菜花庵-nanohana.an

maropu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:旅行( 266 )

『初秋の京都へ〜法然院と清水寺』の話

南禅寺や永観堂など、たくさんたくさん歩き回っていたので、おなかぺこぺこ。
哲学の道沿いにカフェがあるだろうと思って出かけたのですが、お茶やスイーツのカフェはあっても、軽食が食べられるようなカフェになかなか出会えず・・・
下調べ、ぜんぜんしてなかったの(^^;
ラーメン屋さんとかありましたけど。

そこで、見つけたのがこちらのPomme(ポム)さん。
お水はセルフサービス、お値段はリーズナブル。
f0036603_22384074.jpg



このお店に入ったのは、外のメニューにミートソースとあったから。
私の大好物だしおなかペコペコなので、迷わず入りました。
ちょっと甘めではありましたが、なかなかおいしかったです。
f0036603_22391053.jpg



アップルケーキを推していたので、お土産に買って帰ったら、甘さ控えめでしっとり煮たリンゴも入ってておいしかったです♪

おなかもいっぱいになったので、さらに哲学の道を北に進みます。
こちらは法然院。
この入り口、とってもステキだわ~と思って写真を撮ろうとすると・・・
あ、人がはいっちゃった。。。
f0036603_22403587.jpg



いなくなったと思って激写すると、あ、また人が来ちゃった!!
f0036603_224066.jpg



3度目の正直。
一見、だれもいないように見えますが・・・いますね(笑)
f0036603_22404398.jpg



4度目にして、やっとノバディー状態を撮ることができました~。
でも、だれかが撮影しているとき、私もおんなじことをしているだろうから(^^;、気長に待ちました。
f0036603_2240575.jpg



さあ、中に入ってみましょう。
拝観料は無料です。
f0036603_22413756.jpg



入ってすぐ、目の前には砂の山が(正式名称がわからない・・・)。
こちらは左の。
f0036603_224223.jpg



そして右の。
f0036603_22422863.jpg



うまく葉っぱを使って、お水をチョロチョロと流してました。
かわいいアイデア!
f0036603_22455879.jpg




法然院を出て、バスに乗って向かうのは清水寺方面!
王道の二年坂。
和装の方も多かったな~。
f0036603_22494512.jpg



東京の浅草あたりでもよく見かける人力車ですが、京都では利用している人が多くいらっしゃいました。
東京ではあんまり乗っている人、見たことない気がします。
f0036603_22501424.jpg



お江戸から来たモノとしては、THE Kyoto!という風景。
きれいね~(人が多いですが)
f0036603_22501338.jpg



清水寺はきっとすっごく混んでいるので、今日はここで帰ります。
f0036603_2251152.jpg



100番の洛バスで京都駅へ。
これ、観光名所の移動には便利ではあるのですが・・・とっても混んでるのよ~。
京都のお友達は使わへんなぁって言ってました(^^;


東京は普段でも通勤、通学の人が多いし、週末も近隣の県などからもたくさん人が集まってきます。
京都はそんなに人混みを感じないですが、バスの混み具合にはびっくりします。
ほとんどが観光客・・・だよね??
日常の生活をしていて、あんなに観光客であふれていて、京都の方々は不便はないのかな?
と今更ながら(^^;、思いました。
東京の観光地は地元の人の生活圏と結びつくところは多くないのですが、
京都って生活圏に入って観光させていただいている気がするので、マナーは守っていきたいなと思います。
by maropu21 | 2014-10-09 18:30 | 旅行 | Trackback | Comments(2)

