菜花庵-nanohana.an

maropu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2016年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

『お庭に春がきた』の話

ずっと暖冬で年明けにはすでに数個だけつぼみがあり、その後の極寒のため、つぼみはそのままつぼんだ状態だったお庭の白梅。
今日、暖かかったからイッキに数十個が開いてた。
f0036603_16403688.jpeg


もう夕方で薄暗くなってきて、しかも望遠(私が持ってる中では)の最強望遠にしたので、手ブレあるかも…と言い訳!
f0036603_16412126.jpeg


植物は素直に空気を感じてますね。
その日の過ごし方を知ってる。
f0036603_16413117.jpeg


私はマフラーをして出かけたのに、途中ではずした。
f0036603_16414253.jpeg


梅たちなら、きっと最初からマフラーなんてしなかっただろう…
f0036603_16415871.jpeg


もう少ししたらいいのをひと枝いただいて、お茶でも点てましょう。
美味しい和菓子とね。
f0036603_16421086.jpeg




by maropu21 | 2016-01-28 17:00 | 日常雑記 | Trackback | Comments(4)

『一区切りの旅〜ヒロシマへ!尾道 其の二』の話

広島への旅、第2弾です〜。

ここは尾道。
商店街をすこし横道にそれると、
瀬戸内海が穏やかに迎えてくれました。
透明感があってすごくきれい!
f0036603_21570731.jpeg


カピパラさんを探せ!
…すぐわかりますね(笑)
f0036603_21573188.jpeg


ね、すごく青々としててきれいでしょ。
波もありませんでした。
f0036603_21574817.jpeg


もうしばらく海を見ていたかったけど、また商店街に戻りましょう。
ロープウェイまで行かないと!
f0036603_21580667.jpeg


あ、そうそう。
こちらのお店は、尾道駅から商店街にはいるとすぐにあります。
かわいい色!
やまねこさんです。
f0036603_21591528.jpeg



プリンのお店なの。
きゃー、ビンもかわいいーー。
洗って持って帰りました。
初心者なのでプレーンを買いましたが、ここのプリンの特徴はカラメルシロップではなくて、レモン味のシロップとともに食べるのよ。
プリンは2層になっていて、濃厚でチーズケーキみたいな層とサラリとしたお味の層のコラボがとても美味しい!
そしてレモン味のシロップが不思議と合うのです(*^_^*)
お取り寄せもあるので、ぜひ機会があったらレッツトライ!
テレビでも紹介されてたみたいね〜。
f0036603_21593000.jpeg


やまねこさんでは、こちらもゲット!
わたくし、ミカンものは大好物なんです〜。
このミカンのジャム…パンはもちろん、ヨーグルトにもすごく合うの。
とっても美味しいです!!
f0036603_21594147.jpeg



商店街の看板が面白いと前の記事でも書きましたが、
こちらの子供服のお店。
ふと柱に目をやると…
f0036603_22011075.jpeg


なぜか、婦人病とある(^_^;)
なんでだろー?
やっぱり面白い商店街ですね。
f0036603_22012449.jpeg


ここも気になる外観。
f0036603_22014039.jpeg


パンダが店頭にいて、お金を入れると動くという昭和のかほりがプンプンの乗り物です。
f0036603_22015327.jpeg


さて、そろそろロープウェイ乗り場が近づいてきました。
商店街を出ましょうか。
f0036603_22005331.jpeg


ロープウェイ切符を買って…
f0036603_22033711.jpeg


乗り場まではエレベーターで。
f0036603_22023260.jpeg


ボタンがネコマーク。
尾道にはネコがたくさんだと聞いているので期待も高まります!
f0036603_22030202.jpeg


乗り場の近くのお店で買ったレモンケーキを食べながら待ちます。
この辺りはレモンが有名なのよ。
f0036603_22042351.jpeg



ロープウェイがやってきました〜!
これに乗るのね。
f0036603_22024813.jpeg


下から見ると結構、高い…
ロープウェイって直線だから、この角度からだとすごく急勾配な感じがしますよね。
f0036603_22031779.jpeg


いや、実際…
た、高い…(^_^;)
f0036603_22044292.jpeg

高所恐怖症ってほどではないですが、足元が不安な高いところはちょびっとだけお尻がゾクゾクします…{(-_-)}

さて、山の上からはどんな景色なのでしょう。
楽しみです!
坂の町の景色、そしてその坂とネコのコラボに期待が高まります!!←カメラ女子がよく撮るアングルみたいですよ〜^_^



by maropu21 | 2016-01-23 14:30 | 旅行 | Trackback | Comments(6)

