菜花庵-nanohana.an

maropu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2009年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

『車でぐるり旅、 関西・中国・四国へ! 其の十八』の話

愛媛県から香川県へ。とっぷりと日も暮れてきました。深い紺色の空にまっくろな山が現れます。
f0036603_14392029.jpg



香川の高松出身の同僚・ミヤちゃんから教えてもらった絶品讃岐うどんのお店に向かっていたのですが、夜8時までの営業ということで間に合いませんでした。あと30分だったんだけどなぁ~!!しおなみ海道でのんびりと四国に入ったので時間かかっちゃった(^^;


でもやっぱり讃岐うどんは食べたい!ということで、夜遅くまでやっているお店をガイドブックで検索。そこで見つけたのは、ここ「鶴丸」でした。深夜4時までオープンしています。
f0036603_1631424.jpg



2階に通されました。お座敷になっています。
f0036603_1634131.jpg



手始めにおつまみを。「おでんとうふ」というネーミングに誘われて注文してみました。(ところで、おでんとうふって高松独特なの・・・??) 焼き豆腐に辛子がかかっていました。
f0036603_1635868.jpg



私はぶっかけうどん。ものすごくつるつるしてて美味しかったよ。それにしても、讃岐うどんって太いわ・・・何本も口に入れてすすれない!
f0036603_1641141.jpg



鶴丸と言えばカレーうどん!という口コミをいくつも見たので、もっちが注文してみましたヨ♪讃岐うどんを語れるほど食べていない我々なのに、カレーで更にうどん自体の味が分かりにくくなっちゃった。「うどん」が美味しいとか、そういう記憶がないもの(^^;)でも、私的にはここのカレーうどんはとってもおいしくいただきました。今まで食べたカレーうどんの中で一番印象に残ったぐらい。
f0036603_1642680.jpg



この鶴丸でのディナーの後、先ほども↑で出てきました同僚のミヤちゃんのご実家へ挨拶に行ってきました!本人不在で(平日なので働いています(^^;))、彼女の同僚(私)とそのオットのみご両親と初対面・・・(笑) 
我々の車のナビが古いので、彼女のご実家付近でちょこちょこ迷い、やっと「あ、ここじゃない?」とあるお家に到着すると(立派なお家!)、家の前に誰かが立ってるのを発見・・・ なんと、ミヤちゃんのお父さまが遅い到着を心配して外で待っててくれてました!とっても親切(涙) ありがとー(><) 
冷たいスイカをご馳走になって、いろいろお話して記念写真も一緒に撮ってもらって・・・そして、結婚おめでとうとかわいいお湯呑みセットをいただいたよ。ミヤちゃんのご両親、ほんとうにありがとうございました♪

その日は、香川から名古屋まで(それが無理でも神戸辺りまで)行き、明日は東京にのんびり帰るということを考えていたのだけど、のんびりしおなみ海道がきいたのか(苦笑)、とてもじゃないけどそこまで到達できなかった・・・

というわけで、高松で急遽一泊することにしました。ホテルを予約していなかったので、No.1高松というビジネスホテルに泊まりました。

今までの宿泊先がどこも満足のいくところだったのに、最後の夜がビジネスホテルとは・・・(^^;) まぁそういうことも行き当たりばったりの旅の楽しいところということで。もっちはここの朝食がとてもおいしかったと大喜び。東京までの帰り道、今回の旅の思い出ベスト5というのをお互いに発表していたら、あれだけ色々と体験し美味しいものも食べたのにも関わらず、ここの朝食がベスト5に入ってたぐらい(笑) 普通の朝食バイキングだったんですけどね。サラダ、しゃけ、生タマゴ、海苔、その他色々。それでも500円であれだけ色々なおかずが食べられるのは確かにいいかも。ちなみに、ベスト1は2人とも三徳山での修行入山でした。(←「あなたは頂上まで行ってないでしょ!」ともっちに言われ・・・まぁ、そうなんだけどね(笑))


昨晩、鶴丸で讃岐うどんを食べたことを伝えると、ミヤちゃんのご両親やその友達(ミヤちゃんの幼稚園時代の先生もいらっしゃった)も、あまり浮かない顔をして、「鶴丸ねぇ・・・まぁ旅人にはいいかもしれないけど、讃岐うどんに精通している我々にはちょっとねぇ・・・」みたいな感じだったの!うーん、やっぱりおいしい讃岐うどんを一回でも食べておきたい!というわけで、高松を出る前に讃岐うどんをもう一回食べよう!ということになりました。


ランチまで時間があったので、朝ごはんの後、とりあえずNo.1高松を早々に出て、四国霊場のお遍路さんコースを1つでも行ってみようということになりました。せっかく四国に来ているのだし、そういうのが大好きな私としては願ってもいないプラン♪ちょうど、ミヤちゃんがもう一つ教えてくれたうどん屋のすぐ近くに、四国霊場第85番の「八栗寺」があったので行ってみました!讃岐うどんリベンジをする前にお寺参りか~。わーい!うれし♪


お寺の駐車場に到着。どうやらケーブルカーに乗って山の上にのぼっていくみたい。「八栗ケーブルカー」です。
f0036603_9435989.jpg




往復900円也。
f0036603_9442465.jpg



こちらがケーブルカーです。ぴかぴかでかっこいい!オレンジ色の顔のライト横に、「YAKURI」と書かれているのがかわいい(^^)
f0036603_9444835.jpg



すごい傾斜を上がっていくので、中もこんな斜め状態。
f0036603_9455823.jpg



運転席です。都電みたいだね。運転手は女の子でした。
f0036603_9461599.jpg



ぴかぴかしてるけど、実際は古い車両なのかな?あ、私、まだ生まれてないや(笑)!
f0036603_947511.jpg



出発進行~!カピパラさん、カメラ目線よ(笑)
f0036603_947242.jpg



せっかくなので窓の外を見せてあげました!ワクワクしているように見える(笑)
f0036603_9473757.jpg



頂上の駅に到着です♪
f0036603_9475640.jpg



八栗寺の入り口。ケーブルカーで同乗したおばあさんがいたのですが、とても足腰がしっかりしていてスタコラサッサと前に進んで行きます。
f0036603_9482431.jpg



