菜花庵-nanohana.an

maropu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

『奥湯河原 海石榴(つばき)』の話

最近、社内がバタバタしていたので(今もまだバタバタしていますが!)、支店長が我々社員に「会議+宿泊」というプレゼント(?)をしてくれました。行き先は、奥湯河原。湯河原駅で下車します。アジサイが満開でした。
f0036603_225187.jpg



宿泊先は、「海石榴(つばき)」という旅館です。湯河原駅からタクシーで5分ほどの山の中にありました。門は赴きのある雰囲気。
f0036603_21584632.jpg



旅館の入り口もしっとりとしていてステキ。木のぬくもりを感じます。
f0036603_21593115.jpg



ロビーも広々としていて清潔。いわゆるフロントみたいな大きなカウンターがなく小さな窓口があり、それもまた静かな感じがして良かったです。
f0036603_227779.jpg



ロビーで仲居さんたちに挨拶をすると奥のお部屋に通され、お抹茶とお菓子をいただきました。きちんと点ててあるほどよい苦味のあるおいしいお茶でした。
f0036603_22101240.jpg



落雁があまり好きではない私ですが、ここのはおいしかったです。分かりにくいかもしれないけど、つばきの形になってます!京都で特別に作ってもらっているんだそうです。
f0036603_22113487.jpg



この海石榴には、普通の客室とは別棟の迎賓館(名前がスゴイ!笑)に5室のスウィートルームがあり、我々はその迎賓館の4部屋を使用しました。とにかく部屋が大きくて、一番大きなお部屋は200㎡もあります。それがこの「古金襽(こきんらん)」。部屋の入り口はこちら!
f0036603_2225590.jpg



・・・入ってみると・・・廊下が先まで続いてる。あれ、これって部屋の中だよね?また廊下に出ちゃった??って一瞬思っちゃうほど。大きな1つの部屋の中にいくつもの部屋があるという感じです。この廊下の左右に和室があり、定員10人の間取りになっているそうです。
f0036603_2217160.jpg



廊下の突き当たりはこんな感じ。
f0036603_2223267.jpg



その右側には広い部屋があります。
f0036603_2224964.jpg



小さめな部屋もあります。1人で寝たいときはここかな?
f0036603_22234682.jpg



はばかりもこんな感じ。男性用ですが・・・(皆が来る前に撮影しちゃいました!)
f0036603_22325789.jpg



掛け軸もステキー。
f0036603_22331678.jpg



他のお部屋も広くて、90平米と130平米がありました。↑の廊下ほどじゃないけど、ここも広々としています。
f0036603_23521132.jpg



平安朝の雰囲気の奥に部屋があります。この几帳がどの部屋にもありました。
f0036603_22365382.jpg



この部屋の奥には何があるでしょう?
f0036603_22384775.jpg



答えは、お茶室です。先に頼んでおくと、お茶会の準備もしておいてくれるそうです。
f0036603_22392827.jpg



女子部屋も130平米で全部で3部屋ありました。ここが一番大きな部屋です。
f0036603_22412118.jpg



窓際も気持ち良さそう!
f0036603_22421610.jpg



ずっと奥まで緑が広がっています。
f0036603_22424033.jpg



そうそう。どのお部屋にもお風呂がついていて、一番大きなところには2つもありました。外の景色を楽しみながら1人のんびり入るのも良さそうだね。
f0036603_2244459.jpg



お風呂の窓の外はこんな向こうまで景色が広がってました。
f0036603_22442989.jpg



アメニティーは大人数だから大量!(笑)
f0036603_2245664.jpg



どこも落ち着いた部屋ばかりでステキですが、廊下も薄暗くて静かな様子。迎賓館には5部屋しかないし、廊下でもあまり人に会いません。いい具合にプライベートが守られるので、どうやらスマップの中居くんがウワサの彼女と泊まりにきたとか。タクシーの運転手さん、ペラペラしゃべってました(笑)
f0036603_22475735.jpg



