菜花庵-nanohana.an

maropu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

『闘病日記〜チョコレート嚢胞 手術の日』の話

さて、いよいよ手術当日!
朝5時に起床して、シャワーを浴びました。
しばらくは浴びれないものね。
なるべくならギリギリに浴びたい(アラフォー)乙女心。

この日はオペより前にも緊張感漂うイベントが待ち受けてます。
9時くらいに「それ」は始まる予定。
そして10時頃に母と妹が手術付き添いに来てくれます。

moreに入れればよかったけど、↓に書いちゃったので、ご興味ありましたらどうぞ…!



======
朝ごはんは食べられないし、飲み物も6時以降はダメ。
シャワー浴びたりしてたので、昨晩少しだけ残しておいた経口補水液も飲まなかった。
無理に全部のまなくてもいいって言われてたので。

そして検温と血圧測定。
9時頃に予定通り看護師さんがあるものをもってやってきました。
やはりやるのね…(T_T)、浣腸……
生まれて初めてです。
女性としてこのことを書くべきかどうか。・゜・(ノД`)・゜・。
でも記録なので書きますっ!
人生いろんなことがあるわ。
人間だもの。

ベッドに寝転んで横向きになります。
看護師さん、人肌くらい温かいんですよとなにやら液体が入ったものを私の太ももに当ててきました。
確かにほんのりあったかい。
見てないけど、これが浣腸かぁ。。。と思う私。
「入れたらすぐにお手洗いに行きたくなりますが、できれば5分くらいはガマンしてくださいね」
ええーっ、昨日の看護師さんは2〜3分って言ってたのに(T_T)

「口で息してくださいね〜。緊張せずにチカラ入れずにいてくださいね〜」というので、言われるがままにやってみた。
「すごく上手です!」
褒められた…(笑)

「できるだけガマンして、出したものは流さずに私に見せてくださいね。ナースコールで呼んでください。」

入れ終わるか否か、すぐに、本当にすぐにお手洗いに行きたくなる。
こ、これ…5分なんてぜーーーーーーーーーったいにガマンできないっ!
横になってると神経が下半身に集中しちゃうので、起き上がって足踏みしたりしてみた。
お手洗いに目をやらぬよう、携帯見たりしてなるべく気分を変えてみるんだけど、もーーーダメだーー!!
4分になったところで、昨日の看護師さんは2〜3分と言ってたしその時間は過ぎたし、もういいだろう!!!
とお手洗いへダッシュ。

この時も昨日の下剤も、個室でお手洗いが近くて本当によかった…と心から思いました。
おトイレを看護師さんに見せてOKをもらい、あとは手術着に着替えて待つのみ。
2件目の手術なので、だいたいお昼頃と聞いています。

手術着はこちら。
f0036603_20221690.jpeg


よーくみると、前身頃と後ろ身頃はパチンとはめるタイプのボタンでひっついてるのみ。
これは脊髄腫瘍のときとおんなじね。
f0036603_20233233.jpeg


これ1枚だし半袖だし丈も膝くらいしかなく寒いので、まずは血栓予防のソックスだけ履いてみる。
右の白い布はツルツルしてて、このキッツーーーイ着圧ソックスを履くために必要なんです。
これがないと履けないくらいのキツキツ度200%!
f0036603_20291964.jpeg


足先に穴が開いてるのは、爪の色などを確認するため。
術中の体調チェックですね。
f0036603_20311658.jpeg


ほどなく、母と妹がとうちゃーく!
呼ばれるまでお部屋で待ちます。
なにもする事がないし、手術着に着替えようかな。
下着はなし。
代わりに短パンみたいなゆるゆる腰ゴムパンツを履きます。
全体的にゆるゆるな格好です。

お部屋にはこんな準備も。
酸素、うがい用の受け皿、酸素濃度を計測する機械と心電図。
f0036603_08440635.jpeg


アップにしてみよう。
術後は5時間くらい酸素マスクするので、そのためのものです。
これに酸素マスクをつなげて、酸素を取り入れます。
f0036603_08451957.jpeg


11時45分、ついに呼ばれました。
この病院は歩いて手術室まで行きます。
家族も手術室前まで一緒。
じゃあ行ってくるね。

まず、待合室、ロビーみたいなとこへ。
前とおんなじ。
f0036603_08391314.jpeg


ここでヘアキャップをかぶった。
前は手術室に入ったらだったから、いろんな手順があるのね。
へーーえ。
f0036603_20400999.jpeg


そして7番のオペ室へ!
ラッキーセブンだ〜とすこし喜ぶわたくし…笑
めっちゃ緊張してきてるんだけどね〜(^_^;)
f0036603_08394663.jpeg

f0036603_08400761.jpeg

f0036603_08405414.jpeg


今回はギリギリまでがんばってみることに。
意識がなくなる瞬間まで起きてやるんだー!
f0036603_08412019.jpeg

f0036603_08413655.jpeg


病室では母と妹、そしてプーとマロが待っててくれてます。
カバのリカバリーくん。
f0036603_08430168.jpeg


アビ、たくさん写真撮ってるのに現像したのがなかったのでiPhoneの中で見守っててくれてます。
って寝てる?!(笑)
f0036603_08431704.jpeg

そんなこんなで手術開始!
次は麻酔から目覚めてから、つらーーい手術直後のお話。

by maropu21 | 2016-02-10 20:00 | 手術(チョコレート嚢胞) | Trackback
トラックバックURL : http://maropu.exblog.jp/tb/24936396
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。