菜花庵-nanohana.an

maropu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:アカヒレ( 9 )

『逝去記念式とアカヒレ』の話

ある方の逝去記念式に参加させていただきました。
教会でパイプオルガンが鳴り響き、みなで賛美歌を歌い、詩篇を読み、声を合わせて祈り、説教を聞きました。
クリスチャンではない私なので、すべてのことが興味深かったですが、それ以上に、シンプルだけど気持ちのこもったこの式に参加して、亡くなった方やご家族の気持ちに寄り添うことができた気がしました。
とても面白く、批判(=討論)がお好きだった教授だったようで、研究者としてもとても惜しまれる若いこの世とのお別れでしたが、ほかの方からとても愛されていたことがよくわかる、本当によい式でした。


f0036603_19244551.jpg


さて。
そんなことがあったころ、我が家でも悲しきことが起きました。
アカヒレが天国に行ってしまったのです。
もともと3匹たのですが、これがまたふしぎなことなのですが、少し前に2匹が急にいなくなったのです。
ここ半年くらい、藻とか石などまったくないちいさな水槽にうつしていたので、どこかに隠れているということはありません。
埋めてあげることもできず、残る1匹だけになってました。
しかし、その1匹も1ヶ月くらいは元気にしていたのだけど、ある日から底のほうにじっとしているように…

以下、moreに様子を載せましたので見られる方はどうぞ。


More
by maropu21 | 2015-07-20 20:20 | アカヒレ | Trackback | Comments(2)

『エビータさん』の話

エビータさん、かなり活発に泳ぎます。
エビってこんなに動くの?!とビックリ。

エビータさん動画


しかし・・・悲しいお知らせ。
ある日、仕事から帰宅して水槽をのぞいてみると、エビータさんが見当たらない。
透明だし水草の後ろにいたことも何度もあったので、じっくり探してみたんだけど、やっぱり見当たらない。
おかしいなぁと思って、ふと、水槽の外をみると・・・ピンク色のの桜エビが。。。
もしかして、もしかして?!?!
エビータさん、水槽から外の世界にダイブしてしまったようで、もちろん、そこから自分で水槽に戻れることはなく。。。
そのまま、干しエビになってしまいました(><)

ネットで調べてみたところ、ミナミヌマエビは、よくダイブして外に出てしまうようです。
水槽にはフタをしていないので、気を付けないといけなかった。
ダイブして水槽の外に出なくても、内側にひっついてそこで☆になってしまうこともあるようです。


お庭の土に埋めました。
ごめんね、エビータさん。
by maropu21 | 2014-06-19 17:30 | アカヒレ | Trackback | Comments(2)

『エビータさんという新入り』の話

あかを、ヒレコ、センのアカヒレfamに、新しい仲間を入れました。
登場してもらいましょう~!ジャーーーン!!
・・・って、どこにいるかわからない?
ですよね。
f0036603_15395758.jpg




はい、こちらです!
ミナミヌマエビの「エビータさん」です。
f0036603_15392166.jpg



アカヒレとミナミヌマエビはよく混泳させていて、優秀なミナミヌマエビは水槽のお掃除もしてくれるんですよ。

3アカヒレ「ちょっと、これ、だれ?」
エビータさん「え、いや、あの・・・このたび、こちらの水槽にやって参りましたエビのエビータです。」

f0036603_15402069.jpg




3アカヒレ「ああ、そう。よろしくね。」
エビータさん「ふぅ~、やれやれ。」
f0036603_162127.jpg




という会話がなされたかどうかはわかりませんが、これはたまたま撮れた写真で、普段はお互いがまったく気にならない様子です。
つついたり追いかけたりもせず、不思議なくらいに無視してます(笑)
↓ まったくエビータに視線を落とさずに、通過中。あまりに高速で笑えます。
f0036603_15394411.jpg




それにしても透明度がすごいですね~。
透き通っているし小さいので、水槽で見つけるのが難しいこともあります。
f0036603_1540376.jpg


新入りエビータ、ものすごくマイペースなようです。
ちょっと面白い。
by maropu21 | 2014-06-02 18:30 | アカヒレ | Trackback | Comments(2)

