菜花庵-nanohana.an

maropu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

『闘病日記〜チョコレート嚢胞 退院前日』の話

上の写真は術後すぐ、下の写真は術後2日目。
時系列としては、前の記事に載せるべきでしたね(^_^;)
2日目にはシャワー浴びられるようになりました。 
髪の毛洗ってスッキリ!
傷口はテープがしっかり貼ってありお水が入らないようになってたけど、痛みはあるので座ってシャワー浴びました。

ああっ!!そうだ!思い出した!
この日、スッキリした私に主治医の先生が「明日退院してももう大丈夫だよ」って言ったんだった。
ええ?明日って、まだ術後3日目ですけど…傷もかなり痛いし。
でも点滴もとれたし、食事も排泄も問題ないので先生としては大丈夫とのことでした。
まあさすがに不安なので、あと1日は入院させてもらいましたけど(笑)

f0036603_21561477.jpeg




というわけで今回の記録は退院前日なり。
moreへどうぞ!




退院前日の朝方、寝返りをうっても痛みが少なくなってきたことにあらためて気づきました!
おお…こうやって徐々に回復していくのね。

この日の朝5時まで採尿をして記録。
目覚めたらその記録用紙がなくなったいたので、看護師さんが持っていったのでしょうね。

前の脊髄腫瘍のときもそうでしたが、退院できる時期が近づき自分で基本動作ができるようになると、結構、ナースから放っておかれます(笑)
この日も毎朝のルーティーンの検温や血圧測定に来なかったしね〜。

というわけで、朝のルーティーンはなにもなく8時に朝ごはん。
みかんが小皿にちょこん(笑)
f0036603_21564750.jpeg


パンは冷凍モノを解凍しているようですね。
賞味期限がハンパない!
f0036603_21572800.jpeg

午前中はフロアをくるくる歩いて動きました。
明日退院ですが、歩きはじめて数分で傷口が痛むので、3周くらいしたらいったんお部屋に戻ってひと休み。
しばらく横になると治ります。
その繰り返し。
20周は歩かないと!


ほどなくランチタイム〜。
麦ご飯も今日でラストかぁー。
チンジャオロースといただきましょ。
麦ご飯はまたおうちで作ろう。
f0036603_21575103.jpeg


あ、そうだ。
ランチタイムより前にシャワー浴びたんだった。
で、ドライヤーで髪の毛乾かしていたら看護師さん登場。
先生が内診をしてくれるとのこと。
私の個室のお隣に「処置室」という部屋があり何のためだろうと思っていたら内診のお部屋でした。
エコーなどで内診してもらい、出血もほとんどなく順調とのこと。
よかったよかった。
写真ですが、摘出した右の卵巣、卵管、まだおなかに残っている子宮や卵巣も見せてもらいました。
オペ後、摘出した実物をみた家族の話だと、卵巣って親指の第一関節くらいの大きさらしい。
私のは血液などがたまっているチョコレート農法なので、でろんとした茶色になってました。


さてランチも終わって、シャワー浴びたし…
20周もいいけど、すこし頑張って遠出してみようかな。
フロアから抜け出して院内を歩いてみることにしました。
まだゆっくりで痛みを堪えながらですが、コンビニのぞいてみよーっと。
…と、そこで出会った方がいました。
f0036603_21593553.jpeg


同じフロアでも色々な病気の方がいて、手術のやり方もさまざま。
この方、とても気が合いそうだったのですが、急にあることが起きて連絡先などなにも聞けなくサヨナラをすることに。・゜・(ノД`)・゜・。

あることとは、コチラ↓。
MRIを撮ることになったのよ〜!ひゃー。
↓にすこし書きましたが、ずっと前に予約してしていたMRI(脳ドック)があったの。
退院した次の週末だったので、また来院するのは大変でしょうとの病院側のご厚意でした。
f0036603_21595094.jpeg

f0036603_22000880.jpeg

f0036603_22002926.jpeg

f0036603_22004731.jpeg

f0036603_22010280.jpeg

f0036603_22013118.jpeg


ちなみに脳ドックの検査結果は、次週、脳神経外科の主治医の先生から問題ないと言われました。
とてもキレイですって。
念のためのドックだったのですが、安心したー。
脳ドックってお高いのよね〜。
私は診察の一環としての検査だったので保険がききましたが。

そんなこんなで退院前日もまだ痛みを残しつつ、そして傷口もテープがしっかりと貼られているのでどんな具合なのかも見られず…
明日、退院かぁ〜。
あっという間だわ。

あ、おへそだけは大きなテープがはがされ、こんな様子でした。
カタチがすこし変わってる…
おへその中には傷口を覆うテープが貼られています。
笑った口元に見える(笑)
f0036603_12575122.jpeg


夕食。
炊き込み御飯もおいしかったー。
f0036603_22182737.jpeg


そして退院当日は朝ごはん、いただきました。
お昼前の退院なので。
f0036603_22193853.jpeg

パンもおいしかった!
f0036603_22200565.jpeg


退院前にはお寝巻きから洋服に着替えないとね。
寒いからタイツも履いて…
しばらくボーーーッとナースからのお声がかかるのを待っている間ヒマだったので、また、おへその写真を撮ってみましたよ。
あ、タイツの跡がおなかについてますが(^_^;)
あと、お腹がぽってりぷっくりしてるのは、手術の時にいれた二酸化炭素のせいですよっ!!!
f0036603_12582472.jpeg


このぷくぷくパンパンお腹、1ヶ月くらい経った今でもまだ残ってます。
術中にいれた二酸化炭素ですが、いずれ身体に吸収されるとのこと。
気体はだんだん上に上がってきて、その変化により肩こりになる人もいるそうです。


そして、やっとナースからのお声がかかり、ネームバンドを取りお会計をして帰りました。
前回も今回も料金のほとんどはお部屋代。
今回は5泊6日の入院で、23万円ほどでした。
前回はこの2倍の入院期間だったので、約2倍ですね。

すこし遠くに東京タワーの先っちょだけ見えるようなつまらない病室でしたが(笑)、お世話になりました。
f0036603_22020352.jpeg


術後の経過は、近々また外来があるのでその診察を待ってご報告しまーす。
お腹の痛み、傷口の痛み、傷口の回復キロクなどなど。



by maropu21 | 2016-03-01 10:00 | 手術(チョコレート嚢胞) | Trackback
トラックバックURL : http://maropu.exblog.jp/tb/24964804
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。