『闘病日記〜チョコレート嚢胞 大学病院で手術の詳細を聞く』の話

年が明けて、外来の日。
チョコレート嚢胞の摘出手術をすると決めたことをドクターに伝えます。
土曜日だったので、オットが車で連れて行ってくれました。

そして診察室へ。

先生 「どうですか?」
私 「はい、ちゃんとオットと話し合って、手術をして片方の卵巣をとることに決めました。」
先生 「わかりました」

ということで、手術することは決定。

お話はつづきます。
摘出するのは、右側の卵巣。
5.5センチのチョコレート嚢胞ができているところです。
また、右側の卵管も摘出します。
最近の研究で、卵巣ガンは卵管から発生するという報告があるので、
妊娠をのぞんでいないのであれば、取ってしまうのがいいとの説明を受けていて、
私もそれに納得しました。
ついでに・・・といったらカンタンに聞こえますが、まぁ、せっかく手術をするので
「ついで」ですよね(^^;

さらに、卵管から発生すると思われる卵巣ガンの予防ということで、左側の卵管も摘出することに決めました。
左側はMRIの画像をみても、明らかに健康です。
でも、ガンになる可能性がゼロではないのならば、私は迷うことなく摘出することにしました。
どれもこれも、妊娠をのぞんでいないから決心できることです。
何度もいいますが、のぞんでいるのであれば絶対にできない手術ですよね。
残るのは、左の卵巣だけになります。

つぎは手術の方法。

開腹手術と腹腔鏡の手術を選ぶことができます。
腹腔鏡は認定医(さらに、経験の豊富な医師)がおこないます。
私は最初、開腹手術を希望していたのですが、結局、腹腔鏡に決めました。
開腹にしたかったのは、先生の目で見て、悪いところをすべて確認してほしかったから。
でも、手術の傷跡も大きいし、なにしろ私はケロイド症の体質なので(これが厄介!)、
できるだけ傷が小さいほうを選んだわけです。
この手術をうける人の8割が、腹腔鏡をチョイスしているそうです。
あきらかに、術後の回復にかかる日数がちがうそう。
実際に腹腔鏡の手術を受けた人は(同僚のお父さま、なんと80代!)、遅くともオペの2日後には歩いているって。
入院日数も少なくて、回復が早いのが利点です。

実際、私も手術の次の日には必ず歩いてくださいといわれました。
ドンドン歩くようにって。
もちろん痛み止めは使いますけどね。
腸を動かして、内臓の癒着を防止するためだったり、血栓予防にもなったりするんですって。
脊髄腫瘍のときは、3日くらいは寝たきりでしたけど、今度は次の日に起き上がるだけじゃなく、
歩いていいなんてビックリポンです。

麻酔は全身麻酔となります。
前もそうでしたが、麻酔科の先生の説明を事前にうけなければなりません。
今回は手術の前日に入院するので、入院よりも前に、麻酔科の外来を受診することになりました。
2日前入院だった脊髄のときは、入院当日に麻酔科の説明がありました。
全身麻酔で私の意識がなくなったあと、動いているのは心臓のみ。
呼吸もできなくなるので、人口呼吸器を口から体内に入れます。
ここまでも脊髄腫瘍のときと同じ。

麻酔がかかったら体位を変えます。
仰向けで寝ている私、アタマをナナメ下にされるんですって。
なぜだか分かりますか?
卵巣のまわりには、いろいろな臓器があるので、
アタマを下にすることによって、それらの臓器を重力で下に移動させるためだそう。
そんな理由なんだ・・・(^^;
ちょっと驚きました。

また、足を開き子宮に器具を入れて、ちょっとずつ子宮の場所をかえながら手術をするそうです(子宮がジャマにならないようにする)
まれに器具が子宮をつきやぶってしまうことがあるそうですが、その場合は縫合します。
それによって、受精卵が着床しにくくなる場合もあるので、妊娠をのぞんでいる人には大きな問題となります。

さらに、腹腔鏡オペはおなかに空気を入れて膨らませます。
どんな気体でしょうか?
いちばんダメなのは酸素だそうです。
オペ器具の使用で火花が飛んだりすると、燃えちゃう可能性があるから。
なので、入れる気体はその正反対の二酸化炭素。

