菜花庵-nanohana.an

maropu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2017年 10月 06日 ( 1 )

『京都へ!2017初秋〜鞍馬』の話

 9月、京都へ行ってきました。
フト思い立って。

夜から妹が合流するので、私は朝、お江戸を出発。
10じはんころに京都へとうちゃーく。

まず目指すは鞍馬。
こんな行程です(^ ^)
f0036603_10370773.jpg


叡山電鉄に揺られていくと、だんだんと山の中に入っていきます。
貴船の手前くらいから川が見えてきます。
f0036603_22112318.jpg


貴船で結構なひとが降り、つぎは終点の鞍馬。
鞍馬山、鞍馬寺の入り口です。
天狗が迎えてくれるよー。
f0036603_22120580.jpg


駅のホームには南部風鈴が涼しげにチリンチリン。
f0036603_22114748.jpg


何度となく訪れているので、もう迷うことなくテクテク歩きますよー。
鞍馬寺の入り口なり〜〜。
f0036603_22125577.jpg


お寺にお参りする前に、腹ごしらえ!
このために朝ごはんは駅弁を食べたいのをガマン。
おなかグーグーでやってきました(๑˃̵ᴗ˂̵)
いつもここです。
鞍馬寺の入り口を入って階段を少し登ったなら、右側にひっそりとあるお店。

いつも窓際。
f0036603_22133324.jpg


2000円〜3000円くらいのコースがあります。
精進料理をお手軽に食べられるのよ。
今回は1番お高いのを!豪華なのを!!
f0036603_22135484.jpg


天ぷらもあった!
後から揚げたてが出てきました。
アッツーーーーーッ!!
ヤケドしそうになったよ。
f0036603_22141023.jpg


デザートは寒天みたいなの。
チュルンといただきました。
f0036603_22143266.jpg

すこーしゆっくりしてから、鞍馬寺へ!
いざ出陣!!

あれ、ケーブルカー?!
そうです。行きも帰りもケーブルカーを使うことができるのよー。
私はいつも行きしだけはケーブルカーにします。
だいたい1分程度。
登山で上がっていくと、少し息が切れるくらいの感じ。
ケーブルカー、オススメです!
f0036603_22145729.jpg


ケーブルカーを降りたら、お寺までは歩きますよー。
階段とか舗装された山道を歩いていきます。
階段は最後、意外にキツイ!
でも最近はジムで鍛えてきたので、なんとかクリア!
f0036603_22152451.jpg


陣の中に立ってお参り。
これが正しいのかわからないけど、みんなしてる。
一人ずつなので、後ろに並びます。
パワースポットと言われていますが、それは信じるかどうかは人それぞれね。
f0036603_22155612.jpg


お参りとお守りを返して、新しいのをいただいて、空を見上げると面白い雲のカタチ。
トンビがくるくる回ってた。

f0036603_22162096.jpg


箒で掃いたような雲。
それにしてもいいお天気だったなぁー。
東京は25度程度だったけど、京都は30度くらいありましたもの!
f0036603_22164261.jpg


今回はお守りだけでなく、お護摩を焚いてもらうことにしてもらったよ。
たくさんお願いしたいことがあったけど、あんまり欲張るといけないですよね!
先に書いていたおばさまに、2つ以上お願い事があったら、一本に全部書くのですかね?と聞いたら、ひとつのお願い事に一本よ!って。
と、いうことで、妹の分と私の分で3本なりー。
妹のは勝手に私が書きました。
さてどっちが2本?!(笑)
f0036603_22281088.jpg


中国の人に撮ってもらいました!
あ、ブカブカだから太ってみえるのよ!
靴はナイキです。
f0036603_22282493.jpg


さて、下山。
今度は徒歩で。
いつもこの苔むした手水舎に見とれる。
f0036603_22290431.jpg


影と光と。
f0036603_22294659.jpg


手前のだけ、苔のお帽子をかぶってた。
f0036603_22302067.jpg


さて、麓近くになると…


見えてきたーーーー!(ホントは下山すると裏から入ることになります)
f0036603_22310586.jpg


ドーーーーン!!
f0036603_22313255.jpg


ドドドーーーーン!!!
f0036603_22320386.jpg


大きな大きな杉の木です。 
大杉さんと呼ばれてはります。
f0036603_22324261.jpg

ここでも大杉さんのお守りを返して、また新しいのをいただいてきました。

鞍馬は私になんだか合うんですよね、空気が。
ここに来ると不思議とスッキリする。
だから毎年、来てます。
また一年、見守っててください!

そして、妹がくるまで、ひとり旅は続きます。
叡山電鉄に乗って、出町柳まで戻りましょう!


by maropu21 | 2017-10-06 22:50 | 旅行 | Trackback | Comments(0)