ちょっとシャビーなお土産屋さんもいい感じ。
f0036603_9491736.jpg



小雨が降ったり止んだりしていたので、霧が奥深くて雰囲気が出てきました!
f0036603_9495351.jpg



突然岩が切り立ったところがありました。お花が供えてある。何だろう?
f0036603_950511.jpg



いよいよ!霧がふか~くなってきましたよ!ワクワク。
f0036603_10185033.jpg



歩いていく遍路道ってことかな。小さな看板がありました。実際、お遍路をずっと歩いて行くとなるとかなり大変だと思う・・・。高知県などにもお寺が点在してるんだもの。
f0036603_1019947.jpg



人通りもまったくありません。さっきのスタコラサッサおばあさんは、とっくに姿が見えなくなっています。ほんと、歩くの早かった!!
f0036603_10384915.jpg



塔が見えてきました。これ、なんと昭和59年に出来た新しいものだそうです。つい最近じゃない!
f0036603_1039108.jpg



大師堂っていうお堂。
f0036603_10392949.jpg



小坊主さんもニコニコ。
f0036603_10404283.jpg



さっきの新しい塔の前では、おじさんがきれいに手入れをしていました。
f0036603_1048159.jpg



お金!お金!お金!(笑) たくさん納めた人は、ゴールド会員(?)になっちゃってます!
f0036603_10582636.jpg



たくさん寄付する人っているんだなぁ~なんてお金のことを考えながら(笑)、ケーブルカーの駅に戻りました(雑念多すぎ・・・)。
f0036603_1112276.jpg



頂上の方の駅は下界よりもこじんまりとしていて、それがまたいい雰囲気です♪
f0036603_10585523.jpg



奥津の辺りの道の駅もそうだったけど、ここもスペースの割りに物が少ないですね。
f0036603_10592981.jpg



お魚が飼われてる。このお店には、さっき下からケーブルカーを運転してきた女の子と、もともと売店にいた女の子の二人がおしゃべりしていました。こんなひっそりした山なのに女の子しかいないのかな?
f0036603_10591480.jpg



昔なつかしニッキ水。フラッシュをつけて撮影してみたらとても鮮やかになりました。もっちはニッキ水を1本購入。初ドリンクでしたが・・・口にあわなかったみたい(^^; 私も苦手なので手伝ってあげられませんでした。
f0036603_1115291.jpg



帰り道。また同じ女の子が運転手。小雨が降ってきた。
あ、前から上りのケーブルカーがやってきました。あっちも運転手は女の子かな?!
f0036603_1135399.jpg



下山しました。お遍路さんコスチュームのおじいさんを発見!いろいろなお寺を周っているのかしらね。
f0036603_1154835.jpg



ん?小鳥?・・・なぜかこの「小鳥」の表現が面白くてパチリ。
f0036603_116052.jpg



駐車場にこんなお店がありました。時間あったら四国のところ天、食べてみたかったなー。ちなみに名古屋のところ天は甘いです。
f0036603_1162756.jpg



ちょこっとの時間だったけど、お遍路さん気分を味わって満足しました♪
f0036603_1104324.jpg



さて。同僚のミヤちゃんはいくつかの讃岐うどんのお店をおすすめしてくれたのだけど、その中でも、ここ「山田屋」はかなり有名店らしいです。ネット販売などもやってるみたいよ。ちなみにミヤちゃん一番のオススメのお店は(昨日遅くて閉店しちゃったとこ)、あまり有名店ではなく、地元の人たちでにぎわうお店だそう。ご両親も「行くならそこよ!」って超すすめてたし。舌の肥えた高松市民に愛される讃岐うどんのお店かぁ。そこもまたいつか行きたいな。
f0036603_118751.jpg



立派な門。駐車場もとても大きいし、お店もすごーく大きい。その昔、造り酒屋をしていた時代からの門らしいです。
f0036603_1175126.jpg



お屋敷みたいじゃない?
f0036603_118315.jpg



店内は落ち着いていて懐かしい様子。
f0036603_1184777.jpg



「山」のマークがお湯のみの底にも描かれています。きれいな藍色。
f0036603_1193937.jpg



これ、メニューの名前を忘れちゃったけど(「ぶっかけうどん」だったかな?)、確か一番安いやつだったと思う。注文したら、なぜか、お店の人が「本当にこれでいいんですか」って何度も聞いてきたの。色々食べてみたかったので3種類のうどんを注文したんだけど、麺の命を大切にするお店の人は、いっぺんに注文してほしくなかったようです。のびちゃうとか、この瞬間が一番オイシイのとかあるのでしょうね。
f0036603_1195327.jpg



麺アップ。「うどんだぞーー!」と主張してます(笑)ツヤツヤですね。こんなお肌だったらいいのに(笑)
f0036603_1110611.jpg



こちらは、「釜ぶっかけ」の全容。いろいろな薬味があって楽しめます。
f0036603_11103637.jpg



釜ぶっかけの麺もアップしちゃえ!つるっつる、もっちもち。かなりしっかりした麺です。でもやっぱり太くで食べにくい・・・(笑)
f0036603_11102362.jpg



焼き鯖寿司も注文しました。いやはや、食べ過ぎたわ・・・!
f0036603_11104968.jpg



さて、いよいよ旅もクライマックスに突入しそうです(やっと・・・?!(笑))。四国を出て本州に戻り、東京へ向かいます。


以下、次号へ続く!
by maropu21 | 2009-11-26 22:23 | 旅行 | Trackback | Comments(2)

『車でぐるり旅、 関西・中国・四国へ! 其の十七』の話

厳島神社を出て、広島市内に入りました。この建物、何か分かりますか?
f0036603_1416131.jpg



ヒント画像2。
f0036603_14172048.jpg



はい、答えはコチラ!旧広島市民球場です。野球好きなもっちの希望で、はい、パチリ。
f0036603_14173268.jpg



岡山のように路面電車がたくさん走っていました。古い車両がいい味♪
f0036603_14181181.jpg



原爆ドーム行きの路面電車。我々の次の目的地でもあります。
f0036603_1418282.jpg



原爆ドームが見えてきた。街角から突如現れました。(写真中央あたり)
f0036603_14184242.jpg



原爆ドームは、平和記念公園の中にあります。なぜこのフォントにしたのだろう。
f0036603_14224297.jpg



「動員学徒慰霊塔」。原爆だけでなく戦禍で犠牲になった学徒たちの慰霊塔です。このような慰霊塔などが公園内に点在しています。
f0036603_14225525.jpg



