菜花庵-nanohana.an

maropu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

『春画展へゆく!』の話

目白台(文京区の椿山荘の近く)に細川元首相のお家に伝わる家宝を展示している美術館があり、そこで大英博物館から借りた春画展が開催されています。
江戸文化の研究者としては(エセね 笑)、行かねばっ!
なかなか原画も見られないですものね。
f0036603_12045279.jpeg


大きな美術館ではなかなか展示が容認されなかったとのこと。
内容が内容だからねぇ。
そこを救ったのが細川さんでした!
うちでやってくださいと言ってくださったのです。

小さな小さな美術館なので、週末にサクッと行ってみたら…
なんとなんと大行列!!40分待ちだって。
その日は江戸の文化に興味のないオットを引き連れたのですが、興味ないのに待たせるのもかわいそうなので、私だけで翌日(平日)に行くことにしました、

f0036603_12051538.jpeg


平日は並ばずに入れましたよー。
入場料は1500円なり。
あ、ちなみに18禁ですっ!
f0036603_12055275.jpeg


内容…うーん、かなりグロテスクでした(^_^;)
局部や結合部(説明文にはこの表現の仕方をするので)を強調して描くのが喜ばれたのでしょうか?
ここではなかなか書きにくいです(笑)
顔はあの目の細い男女であって、表情にあまり変化がありません。
たまにグロテスクでないのもあるので(間接的にも男女の戯れを表現)、そういうのを見るとなぜかホッとしたりして(笑)
でも、途中から飽きてしまい…σ^_^;、北斎の人気の絵を見たらあとはサクッと見てきました。
北斎のは、裸体の女性に大ダコが張り付いてるという絵です。
有名なのでご存知の方も多いのでは?
恥ずかしながら、私は知らなかったです〜



帰り道、茶トラネコがバイクに乗ってグースカピー(-_-)zzz
f0036603_12053102.jpeg

客層は、いろいろ。外国人もいたし、夫婦らしきカップル、男性おひとりさま、女性おひとりさま。おばさまグループもたくさんいました。
後半はまた展示内容が違うみたいなので、また行けたらいきましょうかね。

今夜は十五夜ですね〜
お団子は食べなかったけど、十五夜のお月さまは撮影しました。
東京でも区によっては雲がか買っているそうですが、私の住んでるエリアはスッキリ晴れてます。
虫の声と共に、三脚ないので息を止めて撮影しました。
f0036603_22050549.jpeg




by maropu21 | 2015-09-27 22:02 | 日常雑記 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://maropu.exblog.jp/tb/24512630
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kimi2812 at 2015-09-28 06:51
うーっす!
春画展、展にできるってのが、すごいね~!ほんっと、以前ソフトな睦ごとシーン程度のもの、ちょっとはだけた程度のDCで見たことあるけど、さすがにこのレベル(18禁)ものは、無理よね~~@アメリカ!笑 でも、もちろん年齢制限はあるんでしょ??ID持参かなんかで。

でもさーどの時代も、この18禁もの、っつーんは、求められる世界なんだわねぇ!MEはさ、はだけシーンなんかは好きね。なんでも。笑 ほら「汗」とかも、MEの漫画ではちょっとこめかみに流れる程度ね。ほほほ。よくさー汗だくなのとかあるじゃーん!!ああいうのは、絶対にダメ!!!!絵においては水分は少なければ少ない程、男性はカッコいいのよぉ。眉間に若干の皺。それも、ちょっと。口元も、ちょっとだけ開く程度で。一瞬理性を失いそうで、失わんとする、、そのギリギリライン~~~~ この瞬間を絵にしたのがスキーーーーーーキャーーーー!誰かわかる!?わかるよねーー
(なんか、一人でもりあがってるかも!!!)やっぱり、絵描きはさー、いろいろこだわりがあるんよぉ。

ほら、マーガレット展行ったでしょ。あの時も、、やっぱりね一本一本の線や、髪の毛のライン、光のさし具合、、などなど、、、ほんと拘ってるのが、よくわかるのぉ。一本一本それは丁寧に描いてて。感動でした。。

