菜花庵-nanohana.an

maropu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

『川越・喜多院へ』の話

川越大師喜多院は中院を出るとすぐそこです。私は裏から入ってしまったけど、表へ回って門を撮ってみました。ここも小さな山門です。この喜多院の中では最古のものです!
f0036603_2259364.jpg

お水場はちょっとステキ。ドラゴンの口から水がちょぼちょぼ流れてるの。
f0036603_23172490.jpg

本堂もちょっと地味な感じ?!慈恵堂と言い、比叡山延暦寺第18代座主の慈恵大師良源をまつるお堂。中には中心に慈恵大師の像、左右にお不動さんがまつられています。
f0036603_2393222.jpg

色鮮やかな鐘楼門。2階に梵鐘があります。鷹も2羽いますね。
f0036603_2310475.jpg


この喜多院。830年に創建されたお寺で、徳川家光などと深い関わりがあるんだって!全然知らなかった。1638年の大火で、先に写真を載せた山門以外焼けてしまったこのお寺を再建したのが家光で、江戸城から御殿を移築したそう。「家光誕生の間」や乳母の「春日局の化粧の間」があるのはそのためらしいです。

ただ、その「家光誕生の間」や乳母の「春日局の化粧の間」に入るのはお金を払わねばならない!(大人400円) でもね、この入場料を払うと、このほかにも五百羅漢(ごひゃくらかん)を見ることができるので絶対に買った方がいいですよ。ここでチケットを買い、中に入って履物をロッカーに入れます。(ロッカーには100円が必要だけど後から戻ってくる)
f0036603_2321451.jpg

残念ながら、家光誕生の間などの写真は撮影禁止のために撮ることができませんでした。でも建物の外なら撮っても良かった(と思う・・・)ので少しだけお庭の風景とか撮ってみました。
しだれ桜。
f0036603_2323115.jpg

枯山水
f0036603_23231746.jpg

この渡り廊下も渡るのだけど、とても雰囲気が良い廊下で、まるで春日局になった気分になりました。ジーンズの裾が廊下にすれる音がまるで衣擦れの音のようで・・・(笑)
f0036603_2324383.jpg

他にも家光の厠など、ちょっと珍しいものもあったりしてなかなか楽しめました。これだけでも400円払って損はなし!そして続いて、五百羅漢に向かいます。一旦建物から出て数十秒のところに売店があり、その隣が入り口。

五百羅漢といっても、実際は500体以上あるらしく(538体!)どれも表情が違っていてとても興味深い!また、深夜こっそりと羅漢さまの頭をなでると、一つだけ必ず温かいものがあり、それは亡くなった親の顔に似ているのだという言い伝えも残っています。
こんなにたくさん!
f0036603_23283870.jpg

さらにドン!
f0036603_23285379.jpg


あまりにどれも違った表情なので、いくつか激写したものにセリフをつけてみました(笑)以下長いので適当にどうぞ・・・(笑)
f0036603_23302470.jpg

f0036603_23311049.jpg

f0036603_23311811.jpg

f0036603_23312423.jpg

f0036603_23313130.jpg

f0036603_23314419.jpg

f0036603_23315425.jpg

f0036603_2332019.jpg

f0036603_23321135.jpg

f0036603_23322214.jpg

f0036603_2332298.jpg

こわくない、の間違いです(^^;)↓↓↓
f0036603_23323619.jpg

f0036603_2332518.jpg

f0036603_2333024.jpg

f0036603_2333736.jpg

f0036603_23331469.jpg

f0036603_23332312.jpg

f0036603_23333315.jpg

f0036603_23334191.jpg

f0036603_23334933.jpg

f0036603_23335662.jpg

f0036603_2334659.jpg


ふぅ・・・ここまで長かった・・・(^^;)私も暇だなぁ・・・!

さて、その他喜多院の見所は・・・
▼どろぼうはし
f0036603_23355092.jpg

昔、どろぼうがこの橋を渡って境内内に逃げ入り(境内では町奉行も手出しできなかったんだって)、大師に許しを請いながら過ごす内にすっかり改心して善人になったそうな。その後、お寺はお奉行様に処置を願い出て、無罪になり、その後は商家で真面目に働いたそうな。それ以来この橋を「どろぼうはし」と呼ぶそうな・・・という昔話があるそうです。

▼かむ犬
f0036603_23415789.jpg


▼かむ犬の飼い主が商う食べ物屋。
f0036603_23423263.jpg



喜多院ツアー、楽しんでもらえたでしょうか?いよいよこの次は蔵の街へと移動します!
by maropu21 | 2006-09-25 23:49 | 旅行 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://maropu.exblog.jp/tb/3414028
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ぴーちぇ at 2006-09-26 09:49 x
喜多院でしょ~
見たよー
春日局の化粧の間って案外、え?ここ?って感じだった・・・^^;
家光誕生の間はおぉーここかって思った
丁度大奥にハマッてた時だったので、ここは見ねばー!って張り切っていったわさ。

そして地蔵コント! おもしろいぃー
Commented by maropu21 at 2006-09-26 12:55
ぴー、そういえば大奥にハマってた時あったよね。私も見てたらハマッてたかもしれないな(笑) 春日局のとこ、私もふーんという感じだったけど、ここに座ってたんだ・・・とか思うとやっぱり感動的だったわ!

羅漢サマたちは本当に表情が豊かで面白かったよ(^^)
Commented by KIM at 2006-09-26 17:31 x
わははは。おもろいーーー!!>台詞つきお地蔵さん!(オタク語では、ネームというのよ♪>あの節はお世話になりまひた~笑)

でも、ここの存在知らなかったわ~!とっても興味ある~~!なんか、いつか行って見たいなーって思ったっす!
Commented by KIM at 2006-09-26 17:32 x
そういや、聞き忘れた!「かむ犬」って、噛み付くから、注意事項で書いてあるの??ちょっと気になって。笑
Commented by maropu21 at 2006-09-26 20:59
KIMちん
あの犬は噛みつくクセがあるみたいで、注意っていう意味で書いてあったよ。噛むような凶暴には見えなかったけどね。
Commented by maropu21 at 2006-09-26 21:02
東京に来たらお付き合いするよ〜!まだまだ見所たくさんだから、私もまた行きたい(^-^)