菜花庵-nanohana.an

maropu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2010年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

『秋田・角館へ!其の七・西宮家でほっと一息』の話

2日目の新幹線は午後1番ぐらいの早い便でした。ホテルを早めにチェックアウトして、荷物をフロントに預けて3つ目のおうち、西宮家を訪れました。お天気がいいので雪の白さがまぶしい~!
f0036603_1527126.jpg


歴史をさかのぼると1600年の始め頃から続く家柄だそう。庭も立派で他の武家屋敷同様たくさんの木や花を見かけます。ただ雪に埋もれちゃっててまだどれも同じように見えちゃいますが(^^;
f0036603_9314423.jpg



足元を見ると、たまに突然雪がかぶっていないところがあります。
f0036603_93242.jpg



ここも。
f0036603_9335659.jpg



西宮家のカフェです。テラスになっていて、建物の本体はやっぱり大きなお蔵なの。テラスの奥にお蔵の入り口があるのが見えるかな?
f0036603_934184.jpg



中はこんな感じ。右側がお蔵で、その中でもお茶できます。私たちは明るいテラスでいただくことに。
f0036603_9351191.jpg



ピアノとお蔵。年代の違うものだけど不思議と違和感がなかった。手前にあるストーブ、懐かしい感じですね。
f0036603_9354182.jpg



蔵の中の壁も洋風です。かわいい。
f0036603_9344275.jpg



カウンターもあって素敵。天井も高いし解放感タップリ。
f0036603_936489.jpg



シンプルなランプ。
f0036603_9361842.jpg



かわいいランプ!
f0036603_9363290.jpg



窓際にあった砂時計みたいなの、何なのかな?
f0036603_936472.jpg



あったかーい紅茶、ごちそうさまでした!飲み物以外に軽食もありますよ。
f0036603_937339.jpg



これはネコの足跡じゃないかな?
f0036603_9382238.jpg



ネコとか人間とかいろいろ。
f0036603_9383963.jpg



ここで立ち止ってちょっと足踏みしたんだね(笑)
f0036603_9373798.jpg



あ!いた!足跡の主??
f0036603_9385532.jpg



と、そこへもう1匹別のネコがいました。この子が主なのかな??この雪が溶けているところはこの子のトイレだったみたいです。この後、西宮家を出て町を歩いていたらこのネコがどこかのお宅でご飯をもらってるのを見かけましたヨ(前回の写真にあります) 自由気ままに生活してるんだなぁ(笑)
f0036603_9391695.jpg



他の武家屋敷にもあったけど、西宮家にもお土産屋さんがあります。ここでしか見なかった樺細工もありました。私も小さなのをゲットしました♪ このお土産屋さんも蔵の中にあります。それにしても外の明るさと格子がとってもきれい。またまた登場した懐かしい石油ストーブもいい味出してるネ~!
f0036603_9401190.jpg



ね、立派なお蔵の入り口でしょ。
f0036603_9402657.jpg



ちょっと見にくいかな、ツララが反対にささってます!!
f0036603_9405332.jpg



小さいときに祖父が遊び方を教えてくれた思い出のねこやなぎ。
f0036603_9411027.jpg



長かった角館編もそろそろ終わりです。最後に番外編でお土産特集といきましょう!

蔵の中にあるお雛様を見せてくれた安藤家の商品。実は私が買ったのはこの中では、一番左にあるぽん酢だけ。それ以外は全ておまけでつけてくれました。
f0036603_14214823.jpg


同じく安藤家のおみそ。味見をして買ったのですがとてもおいしいよ!
f0036603_14243224.jpg


桜の製品が有名な角館。せっかくなので一輪挿しと台座を購入。
f0036603_14251411.jpg


青森が近いからかりんごジュースも見たことがない製品があり、わくわく!みかんジュースにもうるさいけど、りんごジュースにもうるさい私にもお墨付きをもらえた一品たち(笑) おいしかったデス!
f0036603_142615.jpg


比内地鶏が有名でいろいろなものに使われてました。おせんべにも地鶏エキスが・・・。ところでこのおせんべ、ものすごーーーくおいしいかったです。また食べたい。
f0036603_14272482.jpg



駅弁だって地鶏です。
f0036603_14291183.jpg


こっちも♪
f0036603_14293076.jpg


最後は名物の「さなづら」です。さなづらとは葡萄の一種で葡萄味の羊羹みたいな感じ。甘酸っぱくておいしかったヨ。
f0036603_14335176.jpg



最後にこちらが泊まったホテルの部屋。角館駅のすぐ隣にある「フォルクローロ角館」です。リーズナブルだし、なんといっても駅のすぐ隣なのが便利。雪の状態が不安だったので移動しやすいところにしました。チェックアウトして荷物も預かってくれるのでオススメです。部屋もとてもきれいでした!
f0036603_11133380.jpg