『色めきだつ瞬間』の話

アカヒレfam、元気にしています。

いちばん好きな角度は、真正面。
ひょうきんモノみたいじゃなーい?
f0036603_1622955.jpg



あかをは、相変わらずヒレをひろげて「オレはやるぜ!」状態だし、
ヒレコは、おなかがぷっくりしながらも、「ごはん、まだかしら~」だけ気になるみたいでフワフワした状態だし、
センは、「ヒレコさん、あっしもおりやすぜ!」ってあかをに見つからないように、ヒレコにこっそりアピール。
そして、よくあかをのマネをします。
あかをが砂利をつついていると、センも同じことをします。
f0036603_164176.jpg



センは仲間になったときに、少し体が小さかったので、ほかの2匹よりもちょっと年下のようです。
でも、最近は体が大きくなってきて、たまにあかをに対抗する姿も見られるようになってきました。
f0036603_15585391.jpg



それぞれの性格の3匹ですが、みんなが同じ行動をとるときが1日に1回だけあるんですよ。
それは、ごはんタイムのとき。
まず、水槽の近くのライトをONにすると、3匹ともワラワラと水槽の右角に集まってきます。
みんながワクワクしてるのがよく分かる。
あ「ごはんだ!」、ヒ「ごはんよね!」、セ「あっしもおりやすぜ!」
全員が色めきだってます(笑)
f0036603_1556596.jpg


水面に寄ってきて、落ち着きゼロ状態!
私の指先が水面に近づくと、エキサイトマックス状態になります。
ちゃんと分かるんだ~と感心しながらも、私も、みんなに均等にごはんが行き渡るようにチェックしながらご飯をあげてます。

夜遅くに、アカヒレfamを見てみようかな~とライトをONにすると、やっぱり寄ってきちゃうので、
ライトのON/OFFで反応してるのかしらね。
そういうときは、最初は、ワサワサと色めきだっている3匹ですが、1,2分すると、
「なーんだ、ご飯じゃないんだ」と理解して、普段の生活に戻ります。
ちゃんと分かるんだね~、不思議。


ところで、見間違えでないことを祈るのですが・・・
この前、センがフィンスプレッティング(ヒレをひろげてアピール)をヒレコにしていたときに、
センと並んでヒレコもヒレをひろげていたように見えました。
それって、カップル成立なのかな?!
ただのびーーーっとしただけなのかしら?!
産卵しているかどうか、全然、分からないのですが。。。

アカヒレの産卵って、メダカみたいに水草に卵をつけたりせず、
産み落とすだけなんだそうです。
なので、水槽の下(うちのは砂利があるので、全然、分からない)に落ちてたり、
たまたま水草にひっついてたりして、飼い主さんは見つけることがあるんですって。
しかも、とってもとっても小さな卵。
でも、親が食べてしまうことも多いので、気づかないことも多々あるらしいです。
もし見つけたら、救済したいなと思うのですけどね。
アカヒレは、水温が25度以上になると産卵しやすくなるらしいので、もうちょっと先なのかな。

水槽のお掃除してくれるミナミヌマエビさんを同居エビにしたいなと考えているのですが、
卵が砂利に隠れていたら、きっとそれも食べちゃう可能性が高いよね。
うーむ・・・(と言いつつ、お店に行きたくって仕方がない 笑)


▼おまけ▼
西池袋にある明日館という学校です。
建物は重要文化財に指定されているそうで、お庭もとてもきれいにしつらえてあるの。
今の季節はバラがきれいでしたよ。
f0036603_1655237.jpg

by maropu21 | 2014-05-29 18:37 | アカヒレ | Trackback | Comments(2)

『3匹のfamilyに戻ったら』の話

ある日の関東地方の天気予報。
晴れマークが見事!
f0036603_10291525.jpg



小笠原がちょっと曇りですが、とってもいいお天気!
f0036603_10293193.jpg



ということで、目白の志むらで生いちごのカキ氷を食べました♪
真夏には大大大行列になるのですが、さすがに今の時期はまだだいじょうぶ。
いちごの手作りジャムみたいなのがかかっているので、甘酸っぱくておいしいよ。
f0036603_10295414.jpg



何度か行ったことあるのですが、はじめて気づいたの。
赤肉メロンっていうカキ氷があったよ。
メロン好きとしては、いつかまた行ってみないと!!