そんなことをしながら、下腹部に小さな穴を開けてオペ開始。
おなかの真ん中と左右の卵巣のあたり、合計3つの穴を開けます。
すべて下腹部です。

手術は長くて3時間くらい。
手術室にはいってから目覚めるまでです。
実際、摘出したり直接オペにかかわる時間は1時間半程度と聞いています。

今のところ事前に聞いているのはこれくらい。
近々、麻酔科の外来に行ってきます。
たぶん、脊髄腫瘍のときと同じような内容なのかなーと、まるで慣れっ子みたいに
なっちゃってますが、慣れっ子にはなりたくないですね(^^;

ちなみにその日は、診察以外に、インフォームドコンセプト(第三者を交えてオペのお話を聞く)と術前検査をしました。
インフォームドコンセプトはオットがちょうどいたので助かった!
一緒に話を聞いてくれました。
術前検査は、採血や採尿、肺活量、心電図、肺と腹部のレントゲン撮影でした。
採血は6本分とりました。
長かった…しかもあんまり上手くない看護師さんに当たってしまったようで(私の血管も細いみたいでよく苦戦されますが)、
採血から1週間くらいは血管が痛くて…久々にその痛みを体験しました(^_^;)

前の続きなので、コメント欄は閉じますね〜!


by maropu21 | 2016-01-20 22:00 | 手術(チョコレート嚢胞) | Trackback

『アビ』の話

チョコレート嚢胞、そしてヒロシマへの旅の途中ですが、
ここで最近のアビっ子をご紹介〜。
寒い冬、どのように過ごしているのかな?
たびたび実家から写真が送られてきます(^^)

ある時は、妹のおひざの上でくつろぐアビ。
f0036603_07093307.jpeg


またある時も、妹のおひざの上でくつろぐアビ…
f0036603_07094471.jpeg


そしてある時は、ケージの中でくつろぐアビ。
移動用のケージですが、気に入っているようなので、
たまに寝床にしています。
あったかいタオルも敷いてもらいました。
タオルが前にベローーンとなってる…笑
f0036603_07125162.jpeg


ここもお気に入り。
ソファのアームでゆったりぽん!
手足はいつもダラ〜ン。
f0036603_07130672.jpeg


暗がりで哲学者しているアビ。
f0036603_07132044.jpeg


動物のシーンを凝視するアビ。
おサルさんたちでした。
テレビ台にはマロが爪とぎをしたあとが残ってます。
あの子がここにいた証拠です(*^_^*)
古いビデオ付きのDVDは大目にみてくださいまし(笑)
f0036603_07133359.jpeg


まるかごでくつろぐアビ。
ここにもあったかいお座布団をシキシキしてもらいました。
f0036603_07134822.jpeg


私の入院のしおりの前でくつろぐアビ。
青い表紙とアビの茶色がいいですね。
f0036603_07140483.jpeg


ムートンお座布団の上でくつろぐアビ。
外猫だった時代にアンヨをケガしたようで、すこし曲がってます。
でもそれもかわいいね〜
f0036603_07142211.jpeg



同じムートンお座布団で毛づくろいするアビ。
顔が独特…
f0036603_07143639.jpeg


そんなアビとご縁があったのも、この子たちのおかげですね。
私のベッドでスヤスヤ眠るプー氏。
かーわーーいーーー!
f0036603_07164236.jpeg


引っ越しのとき、空っぽになった押入れを探検するマロ。
マロはカラダが重くて高いところにのぼれないので、
私がのせました。
口元がそう白くてかーわーーいーーー!
f0036603_07172548.jpeg

やっぱり猫、かわいいなー。
ネコ飼いたい…



by maropu21 | 2016-01-19 16:10 | | Trackback | Comments(2)

『一区切りの旅〜ヒロシマへ!尾道』の話

お仕事を納め、年末の旅行へ行きました。
よく考えたら年末に旅行って…初めてかも!

タイトルにあるように行き先は広島!
手慣れた東海道新幹線に乗って、レツゴー!!

