菜花庵-nanohana.an

maropu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

『川越の蔵の街並』の話

喜多院をあとにして、ちょっと道に不安を持ちながらも地図を頼りに歩きます。目的地は、蔵の街並。でもやっぱり今回も、ちゃんと道しるべが親切に教えてくれたので、なんとか迷わずにここまできました。ここは大正・浪漫ストリート。ちょっとレトロな雰囲気をもった商店街です。
f0036603_2235845.jpg

f0036603_2241762.jpg

電気屋もこんな感じ。
f0036603_2244066.jpg

不思議な犬って?犬を商売に使っているなんてちょっとガッカリ。
f0036603_2254279.jpg


この大正・浪漫ストリートを通ると、すぐに蔵の街並の入り口に到着しました。ずっと向こうの方に蔵が続いているようだけど・・・あんまりよく見えないな。
f0036603_2272218.jpg

蔵の形をした商店などが立ち並んでいて、例えば美術館もありました。
f0036603_2284450.jpg

お漬物屋も。
f0036603_2291754.jpg

お豆屋かな?
f0036603_22104178.jpg

2階の格子が気に入りました。
f0036603_2294893.jpg

ちょっと遠くから撮ってみるとこんな感じ。
f0036603_22112750.jpg

向こうの蔵の窓、重厚だね。
f0036603_22121490.jpg

向こう側に現代のマンションが見えてちょっと不思議な風景。
f0036603_22141357.jpg

蔵じゃないんだけど、ちょっとモダンな窓を発見。
f0036603_22151035.jpg

アトリエもあるみたい。かわいい看板。
f0036603_22154339.jpg

時の鐘というのはこの川越の蔵の街並のシンボルです。400年前からずっとこの川越の街を見下ろしていました。今でも1日4回も鐘を鳴らすんだって!残念ながら私は聞けなかったけど。
f0036603_22184617.jpg

後ろから見ると結構スマート!
f0036603_2220086.jpg

時の鐘の裏には薬師堂があって、目の病に効くんですよ。また、この鐘の近くにあるこの「いも恋」。とても賑わってました。紫芋のソフトクリームを売っていて、みんなそれを食べてましたよ。
f0036603_22221999.jpg

このお店だけじゃなくて、このお芋のソフトクリームは結構他にも売ってた。さすがお芋の街!
f0036603_222322.jpg


ところで、この蔵の街並のすぐ近くに「お菓子横丁」というのがあって、お菓子がたくさん売ってるストリートなんだって。小道に入っていくと、まずこんな懐かしい感じのアイスキャンデー屋が!私の子供の時代よりももっと古いとは思うけど、マンガのサザエさんで見たことあるのでとても懐かしい感じがしました。
f0036603_22245380.jpg

このアイスキャンデー、もっと横丁に入っていくと他にも同じようなお店がいくつかあります。

お菓子横丁の入り口。まだあんまりお菓子っぽくないよ・・・??
f0036603_22255466.jpg

すると突然人混みが。うまく写真には撮れなかったけど、すれ違うのも大変なほどの人・人・人!
f0036603_22271255.jpg

なんといっても道が狭い!普通の民家の前の道にどどっと人が押し寄せています。ちょっと迷惑じゃ・・・?!
f0036603_22275691.jpg

売られているお菓子は、どれも庶民的で懐かしいものばかり。平成版はほとんどありません。
f0036603_22284785.jpg

飴屋やおせんべ屋はとても賑わってました。人が一瞬いなくなったところを激写!>特におせんべ屋
f0036603_2229511.jpg

f0036603_22291925.jpg


和食系の食事処もちょこちょこあって、うなぎ屋の前に流れている小川には鯉が泳いでました。子供も大喜び。
f0036603_22304393.jpg

また、ふ菓子の大きなのも結構売れていて、それを持って歩いている人をたくさん見かけました。確かにふ菓子はおいしいけど、あれは大きすぎじゃないのかしらん?おばあさんが手にしてるの分かる??
f0036603_22312914.jpg

ここにもありましたよ、川越といえばやはりコレでしょうね! また何故かきゅうりの浅漬けも売られて、それもなかなかいい売れ行きでしたよ。
f0036603_22322924.jpg


私もオナカが空いたのでちょっと入ってみました。ここは「うんとん処 春夏秋冬」っていう名前のお店で、主はおしょう油屋さんだそう。うんとんとは「うどん」のこと。
f0036603_22372096.jpg

店内は明るいモダンな様子なので女性一人でも全然OK!
f0036603_22373963.jpg

私が注文したのは、「かき揚げつけめん」。←熱いの苦手なのでやっぱり冷たいもの! かき揚げがとっても大きくて・・・正直大きすぎ(笑)・・・でも揚げた手なのでサクサクでおいしかったです。麺つゆにつけるのではなく、ここの自慢のおしょう油をちょこっとかけていただきます。おしょう油にも色々と種類があってどのおしょう油もおいしかったよ。ネットで調べるととてもおいしいという意見があったけど、私的にはそんなに特徴のある麺ではなかったんだけどね(^^;)
f0036603_22382936.jpg


おなかもいっぱいになって、蔵の街並も満喫し、いよいよ岐路に着くことにしましょう。また違う商店街を通って川越駅まで歩くのだけど、今度は平成の商店ストリートでした。カラオケ、洋服屋、小物屋、プリクラ専門店、ゲームセンターなどなど今の若者やファミリーでにぎわうストリートでした。この商店街はとっても長くて多分・・・20~30分ぐらい歩いたんじゃないかなぁ?あんなに大きな商店街は見たことないですもの。
f0036603_22461174.jpg


最初にお世話になった駅構内の川越観光案内所のおじいさんが話すには、川越にはこの「平成ストリート」、「明治のストリート(蔵のとこ)」、「大正のストリート(大正・浪漫のとこ)」と3つの商店街があるんだそう。なるほど、本当にそんな感じでした。

あ、そうそう。大正・浪漫の商店街の中にあった熊野神社。ここには参道の両端にこんなデコボコがありました。最初はデザインなのかななんて思ってたけど、実はこれ、足つぼマッサージ通路だったんです。靴をぬいでからこの上を歩くの。私はやらなかったけど、幼稚園ぐらいの子供がいる家族がトライしていて、子供はさすがにスイスイと進み、お父さんは比較的問題なく進んでるけど、お母さんが「痛い!イタタ・・・!!」と叫びながら、まるで牛歩のようにしか進めていなかったのが、気の毒だけどちょっと可笑しかったデス(^^)
f0036603_22515166.jpg


川越って、こんなに楽しいところだったなんて全然知らなかった。古いものあり新しいものあり、和もあり洋もあり、都会もあり田舎もあり・・・なんでもありました。また遊びに行きたいところです(^^)


▼おまけ
これ全部炭でできてるんだって。
f0036603_22542098.jpg


スィートポテトを1つゲット。冷えてておいしかった♪
f0036603_22544217.jpg

by maropu21 | 2006-09-26 22:54 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://maropu.exblog.jp/tb/3420923
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。