▼さて、あかをが別居状態となっていたアカヒレfam。
しばらく様子を見ていると、新入りのセンも一丁前にひれこを追いかけています。
水槽のお水を替えるついでに、何気なくあかををみんなのいる水槽に戻してみましたよ。


すると・・・あかをとセンのフィンスプレッティングが始まりました!
オス同士がお互いをけん制し合う行為で、すべてのヒレを大きく広げます。
ときには、尾びれと尾びれをパーーンとはたいたりして激しかったりも。
f0036603_10321531.jpg



まるで扇を広げたようで、見惚れてしまいます。
これが見たいがために、アカヒレを飼っている飼い主さんもいるそうです(^^)
f0036603_10323435.jpg



10分くらいすると、センがあかをに対して何もしなくなりました。(矢印があかを、下がセン、ぼーっとしている一番上のはヒレコ)
これは、あかをの勝ちということなの?
たまに、センがシューンとした様子で私の方を見て、
「姐さん、なんとかしてくだせぇ」と訴えてきます(笑)←なぜかセンは岡っ引き風
f0036603_1034696.jpg



一方、あかをは、センが近づくとひとりでヒレを広げてます。
センをけん制したあとはフーーンと鼻息を荒くして、「俺はやったぜ!やってやったぜ!!」のドヤ顔になります。
f0036603_10342945.jpg



あかをもセンも、ヒレコに対してはヒレを広げて自分をアピール。
あかをは、ひとりで興奮してくるくる水槽をまわって誰かとすれ違うごとにヒレを広げてます。
空気読めないオトコみたいな感じ( ̄▽ ̄)

センは、あかをがヒレコにアピールしているのを見つけると、急いで寄ってきて自分も仲間入りします。
遅れをとって焦っている感じがなんともユーモラス。
そして、あかをからけん制されて、「姐さん・・・」のくだりが始まります(笑)

ヒレコは、のんびりしている女子ですが、まだどちらのオスに対しても心をひらいていない様子。
そのへんは自分をしっかり持っていそうです。
by maropu21 | 2014-05-18 08:24 | アカヒレ | Trackback | Comments(2)

『いろんな表情』の話

f0036603_15555557.jpg



ひれこは、相変わらずおなかがぷっくり。
f0036603_1037423.jpg



なので、真正面からみると・・・
f0036603_10365058.jpg

*3匹のうち、いちばん左がセン、真ん中があかをです。
オス2匹の見分け方は、いちばんわかりやすいのは尾びれの色。
あかをの尾びれは、上下の下の方が色が濃さの違いがはっきりしています(下の方が濃いのよ)



フォトジェニックなときもあります。
f0036603_10374284.jpg



こんな小さな世界なのですが、いろんな行動や表情があって見ていて飽きないです。
f0036603_1556839.jpg



▼おまけ▼
週末、近場まででかけて帰ったら、水槽になにかがぶら下がってました。
あ、もっちの仕業だなー!
f0036603_1038750.jpg



こんなヤツなんですよ。
もっちがどこかで手に入れてきたキャラなのですが、なんだか気持ち悪くって、ワタシはスキじゃないのにーーー(^^;
f0036603_10382664.jpg

by maropu21 | 2014-05-17 21:11 | アカヒレ | Trackback | Comments(4)

『ジケン勃発 別居?!』の話

アカヒレファミリーの水槽、水草の位置も決まって落ち着いてきました。
私のお気に入りをひとつご紹介!
水槽の奥から、まんなかの水草の間を通ってこっちに向かってくるとき、目が合うんです!
ほら、ほら!ね。
(ライブのステージ上のアイドルと目が会った!みたいに騒ぐようなモンだなんて言わないでね 笑)
f0036603_1182897.jpg



さて、そんなアカヒレファミリーですが、ひとつ、事件が起こりました。
最初からいる2匹の、あかがヒレコのことを追いかける様子が、だんだんとひどくなってきました。
そして、1匹のオスの新入りを仲間に入れることにしたのだけど(意識を拡散させる効果があるとのこと)、
しばらくすると新入りのこともしつこーーーく追いかけまわします。
新入りは、あかを(あかよりも呼びやすい)よりも泳ぐのが遅くて、ヒフを突っつかれることもしばしば。


・・・というわけで、しばらくの間、あかをを別のビンに別居させることにしました(左のビン)
そして、その新入りはこちら(右の大きい水槽)。
カラダの線がはっきりキラキラしていて、とてもきれいなので、センと名付けました。
f0036603_1144356.jpg



たまに、ヒレコが、あかをのいるビンの近くに寄っているのを見かけることも。
f0036603_1143195.jpg



すると、あかをも寄っていきます。
お互いが見えているようです。
同じ水槽にいたときには、ヒレコ、あんなに逃げてたのに(^^;
f0036603_1141747.jpg



そんなこんなで、今は2つに分かれているアカヒレfam、一体、これからどうなるでしょうね。
フチ子さんも、うまくいきますように・・・と祈ってくれてます!
f0036603_1145588.jpg

by maropu21 | 2014-05-12 18:30 | アカヒレ | Trackback | Comments(2)

『見分けることができた』の話

わが家のアカヒレたち、元気にしてます。
おそらくオスとメスのコンビなので、あかとひれこと名付けました。
(センスない?笑)
ではなぜ、オスメスと分かったのでしょう?

