?!(^^;
f0036603_21294671.jpg



しかししかし。
博物館に入るのは大行列でした。
f0036603_2130696.jpg



やっと建物の敷地内に入れたと思ったら、さらにディズニーランド並の人の数!
あっちの突き当りまで行き、またこちらに折り返ししてます(^^;
f0036603_21302113.jpg



でも、目の前には池があったり、正倉院展の記事が載っている手作り新聞があったりと、時間はなんとなくつぶせます。
f0036603_21303238.jpg



館内もものすごい人です!
まぁ、想定内なのですけどね(^^;
日本の博物館や美術館って、なんでいつもこんなに混むのかしらね。


とくに人気のある展示物には、1列目で見るための行列があります。
混んでるときのお約束、「最後尾はこちらです~~」がありました。
こんなに混んでるなら、「ま、いっか。2列目でも見られるし、並ばなくても、ま、いっか。」となってしまいました。
f0036603_16485166.jpg




展示物と関係ないですが、こんなこともありました。
すごいね、10万人だって。
f0036603_1649174.jpg



天平時代のものを目の前で見ることができる貴重な体験。
個人的には、「聖武天皇や光明皇后が使っていたもの」とかに惹かれます(^^)
これを見たのかな~、触ったのかな~~??とか、考えるだけでも身もだえします。
実際に存在していたとはいえ、あまりに昔過ぎて物語の中の人みたいにすら思えちゃいますが、
いやいや本当にいたんだねぇ・・・。


博物館を出て、外の空気を吸って一息しましょう!
離れ小島に一頭のシカさん。。。
泳いだのかな?
f0036603_21305934.jpg



ふるーい神社にもお参り。
ほとんど人が入らず静か。
f0036603_21312066.jpg



かたくななシカを発見。
女の子の手からは、なかなか食べようとしません(笑)
シカ 「・・・いらない(プイッ)」
f0036603_21315356.jpg



シカ  「おじさんのはいただくわね」
女の子 「・・・」
f0036603_2132538.jpg



でも、女の子もあきらめず。
しばらくすると、シカが手に顔を近づけた!
f0036603_21321399.jpg



わ~、よかったね~~。おいしそうに食べてましたよ。
シカ 「美しく撮ってね」
すてきな流し目だね~~(笑)
f0036603_21322216.jpg



こんなシカくんもいた!
水の中に入ってる(笑) 水の中の影も四角くて面白い。
何気なく写っているうしろの2頭にも注目。
なぜかうっすら目。
f0036603_21324238.jpg



奈良公園の電柱には、シカが描かれてました。
シカの背中にある黒い線、マロにもありましたよ~。
なのでシカを見るとマロを思い出します(笑)
f0036603_21325016.jpg



ところでフルーツサンド好きなもっちですが、もっと好きなのは釜飯だそうです。
(そんなに好きだなんて、20年の付き合いで今回初めて知った・・・!)
というわけで、奈良公園前にあるこちらの釜飯屋さんに行きました。
7、8組くらい並んでいたのでワタシは最初シブシブ並びでしたが、ここまで付き合ってくれたもっちに感謝ということでニコニコ並ぶことに気持ちを転換。
f0036603_2133372.jpg



1時間近く待ってやっと入店!
焼き鳥みたいなチキンも注文。
f0036603_21331381.jpg



そして釜飯の登場~~。
こちらの釜飯、全体的に味が薄くて、お出汁の味があっさりしてます。
おいしかったですが、中には物足りない人もいるかも?
名古屋人としては、釜飯についてくる赤だしのお味噌汁がうれしい♪
f0036603_21332551.jpg



帰りはJR奈良駅まで行き、京都へ戻り、東京に帰ります。
f0036603_21335330.jpg



最後の最後まで、シカさんでした!
f0036603_2134364.jpg



京都・奈良への旅日記もこれで終わりです。
お付き合いありがとうございました。
by maropu21 | 2013-12-13 08:55 | 旅行 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://maropu.exblog.jp/tb/20841036
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みい at 2013-12-14 21:52 x
こんばんは~

 正倉院展行ったんですね。
凄い人とは聴いてたけど、ほんとスゴイ行列ね。
うん、わたしも行きたいな。
今は、遠出出来ないけど。。。

フルーツサンド、美味しそう。
わたしも大好きですよ~
釜めしもね^^。

鹿さん、かわいいですね。
人の手から餌もらうのね。

いい旅でしたね^^。
わたしも楽しませてもらってうれしいです^^。
Commented by maropu21 at 2013-12-16 11:45
みいさん、
こちらもありがとう~。

はい、この京都・奈良の旅では、それぞれ期間限定のイベントに参加するためでした。
京都は京都御所一般公開、奈良では正倉院展と。
遠出できなくても、今、有意義な時間を過ごしていらっしゃいますよ!
近場でも上手に息抜きしてますね。
自然が大好きなので、いつもみいさんの自然いっぱいのブログ、一緒に訪れているみたいな気分で楽しませていただいてるよ。

フルーツサンド、みいさんも好きなんだね!
もっちも大好きみたいで、たぶん、この時もパン1斤くらい食べたんじゃないかしら?!

シカさんはとても慣れてました。
ちょっと怖いので私は近寄れなかったけど、遠くで見る分にはかわいかったです。

とてもいい旅でした。
毎回コメントいただいて、一緒に来ていただいたみたいでうれしいです。
ありがとう(^^)