菜花庵-nanohana.an

maropu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

『咳喘息』の話

咳喘息って聞いたことありますか?
風邪のあとに咳だけが長く続いている症状は、咳喘息の疑いがあります。

今年の9月始め、京都旅行中に風邪をひいて、ノドの痛みなどはなくなったけど1週間くらい咳が続きました。
(もともとはオットが風邪をひいていた!)
今までの私なら自然に治るのを待っていたのですが、1年前に、長引く咳で大変な思いをしたので今回はすぐに病院へGO!GO!

お世話になっている先生、たまにテレビにも出演なさっているようで、とても人気のある病院です。
毎回かなり待たされるのですが、とても信頼できる先生なので、咳が出たらココって決めてます。
今回は咳喘息が疑われつつ、血液検査の結果、百日咳と診断されました。
百日咳は人にもうつるので、マスク着用です。
抗生物質を2週間飲みつづけて、やっと菌がなくなります(人にうつらなくなる)
11月には咳も最初の3割くらいにまで減りました。
しかし・・・2か月以上経つのに3割も残ってたとは・・・それくらい咳の完治には、時間がかかるのです!
f0036603_15491965.jpg



4か月くらいたった今は、もうすっかり良くなりましたよ。
お薬もno need!


1年前、はじめて咳喘息にかかったときのお話をかんたんな絵日記にして書き留めておきます。
ご興味ある方はmoreでどうぞ!







では、はじまりはじまり~~。

去年のお話です。
夏風邪をひきました。
大したことなかったけど、咳だけがしつこく残り・・・しかも、どんどんひどくなる一方。
朝起きてもコンコン、昼間もコンコン、人と話すと猛烈にゲホゲホ、夜寝るときもコンコン。
f0036603_15353295.jpg



エアコンや扇風機の風が直接当たると、コンコン。
また、気温の変化がつらくて、外からエアコンの効いた部屋に入るとコンコン。
↓ こういうのがイチバンつらかった!!
f0036603_1535433.jpg



香水のニオイやタバコにもコンコン。
f0036603_153632.jpg



内科でもらった咳止めは効かず、思い切って呼吸器内科に行ってみました。
なかなか内科では咳喘息と診断されることはないそうなので、長引く咳がつらいときは、呼吸器内科に行くことをオススメします!!


では、詳しい検査方法などをご紹介。

<検査方法>
・血液検査
・肺活量の検査
・肺のレントゲン
その結果、咳喘息と診断されました。
このまま放っておくと、喘息に進行してしまうこともあるので、早めの診断が大切なのだそうです。
血液検査をするのは、マイクロプラズマや百日咳(人にうつる)であるかの検査。

【メモ】
昨年末から「ナイオックス マイノ」という喘息測定器が保険適用になったため、今年はこの器具で喘息を測定。昨年はなかったんですよ~、と先生。
22以上だと咳喘息が疑われ、37以上だと確定だそうです。
私はギリギリ22だったので、咳喘息になりかけ、と診断されました。
f0036603_1536359.jpg


<薬>
3種類処方されました。
・抗生物質
・気管支を広げる薬(これは内科でもらってたのと同じ)
・吸入薬。
吸入薬は、「シムビコード」というステロイド系のお薬。
大きく息を吸って、気管に吸い込みます。
1日2回、朝晩、吸い込みます。
f0036603_1537226.jpg



副作用として、声枯れなどが起こるとのこと。(説明書にはだみ声って書いてあった。だみ声って・・・(笑)プー氏と同じだ!)
f0036603_15383435.jpg


声枯れは、ノドに薬が付着すると起こるので、吸入の後にうがいをしっかりすると良いのですが、
ちゃんとしていたつもりだったのにしっかり声枯れが起こっちゃいました。
一番いいのは、食事の前に吸入をしておくこと。
先に吸入をしておくと、食べ物を飲み込むついでにノドに付着したお薬を流し込むことができます。
f0036603_1539067.jpg



f0036603_15392436.jpg


最初、その裏ワザ(?)を知らなかったので、1か月くらいは食前に吸入しておりました・・・

声枯れはかなりすごくて、ノドにカサカサしたものがあるような、声が出しにくいような感じ。
大きな声は出せないし、長時間話せないし(話し始めてものの20分くらいで、しっかりしゃがれます!)、ランチタイムに人と話すのが大変な時期がありました。

即効性があるお薬ではないので、8月半ばにお薬を処方してもらってから、12月末までは、毎日吸入生活。
夕食を外で食べるときも、シムビコードくんを携帯。
最後の1か月は、シムビコードではなく、少し弱い吸入薬に変わって、
徐々に断薬に向かっていきました。

シムビコードは、ほとんど無味、そして無臭。
なんとな~く甘いようなかすかに苦いような味が口に残る気もしますが、思い切り吸っても、ちゃんと吸えてるのかしら・・・って思うほど。
吸い方は、立って大きく息を吐いてから、吸入口に口をつけ思い切り吸い込みます。

病院での診察は、最初の1か月は2週間に1回、その後、1か月に1回になりました。
毎回、胸や背中に聴診器を当てて、呼吸の音を確認。
そのときに、大きく息を吸ってそして吐いて、を繰り返します。
それがまた結構つらくって・・・
吸って吐いて・・・と何度も何度もやると、脳がフラフラしてきて貧血みたいになっちゃう。
何度もごめんね~と先生は言ってたけど、あれはほんとにつらかった。。。苦笑

結局、先生のおっしゃる通り、12月末にはお薬も通院もなくなり、1月末にはだみ声も治りました。
長く続く咳・・・バカにせずにしっかり病院で治療を受けることをオススメします!




