菜花庵-nanohana.an

maropu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

『川越は蔵の街』の話

新聞の土曜版に目をやると、「行ってみたい蔵の街」という特集があり、東日本では第一位に福島の喜多方、第二位に埼玉の川越とありました。川越って・・・お芋の街だけじゃなかったんだ!!しかも池袋から30分でとっても近いじゃない!ということで、突如訪れることに。

池袋の東武東上線から急行電車に乗ります。あっという間に川越に到着!駅前は結構栄えてて驚きでした。大宮みたいな感じかな。
f0036603_22113999.jpg


駅の中にある案内所にまず入ります。おじいさんとおばさんが1人ずついて、私はおじいさんから川越の地図をもらいました。このおじいさん、とても親切な人で私の質問にもとても丁寧に教えてくれました。たまに英語の単語が出てきてなかなかイキなおじいさんでした。ストリートっていう単語(しかも、このストリートに限ってはカタカナ語じゃなくて、ちゃんとstreetっていう発音だった)やらショップやらステーションやら、続々と英単語が登場!あまりに親切だったので、帰りにまた寄って楽しかったと伝えようと思ったのだけど、もう閉まってました。残念!川越の案内はぜひここでたずねるといいですヨ(^^)
f0036603_22151542.jpg


蔵の街並以外にもたくさんのお寺や神社などが点在していて、それぞれバスや観光専用の巡回バスで周ることができます。私は運動のためと思い、全て歩いて移動。目安では、駅から蔵の街並までは40分ぐらい、また駅から有名な喜多院までは20分ぐらいといったところです。案内所のおじいさんによると、あまり歩いて移動する人はいないとのこと。巡回バス亭は見つけやすいよ。本数も5,6分に1本ぐらい出てるから便利みたいよ。
f0036603_22204815.jpg


お寺は早くに閉まってしまうので、蔵は後に回してまずは喜多院へ向かいました。おじいさんにもらった地図を頼りに歩いていきます。途中の景色はこんな感じ。住宅に混じって懐かしい畑もありました。
f0036603_22192427.jpg

無人の野菜ショップも。この日は閉まってましたが。
f0036603_22195933.jpg

こういう道しるべがところどころにあるので、迷うことはないかも。
f0036603_22221346.jpg


さて30分ほど歩くと、喜多院のすぐ手前にもう1つの有名なお寺が見えてきます。ずーっと続く長い壁を超えると・・・
f0036603_22302967.jpg

中院が見えてきます。天台宗のお寺で830年(平安時代!)に建てられたんだって。古い歴史のあるお寺ですね、感動的・・・!門はさほど大きくも立派でもないシンプルなものですね。でもとてもいい景色です。
f0036603_22304665.jpg

中はそんなに広くないのでぐるっと見ただけでしたが、門をくぐった途端に目に入ってきたのはとてもきれいな緑でした。
f0036603_22322395.jpg

鐘はちょっと変わったとこにありました。
f0036603_22325926.jpg

瓦を使った(んだと思う)小道もあってなかなかいい風情。
f0036603_22333773.jpg

まんじゅしゃげもきれいに咲いてます。お彼岸だしね。
f0036603_22352931.jpg

もみじもまだ緑。でもきれいだったな。秋には見事に紅葉するのでしょうね。
f0036603_22355748.jpg

中院の裏手にある民家の垣根。これもお寺の雰囲気を壊さないようないい感じ。
f0036603_223766.jpg


中院のHPを見てみると島崎藤村のゆかりのお寺だったりしだれ桜が有名だとか色々書いてありますが、全然前知識なしだったので気付かなかったです・・・!

そんなステキな中院を後にして、引き続き歩いてズンズン進みます。今度の目的地は喜多院。またまたお寺です(笑)でも続きは次のお話に・・・
by maropu21 | 2006-09-25 22:57 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://maropu.exblog.jp/tb/3413343
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。