菜花庵-nanohana.an

maropu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

『雑司が谷の鬼子母神』の話

昨年は入谷の朝顔市に行きました。今年もその時に食べたおいしい屋台のヤキソバを求めて行ってみようかなと思っていたのだけど(朝顔ではなく 笑)、計画変更。のんびり都電の旅と共に雑司が谷の鬼子母神の夏のお祭りに行ってきました。
f0036603_2322240.jpg


以前訪れたときにはとても静かな雰囲気だったのに、さすがお祭りというだけあって、境内は屋台や人で賑わっていました。
f0036603_233290.jpg


懐かしい感じがする射的。お店のおじさんが「コツ」を教えていたけれど、難しいよね。だって的を倒すだけじゃダメで下に落とさないといけないんだもん。でもみんな夢中!男の子が小さなガムの箱をゲットしてましたよ。
f0036603_2341027.jpg


屋台といえば、コレ。金魚すくいはマストです。男の子がすくっていたのだけど、とっても上手だった。既に左手のコップには10匹ぐらい金魚が入っていたもの。
f0036603_2352851.jpg


屋台に負けていない雰囲気なのが、この駄菓子屋さん。都内で一番古いんだって。江戸時代(元禄)からずっと続いているらしい!ここでは名物の「すすきみみずく」が売られているそうだけど、すっかり見るのも忘れてしまいました。1つ欲しかったな。(境内の外でも売っているお店があるそうです)
f0036603_2391553.jpg


なぜ、すすきみみずくなのでしょう?こんなお話があるそうですよ。 「ある貧しい娘が母親の病気を治してもらいたいと百日の願をかけたところ、満願の月の夜に鬼子母神様がきれいなチョウチョの姿になって現れて、ススキでみみずくを作って売るといいと教えてくれた。その売ったお金で薬が買えたとさ。」 鬼子母神のミミズクは縁起ものなのです。境内にはところどころにこのミミズクの姿を見ることができます。
f0036603_23172469.jpg


ほら、ここにも。
f0036603_23173761.jpg


鬼子母神を後にして、少し雑司が谷を散策してみることにしました。うれしいことにネコをたくさん発見。まずはこの子、屋根の上でグッスリ・・・
f0036603_2319285.jpg


そしてあるお宅の玄関先に置いてあった自転車の後ろでもグッスリ・・・(してたけど、起しちゃった)
f0036603_23194717.jpg


気持ちよく伸びてる子も・・・と思ったら、これはオブジェでした(笑)
f0036603_23203045.jpg


このオブジェのお宅は、ギャラリーを併設しているようで庭先にはこんなものまで置いてありました。歩いていたら突然こんなのが出てきたからちょっとビックリ!(^^;)
f0036603_23212376.jpg


懐かしい様子の路地裏もあった。
f0036603_23215990.jpg


そしてここは有名らしい(妹談)たい焼き屋さん。
f0036603_23222377.jpg


もちろん買ってみました。たい焼きといっても、ランチュウみたい(顔がボコボコした金魚ね) なかなかおいしかったです。
f0036603_23235650.jpg


あるお店で見つけたセールの張り紙・・・でも何かが違う・・・!!言いたいことは分かるけど(笑)数字も、普通は30%~50%って書かない??(笑)
f0036603_23254083.jpg

by maropu21 | 2007-07-09 23:29 | 日常雑記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://maropu.exblog.jp/tb/5844709
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。