2日目の朝、アカヒレたちを見てたら、明らかに二匹に違いがありました。
写真だとわかりにくいのですが、左の子はシュッとしていて右の子はおなかがぷっくりしてます。
f0036603_21505476.jpg



アップの写真。
奥がぷっくり、手間はシュッと。
ところでこの写真だと、アカヒレという名前の意味が分かりますよね。
ヒレがほのかに赤いの。
さらにきれいなのは、胴体にまっすぐにのびた線がキラキラしてるの。
f0036603_21513627.jpg



シュッとしている子のアップ。
ね、体型が違うでしょ?
おなかがぷっくりしているのは、ネットで調べたところ、メスなんだそうです。
f0036603_2152024.jpg



たまにオスのあかが、メスのひれこを追いかけてるの。
そんなときにあかを見ると、尾ビレや背ビレをビャーンと大きく広げてます。
それはそれは見事なんです。
縄張り争いのときに、オス同士でヒレを広げてダンスみたいにするそうなのですが。
メスにするときは、繁殖行為なんだそうです。

その動画撮ってみました。見られるかな?
動きが早いので瞬きせずに見てくださいね。

動画はコチラ

アカヒレは熱帯魚の中でも、値段も安く下に見られがちなのですが(かわいそう。。)、私は好きです(≧∇≦)


◆おまけ◆
お魚に癒されるフチ子さん。
f0036603_2135507.jpg




=======
お買い物ついでに、北海道の美味しいもの展に行ってきました!
池袋東武で開催されています。
カニだ〜!ホンモノです。
f0036603_21525558.jpg



お弁当を買って、屋上でいただきました(^_^)
f0036603_2224194.jpg



とても美味しいチーズ、味見して買いました!
とろーんとさせて、パンやじゃがいもにつけると美味しいらしい。
楽しみです!
by maropu21 | 2014-05-06 11:02 | アカヒレ | Trackback | Comments(2)

『めじろとアカヒレ』の話

ある日、ベランダからお庭を見ると・・・
あ!
f0036603_2042169.jpg



メジロだ!
f0036603_20432326.jpg



「なにか?」
あ、いや、なんでもないです。どうぞごゆっくり。
f0036603_2043101.jpg



▼さてさて。ずっと気になっていたお魚、ついにおうちに迎えました!
熱帯魚ビギナーでも飼いやすいこの子たちは、アカヒレというお魚たちです。
二匹いるの、分かるかな?
動きがちょこちょこしてるので、写真撮るのはとても難しい〜(~_~;)
f0036603_0235839.jpg



買ってきて半日くらいすると、一匹のアカヒレがもう一匹を追いかけ回すように。
さっきまで仲良しだったのに、急にどうしたの?!Σ(゚д゚lll)
縄張り意識が強いのかな?(そういう説もあるようです)
ストレスになるとかわいそうなので、大きめの水槽を買い、
一匹ごとのスペースが広めに確保できるようにしてみました。
左は最初のビン、右が後から買った水槽です。
水草も入れてみました。
f0036603_0244322.jpg



スイスーイと泳いでいて、お互いがそんなに気にならない様子。
これなら大丈夫かな。
f0036603_1726414.jpg



ところで、ビンから水槽に変えてから気づいたことがひとつ。
アカヒレたちに変化があります。
わかりますか?
なんかカラダの色が、ビン時代よりも黒っぽい感じがしませんか?
どうやら、下に敷いている石の色によってカラダの色も変化するようです。
ビンの石は薄い色なのでカラダは薄いオレンジっぽい感じ。
水槽のほうは黒っぽい石なのでカラダも黒っぽい。
不思議ですね。目で色を識別できるのかな?
f0036603_17273169.jpg



見分けがつかなかったアカヒレたちですが、数日経ってみると明らかな違いにも気づきました。
そのお話はまた次回!
さーて、名前、どうしようかな?
by maropu21 | 2014-05-03 17:44 | アカヒレ | Trackback | Comments(2)