菜花庵-nanohana.an

maropu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

『藤の名所へ!亀戸天神』の話

今週末ごろから見ごろになる予定の亀戸天神社(かめいどてんじんしゃ)の藤。かなり有名な名所なのでGWになっちゃったら、めちゃ混みだろうなと思い(以前、週末に行ったら超混んでたし・・・)、すこーし早いけど見に行っちゃいました。立派な鳥居です!
f0036603_21401184.jpg



鳥居をくぐるとすぐに真っ赤な太鼓橋が出迎えてくれます。こんもりした太鼓橋なので、橋のてっぺんから見ると境内を見下ろせるの。見事に藤棚しか見えない。これが満開のときには、紫一色になってとっても、とーーってもきれいなの。今はスカイツリーも近くに立ってるし、新旧入り混じった面白い景色になってます。正面に見えるのが本殿。天神様なので、学問の神様です。
f0036603_2141587.jpg



見ごろよりちょこっと手前だけど、きれいね~。この日は(4月26日)まだ先っぽがつぼみです。藤は好きな花BEST5に入るのでテンションも上がっちゃう♪♪
f0036603_21415513.jpg



とってもステキなんだけど、ここの藤でちょっと残念なのはあまり香りを楽しめないコト・・・藤の香りってとってもいいんだけどなぁ~。
f0036603_21422028.jpg



向こうに見えるのが太鼓橋。境内には2つの太鼓橋があり、上の写真でふれた方は男橋といい過去を表し、こちらの方は女橋といい未来を表しています。この写真の女橋は江戸時代に広重も描いています。広重もここに来たんだな~って思うと、また更にテンションが上がりますね!(私だけ・・・?!?!)
f0036603_21424345.jpg



白い藤も。
f0036603_2143020.jpg



江戸時代の最初のころに創建されたので、とても由緒ある古い天神様です。
f0036603_21432283.jpg



境内の池の周りは藤棚だらけ。何回も言うけど、満開のときは圧巻!なのです。
f0036603_21434038.jpg



つつじだってキレイに咲いてるよ。
f0036603_21435690.jpg



スカイツリーと藤。こういう景色も面白いですね。増上寺と東京タワーみたい。
f0036603_21441662.jpg



江戸時代から藤が有名だったということは、これらの藤は一体何歳なんだろう??
f0036603_21445230.jpg



天神さまのお使いの鳥、鷽(ウソ)。胸が赤い鳥です。この亀戸天神でも行われる祭事の「鷽替え(うそかえ)」というのがありますが、前年のよくなかったことをウソ(嘘)として、今年はよい年になるようにという吉を願う行事です。
f0036603_21451458.jpg



像をよく見てみると、足みたいのが見える??
f0036603_21452498.jpg



木彫りもアップにしてみると、やっぱり足が描いてある!かわいい~。
f0036603_21453375.jpg



とっても下の方にも藤が咲いてますね。
f0036603_21455266.jpg



今ごろはこのつぼみも咲いてるかな。私もお庭に藤棚を作るのが夢です。
f0036603_214666.jpg



さて、亀戸天神を出てちょっと散策してみましょう。これからは行き当たりばったりの旅です!


あるお宅の駐車場。ぽっかり空いたドアの向こうに花が咲いてます。ジョウロも置いてあるので、かわいがっているんだね。
f0036603_21461979.jpg



ヒゲモジャのお家。
f0036603_21462743.jpg



亀戸の下町っぽい雰囲気の中に突然洋風な建物が・・・どうやら、ライティングハウスっていう照明器具のお店みたいです。古民家再生もやってるみたい。古民家って住んでみたいあこがれの家です。住みやすくするのにたっぷりお金かかりそうですが・・・!京都の町家とかもいいよね。
f0036603_21463862.jpg



この日はお休みでした。ドアに直に「CLOSED」って書いてあるから、開店している間はずっとドアを開けっ放しなのかしら??ふと疑問に思いました。
f0036603_21464947.jpg



あ、このお宅にも藤がある!いいな~。
f0036603_21465874.jpg



ちょっといい感じの名前の橋を発見。渡ってみよう!
f0036603_2147892.jpg



橋の真ん中で立ち止まって川と見てみると・・・ こっち側は自然が残ってる。私が育った町の川の土手はこんな感じでした。草花が生い茂っていて、春には菜の花やつくし、クローバーなんかがたくさん。モンシロチョウも飛んでたしバッタも跳ねてました。
f0036603_21473426.jpg



一方、反対側は土手を工事中。この川は江戸時代に広重も描いた北十間川という運河で、今はなんてことのない小さな川ですが、スカイツリーが建設されていることもあり注目され始めているようです。浅草などの観光地と水上バスでつなげるとか計画があるみたい。だから工事してるのかなぁ・・・個人的には自然のままで残しておいてほしかったな。
f0036603_21471845.jpg



橋の上から川を見るだけにして渡るのはやめ、またもとの道をてくてく。するとこんなのを発見。亀戸大根ですって。どうやらこの辺は大根が有名みたいね。
f0036603_2148255.jpg



これ、多分最初は扉を開けて使っていたと思うのだけど、途中で面倒になったのかな、ぽっかりと穴が開けられてます!
f0036603_21481447.jpg



途中で出会った神社。香取神社です。スポーツの神さまだって。たくさん八重桜が咲いてる~!
f0036603_21483690.jpg



わ~、きれい!!満開は過ぎちゃってるけど、それでもきれいね。
f0036603_21485351.jpg



えい、もっとアップて見てみよう。ほんわりとしたピンクの色合いがやさしいですね(^^)
f0036603_21491076.jpg



柔らかそうな花びら。
f0036603_21492022.jpg



右側の狛犬さまのバックには八重桜。
f0036603_21493198.jpg



左側の狛犬さまにはスカイツリー。
f0036603_2149417.jpg



手水舎も涼しげ。どこの神社に行っても、清めるところだからなのかとても心が落ち着く気がします。
f0036603_21495157.jpg



なぜか茶色くなってる。カラダの悪いところをたわしてこすると治るんだって。
f0036603_21501042.jpg



小さな社もありました。それぞれ屋根の形が微妙に違うね。
f0036603_21501923.jpg



石で支えてる!!でももっと気になったのは、障子に開いた小さな穴。こんなのがあるとのぞきたくなっちゃうじゃない・・・大人だからしませんでしたけど^^;) でも、通りすがりにちょっと歩くペースが遅くなって目を凝らしてしまったというのは内緒です(笑)
f0036603_21503088.jpg



