菜花庵-nanohana.an

maropu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

『闘病日記〜チョコレート嚢胞 手術後2〜3日目』の話

チョコレート嚢胞の手術の記録です。
記録なのでコメント閉じてます!
あ、ちなみに今日は猫の日ですね〜(*^_^*)
実家のアビちゃん、笑えるお顔で寝てます(笑)
和むわ〜。
f0036603_21412000.jpeg



手術の当日から次の日の朝まではベッドに寝たきりでした。
朝までは。
というわけで、午前中に1度、午後に1度歩くことになりました。
1日半とはいえ、寝たきりで傷も痛むので、ゆっくりゆっくりスタートです。


ベッドは自動で動かせるので、あまり腹筋を使わずに起き上がることができますが、イッキに起き上がることはせずに、徐々に90度にします。

90度ってこんなに直角なの?!
と思いました。
寝たきりから起きることって意外にたいへん。
f0036603_21381826.jpeg


傷の痛みを気にしながら、身体の向きを変えていきます。
90度からここまで、かなりゆっくりな動作です(^_^;)
そしてなんとかベッドサイドに座れた!
フゥ〜。
f0036603_21383926.jpeg

どんな風に回復していくのか…
退院までにどんなことをするのか…
ご興味ある方は続き、moreへどうぞ!




ベッドサイドに座ったら、今度はゆっくりゆっくり立ち上がる!
そしてその場で足踏みをします。
f0036603_21390335.jpeg


…で、歩くの!
かなりイキナリなイメージだった(^_^;)
点滴バーを杖代わりにしてソロソロ歩きます。
めちゃくちゃゆっくり!
f0036603_21392198.jpeg


看護師さんがすぐ横にいてくれるので、とても心強かったー。
やっぱりナース、憧れるなぁ〜。
これからでもなれるかしら??ふふふ。
f0036603_21393771.jpeg


私の場合、メスをいれた左側の傷口がめちゃ痛みました。
3分くらいすると、歩くのもやっと。
もっと強い痛み止め、ほしいわーーー!

廊下はこんな感じ。
私と同じようにゆっくり歩いている患者さんが数人いて、すれ違います。
f0036603_21400018.jpeg


フロア図↓
歩くのをすすめられるのは、内蔵の癒着をふせぐため、そして体力つけてキズの回復にもつながるようですね。
f0036603_21402174.jpeg



昨日手術したのに、次の日には歩く、動く!
少しずつだけどね。
というか、手術当日も寝たきりでしたが、脚をモゾモゾ動かしたり寝返りをうつことをすすめられてました。

そうそう。
こちらは手術の次の日の夕食。
ずーっと食べてなかったのですが、あまり食欲はない。。。
おかゆ…なのはいいとして、なぜかオカズがビーフシチュー!
なんやねんっ!とツッコミいれたくなりました〜。
f0036603_21405938.jpeg


というわけで…
がんばってがんばって、痛いけどがんばって、自力で少しでも動けるようになると回復しているんだな〜ということを実感します。
まず嬉しいのはこれ!
f0036603_21414882.jpeg


カテーテル取れたらそれで終わりではなく、自分でお手洗いに行くたびに採尿して、ナースがその量を確認します。
f0036603_21430609.jpeg


これもキロクだから載せる!(笑)
病気はだれもが平等なので、なぜか恥ずかしさがありません。
誰もがこうなりうる…モチロン皆さまにはなってほしくないけどね。
f0036603_21432275.jpeg


そんなこんなで、すこし自力で水分をとれるようにはなったので夜には点滴をしなくてもよくなりましたよ(*^_^*)
ただしまだ明日の昼間は点滴をするし、痛み止めを点滴で入れる可能性もあるので針は外せません。
こんなふうに夜寝るときにはガーゼを当ててます。
針はつけたままだけど、かなり軽くなったよ〜!
f0036603_21442248.jpeg


次の日の昼間。また点滴開始。
あー、またつながれちゃうのかぁ。。。(T_T)
昨晩つけたガーゼを外します。
写真は撮れなかったけど、点滴をせずに一晩経ったので、再び点滴する前には血管になにやら透明の液体を注入します。
注射器でチュ〜っと注入。
これがね…たまに痛いのよ。・゜・(ノД`)・゜・。
ゆっくり入れてくれないと、血管がピリリと痛む。
電気が走ったように痛みでビクッとなります。
f0036603_21451364.jpeg


ちなみに点滴を外すときにも液体を注入します。

また、針を刺したあたりに血液がたまってしまい、点滴の入りが悪くなることがあります。
その時にもその液体を注入。。。
注入するとその液におされて、針エリアにたまった血液が血管に戻ります。
私も1度、血液がたまってしまったのでその作業をやってくれたんだけど、ピューーーっと勢いよく注入されたので、めちゃくちゃ血管が痛かったーーー!
で、そのあと点滴は順調に入っていくのだけど、血管は痛いまま。
看護師さんに訴えると、昨日刺したばかりだから、刺しかえるのはもったいないし(また刺す時に痛みもあるしね)、温めると血管がふくらんで痛みが和らぐことがあるからというアドバイスをいただき、アイスノンのあったかいバージョンのものを借りてあっためました。
30分くらいあっためたら、確かに痛みがひいてきた!
よかったーーー。


そして、3日目には点滴とれたよーーーっ!
f0036603_21454422.jpeg



点滴はなくなったけど、水分、ちゃんとたくさんとりましょうね。
f0036603_21460673.jpeg


痛みがひどくなくなったので(それでも歩くとかなり痛い!!)、点滴から痛め止めを入れることはなくなりましたが、痛み止め錠剤は飲みます。
飲まないとやってられないわ!!
あ、お酒じゃないよ(笑)
f0036603_21465471.jpeg

食事も美味しくいただくことができるようになってきました。
アッサリしてるので術後の回復期にはちょうどいい。
f0036603_21463678.jpeg


でもデザートにバナナ一本は多いよーーー。
これだけでもおなかいっぱいになっちゃう!
f0036603_21471753.jpeg


点滴とれて、ガーゼもとれて…うれしいことだらけ。
キズ、痛いけど。
f0036603_21524651.jpeg


脊髄腫瘍のときに比べると、点滴とれたのも早いけど、全体的にもあの時のほうが何倍も何倍も辛かったけど、それでも直近の辛さのキオクが勝るのは人間だから?!(笑)


《おまけ1》
子宮などからの出血はこわいこと。
こんな風にしっかりチェックします。
f0036603_21515826.jpeg

《おまけ2》
オペ中に二酸化炭素をお腹にいれてぷっくり膨らませ、臓器と臓器の間隔をとりながら卵巣などを摘出したのでその名残がしばらく残ってました。
これは入院中のおなか。
ぷっくりしてる…(T ^ T)
最初見たとき、びっくりしたーーー。
これは10日くらいでだいぶよくなりましたが。
f0036603_17085506.jpeg


回復してきてますが、まだ退院はできません。
次回に続く!



by maropu21 | 2016-02-22 21:35 | 手術(チョコレート嚢胞) | Trackback
トラックバックURL : http://maropu.exblog.jp/tb/24964772
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。