菜花庵-nanohana.an

maropu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

『闘病日記〜チョコレート嚢胞 術後の外来と体調報告』の話

右側の卵巣にチョコレート嚢胞ができ、その摘出手術のその後の記録です。

この前、脊髄腫瘍の2年後経過報告をしたばかりなのですが、また病気のお話です(^_^;)

2016年2月の始め、まだまだ寒さが厳しいころに手術を受け、約5ヶ月が過ぎました。
その経過などご報告します。
傷の写真やケロイド防止のお話もあります。
ではmoreへどうぞ。




入院は5泊6日。
退院の日も、歩けますが歩くと痛みもあったし、ホントに退院して普通の生活に戻るの?!と思いました。
私の場合はなぜか傷というより、その周りが激痛のような感じで(激痛とは大げさですね、歩けてるのだから。でもかなり痛いのよ!)、 このまま退院してもしばらくは動くのも大変だな〜と思いました。
痛かったのは1番大きな傷口の周り。
小さな傷口やおへその傷は普通に痛みがある程度でした。

退院の日。
オットが車で迎えに来てくれたのですが、車内の振動が…傷にひびくーー。
普段なんでもない道路なのに、何度も通ってる道路なのに…き、き、傷にひびくーーーー!
やっぱり傷、痛いわ。

お昼前に退院したため、ランチは外で食べることにしました。
ええ、痛いのにデス…(^_^;)
神保町のカレー屋さん、共栄堂さんです。
私はカレーではなく、ハヤシライスを注文。
これがまたおいしいのなんの!
f0036603_11141776.jpeg


術後の1ヶ月の注意点として、
・刺激物を食べない
・湯船にはつからない
などいくつかありました。
なのでカレーは食べず。
オットは私のハヤシライスをつまんでましたけど(笑)

おうちに帰ってからも、椅子に座るのも絨毯の上に座るのも、ゆ〜っくり。
傷も痛いし腹筋をあまり使えません。
うつ伏せでのゴロンもできない。
おへその傷が疼きます。

でも退院してから1週間くらいで職場には復帰できるらしいので、こんなに痛いのもその頃には少しは良くなっていくのかなぁ。

でもお友達に聞いてみると、1ヶ月くらいは傷の痛みがあったとのことでした。
ふむふむ、まだ1週間だから、あと3週間経てば1ヶ月になる。
もう少しの辛抱だね。
まあ私はこの時は次のお仕事が決まってなかったのでゆっくりと療養できるのだけど、この痛みを持ちながらのお仕事復帰は大変だと思います(>_<)
脊髄腫瘍のオペの傷はほとんど痛みがなかったので(人によります)、痛みに関しては甘くみていた…!
お腹って起き上がるときや横になるとき、立ち上がるときなど日常の動作で良く使うんだよね。
痛みを抱えて改めて実感しました。

退院してから自宅療養をしている間、家の中で歩き回ったりお散歩には出ました。
痛くても動いていかないと、傷の治りも遅くなってしまうと聞きました。
傷の周りの激痛はその後もしばらくは続きます。
痛いけど歩く。
結果、私の場合は1ヶ月では痛みがなくなることはなかったです…
キズも痛いけど、その周りがなぜか痛む。
満員電車に乗る機会はなかったですが、すこし混み合ってる電車の中ではキズに当たらないように注意してました。
やっぱりこわかったです。
でも2ヶ月近くなる頃にはだいぶ歩き方や動き方も普通に戻りました。
痛みが和らいできました。

1ヶ月経って、術後はじめての検診に行ってきました。
傷口のチェックと内診。
どちらもまったく問題なかったです!
でも傷口もまだ完全に治ってなく、完治したと感じるまでは半年くらいかかるかもしれないと言われました。
術後の検診としてはこれが最初で最後なのかな?
私の場合は子宮内膜症も筋腫もあるので、お薬を処方してもらっているため3ヶ月に1度は通院していて、そのうち何回かに1回は内診をしてもらってます。
でもそれは手術とは関係ないのでまた別のお話ですね。


そして、術後2ヶ月経って4月から仕事を始めました。
立ち仕事でしたが、ほとんど気になりませんでした。
たまーに疲れたときに傷がうずくくらい。
まだぎゅっと抑えると痛かったですが。