帰り道、たまたま見つけたお店で一息。「亀戸升本」さんです。亀戸大根を使ったおまんじゅうをいただきました。
f0036603_21504050.jpg



細かく刻んだ大根、松の実、たけのこ、しいたけなどがぎっしり。とってもおいしかったです。
f0036603_21505028.jpg



あまりにおいしかったので、お弁当も買ってみました(店内でも食べられる)。あさり飯の右端に茶色のお漬物がありますが、これも亀戸大根をお醤油で漬けたもので美味です♪ ここのお弁当はオススメ!また食べたいな(^^)
f0036603_21505996.jpg

by maropu21 | 2011-04-28 22:08 | 散策~東京 | Trackback | Comments(11)

『お江戸の町、深川と八丁堀』の話

2月のまだ寒い日に深川へ行ってきました。深川って江戸好きにはたまらない響きです。 江戸時代には岡っ引きがウロウロして十手を片手に、「親分、あやしい奴はあちらに行きましたぜ!あっしが追いかけていきやしょうか」なんていうやり取りがあったんじゃないかな~なんて想像すると、もうワクワクしちゃってそこにいるだけで悶絶ものです・・・とまぁ話すと長くなりそうなので(笑)、とりあえずこちらをご紹介。深川にある富岡八幡宮です。手前のもんじゃまんがちょっと気になりながら(^^;)、まっすぐお参りに向かいました。お賽銭を入れて家内安全を願います。
f0036603_2381141.jpg



ところで、この八幡宮の境内には大切に保管されているものがあります。それがこのお御輿。もちろんお御輿って神聖なものなので大切にするのは分かりますが、特にこのお御輿はすごいんです!なんとこの狛犬の目は3カラットのダイアモンドなの!お御輿のてっぺんに鳳凰が鎮座しているのですが、その目は4カラット。たいへん豪華絢爛なお御輿なのよ。
f0036603_2384313.jpg



この日のランチはつけ麺。紫匠乃といお店です。魚介スープなり。ちょっと甘めのスープは、テーブルに置いてあるいろいろな調味料(柚子、七味とか)を入れて味の変化を楽しみます。あったかい麺と冷たい麺をチョイスできます。あったかい麺にするとつけ汁があまり冷めることはないんだけど、私は猫舌なので冷たい麺。
f0036603_238591.jpg



つけ麺の最後はもちろんスープ割。カウンターのお兄さんにスープをもらって、濃いつけ麺のスープに足してまろやかに飲みやすくします。おいしかったけど目白の丸長に勝る味じゃなかったナ~。
f0036603_239728.jpg



ところ変わって・・・ お次も江戸ファンにはたまらないエリア、八丁堀を目指しましょう。八丁堀の旦那(お奉行様)がいて、「そこのお前さん、何をしているのかえ」なんてやっていそう・・・(また長くなるのでこの辺で!)

まず歩いていると出会ったのがこのお地蔵さま、「新富消防地蔵」。昭和になってから作られたお地蔵さまなので比較的新しいのですが、その裏には悲しい歴史があります。当時この辺りで火事が発生して、若者が数人亡くなりました。その後に何度も不思議な出来事が起きたため、このお地蔵さまを作って慰めたというお話。こういうのを残しておくと、歴史の記憶が残るからいいですね。
f0036603_2310253.jpg



お参りをしてから、またてくてく歩きましょう。なんだか電線がいやに多くない??
f0036603_23103337.jpg



途中で見かけた美容院の看板。ふむふむ・・・と読んでいる内に・・・耳そうじ?耳毛??・・・え、こ、こう・・・肛・・・??!!
f0036603_23104620.jpg



びっくりしてちょっと引いて読んでみたら納得。ああ、わんちゃん専用ね。びっくりしたー!
f0036603_23105556.jpg



ほどなく公園があらわれました。鉄砲洲(てっぽうす)というのはこの辺りの地名で、江戸時代に鉄砲の試射が行われていたからこの名がつきました。
f0036603_2311860.jpg



プールもあって、きれいな公園。休んでいるサラリーマンたちがたくさんいましたよ。
f0036603_23111956.jpg



最近、東京のあちこちで見られる各エリアを周るバスです。それぞれのエリアで工夫された名前がついてるの。この付近は、江戸バスっていうんだね。港区のは「ちぃバス」。小さくてみんなに愛されるバスっていう意味だって。また、文京区のバスは「Bーぐる」といい、文京(Bunkyo)のBとぐるっと周るの意味があるみたい。台東区はめぐりん、渋谷のはハチ公バス。こうやって見てみると面白いよね。
f0036603_23113169.jpg



公園の横には神社があります。鉄砲洲稲荷神社といい、江戸時代にはこの京橋付近の人々の信仰を集めていたそうです。
f0036603_23115471.jpg



ものすごくステキなたたずまい(^^) とても静かです。
f0036603_231219.jpg



あ、力石だ!江戸時代から明治時代にかけて、力試しのためにこの力石が使われてたので、神社などにはよく見られます。
f0036603_2312738.jpg



奥にもあるみたい。
f0036603_23122036.jpg



現れたのは大きな富士塚。富士塚というのは、富士信仰に基づいて富士山を人工的に造ったもので、今はビルがあってダメだけど、頂上からは富士山が眺められるようになってました。東京都内など関東の神社でいくつか見られます。ホンモノの富士山の熔岩を用いて造られているのよ。階段があるけど上まで上れるのかしら。
f0036603_23122957.jpg



この写真では見にくいですが、富士塚のてっぺんには浅間神社を祀っています。特にここのは江戸時代の絵にもたくさん描かれた有名な富士塚なんです♪ (ちょっとこのドアが気になるケド・・・中には何があるのかな)
f0036603_23123642.jpg