この川にたくさんの人が逃げて亡くなったんだと思うと、とても寂しい気にもなります。今は、どんなに悲惨な風景が広がっていたのか全く想像ができないぐらい静かな流れです。
f0036603_14231852.jpg



原爆ドーム。今、この写真を見るだけでも涙が出てきます。そこに立って建物の前にいると、青空と静かな平和の空気が返って悲しいキモチになりました。この空・・・当時もきっと真夏の同じ時期だったので、この日のような青くて白い雲が広がっていたのでしょうか。
f0036603_1419987.jpg



できたばかりのきれいな千羽鶴。色々な思いがこめられているんだね。近くでTV撮影が行われていました。日本人のおばあさんと白人のおばあさんが原爆ドームの前で何か思い出を語っていました。ちょうど原爆投下の日に近かったので、特番が予定されていたのでしょう。
f0036603_14193030.jpg



ちょっと近くに寄ってみました。
f0036603_1420546.jpg



立派な建物だったのでしょうね。モダンな様子が今でも残っています。
f0036603_14202057.jpg



祖父は若い頃、爆心地から近いところで被爆しました。祖父の姉は、爆心地で原爆により亡くなりました。私のカラダにもその時の祖父たちの血とキモチが入っているのかもしれません。色々な思いが溢れて、ここにいると涙が出てきて仕方ありませんでした。私の中でここは自分と切れない何かを感じるところでした。
f0036603_14203670.jpg



多くの建物の部分が破壊されたのだけれど、それでも爆心地に程近いこの建物なのに、これだけの形が残っている・・・にも関わらず、人間は跡形もなく消えてしまうなんて、とても切ないです。建物が残るなら人間も同じように残っていてほしかった。
f0036603_14205530.jpg



平和記念公園のはじっこにあるので遠くから見ると、他の建物に混じっていて不思議な風景。
f0036603_14235273.jpg



ドームのアップ。無言で何かを語りかけているように見える。
f0036603_142113100.jpg



今日も窓から見える空は青く透き通っています。
f0036603_14212931.jpg




原爆ドームとその周りを歩いたのみでしたが感じることはとても多く、今でも道路や公園の下で眠っている人々がいると思うとそこを歩くのも胸が痛みました。


さて、広島市を出て、しまなみ海道を通って四国、愛媛県に向かいましょう。しまなみ海道とは、広島県から瀬戸内海の6つの島を経て愛媛県へ渡ることのできる道です。島と島は立派な橋を渡っていきます。途中にはPAやSAもあります。ちょっと寄ってみました。小さなPAです。
f0036603_14243093.jpg



ラーメンをいただきました!ひとひねりのない、いい意味で素朴なラーメンです♪
f0036603_14244286.jpg



あ、橋!大きな橋が10個あり、6つの島を結んでる。
f0036603_14245951.jpg



橋にもそれぞれの形がありますよ。
f0036603_14252228.jpg



橋を渡っている途中、面白い形の小さな島が海に浮かんでいるのを発見!
f0036603_14255396.jpg



こちらは広島寄りにあるPAです。入り口付近に大きなソフトクリームが二つ置いてあるのが分かりますか?オレンジとブルーのソフトクリームです。
f0036603_1426630.jpg



せっかくなのでブルーの方を食べてみました。「しおなみソフト」っていう伯方の塩を使ったちょっぴり塩風味のソフトクリームなんです。もう1つのオレンジのソフトは、はっさくソフト。こっちの方が有名みたいよ。
f0036603_14261962.jpg



向こうの方に橋が見えます。周りは山。ここはどこの島だったかなぁ?似てる風景が多いので分からなくなっちゃいました(^^; それにしても、山の緑が熱帯っぽい濃い色をしています。モリモリしてる!
f0036603_14291980.jpg



くねっと曲がった道路の先にほっそりした橋が見えてきました。きれい。
f0036603_14293176.jpg



瀬戸内の限定「えび風味」ばかうけです!この旅では、ばかうけを楽しんだなぁ。名古屋の手羽先風味、静岡のわさびマヨ、四国の柚子こしょう。どれも美味しかったです。
f0036603_1429453.jpg



大三島橋というアーチ型のとてもきれいな橋。←鉄子ならぬ橋子みたい(笑)
f0036603_14295648.jpg



PAでお土産を買ったらしまなみ海道のビニール袋に入れてくれました!左上にいるキャラは、「わたる」という名前で、ゆるキャラコンテストで第3位になったんだって(笑)
f0036603_14304471.jpg



橋ともしばらくお別れ。
f0036603_14303138.jpg



愛媛県に入り、石鎚山SAで一休み。伊予柑大福・・・さすが愛媛!
f0036603_1431185.jpg



だーーーい好きなミカンジュースをゲット♪♪はい、オレンジジュースじゃだめなんです。ミカンジュースじゃないとダメなんです!愛媛に来たら、ポンジュースの工場見学行きたかったーーーー!って思うぐらいにポンの大ファンなので愛媛って聞くだけでワクワク。
f0036603_14311273.jpg



瀬戸内海には、本州から四国に行くには、この広島-愛媛間の「しまなみ海道」、岡山-香川間を結ぶ「瀬戸大橋」、そして神戸-徳島間の「明石大橋」の3つのルートがあります。実は、次の目的地は香川県だったので、広島から出発して一番早いルートは、瀬戸大橋だと同僚のまさちゃんに言われていたのですが・・・せっかくなので、島をゆっくり渡れるしまなみ海道をチョイス。結果的にとても時間がかかったけれど、のんびり景色やPAなどいっぱい楽しみました!
by maropu21 | 2009-11-22 16:28 | 旅行 | Trackback | Comments(2)

『車でぐるり旅、 関西・中国・四国へ! 其の十六』の話

とってもステキな石亭を後に、次に向かうのは宮島です。出雲大社と同じぐらいに行ってみたかった厳島神社に行きまーす!