そんなこんなで満喫した角館の旅もそろそろ終わりです。今まで訪れた東北は、秋田、岩手、宮城、山形。どこもとっても思い出深くてのんびりしていて東北って大スキです!まだ行ってないところにもいつか行きたいな。角館は春が一番いい季節のようですが雪の角館も静かできれいで趣深いところでした。まだ秋田は寒そう。来週も雪だとか。春の桜の季節はまだちょっと先ですね。
by maropu21 | 2010-03-28 20:29 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

『秋田・角館へ!其の六・町をもうちょっとウロウロ』の話

もう少し町を歩いてみましょう!

だれかが雪の上を歩いたみたいだけど・・・こんなUの字に歩かなくても(笑)
f0036603_15215032.jpg



先にちょっと触れた「雛めぐり」が開催されていたので、町のそこかしこでそれぞれの家庭や商店のお雛さまを見て楽しむことができます!
f0036603_15263586.jpg



ここには小さなお雛さま。
f0036603_15271746.jpg



ちょっと近づいてみると、お道具の細かいことといったら!こういうミニチュアって鳥肌ものです!それにしてもぼんぼりってかわいいカタチですよね(^^)
f0036603_15265537.jpg



このお宅には安藤家で見た押し絵みたいなお雛さまが飾ってあります。
f0036603_15274021.jpg



「幼児」?!
f0036603_15275764.jpg



裏を見て、なんだそういうことか~!
f0036603_15281238.jpg



小さなかまくら達。一度かまくらって入ってみたいものです。
f0036603_15282851.jpg



小野寺のあとに「よ」って書いてあるけど、それも含めての店名なのかな、やっぱり。
f0036603_15285618.jpg



和菓子の「ゆかり堂製菓」に立ち寄ってみました。
f0036603_16433235.jpg



広々した店内。はじっこの方にテーブルがあったので、買った和菓子をそこで一口いただくことに。
f0036603_1530755.jpg



「えびす餅(左)と「なると餅(右)」はそれぞれ角館の名物和菓子。えびす餅は黒糖の風味がおいしい。なると餅はこしあんの道明寺みたいな感じ。笹の葉の上にあるっていうのがお決まりのスタイルみたいです。このお菓子、他のお店でも何度か見かけたけど、このゆかり堂製菓が一番安くてそしてとてもおいしかったです。確かどちらも100円台だったと思う(2つでだよ!) セルフサービスであったかいお茶もいただけるの。
f0036603_15302497.jpg



この和菓子屋はかりんとうの種類が豊富でした。角館はかりんとうも有名なのかな、どこに行ってもお土産屋さんに並んでいます。この手前の「ピリ辛 かりんとう」は絶品!!角館に行ったらぜひここのをお試しあれ!
f0036603_15303849.jpg



見えるかな。真ん中に細いハシゴが立ってます。こんな雪の日にも使うのかな。屋根の雪下ろしのため?
f0036603_15311115.jpg



青空がきれい。ポツンとたたずんでいる一羽のカラスも気になりますが、手前の「ふくや」さんのメニューの幅広いこともとても気になる!なんでもあるんだね。
f0036603_15313636.jpg



この張り紙、本当によく見かけました。そんなに落ちてくるものなの? ガムテープが左右であまりに長さが違う(笑)
f0036603_1532942.jpg



またまたスゴイ鋭いツララ。
f0036603_15322524.jpg



手前にスプリンクラーがあって雪が溶けています。この写真だとわからないけど、スプリンクラーの水は数か所から出続けていて、かなり地面がびしょびしょになってました。それでも止めないのは止めたら凍るからなのでしょうか。
f0036603_15324136.jpg



こんな立派なお雛さまが外の冷たい空気に思い切りさらされちゃってる!!
f0036603_15325723.jpg



このお家、スライド式の扉なのですが、階段を下りても右隣の部屋には直接行けないみたい。一度扉から外に出てからまた入るってことなのかしら。
f0036603_15331172.jpg



果物だか野菜だかのお店。中国語で書いてあります。角館にもお金持ちの中国人たちが観光に来てるのかもね。
f0036603_1622858.jpg



立派な看板。日本舞踊だって。素敵ー!
f0036603_163958.jpg



すっかり道路の雪がなくなった武家屋敷通りの様子。左右には桜の木がたくさん植わっていて、角館の一番人気の季節「春」に向けて準備中のようでした。
f0036603_16392436.jpg



猫の黒いしっぽとお尻がちょこっと見えるのわかる?後で紹介する武家屋敷で見たネコちゃんなのですが、このお宅ではご飯をもらってました。多分、縄張りをパトロールする途中の行きつけ(笑)なんだと思う。
f0036603_16393966.jpg