そして7月の今。
傷口は下で経過を見ていただくとして…
痛みは普段はありません(*^_^*)
抑えるとまだすこし疼きますが、あと、やっぱり2cmの傷の周りを抑えると痛いのよねー。
また、卵巣をひとつ摘出したことによるホルモンのバランスの変化とか、体調不良とかまったくありません。
お年頃として、更年期みたいな症状もありません。
健康に過ごしてます!
卵管はふたつとも取りましたが、それもまったく心身ともに影響ありません。
残ってる卵巣から女性ホルモンが出ているから??
とにもかくにも体調は良好です。


======
さて、傷あとヒストリーです。
ニガテな方はご注意を!
今回は抜糸をする縫い方ではなく、皮膚に吸収される糸を使っての縫合でした。
脊髄のときはケロイドになりにくいのは抜糸の縫合という形成外科の先生のご意見でしたが。





術後20日後の傷あと。
貼っていた絆創膏も自然にとれて、かさぶたのように乾燥してます。
これは左横にある1番大きなキズで、2センチくらい。
f0036603_20511307.jpeg


術後25日。
5日経ってすこしずつ良くなってるようですね。
周りも乾燥してます。
なんかクリームとか塗るのがこわくて(ケロイドになりやすいので敏感になった)、冬の乾燥に身を委ねてたらすごく乾燥してた(笑)
f0036603_20545294.jpeg

お腹に二酸化炭素を入れて膨らましてオペをしたため、術後の1ヶ月くらいはずっとお腹が妊婦みたいに膨らんでました。
この写真もなんだかパンッと張ってる感じ。


3/2のキズ。
術後1ヶ月くらい。
かさぶたもほとんどとれてます。
お見苦しくてごめんなさいね(^_^;)

f0036603_21453074.jpeg


上と同日。
角度によって、まだ膨らみがあります。
ケロイドになりませんように…!!
f0036603_21472007.jpeg

ケロイドにならないように、お薬も処方されてます。
トラニラスト。
毎食後、1カプセル飲みます。
f0036603_21494662.jpeg


あと、これもすすめられました。
お腹の傷口に貼るシリコンです。
帝王切開した方なども使うことがあるようです。
私もこれを小さく切って傷口に貼ってます。
毎日お風呂のあとに貼って、次の日のお風呂で取り替えます。
ほぼ24時間つけてます。
なんとこれ、5000円もするのよーーーー!
だいたい1ヶ月くらいは洗いながら使い回しができるのですが…
それでも高いなぁ〜。
f0036603_21505046.jpeg


ケロイドには圧迫療法というのあって、傷口を強く圧迫して膨れないようにするのですが、このシリコンもその治療法のひとつです。
カンタンなのでオススメですよー。
これによって絶対にケロイドにならないとは限りませんが、とにかくできること、いろんなことをするようにしてます。
粘着力が強いので最初はシリコンが肌にピッタリとくっつきますが、使っているうちにだんだんと粘着が弱くなります。
なので附属のテープを使ったり、私はお肌に優しい絆創膏で止めたりしてます。
f0036603_21530584.jpeg



4/14の傷口。
術後2ヶ月ちょっと。
まだ赤みがありすこし膨らみもありますね。
f0036603_21564225.jpeg


ずーっと日にちは進んで、7/13。
術後5ヶ月くらいです。
すこし赤みがあるように見えますが、電気の具合にもよります。
すこしずつ茶色っぽくなってきました。
さわってみても膨らみはほとんどありません。
でもシリコンは毎日つけてます。
f0036603_22014184.jpeg


こちらは小さな方の傷口。
跡は残ってるけど、もうほとんど気になりません。
どちらのキズも抑えるとすこし痛みがありますし、なぜか大きな方の傷口の周りはまだ抑えるとすこし痛いです(^_^;)
なんなんだろー?
まあでもほとんど日常生活に支障はないので大丈夫ですけどね!
f0036603_22032270.jpeg


術後の経過、簡単ですがこんな感じ。
たまにドゥジィーがドスンと乗ってきたときは痛いですが(笑)、普段は大丈夫だし快適に過ごしてます。

by maropu21 | 2016-07-14 20:00 | 手術(チョコレート嚢胞) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://maropu.exblog.jp/tb/25117006
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。