石亭は宮島のフェリー駅まで車でほんの10分ぐらいなので、あっという間に駅に到着。駐車場は、石亭の姉妹店あなご料理の老舗「うえの」のを借りることができました。「うえの」の店内はものすごくいいニオイ。食欲をそそるいいニオイ。

宮島行きのフェリーは2種類あって、JRと広島電鉄とが隣同士に並んでいます。JRの方は宮島っぽい朱色の乗り場です。
f0036603_147512.jpg


こちらは広島電鉄の宮島松大観船の乗り場。せっかくだから地元の方に乗ってみましょう。
f0036603_149479.jpg



乗り場にはもみじ饅頭などお土産屋さんもありました。
f0036603_1491675.jpg



片道170円也。JRも同じです。宮島から宮島口(厳島神社のあるとこ)までのフェリーです。
f0036603_1492883.jpg



大きな方の船が我々が乗った船です。
f0036603_14101519.jpg



2階に上がってみよう。ピースで画面をジャマするのはもっちです。。。いつもベタなピースをしてきます(^^;
f0036603_14104384.jpg



船内はゆったり。
f0036603_1410581.jpg



ちょっと雲っているかな。約10分の船旅です。
f0036603_14111988.jpg



あ、朱塗りの船着場だ。宮島っぽくなってきた!
f0036603_14113413.jpg



ゆっくりと宮島口に到着。
f0036603_14115056.jpg



フェリーと駅の境目はじゅうたんでした!
f0036603_1412516.jpg



宮島口のフェリー駅にもお土産屋があります。ここでもやっぱりもみじ饅頭が売られてました!
f0036603_14122142.jpg



これが宮島口の駅全体です。フェリーの駅には見えない。
f0036603_1413361.jpg



あ、モミジ見ぃつけた!
f0036603_14133566.jpg



駅前にはたくさんの鹿がいました。奈良の鹿よりも大人しい印象デス。
f0036603_14143156.jpg



くつろいでいる子もいます。
f0036603_14145521.jpg



女の子も鹿にタッチ!鹿はちょっと緊張している?!
f0036603_14161439.jpg



フェリーの駅から厳島神社まではちょっと歩きます。表参道が長~い商店街になっています。
f0036603_14165512.jpg



かきは広島の名物。かきのお店がたくさんあります。あ、店先にもお店の奥にもしゃもじが見える。
f0036603_1417244.jpg



この写真、なんで撮ったんだっけ・・・?あ、分かった!ガラスのウィンドウの中に厳島神社の鳥居が見えたからだ(笑)ハイ、それだけなんです(笑)
f0036603_14175689.jpg



あなご飯じゃなくって、あなごチクワだって!「フンフンいい匂いだな(by 鹿)」お店の人が急いで出てきました。
f0036603_14181978.jpg



その内、鹿が店内に入ってしまいました。店員さんがシッシッと追い払うのかと思ったら、バドミントンのラケットみたいのを持ってきました。これは何?ビリビリしたりするのかな?それともただのラケット?でも鹿は全然動じません(笑)
f0036603_14183724.jpg



大きなしゃもじを発見!長さ7.7メートル!樹齢270年のケヤキだそうです。ものすごーく大きいよ。祖父は広島出身だったのですが、おしゃもじのことを「宮島」と呼んでいました。
f0036603_1419348.jpg



段々と日差しが暑くなってきました。天井が布みたいので覆われているところがあって真夏にはいいですね。
f0036603_14191841.jpg



眠そう~。それにしても立派な角だなぁ。
f0036603_14194818.jpg



鹿も暑いんだね。日陰でのびてました。
f0036603_1420158.jpg



商店街を抜けると、いよいよ神社っぽくなってきましたよ!
f0036603_14212665.jpg



おじさん、暑くないのかな??熱射病には気をつけて!
f0036603_14214190.jpg



鳩がつくねんとしてる。
f0036603_14223135.jpg



じゃーん!かの有名な厳島神社のシンボル、大鳥居です!!!
f0036603_14215947.jpg



アップにしてみましょう!これこれ!これが見たかったの(^^)平安時代から8代目ですって。額には「伊都岐島神社」と書かれています。向こう側は「厳島神社」だって。足元に水面の跡があるので、満潮時にはあそこまで海水につかるんだ。日本三景の一つです♪あとの二つは、天橋立と松島です。松島は行ったので、残りは天橋立!両親が新婚旅行に行った場所なのでぜひ今度行ってみたい場所です(^^)
f0036603_14221439.jpg



ちょっと松島を思い出す風景です。
f0036603_14225380.jpg



あ、ここにも神馬がいる。真っ白でキレイ。でも一人ぽっちでさみしそうにも見えます。。。
f0036603_1423916.jpg



チケットを購入して神社内に入ってみましょう。ここも朱塗りです。
f0036603_14232382.jpg



こちらが入場チケット。海水にとっぷりと浸かっていてきれい。
f0036603_14234079.jpg



手水舎の水があふれているけど、地面は海だから全然OK!っていうか、もしかして海水使ってたりして!?
f0036603_14235971.jpg



画面の向こうの方に張り紙が見えるけど、小さくて読めない・・・海水だから飲めませんとか書いてあるのかしら?気になる(笑)
f0036603_14241425.jpg



さぁ!いよいよ入り口ですよ!そうそう、この廊下!この色!
f0036603_14243429.jpg



朱色がとても鮮やかで明るい神社ですね。創建は推古天皇の時代。聖徳太子が生きていた時代だと思うと、その深い長い歴史に感動!
f0036603_1425731.jpg



誰かここから中に入ったみたい。残念ながら一般人は足を踏み入れることができない厳かエリアです。いやー、それにしても・・・推古天皇の時代から時代が500年~600年過ぎ、平安時代の後期になって平清盛が援助して造営されたんだって。それを聞くと鳥肌ものですネ。
f0036603_14252311.jpg



ここから見える地面も満潮時には水に浸るのでしょうね。今はぬかるみになっています。
f0036603_14254272.jpg



五重の塔が遠くに見えました。建物の色が、朱、白、茶色とシンプルなのでとても輪郭がはっきり見えます。
f0036603_1426066.jpg



小さなくぼみに水がたまっていますが、これはれっきとした池だそうで、鏡ケ池という名前がついています。海水が残っているのではなく、絶えず清水が湧き出ているとのこと。満潮の神社の姿を見られなかったのは残念だけど、この池は満潮時には会えないのでちょっとうれしいです♪
f0036603_14261765.jpg