こちらはお米パンのお店「米香房 お米でパン!」です。
f0036603_16422960.jpg



ふつうに地元の人たちが入りそうなこのお店にもお雛様が飾ってあります。
f0036603_16412643.jpg



せっかくなので食パンをゲット。何気なーく食べてみたら・・・これが絶品なの!!お米でできているからか、色は真っ白でもちもちしてる。そして何よりもお米の甘さがたっぷりなんです。あまりにおいしくてお腹いっぱいだったのについ1枚ペロリ。秋田県外にも配送してくれるので、今度また買ってみます。秋田のおいしいお米で作られたここのパンは、ほんとーーにオススメです!!!(家に持って帰ってもっちに食べてもらったら、ちょっとでいいって言ってたのにやっぱり1枚ペロリでした♪)
f0036603_16413976.jpg



先にもちょっと写真を載せた駅から徒歩7~8分のところにあったスーパーです。入り口裏手にまわってみるとお土産屋が併設されていました。ここのお土産屋さんはとても種類が豊富だし、試食もたくさんできるの。妹はものすごくおいしい比内地鶏のエキスたっぷりのおせんべを買ってました。
f0036603_1647763.jpg



スーパーのすぐ近くにあったホテルです。展望レストラン(?)みたいなのがあって一時はとてもにぎわったホテルじゃないかと思われますが、今はクローズ・・・と思ったらまだちゃんとオープンしてました!ちょっとシャビーな様子がいいです(^^)
f0036603_16491290.jpg



駅から15分ぐらい歩くと桧木内川が見えてきます。橋に残った雪がツルツルしていてこわかったのでとりあえず景色を満喫すればいいやってことに。
f0036603_16493352.jpg



大きいけど静かな川。堤防の木々は桜です。この桜並木はすごく立派だそうで、春の角館のオススメの景色の一つだそう。
f0036603_16495926.jpg



あ、ここでカピパラさんにちょっと登場してもらいましょう。またまた旅に同行してくれてたんだけど・・・忘れちゃって出番がなかなかなかったのでした。ごめんねー
f0036603_16451256.jpg



せっかくの出番だけど雪の冷たい上に乗せられててかわいそう。ちょっとムスっとしてる(笑)
f0036603_16454069.jpg




角館1泊2日の旅ももうすぐ終わりが近づいてきました。あとちょっとお付き合いください!

以下、次号へ続く!
by maropu21 | 2010-03-23 17:12 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

『秋田・角館へ!其の五・町をウロウロしてみよう』の話

車移動のない旅なので、角館駅周辺をてくてく歩いて周ってみました。狭い範囲の散策なので同じところを何度も通ったりしたけれど、時間が違ったりするとまた違う顔が見えたりしてとても楽しかったデス!なんてことはない通りにもたくさんの発見は不思議があり、とても面白い街でした。


駅から武家屋敷通りへ向かう途中、住宅や商店が続いている道を通ります。こちらは住宅と住宅の間をのぞいて見つけた小さな階段。雪がすごくて上まで行けない状態。赤い雪かき道具が見えるので途中であきらめたかな?!(笑)
f0036603_11423735.jpg



こちらも階段。雪かきされてるけど・・・慣れない人には怖そう!!
f0036603_11434212.jpg



ちょっと光って見にくいけれど、町でよく見たのがこの「頭上注意」の看板。ほとんどが手書きのものでした。雪国特有ですね~。おもしろい。
f0036603_1144131.jpg



ちゃーんと洋服着せてもらってる!あったかくしないとネ。
f0036603_11443073.jpg



見たところ、今はやっていない劇場のようでした。廃墟好きな(笑)妹は、興味津々!この辺には娯楽があまりなさそうだったから一昔前は流行ってたのかなぁ、とちょっとしんみり想像してみたり・・・
f0036603_11444514.jpg



地層みたいになった雪。
f0036603_14553537.jpg



こんな風によく見かける雪かき道具。雪国を知らない私にはこれも目新しい光景。
f0036603_14575959.jpg



「紅」・・・うーん何だろう?
f0036603_14584149.jpg



またまたギモン。もみすりロールって何だろう?揉んで刷る?揉んで擦る・・・?? 答えは、農機具で「籾摺りロール」でした!
f0036603_1459315.jpg



塀の上の方、なぜかあそこだけこんもり積もってる。
f0036603_1459242.jpg



バームクーヘンみたいね。
f0036603_14593966.jpg



ずんぐりむっくり雪だるま。愛嬌のある表情です♪
f0036603_14595921.jpg



武家屋敷ではないけど、ここにも蔵が。雪が結構降ってるけど窓が開いてて大丈夫?
f0036603_1501668.jpg



カレーパンマンに見えない?
f0036603_1521182.jpg



駅から武家屋敷通りの途中にある樺細工や郷土品のお店。いろいろ揃ってます!他にもお店がいくつかありますが、同じ品でもお店によって値段が違ったのにはちょっと驚きました。
f0036603_1523086.jpg