朝6時の新幹線、東海道新幹線です。
朝の富士山がキレイでした。
新大阪から山陽新幹線になり、車掌さんも交代です。
新大阪から先の新幹線ってはじめてだ〜!
f0036603_13174243.jpeg


ここはどこの駅だったかな?
ホームにおもしろいネーミングの売店。
f0036603_21290344.jpeg


そうそう!
今回は妹に同行してもらいましたが、もうひとり一緒に行ってくれた子がいます。
久しぶりの登場、カピパラさんです!
f0036603_21291905.jpeg


4時間とちょっとで広島駅のひとつ手前の福山という駅で新幹線を下車。
この駅、後々に大きな事件が起きるとはこのときは妹も私も思いもよらなかった…
そのお話はまた後ほど。
f0036603_21293931.jpeg


ちなみにこの福山駅のお手洗いはとても使いやすいです。
ここで下車するなら、新幹線で少しくらいガマンしてもいいかも!
f0036603_21295311.jpeg


福山から在来線に乗り換えましょう〜
f0036603_21314656.jpeg


年末だけど混んでません。
のんびりローカル線の旅。
f0036603_21321190.jpeg


20分くらいで到着したのは、こちら!
尾道です〜!!
1度訪れてみたかったの。
f0036603_21324910.jpeg


駅前には、昭和なのか大正なのか…古い建物がちょこちょこ見られます。
なかなかステキ。
f0036603_21330583.jpeg


んん?お城??
それにしてもいいお天気(^^)
f0036603_21332007.jpeg


尾道は坂の町として有名ですよね。
坂ということは上に上がる必要があるということか。
どうやらロープウェイがあって、小山に上がれるようです。
ロープウェイ乗り場まで線路沿いの大通りを歩いても行けますが、われわれは商店街を散策しながら行くことにしました。
商店街は大通りと並行しています。


この商店街、シャッター通りとは無縁で、この日は年末も近かったからかお休みのお店もありましたが多くのお店ががんばってます。
そして、おもしろい看板のお店がたくさんなのよ。
こちらは毛糸のお店。
f0036603_21340198.jpeg


何気ない看板もありますが、よーく見ると個性でなかなか味わい深いの〜。
センター街というと渋谷センター街を思い出しますが、ここのセンター街はのんび〜りしていて、渋谷センター街にはなかなか入り込めない私も行けそう!
f0036603_21451146.jpeg


入ってみたくなる喫茶店。
f0036603_21475025.jpeg


瀬戸内の新鮮なお魚の路上売りも!
f0036603_21460434.jpeg


お魚といえば、よく耳にしたのは「デベラ」というお魚。
ほら、ここにもデベラって書いてある。
f0036603_21480761.jpeg


お菓子などのお土産にも使われてます。
デベラを使ったおせんべい。
ヒラメの仲間だそうです。
香ばしくて美味しかったよ。
f0036603_21482443.jpeg


んんん?
自由にって…大きな家具だけど?!
f0036603_21462449.jpeg


と思ったら…数時間後、尾道散策をしてまた商店街を通ったなら、なんといくつかの家具がなくなってた!!
f0036603_21464467.jpeg


ガイドブックにも載ってたこちら、特徴的でしょう?
お湯屋さんをリノベーションして雑貨とカフェにしたんだって。
f0036603_21530514.jpeg


入り口からお店をのぞくと、奥が広くてお湯屋さんの面影が見えます。
f0036603_21540024.jpeg



入り口はいってすぐのところから、外を見るとこんなん。
f0036603_21532293.jpeg


お湯屋さんの面影があちこちに。
f0036603_21533851.jpeg


足元のタイルにも。
f0036603_21541769.jpeg


商店街は歩行者だけでなく、車もたまに通ります。
f0036603_21523503.jpeg


途中途中に、外の道につながる小道が。
行ってみたくなりますが、とりあえずはロープウェイ乗り場の方まで行きましょう!
f0036603_21543874.jpeg

つづく。


by maropu21 | 2016-01-17 22:00 | 旅行 | Trackback | Comments(2)

『闘病日記〜チョコレート嚢胞 人間ドックと大学病院』の話

チョコレート嚢胞ってナニ?!と思う方もいるかもしれませんが、婦人科系の病気です。
卵巣に腫瘍ができるもので、その多くは良性(のちのちは分からないが)です。

これは記録のために書いてるので、ご興味があればどうぞ!
細かいお話です。



=======
お話は2年1年ほど前にさかのぼりますが、人間ドックで内科の超音波検査(エコー)を受けました。
これは追加オプション検査ではなく、もともとついている検査です。
採血やバリウムなども無事に終えて、最後に婦人科系の検査を受けました。
ただ、婦人科は、オプションで下腹部のエコーをしたかったのですが、予約が取れずに内診のみ…
(この病院のドックは人気なの)

採血は看護師さんがやり、内科のエコーやバリウム検査などのほとんどは技師がやります。
同日にその画像などを見ながら結果を説明してくれるのは医師です(その日に結果が出るものだけ)。
一方、婦人科の検査と検査結果の説明はどちらも婦人科の医師がおこなってくれます。
丁寧なのはいいのですが、1日がかりの大仕事!