カニも少しの間、陸を歩けるね。
f0036603_14263086.jpg



まるで雨上がりのよう。向こうの方に鳥居が静かに立っていてきれいです。それにしても海水を地面にするなんてよく思いついたなぁ。。。
f0036603_14283483.jpg



社殿内は朱色ばかりでものすごく明るい!思ったよりも空いていましたが、なかなか人のいないチャンスを見つけることはできません。
f0036603_14285878.jpg



やっと見つけた、だーれもいないところ。こんな暗いところもあるんです。
f0036603_14291649.jpg



反橋が現れました。別名、勅使橋とも言うそうです。重要な祭事のときに、勅使がこの橋を渡って本社内に入ったからだって。勅使って天皇の使者だから、相当特別な橋だったんだね。ヒールの靴を履いてたら歩きにくそう。。。
f0036603_14293522.jpg



平舞台と呼ばれる大きな大きな舞台が、建物の正面にあります。踊りたくなるような広さ!
f0036603_14295064.jpg



よーく見てみると、出雲大社と同じ檜皮(ひわだ)ぶきの屋根じゃない、これ?出雲大社の方が何倍も分厚くてしっかりしていました。
f0036603_1430652.jpg



鳥居の近くまで人が近づいていました。もしかして泳いで近づいて、触ったりしてもいいのかしら?(まさかね。。。)
f0036603_14302373.jpg



あ、今だ!シャッターチャンス!(私の中での・・・) やっと明るいところで誰もいないとこを撮ることができました!
f0036603_1430376.jpg



あっちの方で拝んでいる人がいますが、もっちです。実は、我々二人ともおみくじで「凶」が出たんです!ちょっと目を離した隙に、社殿内にあった小さなお宮に向かって1人ぽっちで厄払いみたいな感じで拝んでいました(^^;
f0036603_14305313.jpg



一通り中を散策したので、また外に出てみましょう。神社のすぐ近くにとてもきれいな川が流れていました。
f0036603_149575.jpg



さっき中から見た鏡ケ池が見えます。
f0036603_14101433.jpg



あ、五重塔だ。結構階段きつそう・・・(--; 神社の近くには、この他にも、畳857枚分の広さがあることから千畳閣と呼ばれる「豊国神社」などがありました。ものすごーく広い床で、建設が途中になっているので壁もない状態なので、風通しがよくて涼むにはいい場所でした♪
f0036603_14103284.jpg



では、そろそろフェリー乗り場に戻って行こうかな。行きは商店街を歩いたので、帰りは町屋通りを歩いてみましょう!もともとは映画館やカフェなどもあってとても栄えたメインストリートだったのですが、商店街の方が人気ストリートになってしまったようで、今では住民の生活区域となっているそうです。でも、町屋の風景は近年また人気を取り戻しているそう。レトロな雰囲気がそそります♪
f0036603_14104797.jpg



ちょうど催し物があったようで、家々の軒下にこんなものがぶら下がっていました。
f0036603_1411567.jpg



色々な絵柄があります。よく見てみると、どうやらナゾナゾみたいよ。
f0036603_14112149.jpg



町屋通りをちょこちょこ楽しみながらフェリー乗り場まで戻ってきましたが、ものすごく暑い中、ずーっと歩いたので少々バテ気味。乗り場前にあるもみじ饅頭屋で一休みしました。でも暑い中、あんこモノは食べたくなかった・・・もっちは甘いものが大好きなので、できたてホヤホヤのあっついもみじ饅頭を4つほどペロリ。私はお店のご主人が出してくれた冷茶をイッキ飲み。


フェリー乗り場のお土産屋さんで買った、広島お好み焼きチップス。ソースがしましま模様になっています。
f0036603_14113514.jpg



カピパラさんも登場させないといけません(笑) 一口どうぞ!
f0036603_14115020.jpg



いやー、それにしても暑かったです(^~^;)
f0036603_14122168.jpg



暑かったけど、また満潮時に来てみたいです♪
f0036603_14123720.jpg



ゴミ1つ落ちていないのではないかと思うぐらいに、とてもきれいなところでした。1つ残念だったのは、おしゃもじを葉書として郵便局で出せるんだけど、それをやれなかったこと!今度行ったら絶対にやろう(^^)

さて、厳島神社の後は・・・涙がこぼれて仕方のないあそこに行きます。

以下、次号へ続く!
by maropu21 | 2009-11-18 21:30 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

『車でぐるり旅、 関西・中国・四国へ! 其の十五』の話

自慢の庭園は廊下の右側に光りが差し掛かっているところから出ることができます!
f0036603_1571733.jpg



夏だったので虫対策のスプレーが置かれていました。一応シューっとやっておこ。
f0036603_157438.jpg



窓の脇にあるのは・・・?蚊取り線香かな??
f0036603_1581094.jpg



この電気、かわいい♪
f0036603_1584410.jpg



景色をちょこっと切り取るだけで、いろいろな小物が写ります。
f0036603_159156.jpg



庭園には大きな池がありました。池の周りにはお部屋がいくつもあります。左の方に窓が大きお部屋が見えますが、ここは朝ごはんの後にいったカフェですよ。
f0036603_14584794.jpg



枯山水のような池もあります。真っ白でキレイ。石亭というだけあって大きな石や岩がそこかしこにディスプレイされてます。
f0036603_1512812.jpg



庭園のはじっこの方に行って全体を写そうと思ったけど、広すぎてレンズに入りきりません!!クリスマスに広角レンズを買ってもらわなきゃ(笑)
f0036603_151532.jpg



他の角度から!どこの角度から見てみてもステキだなぁ~~
f0036603_1525425.jpg



石亭の外には瀬戸の海が見えます!
f0036603_1533559.jpg



芝生にあるテーブルでランチをしたりお茶をしたりできるんだって。お茶は頼めば運んできてくれるとか。
f0036603_1535698.jpg



とあるお部屋につながる石段。石段からもうプライベート空間という感じでいいです。
f0036603_1543245.jpg



こちらは我々の泊まった部屋へ上がる石段です。
f0036603_15173341.jpg



石段を上がって部屋の縁側でちょっと一息。
f0036603_1544877.jpg



縁側から見える景色もいいね。御簾ファンにはいい感じ♪でも、写真で見るとさわやかな景色だけどこの日は暑かったなぁ~(--;;)
f0036603_155539.jpg