『初秋の京都へ〜哲学の道でネコに出会う』の話

今回の記事は、岩合さんの写真展・・・いやいや、ただのシロウトのネコ特集でございます。


ハイ、哲学の道です(^^)
f0036603_22195315.jpg



猫ちゃんがたくさんいますよ~。
ほら、ここにも!
f0036603_22193019.jpg



そこにも!!
f0036603_22201467.jpg



あっちには3ネコズ!
f0036603_2220343.jpg



3ネコズが5ネコズに増えた!!
ゾロゾロ。
哲学の道のパトロール隊。
f0036603_22205481.jpg



子猫たち、今日はおやすみだって。
f0036603_22211420.jpg



日向ぼっこ中。
f0036603_22214861.jpg



「遊ぼうよ~」
f0036603_222291.jpg



と思ったら、気になるものハッケーーン。
なにがあったのかな?
f0036603_2222275.jpg



「子どもは無邪気だにゃ~。」
f0036603_22232326.jpg



シャーリシャーリシャーリシャーリ、草も食べ放題。
f0036603_22234624.jpg



かわい子ちゃん、こっち向いて~。
f0036603_22243683.jpg



「なーに?」
サービスショット、いただきました(^^)
f0036603_22245842.jpg



ダラ~ンと毛づくろいする子。
・・・その後ろにあやしげな影、みーつけた。
f0036603_22252942.jpg



まだいるよ(笑)
f0036603_2226876.jpg



ネコたちにさよならをして、哲学の道を上がります。
電車のカーブ同じく、川のカーブもラブです♪
お江戸で、神田川のカーブにうっとりしている人がいたら私です(笑)
f0036603_22263260.jpg



大豊神社は平安時代の創建なので、ものすごく古いのですって。
すてきな見た目に惹かれて、参拝してきました。
f0036603_2228168.jpg



狛犬ならぬ、狛ネズミのいる神社で、学業、病気治癒、縁結び、子宝など、霊験豊かな神社。
置物のかわいい2ネズミがいたので、激写しました。
f0036603_22272656.jpg



あふれるお水もとても澄んでいてキレイ。
神聖な場所でなかったら、ジャブジャブと顔を洗いたいくらい。
f0036603_22275112.jpg



大豊神社、すごく静かで落ち着くところでした。
女性にやさしい河合神社できれいになったココロが、更にきれいになる感じがします(^^)


哲学の道、あとちょっとつづきます。
(ずっと歩いているので、おなか空いてきた・・・)
by maropu21 | 2014-10-08 17:30 | 旅行 | Trackback | Comments(2)

『初秋の京都へ〜南禅寺・正的院と永観堂』の話

南禅寺の中には、正的院というお寺もあります。
f0036603_2223781.jpg



非公開なので門前からのぞいて見るだけですが、とてもきれい。
f0036603_224572.jpg



さて、南禅寺を後にします。
次なる目的地へ向かいましょう~。
毎度のことですが、本当にお水がきれいな街だこと。
f0036603_2243650.jpg



永観堂です♪
見事な紅葉で有名ですね。
この時期はまだ紅葉ではないですが、青空が見事でした。
f0036603_225381.jpg



後ろの山と永観堂のモミジが一体となってますね。
f0036603_2255389.jpg



こちらにせり出すくらいの立派なモミジ。
f0036603_2263669.jpg



永観堂の中、どこを見てもモミジであふれていました。
f0036603_2271192.jpg



百日紅があざやか♪
f0036603_2210928.jpg



ガラス戸にうつる景色が涼しげで美しい。
f0036603_2283725.jpg



ちょっと明る過ぎますが・・・こちらもステキね。
f0036603_229223.jpg



場所によっては色づいているので、得した気分に。
f0036603_22112967.jpg



濃い緑と青、そして白のきれいなコラボ。
f0036603_2213883.jpg



お休み処の窓も、額縁のようになってますね(^^)
f0036603_2216095.jpg



この時点でちょっと疲れていたので(暑くって!)、永観堂の中はそんなに散策することなく退出してしまったのですが、もっといろんな見どころはあったのかしら?


次回は、ワタシに岩合さんが乗りうつっちゃいますよ~~~^^
by maropu21 | 2014-10-07 18:00 | 旅行 | Trackback | Comments(2)

『初秋の京都へ〜南禅寺』の話

天授庵を出て、山門に近づいてみると・・・
どうやら上にのぼれるみたいなので、拝観料を支払って上がってみることにしました。
f0036603_2115569.jpg




わ・・・急過ぎる・・・!!
こういうの苦手ーーー。
ドキドキ・・・(><)
f0036603_21111582.jpg



まるで垂直な階段を上がると、そこに見える景色はこちらです~。
わ・・・結構、高い・・・
人々が小さく見えます。
f0036603_2113112.jpg



門の上はぐるりと回れるようになってます。
だれもいない瞬間をすかさず激写。
見逃さないわよ。
f0036603_21122073.jpg



京都って山が近いですよね。
山がもりもり。
f0036603_21122963.jpg



「大」も見えます。
これが見えると、なんだかうれしいキモチになります(^^)
毎回、撮っちゃう!
f0036603_21133270.jpg



ふつうに地面から生えてる木なんだけど、北海道の美瑛の丘みたいに見えなーい?
雲、お気に入りです(^^)
f0036603_21135970.jpg



ここも紅葉が少しはじまってますね。
f0036603_21145110.jpg



山門をからしばらく歩くと、水路閣が現れます。
これ、見たかったんだーー。
京都の方のブログでよく目にしていたのだけど、どこにあるのかわからなかったの。
f0036603_2124838.jpg