ちょっと川で一休み。ほぅ・・・水辺って落ち着く~。
f0036603_23131068.jpg




川のすぐ横には、小さな小さなお稲荷さん。徳船稲荷神社といい、徳という字が示すように徳川家の敷地内にあったお稲荷さんで、ご神体は徳川家の遊船の一部を彫ったものと言われているんだって。何気なくジミに見えるこういう小さなお稲荷さんも、よく調べてみるとおもしろい歴史があるよね。
f0036603_2313426.jpg



この辺を歩いていると時々、こういう説明ボードがあります。これによると、この八丁堀辺りに写楽が住んでいたことがあったとのこと。とってもワクワクしちゃう内容ですが、1人で散策しているとこれをシェアする人がいないので、1人で悶々と楽しみます(笑)
f0036603_23141075.jpg



橋を渡ります。新亀島橋なり。
f0036603_2314502.jpg



川の名前は、亀島川。隅田川に合流する川です。この付近には町奉行の部下たちのお屋敷が立ち並んでいたそうです。どこかにその名残が残っているのかなぁ・・・
f0036603_23143710.jpg



この橋は江戸時代の廻船をモチーフにしているそうで、こちらはその荷渡しの図。こういうちょっとしたのも見ながら渡ると楽しい。
f0036603_23143090.jpg



江戸時代だけじゃなく現代の人の絵も。うん、いろいろな人と仲良くやっていきたいものです。
f0036603_2315375.jpg



町を散策するときには、1つか2つ目的地を決めて行くことが多く、それに関しては下調べをしていきます。目的地付近を散策するときは、行き当たりばったりなので何も調べずにウロウロし、思わぬ史跡や楽しいスポットに出会うことが多いので、菜花庵は「下調べ&行き当たりばったり」両方混ぜ混ぜのてくてく散策旅です。でもたまーに、なーんにも調べることなくこの辺うろうろしてみるか~ってこともあり、そういうときにはまた新しい発見ばっかりでとっても楽しいのです(^^) 今回の八丁堀は何も調べずに出かけたので、もしかしたらお奉行様の面影がどこかにあったのかもしれないけど見つけられませんでした。でも何気にいろいろとエンジョイしちゃいました、というてくてく旅でした。


▼おまけ▼
自販機をよく見てみると、140円ってある。なんか中途半端じゃない??120円とか150円ならよくあるけど。
f0036603_23151042.jpg

by maropu21 | 2011-04-25 22:11 | 散策~東京 | Trackback | Comments(4)

『さよなら、なごやん』の話

3月始め、愛知県の実家にある荷物を整理してきました。東京から愛知へ行くこと数回、家全体を引き払うのでかなりの重労働でした。思い出の話、品々を備忘録として残させてください(^^)

いつも乗っていた電車のつり革が長いことを発見。知らなかったー。
f0036603_23535628.jpg



最寄り駅からタクシーで自宅まで。まだまだたくさんの畑があります。住んでた当時は当たり前の風景だったけど、離れてみると癒し系だったなぁと再発見。
f0036603_23543749.jpg



ちょっと斜めの写真が続きますが・・・こちらは小学校。6年間通いました。1年生だった当時には確か木造の校舎もあったような記憶があります。
f0036603_23545921.jpg



自宅に到着。庭いじりが好きな母がたくさんの植物を育ててました。このソテツはとても小さかったのに、どんどんどんどん大きくなって今では人の背の高さ以上になってます。
f0036603_18531177.jpg



ゴミ屋敷みたいね・・・家から引っ越しするって大変なゴミが出ます。ずっと取っておいたモノの中には、いらないモノがたくさんありました。
f0036603_23564646.jpg



こーんなにたくさんのモノに囲まれていたんだなぁ。思い出の品を吟味して捨てるものと東京に持って行くものと選別します。
f0036603_23571013.jpg



捨てちゃったけど、思い出の品は記念撮影しておきました(^^) 例えばコレ。おうちの形をしたえんぴつ削りなり。母が自宅で塾をやっていたので、代々の塾っ子たちはこのえんぴつ削りを使ってました。もともとは亡くなった祖母が買ってくれたんだよ。
f0036603_23573534.jpg



この白いネコ、一体なにかというと・・・
f0036603_2358272.jpg



箱になってます。これは図工のクラスで1枚の板から私が作ったもの。ミシンみたいな電動のこぎりを使ってネコの形に板を切っていくのですが、添える手にちゃんと力が入らなくてガタガタと板が振動してしまった記憶あり。
f0036603_23581646.jpg



この箱には中学生ぐらいまでの大事なモノが入ってます。
f0036603_23583931.jpg



こんなのも入ってました。ハマさんという友達が書いた絵本なの。題名は、「あのウーパールーパーがみんなの所へ帰ってきた、ああふるさとの巻」です! 当時、ウーパールーパーが流行っていました(笑)
f0036603_23585990.jpg



こんな小さな絵本なんだよ。ウーパールーパーの「パールー」が人間に変身して人間界にやってくるけど、結局は人間とうまくやれなくてウーパールーパーの世界に帰って行き、やっぱり自分はウーパールーパーで良かったという壮大な(?)ストーリー。このページは、パールーが人間に黒い目(なぜか白い目じゃなく)で見られるという場面。
f0036603_23591342.jpg



パールーの洋服とか髪型とか、80年代っぽい!
f0036603_23592781.jpg



突然ですが、ここで駅弁のご紹介。私が一番好きな駅弁「こだま」です。名古屋でしか買えないの。
f0036603_23595925.jpg



ご飯の量が多くておかずが少なめの、さすが730円!でも味はとってもおいしいよ。
f0036603_002443.jpg



こんなのも買いました。名古屋といえば、八丁味噌よね!八丁味噌はほんとおいしい♪ 関東育ちのもっちは味が濃いって言うけど、濃いだけじゃなくてコクもあるのにな。
f0036603_004398.jpg



妹はこちら。これは・・・なんだっけ?テーマがあったと思うのだけど。忘れちゃった(^^;
f0036603_01836.jpg



今回は全然時間がなくって名古屋の喫茶店に行けなかったけど、入り口でメニューだけチェックしてきました。ほらほら、名古屋っぽいメニューが早速ありますヨ。あんかけスパは食べたことないので、一度食べてみたいわ。
f0036603_013327.jpg