まるで滝みたい!
f0036603_1510932.jpg



横道には雪がたくさん残ってて歩くの怖そう・・・
f0036603_1510376.jpg



駄菓子屋さんがありました。週末なのに子供の姿はほとんど見かけませんでしたが。。。雪の寒い日には外に出てるのは観光客だけかもね(^^;
f0036603_15105818.jpg



スーパーもありました。小さな食堂もあってたこ焼きとか焼きそばとか食べられるみたい。持ち帰りもOK。あったかいもの食べたくなっちゃったけどたこ焼きはどこでも食べられるし(笑)やめました。
f0036603_1511202.jpg



歩いていると益々雪が降ってきましたよ。この後、道路も白色に変わっていきました。
f0036603_15114440.jpg



山も近くに見えます。葉を落とした木々が見えるのであたたかい季節にはきれいな緑の山になるのだろうね。
f0036603_1512353.jpg



レストランなども結構あります。
f0036603_15122125.jpg



月決めって書いてあるの初めて見ました。
f0036603_15135399.jpg



「おたよりカバン」って何だろう?こんな風に案内するってことはよっぽど人気のものなのかしらね。
f0036603_15142214.jpg



「おたよりカバン」が売られているという向いのお店はココ「こいかわ」さん。小さな窓がかわいいですね。おもちゃ屋さんなんだね。
f0036603_1514565.jpg



かわいいロゴ(^^) 漢字で書くと「鯉川」なんだって。この「こいかわ」さん、いくつか建物を持っているようで地元では結構幅きかせてるかも?!
f0036603_15151172.jpg



新潮社を創立した佐藤さんという方は角館の出身だそう。
f0036603_15152822.jpg



記念館があります。
f0036603_1516354.jpg



雪かきをしていた女性を見てると、雪は下水に落としているようでした。手前にあるような地面の扉を開けてそこにドカっと入れるみたい。
f0036603_15163671.jpg



バス乗り場も深い雪に埋もれちゃってますが、かろうじて頭だけ出してる状態。
f0036603_15171266.jpg



本当は、角館で絶対に泊まりたいと思っていた旅館「田町武家屋敷ホテル」の前も通ってみました。旅行の際のホテルはいつもものすごく吟味して気に入ったところを選んでいるのですが、角館ではここがとても雰囲気が良さそうだったの。泊まりたかったなぁ~!でも今回は利便性を優先して違うホテルにしました。 ←思ったよりもとてもいいホテルでしたヨ
f0036603_15165151.jpg



以下、次号へ続く!
by maropu21 | 2010-03-20 22:19 | 旅行 | Trackback | Comments(3)

『秋田・角館へ!其の四・安藤家へ』の話

武家屋敷通りをまた歩いて来た道を戻ってみます。道路の端には小さな水路がありますが、雪かきをしていないと埋もれてしまいそう。。。
f0036603_11464464.jpg



この門の前はたくさんの雪が積もっていて入りにくそう。
f0036603_11485220.jpg



青柳家を見学している間に、さっきの雪はすっかりやんで道路もシャビシャビになってました。こうなったらさらに長靴が必要だよね、案内所のおばさん!(笑) 
f0036603_1149715.jpg



個人の家から出てきた除雪車。大きな家だから持ってるのかな。すごいね。
f0036603_11492362.jpg



こんもり小さな雪山ができてました。風の作品。
f0036603_11494980.jpg



それにしてもツララってこわい。。。私の勤めている会社が入っているビルに、こんな感じに尖がったものがオブジェになっていて、頭上でクルクル回ってるの。その下を歩くたびにいつもドキドキしてるのを思い出しました。
f0036603_1150849.jpg



格子窓は和風には欠かせません!
f0036603_1150562.jpg



灯篭にも雪がほんのり。
f0036603_11511244.jpg



屋根にはどっさり。
f0036603_11512887.jpg



元寺子屋だった建物だそう。
f0036603_11514535.jpg



その建物の角に小さな石があります。何の意味があるのだろう。
f0036603_11515945.jpg



散策しているうちに出会った安藤家。こちらも江戸の享保時代から続く老舗です。秋田のお米を使ったおいしい醤油やお味噌を作っています。
f0036603_11535141.jpg