赤く紅葉しているモミジとのコラボ。
f0036603_2117836.jpg



水路閣のトンネル。
カガミに映った絵のよう。
f0036603_2118499.jpg



▼おまけ▼
1つ前の記事ですが、天授庵の風景をもうひとつ。
水面にうつる建物と空がとってもキレイです~。
f0036603_21212561.jpg

by maropu21 | 2014-10-05 21:59 | 旅行 | Trackback | Comments(2)

『初秋の京都へ〜南禅寺の天授庵』の話

前回、京都を訪れたときに、南禅寺の天授庵には行ってみたけれど境内を散策できなかったのでそのリベンジ。

地下鉄東西線の蹴上駅下車、徒歩10分。
「ねじりまんぽ」というこのトンネルをくぐると近道です。
f0036603_2051097.jpg



京都ってどこに行っても、きれいな水が流れてるねぇ。
f0036603_20515392.jpg



さて、南禅寺に到着してすぐに訪れたのは、天授庵。
そうだ、京都、行こうのポスターになったこともある有名なところです。
このまっすぐな石畳、ステキね~。
f0036603_20533157.jpg



・・・しかし、横は工事中(^^;
景色はイマイチでした。(でも拝観料払って中まで入った)
f0036603_20542075.jpg



工事中を抜けると、庭園は超静か。
ここも青空に青紅葉が映えるわ~。
f0036603_20553473.jpg



大好きなハスの池。
f0036603_20563095.jpg



ちょこっとだけ咲いてましたよ♪
f0036603_20572643.jpg



個人的にここでスキなのは、光と影を楽しむことができるコトです(^^)
f0036603_20544639.jpg



こんな風に。
f0036603_20575178.jpg



風がそよぐと、光と影も微妙に動く。
f0036603_20584461.jpg



小さな岩と苔だけど、その中には大きな世界が広がっているようにも見えます。
光と影の演出のせいかな。
f0036603_20591472.jpg



枯山水の庭園には影はありませんね。
f0036603_2104594.jpg



すこし黄色に色づいてきてる。
f0036603_212681.jpg



こちらには赤のモミジも。
日差しはまだ暑いけど、秋は確実に近づいてきているのですね。
f0036603_2131466.jpg




f0036603_2141626.jpg



竹林は涼しげ~。
f0036603_2143521.jpg



大きな写真ですが、池に映った風景がステキだったので激写。
f0036603_216210.jpg



穏やかな水の流れ。
f0036603_2163457.jpg



色とりどりの鯉たちもゆったりと泳ぎます。
f0036603_217141.jpg



光に照らされて透き通った紅葉。
f0036603_2174963.jpg



こちらも水面に映ったモミジ。
f0036603_2183513.jpg



小さな庵ですが、いろいろな風景や色に出会えます。
f0036603_219116.jpg



緑にも。
f0036603_2192597.jpg



青にも。黒にも。白にも。
f0036603_2195114.jpg



南禅寺、つづきます。
by maropu21 | 2014-10-04 22:29 | 旅行 | Trackback | Comments(2)

『初秋の京都へ〜萩を見に常林寺と梨木神社』の話

京の都にお住まいのお友達、いけこさんにお付き合いいただいた京都散策のつづきです♪


秋の代表的なお花が見られるかもしれない、ということでこちらにご案内いただきました。
常林寺さんです。
萩の寺って書いてあるけど、咲いてるかな・・・情報によると少しだけ咲き始めているかもとのこと。
・・・ドキドキ。(9月11日)
f0036603_20102927.jpg



一歩、境内に入ると・・・
わ~~~、咲いてる!咲いてる!
f0036603_20111574.jpg



まだまだ蕾もたくさんあるので、3分咲きくらい??かな?
f0036603_20132894.jpg



ボケボケですが白もきれいでしたよ~。
f0036603_20135893.jpg



このあと、花開いて満開になったようですね。
ああ、見たかったなぁ~。


萩を堪能したあとは、なんとなんと、鴨川を渡ってみることにしました!
この飛び石を渡るのよ。
飛び石の中に、カメのカタチをした石があるの分かるかな??
f0036603_20141813.jpg