===
ここでひとこと説明
多くの病院では、内科のエコーは胃とか腸などの内蔵を診てくれるものです。
でも、この病院ではおなかの少し下の方まで検査をしてくれるので、婦人科エリアも全体ではないですがその超音波にひっかかることができます。
===


婦人科の先生が内診をしたあと、私の内科のエコーの結果をみて、難しい顔をしていました。
なんかあるのかな??

先生「あなたね、これ内科からきた超音波検査の画像なんだけど、ここに大きなものができてるから、早めにかかりつけの病院行きなさい。もしそこが小さな病院なら大きなところに行きなさい!」
f0036603_20403546.jpeg

今回は婦人科のエコーの予約が入ってないから確かなことは言えないけど、
おそらく卵巣のチョコレート嚢胞だと思うとおっしゃってました。
チョコレート嚢胞??はてさて??!!
なんにせよ、卵巣になにかできてるのか…
私にとっては、そこで初めて耳にしたチョコレート嚢胞という言葉でした。

婦人科系の検査では、30半ば頃からいろいろとひっかかる私なのですが、とりあえず安心のために大きな病院で診てもらうことに。
頸椎の脊髄腫瘍のオペをしてもらった大学病院です。
例の内科のエコー画像を持って行き、それはほんの一部しかない画像だったので(ほぼ他の臓器)、下腹部のMRIを撮ることになりました。

またMRIかぁ…(>_<)
イヤだなぁ、コワイなぁとドキドキしながらMRI室へ。
f0036603_20415110.jpeg
怖かったので横になった瞬間から目を閉じてましたけど、どうやら頸椎のMRIとはちがって頭全体まで機器のなかには入っていないのかも??
あと、大きな音もコワイので耳栓したいと技師さんに伝えたら、息を吸ってー、吐いてーという指示を出しながら検査をするから、耳栓はダメですとのこと。
ひゃー、逃げ道なしかぁ 。・゜・(ノД`)・゜・。
でもその技師さんの声が大きな存在となり、自分ひとりとMRIとの戦いではないキモチになり(大げさ 笑)、今回は思ったよりも怖さはなかったような気がします。

そのMRI結果は、やはり卵巣腫瘍、すなわちチョコレート嚢胞との診断でした。

さまざまな理由で卵巣に血液がたまっていく病気です。
でもすぐにどうこうしなくても大丈夫で、たびたび検査をして大きさを確認しながら、大きくなってきたら摘出手術をする。
この大学病院では摘出手術をする大きさの目安は10センチ。
ただ、悪性(ガン)になる可能性はゼロではないからいずれ摘出はすべきだというのが先生の意見でした。
卵巣を全摘する場合と腫瘍だけ摘出する場合がありますが、後者の場合は再発の恐れがあります。

血液検査もして、腫瘍マーカーもチェック。
特に問題はなさそうでした。
でも、ほかの婦人科系の症状もありお薬を処方されることになったので、
その日から3ヶ月に1度は婦人科外来を受診することになりました。

それから2年弱。1
先月12/24、3ヶ月に1度の外来の日でした。←クリスマスイブなのにねぇ〜(^_^;)
採血もして腫瘍マーカーのチェック。
こちらは特に問題なさそう。
一方で、今回の超音波検査の結果、チョコレート嚢胞は5.5センチでした。
f0036603_20423566.jpeg


先生「サイズももちろんだけど、最初の外来で話したように、ガンになる可能性がゼロではない限り、いずれ手術はしないといけないという僕の考えは変わりません。夏休みとかまとまったおやすみが取れるときがあれば…」
私「先生…私、12月末でお仕事やめるんです。1月からはしばらく仕事しません!」
先生「あれ?この前、転職してなかった?」
私「はい、まあ、そうなんですけど(^_^;)。なので時間はあるし、またお仕事がスタートしたら長いお休みは取りにくいので、今でもいいです!私も先生の考えには納得してます」
先生「タイミングはいいね。でも卵巣を取ることになるだろうけど、それはいいのかな?妊娠は望んでない?」
私「大丈夫です。子供はいりません」