岩が黒くなってる!ブッシュがまんまるく刈られていてかわいい。
f0036603_1554165.jpg



とんぼ発見!息を止めてそーっと近づいてエイッ!撮影成功!
f0036603_15181410.jpg



岩の上に水たまりがあってそこで何かが涼んでました。でも・・・これって何?象??
f0036603_15183184.jpg



この廊下の突き当たりは予約の客室で立ち入り禁止でした。誰も泊まっていないときには入って休めるみたいです。中見たかったなぁ。
f0036603_15184752.jpg



ながーーーくてほそーーーい廊下。
f0036603_1519348.jpg



さっきの象みたいな小さな置物はこんな大きな岩の上にあるんだよ。分かる?ところで、ガラス戸の中は一体何なんだろう?
f0036603_15222178.jpg



ガラガラとガラス戸を開けてみると・・・いっぱい椅子がある!座ってゆっくりと庭園鑑賞ができるのかな。それにしてもこの中、クーラーが効いていてすずしいわーー♪♪
f0036603_1523568.jpg



あれ、本がたくさん置いてある。そう、ここは図書館でした!
f0036603_15232473.jpg



たくさんある椅子の中でもこの椅子は座り心地が最高!
f0036603_15234117.jpg



この部屋の中にもまた細かくて面白いものがたっくさん!
f0036603_1524677.jpg



壁はこんな風でシンプルです。上の方にある本が取れるようにちゃんと足踏み台が置いてある。
f0036603_15242049.jpg



茶色のカタマリは何だろう??ここのご亭主さんの趣味って面白い(^^)
f0036603_1524515.jpg



ミニ図書館があまりに面白かった(そして涼しかった)ので、ちょっと長居しちゃった。そろそろ外に出てまた歩いてみようかな。こんなスペースを見つけました。
f0036603_15311370.jpg



このテーブル、縫い目があるんだね。
f0036603_1530287.jpg



この一箇所はツタみたいな緑が多くてちょっと洋風な雰囲気。石の様子も洋風。
f0036603_15313626.jpg



色々な顔を持つ庭園ですね。
f0036603_15323135.jpg



ん?これは何?手紙の奥に部屋があるよ。
f0036603_15332624.jpg



またまたミニミニ図書館だ!今度は畳の小部屋です。
f0036603_1534431.jpg



ものすごーーーい数の本。スポーツから料理まで色々な本が揃っています。
f0036603_1534221.jpg



昔ながらのストーブを発見。冬には使えるのかしら?どれもが無造作に置かれているような感じだけど、そのどれもがそこにないといけない・・・そんなこだわりのあるお部屋。
f0036603_15421934.jpg



今の季節、秋の夜長に文机で静かに読書・・・そんな一泊もいいかも。
f0036603_15424089.jpg



さっきのストーブの近くに寄ってみました。向こうにクーラーもあってそのギャップがちょっと笑える!急須は日本的だけどその他は洋風な様子でステキだなー。
f0036603_15425745.jpg



まるで滝のようにツタが流れてる。そして手前の椅子にはやっぱり虫除けスプレー!(笑)
f0036603_15431293.jpg



編み編みの椅子があるの分かりますか?この椅子、いつかはツタに覆われちゃうのかな。
f0036603_15553119.jpg



ちょこっとだけ水がたまっている池もありました。ちょこちょこと緑が置いてあるのがかわいい。田植えみたい。面白いディスプレイです。
f0036603_1556194.jpg


お部屋に戻って一息。途中で日差しが出てきて暑かった!室内をうろうろしていると、こんなメッセージを発見しました。真っ白な石と松の葉がかわいい組み合わせ!
f0036603_15574776.jpg



石だけアップでどうぞ(笑)うん、石亭だもんね。
f0036603_1558516.jpg



▼おまけ
マックスコーヒーの「V」を見つけました!バニラ味だって!うれしくてもっちはピース♪
f0036603_15585019.jpg



この石亭、どこをどれだけ見てても飽きません!見れば見るほど発見がたくさんあって時間がいくらあっても足りません。私は庭散策に30分ぐらいしか時間をとることができなかったので、今度行くときにはもっと旅館でゆっくりするという目的で訪れてみたいです。HPを見てると、入り口が葉っぱでうまく隠されている小部屋とか、ワクワクするようなものがまだまだたくさんあるみたい。こんな楽しくてステキな旅館は初めてでした♪♪

さて、石亭に後ろ髪をひかれながら次なる目的地に向かってしゅっぱーつ!広島といえば・・・宮島といえば・・・そうです、あそこです♪♪

以下、次号へ続く!
by maropu21 | 2009-11-16 08:40 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

『車でぐるり旅、 関西・中国・四国へ! 其の十四』の話

到着したのが遅かったにも関わらず、旅館の方のご厚意で夕食をの前に大浴場にも行ってきました!入り口です。やっぱりしゃもじが掛かってる。
f0036603_1211949.jpg



夕食時だからかな、誰もいなかったのでカシャカシャ撮ってみました!カーテンの奥はメイクルームです。2人スペースなのでこじんまりしています。
f0036603_12121640.jpg



全体的に規模は小さめ。洗面台も2人分。でもいろいろなアメニティーがあって充実!
f0036603_12131294.jpg



しっとりした木のお風呂です。個人的には岩風呂も風情があって好きだけど、木も好きです♪
f0036603_1213307.jpg



小さめの湯船が数個あります。真正面のガラス戸からは外に出られます。
f0036603_1432459.jpg



浴場内はとても清潔(^^)お湯の温度もちょうどよかったし。
f0036603_14294429.jpg



洗い場もすっきり。桶が椅子の中にすっぽり入るので省スペースだ!
f0036603_1430884.jpg



露天風呂。せっかくなので色々入ってみました。個人的には露天風呂は好きです。あんまりお湯が熱くないからね。
f0036603_14344113.jpg



浴槽の底はごつごつしていない石なので座りやすかったナ。
f0036603_14351083.jpg



カメラを落とさないように・・・水面近くでパチリ!
f0036603_14352987.jpg



湯上りにキュ~~っと一杯。うれしいサービス。
f0036603_14361662.jpg



実は、最初、脱衣所に入ってみると大きめの羽虫が飛んでいたので、ちょっとビクビクしておりました。お風呂から上がってみると、アレ、羽虫の気配がなくなってる・・・どこかに逃げたのかな?って安心していたら・・・こんなところにいました。洗面台の湿ったところに羽根の一部がひっついて動けなくなってた。。。勇気なくて助けてあげられなかったのがすごく心残りです。
f0036603_14365531.jpg