=============
じつは、診察の段階で、ちょっとしたハプニングが起きました(^^;

咳喘息の診察を受けた初日に、肺のレントゲンを撮りました。
とくに問題ないだろうな~と思って、先生とレントゲン写真を見ていました。
先生「うん、大丈夫だね。」
私 「あぁ、よかったです。」
先生「・・・あれ?ちょっと待って・・・(じーっと、レントゲン写真を見つめる)」
私 「・・・?」
先生「ここ・・・白い影があるね。ほら、ここ。ありますよね。」
私 「ほんとですね・・・たしかに・・・見えます。」
先生「たぶん、なんでもないと思うけれど、ぼく、心配性なので、一応、精密検査してもらえますか。」
私 「・・・ハイ・・・(ゼツボー)」
先生「3日くらいで結果が出るので、なにかあった時にだけ連絡しますね。なければ、大丈夫ということです。」
その日の内に、すぐに近くの施設で精密検査を受けることになり、くら~い気持ちで病院を出ました。

精密検査は、胸のCTスキャンでした。
その後2,3日は、結果がどうだったかドキドキの毎日。
呼吸器内科の病院は夜7時まで。
1日目・・・連絡なし。
2日目・・・連絡なし!
3日目・・・夜7時になっても、病院から連絡なし!!!
やったーーー!
悪いモノではなかったんだ。
気持ちが少し落ち着きましたが、明日までは気を引き締めておこう。。。
なにかしらの理由で連絡がないだけかもしれないし。
と、念のために疑ってかかることに(笑)
そして、4日目・・・夜7時になっても、やっぱり連絡がない!!!!!
本当に本当に大丈夫だったんだーー!と喜んでおりました。
ところが、その日の夜10時前に、携帯が鳴り、電話番号を見てみると・・・病院からではないですか!
ああ、もう終わった。。。あの白い影はきっとガンなんだ・・・と、かなり気落ちしながら電話に出ました。
先生「あ、こんばんは。調子はいかがですか?」
私 「まだ話すたりすると咳は出ますが、少し良くなっているような気がします。」
先生「それはよかった。処方した薬が、効いてるかどうかちょっと気がかりだったので。」
私 「・・・」
先生「・・・・」
私 「あの、お薬は効いているようなのですが、先生、この間のCTの結果は・・・??」
先生「あ、あれね。とくに何も写ってないんですよね。レントゲンで写った白いもの、いったい何だったのだろうと思ってます。」
ああ、よかったーーー!!
何でもなかったんだ。
私 「よかったです!!あれから、ちょっと思ったのですが、ちょうど白い影みたいに写ったあたりに、ケロイドになってるところがあるのですが、もしかしたらそれが写ったなんてことないですか??」
先生 「そういうこともあるかもしれませんね。とりあえずCT検査の結果は問題なかったのですが、一応、ケロイドを見せてもらえますか?」
私 「もちろんです!」
お薬が効いているのか、わざわざ電話して確認をしてくれたようでした。
それにしても・・・タイミングは悪すぎでした(笑)

次の診察の際に先生にケロイドを見せ、事なきを得ました・・・
by maropu21 | 2014-12-12 18:29 | 日常雑記 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://maropu.exblog.jp/tb/22844592
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 高兄 at 2014-12-13 00:30 x
まろぷうさん、こんにちは

そうでしたか~

京都旅行中に^^;

京都は、観光のメッカゆえ

病原菌も闊歩しているのかも^^;

完治されたとの事、本当に、よろしゅうございました^^

来週の寒波は全国的とか

風邪などひかぬ様、御身体、御自愛くださいませ
Commented by みい at 2014-12-13 11:00 x
まろぷうさん
 おはよう~
咳喘息って怖いね。
でもいい先生でよかったね^^。
完治したんだ。ホッとしました^^。

またまた寒波襲来、風邪にはくれぐれもご注意を!
旦那様もね!
Commented by maropu21 at 2014-12-14 21:30
高兄さん

こんばんは^ ^
ありがとうございます。
昨年に引き続き、しかも今回は京都でひいた風邪から引きずった咳でしたが、おかげさまでよくなりました。
気管支が弱いようなので、この冬も気をつけて過ごします!
確かに人が多い京都、風邪などもうつりやすいかもしれないですね。
と言いつつ、またこの冬、寒い京都もいいかしら…なんて思ってます^ ^
京都弁にも飢えてきましたし(笑)
高兄さんもどうぞご自愛くださいませ。
Commented by maropu21 at 2014-12-14 21:34
みいさん

こちらもこんばんは^ ^
はい、今はもう咳は全然出ないよ。
ありがとう!
今年は早めに病院に行ったのであまりひどくならずに済んだけれど、昨年はたいへんでした…
本当に周りがひくくらいのすごい咳でしたσ^_^;
夜中のが発作でオットを起こすのがかわいそうで、私は別のお部屋で寝てたくらい。

まだこれからが風邪やインフルエンザの本番シーズンだから、みいさんも気をつけてね。