小倉トーストなんて普通に喫茶店にはあるメニューだけど、名古屋独特だったんだねぇ。ちょっと隠れちゃってるけども、小倉シリーズで「小倉ホットケーキ」っていうのもよく見かけるシロモノです。ホットケーキに粒あんがガッツリのっかってるのよ。
f0036603_014872.jpg



そしてこちらは「みそたま」。箱には、「味噌煮込み」と書いてありますが、有名な「味噌煮込みうどん」とはまたちょっと違います。味噌煮込みうどんはあまり甘くないけど、名古屋のおでんと言えばちょっと甘めの味噌おでん。このタマゴはそっち系の味付けです。東京ではなかなか食べられません。とってもおいしくてお土産にはオススメです♪
f0036603_021323.jpg



名古屋人なら誰でも知ってる「寿がきや(すがきや)」が出してるカップ麺。町の小さなショッピング施設によく入っているラーメン屋さんですが、うどんやきしめんなどのカップ麺も販売してます。ここの「ソフトクリーム with ヨーグルト」がとってもおいしく、何度も食べました。今でもまだメニューに残ってるのかなぁ?
f0036603_024177.jpg



こちらは東京でも見かける居酒屋、世界の山ちゃんのおせんべ。お店の手羽先と同じちょっとピリ辛のぬれせんです。おいしかったよ。
f0036603_031665.jpg



なんだか素朴な菓子パンがあったので買ってみたら・・・ただの蒸しパンでした!
f0036603_033557.jpg



お店で食べられなかったので、レトルトをゲット。あんかけパスタのソースです。まだ食べてないけど楽しみ~。
f0036603_034788.jpg



こちらも「寿がきや」が出してるカップ麺。辛いお肉がトッピングされたラーメン、台湾ラーメンです。これも名古屋名物なの??知らなかった!妹は知ってたみたいで、住んでた頃も食べたことあるらしいけど。なかなかおいしかったです(^^)
f0036603_04413.jpg



小さい頃からどのスーパーに言っても見かけたお菓子です。あまりに普通にあり過ぎて、逆に食べたあまりないので今回買ってみました。
f0036603_042679.jpg



ちょっと形が違うバージョンですが、上と味は同じ。塩気のあるほんのり甘いクラッカーに、あんこがサンドされてるお菓子。なかなかおいしかった!
f0036603_055753.jpg



これも名古屋に住んでる人なら知ってるお店。コマーシャルも覚えてるし。まぁ、やっとかめだなも・・・なんて言う人はあんまり見かけないけども。
f0036603_18524775.jpg



食べ物はこの辺でいったん休憩。思い出グッズに戻ります。この箱、左は私ので右は妹の。小学生の頃亡くなった祖父からもらった箱で、私は年賀状とか手紙を入れていて、妹はマンガ雑誌の付録なんかを入れてました。当時の付録、今ではとても貴重なものばかり。妹よ、よく保管しておいたね~。
f0036603_18532198.jpg



むかーし流行ったキキララ(サンリオ)の壁掛けです。色のついた小さなパーツを、説明書にそって台紙にはめこんでいきます。ちゃんと升目をはかってやったつもりなのに、なぜか出来上がりが見本よりも右寄りになってしまった思い出があります。絶対にちゃんとやったのになんで~って当時は思ってたけど、まぁ私が間違えていたんでしょうね(笑)・・・と言いつつも、心の中ではやっぱり間違ってなかった気もする私です(笑)
f0036603_18533132.jpg



この電気は、亡くなった祖母からのプレゼント。妹の部屋にありましたが、東京では使える電気がないので叔母が持っていきました(^^)
f0036603_18534047.jpg



小学生のころ遊んでいたけん玉も出てきた!てっぺんの棒に玉を入れたりできたのですが、もうできなくなってた。。。その当時は竹馬でも遊んでました。懐かしいなぁ~。
f0036603_1853516.jpg



そしてこちらはまた別の駅弁(何回か訪れたので、その度に駅弁食べました!)。
f0036603_18541045.jpg



「こだま」よりもちょっと高級(?)なお弁当です。
f0036603_1854128.jpg



名古屋名物で忘れてはいけないのは、天むす!名古屋の味は東京ではなかなか食べられません。でも最近ではデパートに名古屋の天むす屋さんが入ってるところもありますね。
f0036603_18542080.jpg



アメリカから帰国した時、アメリカでの荷物はすべて愛知の家に送りました。なのでDCでの思い出グッズもいくつか発見。これは日本庭園のミニチュア。こういう日本っぽいのが逆にアメリカに売ってたりするのよ。
f0036603_18543884.jpg



ディズニーのキャラクターです。なにが面白いかというと・・・
f0036603_18544862.jpg



背中の部分が開くようになっていて、中に顔などのパーツが入ってるの。
f0036603_18545838.jpg



パーツをいろいろと組み合わせて遊びます。
f0036603_18551164.jpg



ちょっとずつみんな違う顔になるんだよ(笑)
f0036603_1855225.jpg



今はあまり使うことがなくなったカセットテープもあります。「Boyz Ⅱ MenのEnd of the Roadという曲、大好きなんだ」って当時のルームメイトのMaryに何気なく話したのを覚えていてくれて、21歳の私の誕生日に彼女がプレゼントしてくれたの。
f0036603_18553346.jpg


当時、この曲がラジオでたくさん流れていて、渡米したての私には一体だれの何ていう曲なのかDJの言っていることが聞き取れませんでした。あるとき、寮のロビーを歩いていたら、フロントにあるラジオでこの曲が流れたので、すかさずフロントの子(学生のバイト)に「こ、これ!!誰の曲??」と聞いてみたら、「Boyz Ⅱ MenのEnd of the Roadという曲よ」って教えてくれたの。ずっと知りたかった曲名が分かって、うれしくてMaryに話したのを覚えてます。

いや~、それにしても・・・思い出の品々にたくさん出会ったけれどもう何年前の話だろう??!!分かっているけど認めたくないぐらいの時が流れています(^^; でも・・・時が経つのって早いけど、思い出は鮮明に残ってるものですね。もうあの家に戻ることはないけど、でもあまりさみしくないのは、思い出がたくさんだからこそなのかもしれません(^^)
by maropu21 | 2011-04-23 19:51 | 日常雑記 | Trackback | Comments(4)

