菜花庵-nanohana.an

maropu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

『日光 8 日光二荒山神社中宮祠』の話

中禅寺湖のほとりには、神社もあります。楓雅(我々の泊まった旅館)から歩いて約20~30分でその神社まで行ったのだけど、バスを使う手もあるみたい。結構車の通りが激しい(渋滞してた!)通りを歩いて行きました。
f0036603_22451625.jpg


交番を発見。ちょっと変わったデザイン。
f0036603_22454217.jpg


郵便局はシンプル。
f0036603_22455336.jpg


この通りにはお土産屋も並んでいるので、結構にぎやかです。特徴のある人形を見つけました。
f0036603_22463532.jpg

・・・と思ったら伸びた!!
f0036603_22465022.jpg

まぁ、この人形よりも「ゆばソフト」っていうのが気になるけど・・・だって湯葉のアイスだよ?!(笑)

中禅寺湖に沿った通りなので景色も最高です。夕焼けがきれい。
f0036603_22483333.jpg


そんなこんなで楽しんでいるうちに、鳥居が見えてきました。
f0036603_22484288.jpg


ここが目的地! 「日光二荒山神社中宮祠(にっこうふたらさんじんじゃちゅうぐうし)」という神社で、そのすぐ後ろにそびえ立っている男体山の山頂にある「二荒山神社奥宮」と、日光山中の東照宮などの近くにある「二荒山神社本社」の中間にあるので、中宮祠といいます。

唐門が出迎えてくれました。あとで知ったのだけど、この唐門には金の鯉の彫刻が飾られているんだって。見たかったー!!
f0036603_225133100.jpg


唐門をくぐると、拝殿があります。ここでお賽銭(100円・家族4人分!)を入れてお参りをします。この後ろに本殿があるのだけど、もちろんそこまでは入れません。ここで結婚式も行われるんだって。私たちが訪れた時間帯はもう5時近くだったので辺りは薄暗く、そろそろ終りっぽい雰囲気でした。
f0036603_231298.jpg


また、本殿の右側にはこんな山門があります。ここは、後ろにそびえ立つ男体山への登頂口、登拝門
f0036603_2324922.jpg


毎年5月5日から10月25日までのほぼ5か月半の間だけ、この門は開いているそうです。もうちょっと到着の時間が早かったら入ってみたかったなー。と思ったけれど、よくよく聞いてみると頂上まで約3時間半もかかるんだって!!それはちょっと・・・遠慮しておきます(笑) 降りてきた人たちを見かけたけど、ちゃんとした登山の服装をしてました。

夕暮れだったからか、神社には神さまの気配があった!・・・ような気がします(笑) とても神聖な雰囲気に包まれた神社でした。山に守られているからかな。


▼おまけ
お土産屋でこんなの見つけました。ブログのタイトルだから・・・お約束ですがネ(^^;)
f0036603_2375183.jpg


ちなみにこれがこの日のお昼ご飯。湯葉うどんと何てことはない牛丼です。
f0036603_23122369.jpg

f0036603_23123127.jpg

by maropu21 | 2006-10-21 23:16 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://maropu.exblog.jp/tb/3605362
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。