さて、ここからは朝の旅館内です!夜とはうってかわって、廊下が明るい!左側は庭に続く出入り口です。ドアがないので、ずっと開けっ広げなのかな。
f0036603_14411440.jpg



部屋に向かう廊下も壁がまったくないところがあって、すぐ外に面しています。夏だったので蚊取り線香がたかれていました。
f0036603_1671987.jpg



ここも御簾がおろされているけれど、窓も壁もなし。それにしても御簾っていいですネ!
f0036603_14414798.jpg



大きな壷に入った植木。緑が青々していて元気いっぱいです!
f0036603_1442759.jpg



ここも廊下。やっぱり外とつながってる。開放感があっていいです。(問題は蚊だけ!・・・どうにかならないかなぁ!苦笑)
f0036603_14422917.jpg



黄色いモップで廊下はいつもピカピカ。黒光りしている!
f0036603_14425616.jpg



作品(?)が陳列しています。どれも白くてシンプル。
f0036603_1684612.jpg



雅な感じに心惹かれます。見ているだけでうっとり。モダンな和。
f0036603_14431134.jpg



真っ暗な空間の向こうはカフェ。
f0036603_14432663.jpg



入り口のタヌキくんも記念に一枚。生花を持って何か言いたげ。
f0036603_14434647.jpg



そうだ。カピパラさんたちも忘れないようにしないと!!はい、記念撮影!
f0036603_1444582.jpg



泊まった部屋の窓にお客さんがやってきました。
f0036603_14442941.jpg



ヤモリだ!かわいい~~~~♪♪(もっちは「ぎゃ~~っ!」と叫んでいましたが)
f0036603_14444458.jpg



朝ごはんもおいしくいただきましたヨ!
f0036603_1447892.jpg



一口豆腐。普通のカップサイズの器にちょこっとだけ盛るのか。おもしろいな。
f0036603_14473610.jpg



こちらはものすごーく大きな赤い器。お漬物が真ん中にちょこんとのっています。
f0036603_14482466.jpg



ご飯もお粥もしっかりいただきまーす(^^)
f0036603_14491065.jpg



葉っぱに包まれたものは・・・茗荷とキュウリでした。すみません、茗荷ニガテなのであんまり食べられなかった・・・
f0036603_14494429.jpg



フルーツのゼリーよせ。おいしいデザートでしめて、ハイ、ごちそうさまでした!!
f0036603_14501957.jpg



朝ごはんの後には、カフェでコーヒータイムです。お給仕さんがいて、注文すると作ってくれます。お花の横にある白い壷には、冷えたジュースが入っています。こちらはセルフサービス。
f0036603_14503489.jpg



庭園を眺めながらしばしのコーヒータイム。
f0036603_14505229.jpg



コーヒーはもっちが注文。おいしかった~って言ってた。
f0036603_1451865.jpg



私はジュースをいただきました。
f0036603_14512258.jpg



せっかくだから食後はここでゆっくりしようとしたのですが、テーブルのする近くでカナブンがぶんぶん飛んでいて(室内に閉じ込められていたので外に出たがっていた)、都会っ子のオットはビクビク。窓を開けて外に出してあげたかったけどうまくできず(試みたのは私、もっちは遠くから見守るのみ(笑))。今にも泣きそうなオットがかわいそうだったので、2人ともイッキに飲んでカフェを後にしました(^^;



さて、いよいよ自慢の庭園散策にいきます!!!

以下、次号へ続く!
by maropu21 | 2009-11-11 20:38 | 旅行 | Trackback | Comments(2)

『車でぐるり旅、 関西・中国・四国へ! 其の十三』の話

長い道のりを経て広島に到着!今夜の宿は「庭園の宿 石亭(せきてい)」です。
住所: 広島県廿日市市宮浜温泉3-5-27
電話: 0829-55-0601

大きな石とそれにちょこんとくっついた「石亭」の看板が出迎えてくれました。
f0036603_9501771.jpg



入り口。落ち着いていていい雰囲気。この日も午後7時ぐらいの遅い時間に到着したにも関わらず旅館の方々が出迎えてくれました。
f0036603_10475395.jpg



すぐにお部屋に案内してくれます。真夏とはいえ、7時を過ぎると外は薄暗くなってきます。廊下などは明かりが灯っていました。だいだい色であったかい。
f0036603_9542438.jpg



三日月発見!手前の椅子やその隣の何気ない生け花もステキ。
f0036603_9545987.jpg



廊下を歩いていると時々外に出ます。そういうところは真っ暗なところにほのかな明かりがぽつぽつとあるのみ。
f0036603_9551651.jpg



結構奥が深いなぁ。奥へ奥へと歩きました。
f0036603_9563645.jpg



途中途中、かわいい小細工があって楽しめました!ここには真っ赤な傘があったり、お部屋へは数段の階段を上がっていくという造りがちょっと粋です♪
f0036603_9553592.jpg



他のお部屋にはこんなのも。手入れが行き届いていました。
f0036603_9555325.jpg



突然庭への出入り口があります。ここにはドアもありません。趣のある景色だな。
f0036603_956969.jpg



我々の泊まった部屋の入り口です。引き戸の玄関って和風でいいな。玄関の向こうに人影がありますが、もっちです。ピースしてるし(笑)
f0036603_952137.jpg



部屋の鍵はこちら!しゃもじです。宮島(しゃもじで有名)が近いから??
f0036603_9522717.jpg



こちらがお部屋のほぼ全容です。奥の部屋で後に夕食を楽しみ、寝室になります。手前の部屋ではソファでくつろげる。ソファに座って目の前に広がる庭園を見ることができますよ。さらに、ソファ部屋の手前にもう1つだけ部屋があってそこから撮影してまーす。
f0036603_10301598.jpg