立派な蔵。やっぱり分厚い~
f0036603_1154781.jpg



店内はものすごーーーく広いです。天井が高いので更に広く見えます。奥まで廊下が続いていて、両端には畳部屋や商品が置いてある。
f0036603_11543782.jpg



商品たち。お醤油やお味噌以外にも、ゆずぽんやめんつゆ、漬物までもありどれもこだわりがあります。陳列棚の裏はこれまた大きな蔵になっています。脇の方からこの蔵に入ることができるのよ。
f0036603_11551488.jpg



ホンモノかな、昔の帳簿が飾ってありました。
f0036603_11552965.jpg



ここが蔵への入り口。店内のお醤油などの商品だけを見るつもりだったのだけど、お店の女将さんに誘われて奥まで入らせていただくことに。
f0036603_11554540.jpg



蔵の中は畳の部屋になっていてお雛様が飾られていました。ちょうどこの時期、角館では「雛めぐり」というイベント中で、各家々がお雛様を展示していました。武家屋敷だけでなく、普通の商店でも店頭に飾ってあり街を歩くといろいろなお雛様に出会えます。ちなみに、この安藤家の一番左奥にあるお雛様はとても古いものでした。遠くて写真では分かりにくいですが、お雛様とお内裏様の並び方が反対になっていたので聞いてみるとどうやら昔は反対だったとのことです。左手前にあるのは昔からある押し絵のお雛様。
f0036603_15575220.jpg



そしてこちら、安藤家の女将のお話によると、妹さんが10年ほど前から作り続けている新しいバージョンの押し絵のお雛様なんだって。
f0036603_15583058.jpg



とっても細かい作業です・・・!!いろいろな布地を工夫して使い、布以外の小物にも気を配りとてもきれいな人形になってるの。着物の模様も一つ一つ刺繍になってる。スゴイ!!
f0036603_15584935.jpg



桃太郎のお供をした犬と猿が、なぜか洋装なのもたのしい。
f0036603_1559167.jpg



ワンコもいます(^^)
f0036603_1621246.jpg



こちらは違うお部屋にあったお雛様。昔から続くおうちはそれぞれの時代のお雛様があるので貴重ね。
f0036603_163577.jpg



絵も飾られてました。手前の縦4列横3列の12枚の絵は、上から春夏秋冬の様子が描かれているそうです。奥の方は歌舞伎の絵だって。
f0036603_1625061.jpg



ちょっとしたお休み処もあり、女将がすすめて下さったのでちょっと一休み♪
f0036603_1641333.jpg



昔の造りなのにモダンな様子。
f0036603_1643578.jpg



安藤家で売られているお味噌を使ったmiso soupを試食することができまーす!
f0036603_1675948.jpg



お漬物もあるよ。
f0036603_1682047.jpg



お茶とmiso soup、そしてお漬物でホッと一息・・・静かな空間なのでとても居心地がよかったです。
f0036603_1683911.jpg



廊下で見つけたこちら。お餅が干してありました。
f0036603_1685555.jpg



女将から↑のお餅で作った揚げ煎餅をいただきました(^^) 自分たちがあるのは先祖のおかげだと毎日感謝の気持ちを忘れずに過ごしていらっしゃるそうです。このお餅もお正月に感謝の意味を込めて飾ったものだそうで、とてもありがたいモノなんですよとのお話でした。とても気さくな女将で、いろいろな説明をしていただき楽しい旅の思い出になりました♪
f0036603_169712.jpg



角館は武家屋敷も興味深いですが、町もなかなか面白い。今度は町をゆっくり散策してみましょう。
以下、次号へ続く!
by maropu21 | 2010-03-16 21:38 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

『秋田・角館へ!其の三・青柳家を訪問』の話

まずは、青柳家へ行ってみましょう。400年の歴史のあるお家です。門をくぐると大きな雪だるまが出迎えてくれました。
f0036603_16122892.jpg



よく見ると傘をかぶっているようです。でも傘にも雪がたくさん積もっちゃった。
f0036603_11274837.jpg



立派な彫り物(撮影者 by 妹)
f0036603_11282147.jpg



こんな囲炉裏の部屋、いいなぁ。でも広すぎて寒かっただろうに。
f0036603_11284721.jpg



敷地内にはいくつかの建物や蔵があり、庭もものすごく広い。木々もたくさん。多分、花もたくさんあるのでしょうが、雪に埋まっちゃってます。こーんなに雪が積もってるモン。
f0036603_11291589.jpg



「小田野直武」の胸像。青柳家とは姻戚関係にあり、あの有名な解体新書の挿絵を描いた人なんだって。
f0036603_11293221.jpg



これ。教科書で見たことあるよね。
f0036603_11301091.jpg



建物に入ったと思っても、次の建物に移るには外に出て雪の中を歩かないといけません。でも前にも書いたけど、なぜか寒くなくて全然億劫じゃないの。それよりもこの雪景色の中を歩けるのがとても楽しかった(^^)
f0036603_11303124.jpg