『東京都庭園美術館 in 目黒』の話


東京都庭園美術館に行ってきました。
f0036603_21541871.jpg



まずは腹ごしらえ!お天気がいいのでテラス席に座りましょう。これはランチセット1,050円也。1つのお椀はとっても小さいサイズですよって店員さんが言うので、2つのセットにしたら・・・とてもお腹いっぱいになっちゃいました。この後、庭園と美術館をうろうろするのに食べ過ぎたー。食後にはお抹茶かコーヒーが付きます。
f0036603_21495863.jpg



ほんとはもうちょっとゆっくりしたかったけど、太陽の光が高い内にお庭に向かいましょう。苔がきれいな緑色ね。
f0036603_21501627.jpg



林もだんだんと葉っぱでにぎやかになってきますね。
f0036603_2150304.jpg



こちらが美術館の建物。もともとは昭和初期に浅香宮邸として建てられた建物でした。今は東京都が所有しています。
f0036603_21504371.jpg



これは桜。ただの桜じゃありませんよ。私の第二の故郷であるワシントンDCのポトマック川沿いに植わっている桜の苗木なんです!80年経ってワシントンから逆寄贈されました。こんなところで出会うとは・・・!
f0036603_2151116.jpg



あ、キリンが木の葉っぱを食べてる!
f0036603_21513567.jpg



と思ったら、銅像でした(説明しなくっても分かるか・・・^^;)
f0036603_21512515.jpg




柵の向こう側は日本庭園になっています。
f0036603_2152051.jpg



きれいー。新緑シーズンの始まりですね!!
f0036603_2152959.jpg



池のほとりにはお茶室もあります。
f0036603_21521839.jpg



曇りのない真っ白な色!こういう色を出せる自然ってスゴイなぁ。
f0036603_21522829.jpg



上を見上げると緑の天井にぽっかり穴が開いてた。
f0036603_21523867.jpg



小さなお花が咲いてます。見える?
f0036603_21525080.jpg




柵に沿って歩きます。小さな庭園なので5分ぐらいで1周しちゃうけど、もったいないのでノロノロ牛歩で進みます。
f0036603_21531890.jpg



お茶室の裏には大きな大きな木が立ってました。両端2本と真ん中の1本は違う木なんだよ。
f0036603_21532990.jpg



日本庭園の他にも西洋庭園や広場もある。広場にはさっきのキリンとかこんなオブジェとかあって、椅子に座って静かに過ごしたりできます。椅子はもしかしたら自分で好きなところに動かせるのかも。あるカップルが、芝生の上でワインとおつまみを楽しんでました。バスケットからワインやサンドイッチを出すような感じで、西洋のピクニックっぽくて絵になってました。でも本当は飲酒はダメなのよ~
f0036603_21534242.jpg



邸宅内では森にまつわる絵画などが展示されてました。風景画から絵本の挿絵まで森だらけ。絵の中で森散歩ができます。今流行りの森ガールになれちゃいます(^^) また邸宅自体も面白い建築で、ぜひぜひ写真に撮ってみたかったんだけど、残念ながら撮影NG。なので、一休み用のテラスだけ写してきました。暖かい日だったら、絵を見た後にここでゆっくりするのもいいかもね。
f0036603_21535735.jpg

by maropu21 | 2011-04-21 22:31 | 散策~東京 | Trackback | Comments(2)

『川島小鳥 写真展 at 渋谷パルコ』の話

ちょっと気になっていた人の写真展がやっているとのことで見に行ってきました。場所は渋谷パルコ。写真家の川島小鳥さんはかわいい名前だけど男性です。1980年生まれの若者。2才だった未来ちゃんを1年かけて撮影した写真展です。未来ちゃんのいろいろな表情が撮影されてて、どんなことを思っているのか分かりやすいものもあれば、何か哲学的にも見えてしまうものもあったり。また思い切り平成っ子なのに、素朴な田舎の子だからか昭和っぽくってとても懐かしい気分になります。とても面白かったデス。

f0036603_19535447.jpg



渋谷ってあまり行かなくって今回のパルコも初めてでした。若者の街に足を踏み入れるので、渋谷はドキドキです(^^;


▼おまけ▼

春なのでバラを買ってみたよ。
f0036603_19594055.jpg


お隣さんのお庭を借景。
f0036603_19595588.jpg


おいしそうなパン。ちんたちゃん手作りです。すごい~!ゴマが香ばしくてとってもおいしくいただきました!
f0036603_21523680.jpg

by maropu21 | 2011-04-20 10:31 | 日常雑記 | Trackback | Comments(2)

『さくら~池上本門寺と洗足池』の話

時間がある限り(っていうかたくさんあるんだけど)、桜を見に行ってます。でも今年はこれで最後かな。

今度は大田区の池上の方へ。初めてのエリアです。カラフルなイタリアンレストランなど、見るもの見るもの面白い。知らない町って楽しいナ。
f0036603_10593053.jpg



山手線の五反田駅から東急池上線に乗り換え、12駅目が池上駅です。12駅って聞くと、なんと遠いのだろうかと感じるけど、1駅1駅の間隔が狭いのであっという間です。池上駅を降りて徒歩7、8分で大きな石に出会いました。すごい・・・池上本門寺の入り口です。
f0036603_1059458.jpg



愛宕に続いて、ここも階段・・・96段あるそうです。ここでもちんたちゃん伝授の疲れない方法で階段をイッキに上がりましょう。
f0036603_110127.jpg



と思ったけど、見て見て!桜がキレイ~~。せっかくなので途中で立ち止まって桜のトンネルを楽しみましょう。
f0036603_1101411.jpg



階段のトップからは、いい景色が広がってる。都内とはいえ、都心からは離れているので空が広くて気持ちいい。
f0036603_114971.jpg



この日も青空だったので桜がとてもキレイに光ってます。
f0036603_1102638.jpg



大きくて立派な仁王門。
f0036603_11042100.jpg



面白いカタチの桜じゃない?お花が幹と枝の手のひらに乗っかってるみたい。
f0036603_1105452.jpg



仁王門には参拝のマナーの立て札が。マナーだけでなく、いい飼い主になる秘訣なんかも教えてくれてるし・・・!しかもトイレの「決まった場所」っていう指定もちょっと笑えます。
f0036603_1111020.jpg