食事のお部屋から撮ってみました!さっき撮影した小部屋がソファ部屋の奥にあります。几帳が置かれているところが平安ファンの私にはうれしい♪
f0036603_9592428.jpg



相変わらずしつこいけど(笑)、ご飯と寝室。ちょこっと見える襖を開けると、テレビが隠れていました。
f0036603_1064395.jpg



ソファから見える景色。ガラスに映ってしまって見にくいけど、縁側があってその向こうには旅館ご自慢の庭園が広がってます!カメラの露出を変えてみたのでちょっと明るい映像になっていますが、本当は、もうちょっと暗いんです。
f0036603_1071361.jpg



これもソファ部屋からみた庭景色なり。もうちょっとして真っ暗になるとかがり火が燃えていてそれはそれはきれいでした。
f0036603_1073437.jpg



床の間の隣にはこんな風流スペースが!
f0036603_10304319.jpg



ウェルカムスウィーツはこちら。白い皮に何かが入っているみたい。
f0036603_103139.jpg



あ、アイスだ!暑いところからやってきたのでうれしいです!
f0036603_10311865.jpg



冷蔵庫やお茶のカウンターもちゃんと充実しています。
f0036603_10314141.jpg



お手洗いもキレイ♪もちろんウォシュレット。それにしてもモダンな形だなぁ。スリッパのかかとは最初からつぶれてました。私たちがやったんじゃないです(笑)
f0036603_10322518.jpg



洗面台もスッキリ。鏡が大きくて使いやすかったです。
f0036603_10335378.jpg



どこに排水溝があるのかなって最初は思いました。どこか分かる?
f0036603_10324296.jpg



瀬戸物のお皿にアメニティーがたくさん入っています。最近の旅館は化粧水とか洗顔フォームなんかもそろってることがあって便利ですね。アメリカのホテルじゃなかなかそういうわけにはいかないわ!歯ブラシもないからねぇ(笑)
f0036603_1033218.jpg



お風呂場もついています。ぜーんぶ木。自宅でこういう木ばっかりのお風呂だとお手入れが大変そうだな。お風呂のフタのたたみ方がなんだかかわいいです。
f0036603_1034825.jpg



電化製品スペース。一方で、文机みたいな小さなデスクは和風のアンティークっぽい雰囲気でそのギャップがいいですネ!
f0036603_1034341.jpg



実はご飯の前にお風呂に入ってきたのですが、それはまた後ほど。

花より団子ということで(!)、夕食のご紹介です!食前酒は地酒。クリ付きですよ!
f0036603_1141970.jpg



食器が渋い。ウニの殻がすごい!いただきまーす!
f0036603_11421459.jpg



竹のお椀の中にはいっぱいの氷と新鮮な小鰯のお刺身です。
f0036603_11424057.jpg



反対に石焼のお料理。あっつあっつです。右は冬瓜、右はカリフラワーなどのオリエンタルソース。あっさりとこってりの組み合わせ♪でも、猫舌の私には大変でした(^^;
f0036603_11425796.jpg



お刺身がドーン!2人分です。もっちはお刺身はほとんどダメなので、結果、私がほとんどいただきました。
f0036603_11433173.jpg



ハモのお吸い物。
f0036603_11434773.jpg



あなご博多豆腐。手前にあるお茄子がかわいい♪
f0036603_114465.jpg



甘鯛の焼き物。うーん、茗荷はニガテ。。。だな
f0036603_11442287.jpg



鴨など。葉っぱが添えてあると食べ物が生き生きとした雰囲気になるのがいいね。家でもそうしよう!
f0036603_11443945.jpg



タレ(奥)とお揃いのお皿。タコの酢の物です♪
f0036603_11445254.jpg



そ・し・て!!宮島名物のアナゴ飯!これだけは外せない!!とってもおいしくて、とってもおなかいっぱいだったのにも関わらずもっちは完食(お茶碗3杯ぐらい!)
f0036603_11452050.jpg



デザートはわらび餅でした。冷たくてあっさり♪お盆の上に緑のモミジがかわいいデス。
f0036603_11453838.jpg



さて、ご飯が終わって食卓でフ~~っと一息ついていると、お給仕のおばさんが言いました。「プライベート風呂に行ってみますか?なかなか予約が取れないのだけど、ちょうど今ぽっかり予約が空いているんですよ」
『なかなか予約が取れない』とか言われると、行きたくなっちゃう(笑) でも私はもうお風呂に入るのはいいや・・・・。ちょっと見てみるだけで。もっちはせっかくだから入るとのこと。

ぐるぐると長い廊下を案内されて、鍵のかかったドアを開けると・・・2階建てのプライベート温泉空間が目の前に現れました!小さいけれどメイクスペースもある!
f0036603_10495625.jpg



まずは2回に上がってみよう。
f0036603_10501713.jpg



ん?すごい~~♪リラックススペースがある!リビングみたい。テレビもついてるし。
f0036603_10503696.jpg



足が伸ばせるソファに木のテーブル。
f0036603_10505973.jpg



テーブルの上には・・・キーンと冷えた飲み物が!!(アルコールじゃないよ)
f0036603_10511864.jpg



CDラジカセもある!いい感じで音楽が流れています。
f0036603_10515741.jpg



上がってきた階段のすぐ横にはのんびりスペースが!
f0036603_10521961.jpg



休日なんてここだけのスペースでダラダラ過ごせそう(笑)
f0036603_10514059.jpg



1階に下りて、お風呂を見てみると・・・!ひろーーーい!大人だったら4人が足を伸ばして入れるぐらいの大きさです。
f0036603_10581475.jpg



はじっこには涼むスペースも。
f0036603_10583479.jpg



洗面台は同じお風呂の部屋に設置されています。なぜか赤い椅子まで置いてある!
f0036603_10584933.jpg



館内の様子も部屋も、そしてプライベート風呂もどれをとってもすごく面白い造りになっていて、私のツボです。

もうちょこっと旅館のお話にお付き合いください!


以下、次号へ続く!
by maropu21 | 2009-11-08 20:54 | 旅行 | Trackback | Comments(2)