なぜかコブがたくさんある。
f0036603_1131350.jpg



裏の山から流れてくる沢水なんだって。とてもきれいなお水だそうです。暖かかったら飲みたかったな。
f0036603_11313294.jpg



これは・・・井戸かな。
f0036603_11315986.jpg



さあ、次はあっちの建物まで歩きますヨ!
f0036603_11321716.jpg



蔵の中に入りました。蔵の扉ってとってもぶ厚いですよね。
f0036603_11335126.jpg



天井がとても高く広々した廊下。雪なので外がまぶしいです、
f0036603_11342443.jpg



代々伝わるものが展示されていました。これはちょっと見にくいけど、カメの置物です。岩みたいな上に金色のカメがのってるの。しっぽがとても長くてフサフサしてるのがかわいい。
f0036603_15322756.jpg



火薬の入れ物にもカメの甲羅が使われていたみたいね。
f0036603_11344053.jpg



蔵は2階建てになっています。階段は狭くてとても急!!
f0036603_11345532.jpg



暖かい蔵の中から、またまた外にでました。雪の中だとどこも同じような景色に見えちゃう。でも同じところをウロウロしてるわけじゃないんです。
f0036603_1135334.jpg



かわいい人形付きの順路札。
f0036603_11355479.jpg



下の方には小さなツララができてます!
f0036603_11361224.jpg



こちらはちょっと大きなツララ。尖がってないから落ちてきても大丈夫だね。
f0036603_11362976.jpg



このツララ、タラ~ンとだらしなく落ちちゃってます(笑)
f0036603_11381633.jpg



雪がたくさん積もっているけど、角は鬼瓦があるのかなと思うような形になってる。
f0036603_11392915.jpg



積もった雪の下の方は氷になってます。
f0036603_11394178.jpg



凍ってそうなのに、凍ってませんでした。
f0036603_1140040.jpg



暖かい時期に見るとまた違う景色に見えるんでしょうね。
f0036603_11414377.jpg



地元のお祭りのときには活躍するらしいです。今は冬ごもり中。
f0036603_11415955.jpg



小さな社がありました。ほとんどが白くなってしまった庭の中で、鮮やかな朱色が目をひきます。緑の時期にはここまで目立たないので、今が一番鳥居が主役になれる季節かも!
f0036603_11421677.jpg



葉っぱにも雪が積もって重そう・・・
f0036603_11423344.jpg



小さな雪だるま。だれかが作ったんだろうね。私もこの旅の最中に、一度雪だるまを作ってみたかったけど結局達成できなかったなぁ。
f0036603_11432436.jpg



ちょっとずつ雪と雪の景色に慣れてきたけど、やっぱりまだうれしい。ギュッギュッと音が出るのが楽しくて仕方ありません!
f0036603_11435163.jpg



傘を雪に刺してみました(笑)!
f0036603_11433852.jpg



青柳家には、お屋敷の展示だけでなく食事処やお土産屋さんもあり楽しめます。ちょっとモダンな感じのカフェもあり、↑にあった沢のお水で入れたコーヒーもいただけるみたい。お土産屋さんには小田野さんが伝えたコーヒー(南蛮茶)なんかも売ってます。
f0036603_114410100.jpg


そろそろ青柳家を後にして、またブラブラ散策してみましょう!

以下、次号へ続く!
by maropu21 | 2010-03-14 19:34 | 旅行 | Trackback | Comments(2)

『秋田・角館へ!其の二・武家屋敷通り』の話

街に出る前に、ちょっと腹ごしらえ。宿泊先にあるレストランです。
f0036603_15493945.jpg



稲庭うどんとお惣菜、そしてきりたんぽ(味噌味)のランチセット。手前のお皿にある薄い黄色のは、リンゴのデザート。青森が近いからかな?
f0036603_1558085.jpg



讃岐うどんも好きだけど、稲庭うどんも大好き!平たい麺はつゆとよく絡む!
f0036603_15581590.jpg



このレストランには折り紙がたくさん置いてありました。こういう大きなものあれば、ものすごく小さな折り紙もあってとても和みました♪
f0036603_15583223.jpg



ランチが終わって、早速出かけましょう。駅からは徒歩10分ぐらいで武家屋敷通りに出ます!道路は雪が積もっていなくて、インフォメーションの方が言ってた通りズックでもOKそうです。武家屋敷通りには、一般公開している武家屋敷がいくつかあって見学することができるんだって。
f0036603_15594331.jpg



