菜花庵-nanohana.an

maropu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

『春だし、京都へ行こう 平等院鳳凰堂』の話

宇治にある有名なお寺と言えば・・・あの平等院鳳凰堂!国宝!しかも世界遺産でもあります♪♪これまた有名な藤原道長の別荘だった建物を息子の頼道がお寺にしました。ということは、もちろん平安時代!紫式部が源氏物語を書いたころのお話です。

入り口で拝観料を払い、ドキドキしながら門をくぐります。門はどうってことない感じ。すぐ近くには藤棚があり、きっと立派できれいな藤が咲き乱れるのだろうなと思いました。
f0036603_23293011.jpg



入場チケットはとても色鮮やか。きれいですね。これはメインの鳳凰堂内に描かれていた文様だそうです。お土産屋では便箋などにも使われていました。拝観料は600円也。これで寺内とミュージアムに入れます。
f0036603_2334144.jpg



鳳凰堂は左右対象、池に映った姿がとてもすばらしいです。中央の建物内には阿弥陀様が鎮座していて、本当は真正面から見るとその姿が見えるのですがうまく撮れている写真がありませんでした。。。(--;) 約950年前に建立されたとのことですが、今でもその魅力は健在です!っていうか時間が経つにつれて更にすばらしくなっていくんだろうな。
f0036603_23365982.jpg



私のカメラだと全体を入れて写すことができなかったので、色々な角度から激写!新緑の影からも趣があってステキ~~~♪池に映る姿は鳥肌ものですね。←大げさ&オタク 笑
f0036603_23391854.jpg



もちろん桜もちゃーんと演出してくれました!
f0036603_23402452.jpg



重~いしだれ桜の向こうに隠れちゃったりもしました。
f0036603_23404970.jpg



横から見るとその大きさが特に分かるかな?
f0036603_23445377.jpg



鐘付き堂も静かな様子でステキ。
f0036603_2346275.jpg



鳳凰堂の内覧ツアーもあります。↑の入場チケットに記されている時間は、内覧ツアーの始まり時間。整理券みたいなものです。1回のツアーで約50人が一緒に入ります。(別料金、300円)
f0036603_23485247.jpg



この橋を渡って鳳凰堂の内部に入って行きました。向こうで950年前の鳳凰堂が我々を待ち構えていてくれてます!きゃー、楽しみ♪♪
f0036603_23493076.jpg



まず靴を脱いで・・・きれいに並んでます!
f0036603_23542113.jpg



残念ながら鳳凰堂内は撮影禁止でした。中には立派な国宝の阿弥陀さまが静かにいて、壁には雲に乗る菩薩さまがまるで本当に浮いているように貼り付けられています。阿弥陀さまの目は水晶なので、ちょっと離れて見てみるとキラキラ光っておりました。キラキラって少女マンガみたい?!・・・そんなことはさすがになかったですが(笑) 冗談はさておき、阿弥陀さまは大きいので、遠くから見ると建物の屋根に隠れてしまわないように、ちゃんとお顔のところの壁がまーるく切り取られていて、対岸からもしっかりと顔を確認することができるようになっています。すばらしい!とにかく、約1000年前の姿でそのまま残っている建物ですから、興奮しない人はいないと思います!内部の壁や柱などには手を触れないようにと言われちゃいました。言われなかったら、平安時代のものを触ってみたかった・・・

鳳凰堂内には竹が置かれていて、その向こうに入ってはいけないという結界の役割をしてました。
f0036603_002768.jpg



そうそう、この鳳凰堂がその名で呼ばれるようになったのは、この鳳凰たちの存在でした。
もちろん国宝ですヨ!
f0036603_013951.jpg



平安時代(11世紀)に造られた鳳凰だそうで、今では保存のために寺内のミュージアムに保管されているので、この鳳凰堂の上に乗っかっているのはレプリカとのこと。高さは約1メートル弱。結構小さいですね。ところで、鳳凰っていうと、手塚治虫のあの漫画を思い出しますね!
f0036603_024527.jpg