整然とした境内。とてもきれいです。
f0036603_1112479.jpg



手水舎で手を洗うのも苦じゃなくなってきました。真冬は冷たくてヒャ~ってなったもの。
f0036603_1113751.jpg




この手前の桜は「笹部桜」といい、桜博士と言われた笹部新太郎という方の名前に由来します。
f0036603_1121216.jpg



清楚でかわいい花びら。
f0036603_1122475.jpg



五重塔もあった!桜とのコラボがきれい~。都内にもこういうところがあったのね。五重塔の裏は広い墓地になっていて、そこも桜がきれいです。力道山のお墓がありますよ。
f0036603_1125282.jpg



静かにお祈り。
f0036603_11331.jpg



池上本門寺前の道。普通の道に見えますが、小さなお寺が点在しています。
f0036603_1144943.jpg



たいていのお寺は境内自由。
f0036603_115448.jpg



関守石がありました。大好きな石です♪♪ これ以上向こうには行かないでねっていう亭主の気持ちを表します。日本の風情やね(^^)
f0036603_1151524.jpg



ちなみに石の先には・・・ もうひとつ戸がありました。
f0036603_1152496.jpg



他のお寺にも入ってみたよ。立派な松の木。
f0036603_1154281.jpg



裏から見ると、こんなに必死になってたとは・・・!新体操やってるみたい。
f0036603_115564.jpg



この季節は桜だけではないのよね。きれい。
f0036603_1161033.jpg



足元の小さなお花も太陽の光りをたくさん浴びてる。
f0036603_1162450.jpg



ピンクがかわいい~
f0036603_1163391.jpg



小さなお寺をちょこちょこのぞいたり、そろそろお昼ご飯なのでおにぎりを買ったりして、池上駅に戻って今度は石川台駅でちょっと降りてみることに。ここも初めて。
f0036603_1165213.jpg



雪ヶ谷八幡神社という小さな神社がありました。400年以上の歴史があるそうです。静かでとてもすてきな神社。相撲レスラーの大鵬がここで子供たちに稽古をつけその後横綱になったので、出世石というのがあります。
f0036603_117219.jpg



手水舎のひしゃくの柄が細くて、水をすくうと重くて持ちにくかった!でも見た目はかわいいね。
f0036603_1171540.jpg



誰もいない静かな境内。
f0036603_1173487.jpg



さて、神社を出てひと駅歩きましょう。ちょっとした桜並木、そしてちょっとした坂道・・・いや、かなりの坂道・・・疲れたーって思ってたら、なんと一休みのためのベンチが設置されてたよ。かわいい思いやり(^^)
f0036603_1184691.jpg



池上線の線路を見下ろして。ポカポカと日射しがあたたかい。
f0036603_118557.jpg



この辺りは雪谷というきれいな地名。線路がそのまま谷だったのかしら?雪がつく地名といえば、鎌倉に雪ノ下というところがあります。これも見てるだけできれいな名前じゃない?
f0036603_119563.jpg



あ、電車だ!思わずカメラを構えちゃいました!鉄子みたい(笑)
f0036603_1191884.jpg



池上線ってかなり車両が短いでしょう。ローカル線っぽくてかわいいです。
f0036603_11931100.jpg



ひと駅歩くといっても10分ぐらいで隣の駅に到着。お散歩には最適な駅間隔です。着いた駅は、洗足池駅。商店街もありますよ。
f0036603_1194168.jpg



駅をはさんで商店街の反対側には駅名となった「洗足池(せんぞくいけ)」があります。駅から徒歩1分!川につながっている池ではなく、湧水からできてる池なのにこんなに大きいなんてビックリ。この辺りは千束と呼ばれてたけど、日蓮が池で足を洗ったという伝承から、洗足という名前になりました。平安時代の文献にも名前があるほど古い地名です。広重も名所江戸百景で描いてます。
f0036603_119514.jpg



洗足池は桜の名所なのよ。
f0036603_11101231.jpg



とってもきれい。人はいましたが、混雑することもなくブルーシートもなく、静かに桜を楽しめる。
f0036603_11102337.jpg



食べかけだけどこの日のランチ。池上本門寺近くの小さなおにぎり屋さんでゲット。お店のおばさん達と地震と原発の話をしながら買いました。全然知らない人たちだけど、みんな同じような思いでいるんだな・・・
f0036603_1110374.jpg



池を1周するのはゆっくり歩いても20~30分ぐらい。せっかくなので途中でたくさん立ち止まったりしてかなりゆっくりと楽しみました。
f0036603_11104784.jpg



向こうにある桜の辺りは小さな広場になっていて、小さい子を連れたママたちが憩ってました。
f0036603_11105917.jpg



食べ物ちょうだい!たくさんのカモたちが集まってきます。
f0036603_1111188.jpg



カメも甲羅干し中。全然動かないよね、カメって。
f0036603_11113072.jpg



池のほとりには小さなお寺があります。御松庵妙福寺、日蓮宗のお寺です。きれいな竹林に惹かれて入ってみました。
f0036603_11114426.jpg



お寺の奥からは洗足池が見えます。
f0036603_1111546.jpg



池にはボートが。もちろん、若いカップルたちばかりです(^^)
f0036603_1112449.jpg



小さいお寺ですが、ここには日蓮が袈裟を掛けたという松が残っています(足を洗いに来たときの事)。
f0036603_1112339.jpg



いいお寺でした(^^)
f0036603_11124554.jpg



▼おまけ▼

たまにこういうクマを見るけど、みーんなナゼかダラ~っと座ってます。発見したらよく見てみて。
f0036603_11125838.jpg



桜と月。
f0036603_1113716.jpg



雪ヶ谷八幡神社の近くのお肉屋さんで買った甘酢漬け。おばさんのオススメだけあって絶品でした!
f0036603_11243386.jpg



池上本門寺付近には寒天のお店がいくつかあります。有名なのもあるみたいだけど、今回は小さなお店で買ってみました。 寒天の味と歯ごたえ、そして美味しい黒蜜さえあればいいので、あんことか求肥、そしてフルーツはいりません。シンプルな豆かんにしてみました(お豆もいらないんだけど!笑)。寒天にはちょっとうるさい(?)私ですが、ここのはとってもおいしかった!でも店名忘れちゃった・・・(--;)
f0036603_21404379.jpg

by maropu21 | 2011-04-18 21:51 | 散策~東京 | Trackback | Comments(2)