いたるところに生花が飾られていて、これまたしっとりいい雰囲気!静、ですね。
f0036603_2250770.jpg


f0036603_22551925.jpg


f0036603_22554066.jpg



湯河原は温泉が有名なので、ここも温泉を楽しめます。私はあまり長い間温泉を楽しむことができないので、今回も20分ぐらいで出てしまったのですが、ある女子は2時間も入っていたそうです・・・(入ったり出たり、サウナに入ったりなどね。もちろん2時間ずーっとお湯につかっていたわけじゃあないです!笑) 次の日には朝風呂もきっちり楽しんだとか。すごい!!いつ行っても誰かがいたので温泉の写真は撮れなかったけど、脱衣所はこんな感じでした。個室がありました。
f0036603_22544087.jpg



お風呂から上がるとここで涼みがてら小休止。最近、ちょっと人気のある(らしい)男性社員が、ここでも女子4人に囲まれて談笑してました(笑)
f0036603_22573080.jpg



ビールや冷茶をいただけます。私は冷茶と梅ゼリーにしました。この梅ゼリーがものすごーーーーーーーーく美味しくて、お風呂に入ってなくても何度もここに座って食べたいぐらいでした(ここに座ると必ず給仕してくれるのよ・・・←でもやらなかったよ 笑)
f0036603_2259261.jpg



外の景色を楽しみながらゆっくりと食べるのがとても良かったです。同僚のコメちゃんは、お風呂上りに絶対にビールをきゅ~~っと飲むわと張り切っていましたが、後に控えた懐石夕食のためにお腹を空かせておくことにして、ここではお茶だけでガマンしていました。それにしても、女の子は本当に長風呂ですね!私を含め3人は早くに出てしまったけれど、その他の女子たちは一向に上がる気配がなかったですもの。でもさすがに2時間の長風呂女王は1人しかいなかったけどね!
f0036603_2305524.jpg



女性用の浴衣はかわいいつばきの模様です。やっぱりお風呂上りは浴衣・・・といきたいところですが、なんとなく会社の男性社員の前で着る勇気が出ず(まぁ、誰も気にしないでしょうが)、ほとんどの女子はお風呂上りの浴衣姿はナシでした。
f0036603_2374230.jpg



そしてお風呂のあとには宴会です。お座敷に座椅子とお膳が人数分用意されていました。もちろん部屋は貸し切りです。さぁ、自慢の懐石料理を楽しみましょう!!!実は今回の旅行、1人1泊2食52、000円でしたが、私は外せない用事があって日帰りで帰ったので食事のみでした。そのチャージがなんと42,000円だったのです。あの豪華な部屋に宿泊しないで食事だけ(温泉も入れるけど)でそのお値段とは・・・!一体どんなに素晴らしい食事が待っているのかと、それはそれは楽しみにしていました!

久々に飲んだお酒のせいか、ぶれちゃった写真もあったので全部は載せていませんがこちらがそのご自慢の懐石料理の数々です。ちなみに今月はこんな献立だって!

先付はお豆腐。
f0036603_23181232.jpg



前菜。
f0036603_2319787.jpg



続く「椀物」はぶれてたので載せませんが、その後の向付はおいしいお刺身なり!わさび醤油のほかにもう1つ小皿があり、こちらは辛し醤油。お刺身を辛しで食べるのは初めてだったけど、おいしかったです。
f0036603_23203920.jpg



焚合はこちら。奥にあるのは丸茄子で、この旨煮が絶品でした。
f0036603_23231840.jpg



次は焼物。鮎の塩焼きだったのですが、私は写真を撮るために皆の席を回っていたので、食べ損ねてしまいました・・・残念!気を取り直して、続く進肴は蓬そば麩など。食感が新鮮でした。ほおずきが添えてあって、その中には子持ち昆布の土佐漬けがちょこんと入っています。
f0036603_23264624.jpg