と、最後は、自分のマーガレット展の話になっちゃった。ほほほ。ま、この気持、YOUならわかって頂けるよね!!
Commented by kimi2812 at 2015-09-28 06:56
ちょっと、おまけ。

話はさ、飛ぶんだけど。。。今、壁ドン、とか顎クイとか、よく言われてるんだけど、、これって、、昔からずーーっと昔からあるんだけどっ!!!って、いつも思う!!今時流行ってると思ったら大間違いで。漫画の世界では、はっきり言って、当たり前というか、ないと話にならんというか。
あとMEの好きなのはねー ネクタイに指かけ緩めるシーンが好きなのよぉ。睦事の前でも、帰ってきてふっと手にかけたときでもいいんだけど、そのシーンにときめいたものです。。軍服とか、首のホック外すのとかも含めて!

以上!!!
Commented by maropu21 at 2015-09-29 21:45
Kimちん

youのはだけシーンとか汗…もちろん存じ上げでおります(笑)
前、きむ先生のアシしたもんね。
もっちもノブちゃんも(笑)
際どいシーンのない絵だったかもしれないけど、際どいのも覚えてるよー。
昔の少女マンガのあの世界、これ以上は想像してくださいという感じでよかったかもね。

アメリカじゃ無理かな?
日本も見た目が18歳未満に見えたらIDいるけど、明らかにそれ以上の人はスルーだったよ。
あ、私もね(笑)
なかなかヲンナの口からは言えないけど、すごくストレートな作品ではあったけども、着物のひとつひとつには細かいデザインがほどこしてあったり、金色の模様は横から見ると、絵の具がぷっくり山になっててすごくかわいかった(*^_^*)
興味本位で見るのもまたいいし、原画だから(原画の良さはベルばらでわかってるよね!笑)それもまた興味深いよー。
昔の人は、これを見てどんな風に思ったのだろう、どんな反応をしたのだろう。
そういうのも想像するのも面白い。
平安時代の貴族の女の子が源氏物語をワクワクしながら見たように、男の人はワクワクしたのかな?(笑)
北斎もこういう絵を描いていたのはしらなかったわ。
(北斎漫画と同じ人とは思えない 笑)
新潟とか近くでやったらぜひ見てみて。
なかなかチャンスないと思うの。
東京では12月の半ば過ぎくらいまでやってるから、日常が落ち着いたら日帰り温泉みたいに見に来られるといいね。
Commented by maropu21 at 2015-09-29 21:56
壁ドンとか、確かに昔からあったね!
昔なんて当たり前のマンガの王道シーンだったね。
ほんと、そうだわー。
壁ドンっていう言葉ななかったけどね。
真壁くんが蘭世に壁ドンとかしてたと思う。
オスカルもやられてたかな??

ネクタイ緩める行為ね〜。
人気よね!
私はそれも好きだけど、ネクタイはめるのも好きなのー(*^_^*)
襟立てて、これから仕事に出陣!みたいなのがいいわー(笑)
Commented by みい at 2015-10-01 10:53 x
こんにちは~
 春画展ですかあ~
大英博物館所蔵のものなのですね。
見たくないような見てみたいような(笑)

トラ猫ちゃんバイクの上で気持ちよさげ^^。
お月様きれいに取れてるね^^。
Commented by maropu21 at 2015-10-01 21:14
みいさん

こんばんば~
春画展、みたいようなみたくないような・・・?笑
でも当時の人たちがどんな風俗だったのかを知るには、江戸好きには外せませんでした!
でもね、ほんと、途中で飽きちゃいましたけど。
日本では、内容と考えるとなかなか展示されないそうです。
なのでとっても貴重なのよ(^^)

トラ猫ちゃん、近づいてもほとんど気にせずに寝てたよ。
どこかの飼い猫なのかなー。

お月さま、息をとめて撮ったけど、アップにするとやっぱりぶれちゃうね。
三脚ほしいなー。