『さくら ~増上寺から愛宕山』

桜をたくさん愛でると決めた今年、増上寺も訪れてみました。地下鉄三田線の御成門駅から歩きます。ちなみに御成門駅というのは、その名前から分かる通り、徳川家専用の参詣門(増上寺へ入る門)があったのに由来します。

御成門の駅を出ると、目の前には芝公園が広がっています。途中途中に道路が走ったりしていますが、とても大きな公園。古墳なんかもあるのよ。芝公園にある東京プリンスホテルの敷地を通らせてもらって増上寺へ向かいましょう。ホテル内の木々はまるでもう新緑の季節のよう。この日はとってもあたたかかったもんなぁ。
f0036603_10461955.jpg



さあ着いた!お寺にはこの前お参りはしたので、今回は桜だけ楽しもう。あ、それとお弁当もね!(また持ってきた)
f0036603_10465123.jpg



少し葉桜になってますが、まだまだきれい。
f0036603_1047945.jpg



本堂の裏には徳川家の霊廟があります。毎年この時期に催される桜祭りのときに一般公開するの。もう終わったのか、今年は自粛したのか分かりませんが、この日は入れませんでした。
f0036603_10472279.jpg



ポツンと建つ高層ビル。一応、六本木ヒルズや表参道ヒルズと同じような名前がついている愛宕グリーンヒルズ。以前このビルで働いていたときには、毎年この季節に桜を見に来てたなぁ。いろいろな出会いと別れがあったなぁ~(春なのでちょっぴりセンチメンタル?!) あ、そうだ、会社の近くにあったあの神社に行ってみようかな。
f0036603_10474094.jpg


というわけで突如、増上寺を出て会社のビルの方へ。桜を見ながら歩きます。
f0036603_10475952.jpg



10分ぐらいでビルの下に到着。桜並木が続いてます。
f0036603_10483540.jpg



この辺りにはお寺が多い。ここもとても古いお寺で「青松寺」といいます。室町時代に創建されました。
f0036603_10485981.jpg



境内には少しだけどしだれ桜が咲いてましたよ。ちょっと一息・・・と思ったけど、目的地はここじゃなかった。もうちょっと歩きます。
f0036603_10491277.jpg



ほどなく到着したのはコチラ。愛宕神社です。菜花庵の一番最初の記事に登場した神社デス。記事にした当時は2005年、6年ぶりの再訪です。この急な階段は出世の石段と呼ばれてます。当時も上がったけど、出世・・・したのかなぁ??
f0036603_10493295.jpg



ちんたちゃんに教えてもらった「疲れにくい階段の上り方」で私もがんばって上ってみました。見て、この急な階段・・・こわかったー。後ろにフワっと落ちそうになるの(^^; 体がゾワゾワしちゃいました。ところでこの階段、なんと馬に乗って駆け上がった人たちがいるんですって。実際に映像で見ましたが、馬もかなり必死になってました(^^;
f0036603_1050875.jpg



本殿です。こじんまりしてるけどとてもいい雰囲気!この神社は家康の命により江戸初期に造られたのでとっても古いんだよ。
f0036603_10502961.jpg



江戸時代の庶民にもとても人気のスポットだったので、ここにたくさんの人たちが参拝に来たんだと思うと感激デス。当時の人たちがココ・・・まさにココ(!)の上を歩いたんだーとか思いながらしばしステイ。
f0036603_10504188.jpg



境内には小さな池もあり船も浮かんでます。こんな高台に池なんてスゴイ。
f0036603_1050532.jpg



裏の方へ続く小道。左側にちょこっとだけうつってる建物は小料理屋さんです。
f0036603_1051725.jpg



小道を降りると庚申の碑があります。こんなところまで見にきてる人はいなかったけど(^^;
f0036603_10512072.jpg



江戸時代には、愛宕神社のテッペンから江戸の町が見渡せたみたいで、訪れた人たちはその景色を楽しんだそうです。富士山も見えたんだって。娯楽の少なかった当時の人たちには、それはそれは楽しい観光地だったでしょうね。ちなみに今の景色はビルしか見えない。残念ですが仕方ないね。
f0036603_10514183.jpg



あまりに急な階段なので、帰りは神社の横にある階段を使って下りました。
f0036603_1051556.jpg




▼おまけ▼

増上寺のバックにそびえたる我らが東京タワーにもせっかくだから行ってみましたよ。徒歩5分ぐらいで着いちゃいます。ただし坂多し。
f0036603_10521339.jpg



タワーの真下には、たくさんのこいのぼりが優雅に泳いでました。東北ガンバレのメッセージと共に。
f0036603_10522592.jpg



今年の春の桜はもうあと1か所見てきました。後日またアップします!
by maropu21 | 2011-04-17 12:31 | 散策~東京 | Trackback | Comments(2)

『さくら~哲学堂と自宅』

中野区にある哲学堂へ行ってきました。ソメイヨシノが満開。
f0036603_10403461.jpg



みんな左に傾いてる。
f0036603_10405478.jpg



哲学堂は普段はとても静かな公園ですが、お花見のときにはブルーシートだらけになります。この時期初めて行ったんだけど、今年は自粛してこの程度なのかいつもこうなのか・・・?!静かに桜を愛でるという状態ではありませんが、たくさんの人がワイワイ楽しんでたのでそれはそれでいいかも。
f0036603_1041125.jpg



ちびっこガールズの会もあったよ。小学生かな?
f0036603_10413432.jpg



ここ哲学堂は、中野区立の公園。その名の通り、哲学的思想が満載の公園なのです。世界中の哲学者を祀った建物や哲学の思想を象徴した建物があったりします。この公園を造った人は、マラソンで有名な東洋大学の創始者。この人が哲学者だったからなのよ。
f0036603_10414854.jpg