ほーら、こちら。
ちゃんとシッポまである!
f0036603_20144549.jpg



この日は少し水が多かったようで、飛び石の上にも水がザーザー流れてるとこがあった(@_@)
こういうのやりたがりなのに、臆病なワタシにとっては、ちょっとした試練!!(大げさ)
へっぴり腰でしたが、いけこさんの手を借りて無事に渡ることができました。
f0036603_20151111.jpg



御所の方まで歩き、もうひとつの萩の名所、梨木神社まで行くと・・・
なんとなんと、鳥居の向こうに塀ができていて、マンションを建築していた!
とてもきれいな萩の神社だったとのこと。
神社、なくなっちゃったの・・・??
f0036603_2019694.jpg



その数日後、妹が合流したときに、この近くをまた通ったので悲しい現実を見せようとまたまた梨木神社へ。
このときは、前回と反対の方向から。
すると・・・あ、あった!!まだ神社、あったよーーー!!
神社はちゃーんと残ってました。
マンション建築が始まっていたのは、上の写真の鳥居と神社の間だったんだ。。。
でも、もともとの様子を知らないのですが、マンション建設で多少の変化があったのでしょうか。
f0036603_20192388.jpg



これが梨木神社なのね。
この緑のカーテンが満開になったときはさぞかし見事でしょうね。
f0036603_20194631.jpg



それでも少しは咲いていましたよ。
また、ほんのちょっぴり秋を感じることができました。
f0036603_2020521.jpg



▼おまけ▼
お友達のおススメでゲットした、ふたばさんの塩豆大福と栗の大福。
お餅がやわらかくて塩豆がめちゃおいしくって、あんこも甘すぎず・・・はい、ぺろりといただいちゃいました。
栗も素朴な味わいで、こちらも3口くらいで食べ終わったくらい(笑)
東京でも買えるかなー?
f0036603_20224530.jpg



そして、551蓬莱の豚まん~~♪
泊まったホテルのすぐ近くに売店があって、そこで作り立てのホカホカを買うことができると教えてもらったので、早速ゲット。
関西は辛しをつけてくれるのがうれしい。
東京ではコンビニで肉まん買っても辛しはつきません(><)
f0036603_20231290.jpg

by maropu21 | 2014-10-02 21:52 | 旅行 | Trackback | Comments(2)

『初秋の京都へ〜東福寺と鴨川ランチと』の話

今日は京都のお友達、いけこさんが
観光案内をしてくださる日。
せっかくの平日の貴重なお休みに
ご一緒していただいて、
ほんとうに感謝です!!

朝10時半に京都ステーションで待ち合わせ。
そのままJR奈良線で東福寺駅に向かいます。
東福寺といえば赤や黄色に染まった
紅葉で有名ですが、
お友達のもうひとつのおススメは
青紅葉なんですって(^^)
きれいに染まる秋の紅葉が美しいところは、
青紅葉ももちろんキレイ♪




というわけで、ほらほら!
す、すごい~~!!

f0036603_1992340.jpg





ぜーんぶ青もみじよ!!!070.gif070.gif070.gif

f0036603_19102833.jpg





ほんの一部、すこ~しだけ紅葉が見られました。

f0036603_19112266.jpg





境内をてくてく散策。
こちらに入ります。

f0036603_19124029.jpg





お庭の意味・・・分からないけど(^^;、静かなキモチになれます。

f0036603_19134692.jpg





この時期はあんまり混んでいないみたい(平日だし?)。
ゆっくりした時間が流れてました。

f0036603_19161734.jpg




私たちも縁側に座って、ゆるりとお話タイム。

f0036603_191472.jpg





こうやって奥から写真を撮るのも人気なんですよ~と教えてもらいました。
うーん、じょうずに撮れなかったけど、ステキさ加減は伝わるかしら?