温物は、冬瓜や合鴨の肉団子。鴨ってちょっと苦手な部類に入るのだけど、これはもう美味しすぎておかわりしたいぐらいでしたよ!
f0036603_23275587.jpg



ご飯と香の物。ご飯はほのかな甘みを感じましたが、中には茗荷が入っているとのこと。茗荷もちょっと苦手なのだけど、これはとてもおいしくいただきました♪コメちゃんは、この茗荷ご飯がとても気に入ったようで、お料理の得意な先輩に作り方を教わってました。お漬物はすべてがおいしくて、甘みのあるご飯のコンビネーションがちょうど良かったです。タクアンもポリポリ食べました!
f0036603_23311197.jpg



デザートはフルーツや手作り水ようかんなど。ビワが夏らしい!
f0036603_2329617.jpg



この夕食を終えて、9時ごろに湯河原を後に東京へ戻りました。家に到着したのは11時ぐらい。日帰りはもったいないよーと帰りのタクシーの運転手にさんざん言われながら帰りました(笑)


さて、ちょっとだけその他の写真のご紹介!

▼行きの新幹線で駅弁を買って食べました。1時間もかからない旅なので急いで食べました(笑)
f0036603_233786.jpg



とにかく緑に囲まれた旅館だったので、とても景色がさわやか。
f0036603_2338621.jpg



旅館の近辺を散策。小さな川からいい音も流れていました。
f0036603_23391557.jpg



迎賓館の入り口にある部屋名の灯り。暗い廊下にぽつんと灯りがあって、それがまたいい雰囲気でした。
f0036603_23403362.jpg



そんなこんなで相変わらずたくさん写真を撮ってきちゃいましたね。長々とご覧いただきありがとうございました(笑)
by maropu21 | 2008-07-03 23:58 | 旅行 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://maropu.exblog.jp/tb/8536217
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by KIM at 2008-07-05 07:53 x
長々と、見させていただきましたヨ!笑 あらん、いつもの事じゃないのぉ、オクサン!笑 >そこいらの主婦のような会話ね!?

しっかし、宿泊しても、しなくても、さほど差がないのね!!!
それにびっくり仰天でした!!!

でも、お料理は、上品だね~~!流石、これぞ和食の匠よ!って思うくらいに。日本食の素晴らしいところだよね。目で楽しんで、季節の味と色彩を楽しんで、っていう感じだよね~!

やはり1泊5万っていうと、なかなか体験できない世界だからさ、庶民の私には、、、(ってか、一生体験できないだろうなー爆)ここで、覗いて懐疑体験で我慢するわ。そして、わたしは、、B級グルメを食べるのよ。。笑
Commented by maropu21 at 2008-07-06 21:05
長々なのにほんと、ありがとねー(笑)

そうそう、値段が宿泊と宿泊無しとでほとんど同じっていうのが・・・びっくりだよね。それだけ分の食べ物とお風呂は楽しんだけど!和食っていうのは、繊細で目と舌の両方で楽しめていいねぇ。

B級グルメの写真もゾクゾクと集まってきてるよ(笑) もう少し集まったらまたアップするねー!クス。
Commented by ぴーちぇ at 2008-07-11 12:51 x
おぉぉ~
素敵!!!
これは貴重だわ笑
お抹茶好きなぴーとしては、あのお抹茶、飲んでみたい~♪
やっぱりさ、和っていいよねー
アメリカにいた頃から、、、、思うもんな。
というか、アメリカ体験が、そう思わせてくれてるのかもね笑
それにしても豪華な感じ~!
写真で満腹っす~笑
Commented by maropu21 at 2008-07-13 23:23
お茶好きには気に入ると思うよ!あとね、お風呂上りの冷茶もすっごくおいしかった!
和っていいよね。年を重ねるとともにいいなって思うようになるよね。うん、それにアメリカ体験が良かったのかもしれないね!日本のよさがすごーく見えてくる(悪いとこも同時に、だけど。。。笑)