・・・とワクワクしながら歩いていると、小さなつぶつぶの白いものが降ってきて(傘に当たるとパラパラ音がした)、その後、本格的な雪に!傘にもあっという間に雪が積もります!!なんかうれしい♪
f0036603_1605634.jpg



みるみる内に道路が白くなっていきます。
f0036603_160871.jpg



風が少し出てきて、ちょっと前も見にくくなってきた。これはスゴイ!でもあまり寒くないんです。不思議だな。
f0036603_1603850.jpg



真っ白!うれしいなー。
f0036603_1613644.jpg



この風景!これが見たかったの!!武家屋敷通りと雪・・・♪ 足跡がなければもっといいのだけどね!でもぜいたくは言いません。結局、雪が降って道まで白くなったのはこのときだけだったので本当にラッキーでした。
f0036603_162219.jpg



雪が降ってる様子を撮りたかったけど、難しい。それにしてもこの門の上の雪!すごい重そう・・・
武家屋敷の門には、「非公開」という表札が出ているとこがあります。非公開ということはもちろん入ってはいけません。武家屋敷と言っても、まだ普通に生活していらっしゃる方々が住んでいるんだって。いいな~、こういう風情あるお家に住めるなんて。
f0036603_1631856.jpg



いろいろな足跡がありますね!
f0036603_1625410.jpg



ちょっと横道をのぞくと・・・こんなにドカっと雪が積もっています。スゴイ~~
f0036603_164018.jpg



どこが道なのか分からない!!
f0036603_164154.jpg



立派な門構えやなぁ。
f0036603_1654243.jpg



猫のお店って気になったのですが今回はスルーしてしまいました。この辺までくると雪の上をズブズブ歩くことになり、やっぱり長靴が必要やん!ってインフォメーションのお姉さんにつっこみいれたくなるぐらいの雪道になっちゃってます(笑) それにしても雪や氷で滑るのはものすごくコワイ・・・・!!
f0036603_1662334.jpg



垣根の雪もいい感じ♪
f0036603_1663895.jpg



ぼとぼと雪が降っているんだけど、全然寒くないの。なぜだろう?
f0036603_1673638.jpg


さて、せっかくなので武家屋敷に入ってみましょう!以下、次号へ続く!
by maropu21 | 2010-03-10 21:56 | 旅行 | Trackback | Comments(2)

『秋田・角館へ!其の一・角館に到着だ』の話

ずーっと行ってみたかった秋田県の角館。どうしても冬の雪の時期に行ってみたかった角館。やっと実現させました!上野から新幹線「こまち」に乗って3時間ほどで角館駅に到着します。
f0036603_1430526.jpg



新幹線は毎回とてもワクワク。京都に行ったりするのでよく利用しますが、東北方面はほとんど乗らないのでさらにウキウキ!こんなメニューまでついていました。車内販売の案内です。
f0036603_14313564.jpg



あ!早速カートが来た!よーく見ると「あおもり」っていうリンゴジュースがある。さすが東北!
f0036603_14311812.jpg



これこれ、これが食べたかったんだ♪新幹線のアイスっておいしいんですよね。
f0036603_14315151.jpg



何年ぶりだろう。なんてことはないバニラアイスなんだろうけど、やっぱりとってもおいしかったです♪
f0036603_1432632.jpg



新幹線が進むにつれて・・・雪が!
f0036603_14322035.jpg



ほら!
f0036603_14324414.jpg



わ!見て、この景色・・・!!一面の雪。こういう景色が見たかった!!
f0036603_1437212.jpg



さてそうこうしている内に、角館に到着。思ったより寒くないよ。
f0036603_1437456.jpg



駅のホームに雪国っぽい雰囲気をかもし出すものが展示してあります。
f0036603_1438061.jpg



奥の方に楽器もある。統一感ありそうでないこの展示・・・何なんだろう(笑)
f0036603_14381439.jpg



角館駅です。新幹線がとまる割には小さな駅。桜が有名なので、壁には桜の絵が。
f0036603_1439247.jpg



JR角館駅に隣接してローカル線の駅もあります。本数は少ないけど、時間があればここからちょっと先に行くことができるかも。
f0036603_14392282.jpg



見て見て、この雪!!うれしくなります♪♪
f0036603_1439388.jpg



駅のロータリーには、観光案内所もあるので便利。
f0036603_14395136.jpg



案内所にはうれしいことに貸し出し用の長靴が置いてありました。しかも無料ですって!普段めったに雪の上を歩くことがないので、一体どんな靴を履いていけばいいのかずっと悩んでいましたが、結局今回は運動靴にしました。でも雪国の人に、「運動靴って滑るよ!」って言われていたのでちょっと心配してました。万が一の場合には現地で調達してもいいやって思ってたんだけど、実際に行ってみると日用品が買えそうなところは近くになさそう。でも、ここで借りれるなんてね!本当にうれしいサービスです(^^) ちなみにこの日は長靴がいいかしらと案内所の方に聞いてみると、このぐらいなら運動靴でも大丈夫だと言われそのまま出かけることに。
f0036603_14411395.jpg