小さな絵描きさんを見つけました。後ろからパチリ。
f0036603_1042181.jpg



予想以上に哲学堂にが人があふれていたので、公園を出てちょっと歩いてみました。この小料理屋さん、お隣同士にあるだけでもライバルなのに、しかも双方「おにぎり」で勝負?!おにぎりだったら私も参戦しちゃおうかな!ふふふ。
f0036603_10421776.jpg



こちらのお店は、自販機の裏にもシャッターがあるの。でもそこは開かずの扉っぽい・・・?!
f0036603_10422977.jpg



中野駅の方へてくてく。小さな通りに飲み屋街を発見。
f0036603_10424268.jpg



中野ブロードウェイでオタク臭満載のお店をいくつかのぞいて(ほんと、すごかったー。「アキバ」とはまた違うオタク臭でした)、アーケードを抜けます。
f0036603_10425678.jpg



するとそこは中野駅前。ここにも桜が。
f0036603_1043676.jpg



駅のホームからはちょうど桜がよーく見える!フリー麻雀とかの看板があるのがちょっとアレだけど(笑)
f0036603_10431771.jpg



▼おまけ▼

自宅の桜。ここが一番静かにお花見できるかもね。
f0036603_11171261.jpg



もっちの宝物。大切にし過ぎてて、この周りの掃除機ももっちがかけます。わーい、楽チン♪
f0036603_11172816.jpg



▼おまけ 2▼

中野で大道芸人さんからもらった飴。まるで手品のように手元から突然現われたんだよ~。ビックリした!
f0036603_11254824.jpg



▼おまけ 3▼

春の和菓子といえば、桜餅。
f0036603_112651.jpg



箱のふたを開けると・・・葉っぱばっかり!
f0036603_11261430.jpg



これで桜餅2個分。
f0036603_11262865.jpg



中身はこんな感じ。上方風の「道明寺」に対して、江戸風の「長命寺」といいます。江戸時代から続く老舗のお店「山本や」さんで購入。私は愛知育ちなので道明寺の地域だったため、ほんとのこと言うと道明寺の方が好みです。あんこはこし餡でお頼申します~!
f0036603_11263814.jpg



こちらは別の和菓子屋さんの生菓子。こんなに食べたら太るわ・・・
f0036603_11264940.jpg



今年の桜をこうやって楽しめるのは本当にありがたいことです。
by maropu21 | 2011-04-14 12:03 | 散策~東京 | Trackback | Comments(2)

『しだれ桜 in 目白庭園』の話

今度は目白庭園にあるしだれ桜を見てきました!


濃い目のピンクでとてもきれい。この日もきれいな青空だったので桜の色が映える(^^)
f0036603_1833102.jpg



枝の先っぽまでたくさん花がついてます。うっとり。
f0036603_18325311.jpg



ところどころに色々な花たちがいて、小さな庭園ですが楽しめるんですよ。
f0036603_18334221.jpg



ほら。
f0036603_18335737.jpg



水もあって涼しげ。
f0036603_18341194.jpg



こちらはまだつぼみ・・・
f0036603_18343421.jpg



あ、ちょっとだけ咲いてる!
f0036603_18344663.jpg



しだれ桜って染井吉野よりも花のボリュームは少ないけど、その余白があるからこそとてもきれいな絵になりますね。
f0036603_18345878.jpg



▼おまけ▼

今日のねこ達。マロはおおあくび。
f0036603_18351340.jpg



プー氏は伸びてぐっすり。
f0036603_1835239.jpg



寝返りうってもまた伸びちゃう。
f0036603_18353211.jpg



・・・と突然プー氏がムックリ起きた。マロは熟睡中。
f0036603_18354157.jpg



夢見てたのかな。
f0036603_18355119.jpg

by maropu21 | 2011-04-12 10:12 | 散策~東京 | Trackback | Comments(2)

『しだれ桜 in 小石川後楽園』

ものすごーくお天気のいい日、小石川後楽園でしだれ桜を楽しんできました。東京のしだれ桜といえば、先日行った六義園と小石川後楽園が有名なのです。小石川後楽園は、江戸時代初期に水戸徳川家のお家の庭園だったところなんですヨ。


六義園よりもちょこっとだけこじんまりとしていますが、趣があってステキ。
f0036603_17371836.jpg


見る角度によってずいぶん様子が違ってきます。私だけかもしれないけど、ここのしだれ桜は老婆みたいに見える・・・でもまだ60歳なんだって。桜の世界でいったら、ぜんぜん老婆じゃないか(^^;
f0036603_17374556.jpg



文字通り、お花の滝のように垂れています。
f0036603_17375966.jpg



すぐ近くには東京ドームも見えちゃうよ。
f0036603_17381377.jpg



ちょっと移動して、他のしだれ桜を見ながらベンチで一休み。いろんな色が楽しめる。
f0036603_17382940.jpg



・・・なんだか、おなか空いちゃったな。ということで、お弁当をいただいちゃいましょう!これは園内で買える茶巾寿司弁当。煮物やお魚などもあって彩り豊か、600円也。すごくおいしいです。戦後から続いている料亭「美都家」で丁寧に作られているのよ。
f0036603_17384476.jpg



そしてこちら。あれ、誰かと一緒なの??・・・いえいえ、これも私のお弁当です!ずっと食べてみたかった箱寿司も買っちゃいました♪ いいの、今夜のご飯を減らすからo(^^)o これは新宿西口にある小さなお店のお寿司(1,050円也)なのですが、とってもおいしかった。今日のランチは大満足でした。
f0036603_17385735.jpg



2時間ぐらいベンチでのんびりしてきました。お弁当を食べたり(2つもあったから時間かかったのかな?!)、景色を楽しんだり、はたまた隣に座ってたおばさま3人組の会話が面白くって、ずっと聞いちゃったり・・・あっと言う間の2時間でした。この写真の後ろに見えるのは東京ドームホテルです。この辺りでは一番高い建物。目立ちます。
f0036603_1739936.jpg



▼おまけ▼

六本木の青野さんで毎年買うお花見だんご。ほんとは2段で買うとかわいいセットになってるの。以前買ったことがあるので写真はこちらでどうぞ!例によって記事が長いので下の方にスクロールしてください(笑)
f0036603_17471243.jpg

by maropu21 | 2011-04-10 17:43 | 散策~東京 | Trackback | Comments(0)