f0036603_19143381.jpg





東福寺で散々お話したあと、こちらのエフィッシュさんにて
ランチ&おしゃべりタイム。
きゃー、鴨川沿いだ~~!!
窓にはりついてずっと見ていたい景色♪
アコガレの鴨川沿い♪♪ お初です(^^)

f0036603_19171178.jpg





温野菜のサラダは、チーズもクルミも入ってて

満足度100%!
すごくおいしかった。

f0036603_19173666.jpg





サンドイッチはかなりのボリューム!
トーストしてくれているのもうれしい(^^)
ドリンクもさっぱりしていて、日差しの下をたくさん

歩いたあとの我々にはとっても嬉しかった♪♪

f0036603_19183425.jpg





あらためて考えてみると、歴史あるお寺の庭園で

ゆっくりお話するなんて、
ほんとーーーーーに贅沢なことですね~。
京都に行くと当たり前に感じてしまうけど、
お江戸に戻っておんなにようなことを

したいと思っても・・・・
ザンネンながら、できない(><)
枯山水やモミジの庭園を縁側などで

ゆっくり拝見するってことが
なかなかできないものね。
お江戸には、立派な大名庭園はあるけど、

とても大きい回遊式庭園なので
京都とはかなり雰囲気がちがうのよねぇ。

いけこさん、まだまだお付き合いしてくださいました。
つづきは次回のお楽しみ♪


by maropu21 | 2014-10-01 22:06 | 旅行 | Trackback | Comments(4)

『初秋の京都へ〜金福寺と美人水』の話

叡山電鉄の一乗寺駅で降りたって、詩仙堂さん、そして圓光寺さんへ参拝。
次に訪れたのは、こちらの金福寺(こんぷくじ)さん。
歩いている最中に見つけました。
与謝蕪村のお墓があるそうです。
f0036603_1848289.jpg



かの松尾芭蕉も滞在したそうですよ。
芭蕉さんって、ほんと、日本のいろいろなところに縁があるんですね。
f0036603_18492942.jpg



こちらも人が少なく、静かな時間を過ごすことができました。
f0036603_18535079.jpg



・・・あれ、なにか茶色いちいさいのが見える?
f0036603_18495128.jpg



ちがう角度から・・・
あ、あれれ、ネコちゃん?!
f0036603_18501985.jpg



ニンゲンのことをまったく気にせずに、グースカピーと眠りこける三毛ネコちゃん。
京都の友人にも、「金福寺に行ったなら猫ちゃんがいたでしょ?」と言われました。
どうやらこちらで飼われている看板ネコだそうです。
後ろ姿も様になってるね~。
f0036603_18504378.jpg




白い枯山水エリアはこじんまりだけど、奥の緑エリアは思いのほか広かった。
うしろの方に見えるのは、芭蕉庵。
このモコモコした迷路のようになっている緑の中を上がって行くと、与謝蕪村のお墓があったり、上の方からは京都の景色を望むすることができます。
f0036603_18532859.jpg




静かにたたずむキキョウに別れを告げながら、次はどこに行こうかと考えます。
f0036603_18511416.jpg



▼ここで休憩がてら、小噺▼
京都のお友達が教えてくれた、コチラ。
志津屋という京都のパン屋さんで売ってる惣菜パン、カルネです。
f0036603_18552261.jpg



まるいフランスパンにハム、そしてオニオンスライスがはさまってます。
一口いただいてみて驚いた・・・なんてまぁ、美味しいのでしょう!!!(おおげさ?)
このオニオンスライスが、とってもとってもいいアクセントになってるの。
今、いろいろな美味しいものが出回っている中で、これ以上ないくらいのシンプルさ加減に惹かれました。
滞在中に2回食べて、お土産にも買って帰りました。
あ~、また食べたい・・・こんなにヤミーなのに、なんで東京でも売ってくれないのかしら。
f0036603_18553850.jpg



さてさて。
金福寺を出て、今度は下鴨神社をめざすことにしましたよ。
途中、視線を感じるわ・・・と思ってキョロキョロしたら、薄暗い公園にひっそりといたタヌキがいました(^^;
f0036603_18562583.jpg



下鴨神社の入り口には、河合神社があります。
美人になりたい、縁結び、育児、などなど、女性の願いをかなえてくれるうれしい神社。
絵馬も鏡になっていて、思い思いの願いがつづられています。
若い女性の参拝客が多かったですが、その方々に混じってワタクシめも一応、お参り・・・(^^;
f0036603_18565040.jpg



絵馬は納めなかったけど、お土産売り場で「美人水」なるものを見つけまして・・・
ええ、もちろん飲んじゃいました!
若者の男女グループがお土産を物色している中、「美人水ください」と注文するのはちょっと勇気がいりましたが。
f0036603_185733100.jpg



ありがたい美人水、暑かったのでビールのようにイッキ飲み(笑)
境内のカリンを使ったすっきりした甘味のあるカリン水でした。
おいしゅういただきました。
見た目はもちろん、ココロもきれいになるといいな~。←さりげなく、すべてを求めるオンナ・・・
f0036603_18575931.jpg



