菜花庵-nanohana.an

maropu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

『浅草ほおずき市』の話

7月9日&10日と浅草寺にてほおずき市が催されました。雷門をくぐり、仲見世をずっと通っていくと・・・見えてきました。ほら、たくさんのほおづき達!漢字で書くと「酸漿」とか「鬼灯」とか。後者は中国で「小さな赤い提灯」という意味で、それに乗じて英語名は「Chinese lantern plant」って言うんだって。
f0036603_20201313.jpg



私が訪れたのは最終日だったので、お店の人たちは最後の売出しに大わらわ。大きな声で呼び込み中のお兄さん。風鈴もたくさんぶら下がっているので、その音がとても涼しげです。
f0036603_20265654.jpg


お店の裏手から見ると、ほおずき達が売られていくのを大人しく待っているみたいに見えました(笑)
f0036603_20274429.jpg


私は鉢植えではなく、枝についているほおずきをゲット。大量に重ねられているのでつぶれていないきれいな形のものを選びました。1本700円也。
f0036603_20283820.jpg


仲見世の裏手で、ほおずきのガーゼのハンカチーフも買ったよ。選び抜いた(?)ほおずきと一緒にハイ・チーズ!
f0036603_20294042.jpg


数年前の夏、やっぱり私は浅草のほおずき市に行きました。そこで同じようなほおずきを買い、当時入院していた祖母にお土産として渡すと、浅草生まれ浅草育ちの祖母は大喜び。でも次の日にお見舞いに行くと、部屋からほおずきがなくなっていたの。どうしたんだろうと思っていたら、祖母が「せっかくだから他の皆さんにもほおずきをお分けして」と1つずつあげたらしい。その数日後に祖母は天国へと旅立って行きました。さみしい思い出とともに、そんな祖母のかわいらしいエピソードがあるので、まろぷう家にとってのほおずき市は特別なのデス(^^)


さて話は変わり、これは今話題の宮崎の完熟マンゴー!あま~~くてネットリ。南国な舌触りです。マンゴーの独特の風味が少ないの。
f0036603_20402893.jpg

by maropu21 | 2007-07-11 20:48 | 日常雑記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://maropu.exblog.jp/tb/5859465
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ぴー at 2007-07-13 16:32 x
ほおずきイチ!
昔、ほおずきって不思議だったなぁぁ
あの形に子供心がときめいたもんだ!

府中では「すもも市」っていうのがあるらしい。

マンゴーーーー!
とうとうお食べで!
おいしいでしょ~~~
私なんて種の部分まで吸い付いたわ・・・・
の繊維がちくちくしたけど、最後まで頬ばりたいほどおいしいのよねぇぇ
Commented by maropu21 at 2007-07-17 11:14
すもも市?行ってみたい~!
ほおずきも食べられるけど(ほんのり甘いとか?)、すももだったら絶対食べちゃうなぁ。

マンゴー、おいしかったよ!!!!!あの甘さ、尋常じゃないね(笑) ものすごく南国な味がしたわ。