平等院鳳凰堂では、平成2年から発掘調査が進められているそうで、その調査に基づいてより当時の姿に近づけるように色々なところを再現しているそうです。例えば、大きな池もそう。当時は小石が敷き詰められていたと分かったので、池の水を抜いて、小石を敷き詰めたんだって。
f0036603_0134467.jpg



水は結構澄んでいて、魚もいました。
f0036603_0144970.jpg



小石の間からはたんぽぽがコンニチハ。
f0036603_0152374.jpg



寺内にはたくさんのきれいな景色を見ることができます。鳳凰堂の後方にある、浄土院というお寺の傍には、きれいな桜が咲いていました。これは紅しだれ桜です。
f0036603_0202680.jpg



きれいなので妹も激写!それを私が激写!
f0036603_021148.jpg



桜はやっぱりきれいです。お寺と桜ってマッチするよね。
f0036603_022787.jpg



鬼瓦と鳳凰。結構こわい顔してる 笑
f0036603_0222943.jpg



ゴミ箱も雰囲気を損なわないように洋服着ています。
f0036603_0234812.jpg



低いところに鍵がついた入り口を見つけました。入ってみたい。。。
f0036603_02594.jpg



もう1つ桜!
f0036603_0254466.jpg



赤い花もきれいです。
f0036603_0255974.jpg



いい構図。。。
f0036603_0262527.jpg



おじいさん、一休み。
f0036603_0265143.jpg



涼しげなお水だなぁ。
f0036603_027121.jpg



細かいところにも模様がありました。
f0036603_0274120.jpg



あ、鳥が横切った!
f0036603_0275673.jpg



どこをとっても、1つの絵になるような気がしました。
f0036603_0283353.jpg




「埋もれ木の 花咲くこともなかりしに 身のなる果 てぞ 悲しかりける」という悲しい時世の和歌を残して、ここ鳳凰堂で自刀したのは源頼政でした。お墓がひっそりとあります。頼朝は鎌倉にお墓がありましたがやっぱりひっそりとした感じでした。
f0036603_0333533.jpg



鳳凰堂を満喫したあとは、また宇治川沿いに戻りましょう。桜を楽しむ人でにぎわっているようです。あ、ランチも食べなきゃね!


以下、次号へ続く!
by maropu21 | 2008-04-12 00:35 | 旅行 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://maropu.exblog.jp/tb/7832989
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by KIM at 2008-04-13 23:51 x
平等院鳳凰堂いいね~~!もう、10年以上も訪れてないや。。
それにしても「鳥が横切った!」の瞬間写真、凄いじゃん!だんだんカメラ小僧の腕も上がっているのようだね~!
んで、今回は何百枚撮ったの?爆

でもさ、アングルとか、素敵よ~!お世辞じゃなくてさ!私のような、適当な人に言われても…あんまり、足しにもならないと思うけどさ!

エボンリー嬢も撮り、それを撮る姉…!いいね、姉妹で旅行って。
次回も楽しみにしてるよ~!
Commented by maropu21 at 2008-04-15 22:48
行ったことあるの?いいねー。私は今回が初めてだったよ!すごく感動的だった・・・写真は300枚ぐらい!笑 DCに行った約1週間には300枚ぐらい撮ったと記憶してるから、最近は数がすごく増えてるんだ 笑

>アングルとか
ありがとう!私なりに全部好きな写真ばっかりなんだけど、これって好みの問題だからねぇ。きむちんとは同じような好みなのかしらん?!

エボンリーはカメラ小僧の姉に根気良くついてきてくれてました(^^;) 私が立ち止まると一緒に立ち止まってくれて。他の人だったら、きっとイライラしちゃうかも!ふふふ。更に、こういうお寺とかにそんなに興味ないみたいだから一緒に来てくれるっていうことが本当にありがたいね。