その後は、糺の森を通って下鴨神社の本殿へ。
f0036603_18584575.jpg



いつ来てもお水が澄んでいて、ココロ洗われる~~(^^)
f0036603_18592586.jpg



シャバシャバと足をつけたい気分になります。
f0036603_18595673.jpg



下鴨神社には干支のお社があります。
はい、イノシシ年ですよ♪
f0036603_1902155.jpg



下鴨神社は必ず訪れるところなのですが、何度来ても飽きません。
一度、御手洗祭のときに来てみたいなぁ。
by maropu21 | 2014-09-29 19:00 | 旅行 | Trackback | Comments(2)

『初秋の京都へ〜圓光寺と時間のない空間』の話

京都の旅、どんどんアップしま~す(^^)



詩仙堂のちかくに、圓光寺(えんこうじ)というお寺があります。
2010年の紅葉の終わりかけの頃に上洛し、なんとなーくこの辺りをウロウロしていて、たまたま入ったお寺でした。
今のところ、いちばんスキなお寺です♪


門をくぐるとまず現れるのが、奔龍庭。
f0036603_18392812.jpg



白砂は雲海、石は龍を現しているんですって。
f0036603_18404912.jpg



さらに中に入ります。
入ってすぐ、水琴窟があるのよ。
お水を地下に流して耳を澄ますと、キンキンコン・・・コン・・・と音が聞こえてくる。
f0036603_18423625.jpg



さあ、中に入りましょう。
あれ??も、もしかして・・・このお庭、貸切状態かしら?!
f0036603_18363092.jpg



ゆっくり、一歩ずつお庭に近づきます。
f0036603_18405234.jpg



わ~、もみじでいっぱい!
f0036603_18412284.jpg



青もみじ。
f0036603_184341.jpg



青もみじ。
f0036603_18433038.jpg



いろんな色のもみじ。
すこ~しだけ紅葉しているのもありました。
f0036603_18444826.jpg



ひとりだけの空間。
f0036603_18455722.jpg



そしてゆっくり静かに流れる時間。
f0036603_18471232.jpg



京都のお友達が、「東京の人は、お寺に入ってもすぐ出てきはる。京都の人は1時間も2時間もゆっくり庭を眺めるのに。」とゆうてはりました。
うーん、たしかにそうかも。
せっかくはるばる京都に来たんだから、いろんなところを周りたいものね。
でも、今回の旅は時間がたくさんあるので、この大好きなお寺で、ゆっくりと過ごしてみましたよ。

どこかで水が流れる音がする。
風が吹くと、もみじが揺れる音がする。
時間とともに、影が動く。
影が動くと景色が変わる。
同じ景色を見ていると、それまで気づかなかったちいさな景色に気づく。

たしかに時は流れているのですが、まるで、時間のない空間にいるような、そんな不思議な感覚にもなりました。

またここに来たらゆっくりした時間を過ごしたいな。
でも、紅葉の真っ最中は・・・めちゃ混みだよね(^^;
by maropu21 | 2014-09-27 12:50 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

『初秋の京都へ〜詩仙堂』の話

鞍馬寺の帰り道、詩仙堂に寄りました。
叡山電鉄の一乗寺駅で下車。


ちょっと歩きますが、ほどなくして山門にとうちゃーく。
f0036603_1825460.jpg



サツキが咲いていない詩仙堂の初秋の景色。
f0036603_18264033.jpg



もりもりしてます。
f0036603_18282469.jpg



みどりみどりしてます。
f0036603_18284722.jpg



ほわほわしてます。
f0036603_18292040.jpg



カエルがどこかに帰ろうとしてます。
f0036603_18295750.jpg



ちいさなお花をハッケン。
f0036603_18304060.jpg



うすい紫ってきれいだね。
f0036603_1831358.jpg



苔スキにはたまらない、水と苔のコラボ。
f0036603_18322820.jpg



苔の林。
f0036603_18332624.jpg



そこにある、すべてのものが存在する意味があるような気がします。
f0036603_18335384.jpg



でも、存在する意味なんて、具体的に問わなくてもいいかも。
そこにあるとかいるってことが大事。
ひとつもなくなってはいけなくて。
うまく空間や空気の調和が保たれている気がします。
f0036603_18342949.jpg

by maropu21 | 2014-09-26 18:10 | 旅行 | Trackback | Comments(6)