駅の雪に記念の手形!冷たいので手袋はめたままだったけど(笑)
f0036603_14402690.jpg



こんなにたくさんのツララ、初めて見ました。
f0036603_14401147.jpg



雪に何か埋まっている?
f0036603_14404188.jpg



ビンでした。中身入ってたら凍ってるかもね。
f0036603_14405592.jpg



どこのお宅にも軒下に置いてあったのがこの雪かきセット。玄関前とか雪で通り道がなくなっちゃうから絶対に必要だよね。
f0036603_14412622.jpg



今日は確かに歩道には雪が積もっていないみたいだから、私のズックでも大丈夫かも。
f0036603_14414912.jpg



交番もかわいい。武家屋敷が有名な小京都なので、こういうところにも和風テイストは欠かせませんネ。
f0036603_1442390.jpg



この辺で有名なお菓子は「もろこし」です。どこに行っても目にする。とうもろこしのお菓子かなと思っていたらそうではなくて、小豆粉などから作られる落雁みたいなものだそう。この看板のお店は、もろこしの中でも、「生もろこし」というのを売ってるらしい。でも・・・左側の看板は生もろこしと何の意味があるんだろう?ってちょっとギモンでした(笑)
f0036603_14421713.jpg

by maropu21 | 2010-03-06 20:06 | 旅行 | Trackback | Comments(5)

『ネコものがたり』の話


さて、休憩話続きます。
最近、ネコたちはどうしているのでしょうか。

▼マロ(16歳)は、丸めたタオルを枕に寝ちゃいました。
f0036603_11405159.jpg


「ん?何か言った?」
f0036603_11415015.jpg


「やれやれ、起こされちゃった」 大きなキバがチャームポイントです♪
f0036603_11421096.jpg



▼こちらは、プー氏(19歳)。私の布団の中で腕枕してもらってます(^^) 手前のフワフワは何だろう?
f0036603_11423683.jpg


「手だよ、ほら」 ああ、ほんとだ!
f0036603_11425238.jpg



▼相似形です(笑)
f0036603_167436.jpg



▼あれ、プー氏、一人?
f0036603_11441348.jpg


「一人じゃないよ、ほら」
f0036603_11442699.jpg


「ね」
f0036603_11444487.jpg


マロ 「プー先輩は寝ないのかな?」 プー氏 「(キリリ)」
f0036603_1145113.jpg


マロ 「(じーっ)」
f0036603_11454043.jpg


マロ 「(じーーっ)」  私 「プーちゃん、見られてるよ!」  プー氏 「ん?」
f0036603_11455529.jpg


マロ 「(見てない、見てない)」
f0036603_11461147.jpg


マロ 「見てませんよ」
f0036603_11463169.jpg


マロ 「(ちら見)」  プー氏 「気配感じる・・・」
f0036603_11464354.jpg


マロ 「見てないよ~」  
f0036603_11472364.jpg


マロ 「(そろそろまた見れるかな?) あ。見つかっちゃった」 なぜ、こんなにプー氏のことが気になるのか・・・わかりません(笑)
f0036603_1147359.jpg



▼マロ、耳がプー氏の方に向いててとても気にしています。
f0036603_1148146.jpg


えいや!と技をしかけてる!
f0036603_11481537.jpg



と思いきや、急に冷静に・・・(笑)
f0036603_11474387.jpg



やれやれ、疲れちゃったヨ。ぼくも寝ようかな。
f0036603_1149680.jpg



▼プー氏とマロ氏の体重差はかなりありますが、遠近法でプー氏がこんなに大きく見えます(笑)
f0036603_11492649.jpg



▼おまけ
ゴムをポンっとテーブルに置いたら、ミッキーみたいになった(^^)
f0036603_11493892.jpg



▼またまたおまけ
上野動物園の名物、パンダ焼きです。気を付け~のパンダくん。
f0036603_11495265.jpg


ウラには、お店の名前がしっかりと刻印されています!桜木亭です。
f0036603_1150837.jpg


切ってみました。甘さひかえめのあんこがおいしいです。出来立ては最高だけど冷めてもおいしい♪
f0036603_11502176.jpg



▼最後のおまけ
ちゃんとそれぞれの敷物の上を選んでいるのがおもしろい。
f0036603_11552829.jpg

by maropu21 | 2010-03-03 17:12 | | Trackback | Comments(2)