というやり取りがあり、手術の話が現実味を帯びてきました。
私の場合は再発を防ぐため、また妊娠を望んでいないので嚢胞ができている卵巣を摘出することに。

ただ、最初から、この臓器を摘出するということは女性にとってはとてもデリケートな問題だから、いずれ手術するとなってもきちんとご主人と話してくださいねと言われてました。
私たち夫婦は、ずっと前から2人で楽しくやっていく道を選んでいたため、とくに迷うこともありませんでした。
まあ、歳も歳なので、先生が妊娠の希望をしつこく確認したことには驚きましたケド。
でも今は高齢出産はよくあることですものね。
摘出したら明らかに妊娠はしにくくなるので(というか不可能でしょう)、先生が口をすっぱくして確認したのもわかりますが…

そんなやり取りを先生ともしていたのですが、私があまりにあっさりと手術しますと即答したので、
先生はお正月休みにもう一度考えて、ご主人ともお話をして、
年明けにまた外来に来てくださいとおっしゃいました。
セカンドオピニオンを聞いてもいいですって。

確かにこのやり取りはあっさりしてるように感じる方もいるかもしれないけど、
今までの結婚生活の中で私たちはちゃんと子供のことについては納得して話をしてきたし、
まあ片方は残るので女性としても違和感や不安はありません。
逆にガンになる可能性がゼロではないのに、それを残しておくことのほうが不安です。
もちろん、ガンにならないかもしれないので、予防のためだけの手術になります。
無駄な手術になる可能性だってあります。
妊娠を望んでいる方にはとても難しい決断だと思います。



というわけで、近々、卵巣腫瘍の摘出オペを受けることになりました。
次回は年明けにいった外来のお話。
手術の日取りや方法などを決めたり、詳細の確認をしてきました。

◆脊髄腫瘍の闘病日記とわけるために、新しいカテゴリ(手術(チョコレート嚢胞))を追加しました。




by maropu21 | 2016-01-15 21:15 | 手術(チョコレート嚢胞) | Trackback | Comments(4)

『へぎ蕎麦とスターウオーズ』の話

新潟のへぎ蕎麦を食べました。
高田馬場にあるへぎ蕎麦屋さん。
夜は飲み屋になるようです。
おばんざいみたいなお惣菜付きのお蕎麦ランチメニューも。

f0036603_21365728.jpeg


今回はへぎ蕎麦オンリーで。
f0036603_21370851.jpeg


海苔が練りこまれていてツルツル感満載です!
味もおいしい〜。
f0036603_21371993.jpeg

へぎ蕎麦部、略してへぎ部を作ろうかな。
どなたか参加してくれないかしら。
名前がチョット…かな(^_^;)
そういえば、そろそろナポ部の部員たちにも声をかけてランチナポしないとね。



そのあと運動がてら歩いてたらチョキーーンとまっすぐな竹林を発見!
青空にむかってまっすぐ、気持ちいい〜
f0036603_21373424.jpeg


塀の上にご注目。
ネコがいました。
日向ぼっこね。
f0036603_21382100.jpeg


▼おまけ▼
今更ながら、映画館で7を観るためにスターウオーズを観始めました!
ファンでもないのに、もっちがコレクターズエディションを持ってた!!
普段はよくわたしにはわからないモノをコレクトしてるけど(笑)、こういうときにコレクターズ魂のオットがいるといいね^_^

f0036603_21391913.jpeg

90年代、アメリカにいたときにエピソード1が上映されました。
スターウオーズ好きの友人たちに連れられて観たんだけど、今までのを観てないものだから感動も薄かった(;^_^A
最初に観たのがエピソード1なので、今回もまずは1を観たけど、きむちん先生に時系列では4,5,6,1,2,3だと教えてもらい、その順番で観ることにしました。
おとといから私のスターウオーズタイムがスタートして、すでに残すところあと1話、エピソード6です。

あんまりキョーミなかった映画だけども、いや〜、なかなか面白いのね〜!
人間模様がいろいろあるお話しだったのね…宇宙戦争だけのお話かと勘違いしてました。
R2はなんだかカワイイし、3POがブリティッシュイングリッシュで、How dare!と言うのがお気に入りです。
あと、How rude!も好きだな(^^)



by maropu21 | 2016-01-07 21:30 | 日常雑記 | Trackback | Comments(6)

『申年だ!庚申塚だ!』の話

よくお参りする巣鴨の庚申塚。
そうだ、庚申塚だからお猿さんなんだ(*^_^*)、
と今さら気づく。
今年は特によろしゅうお頼申します。
f0036603_15162057.jpeg


境内はすご〜くこじんまり。
庚申塚では、いつもよいほうへ歩いていけますようにとお参りしてます。
家族と自分、そしてお友達やそのご家族も、みーんなみーんな幸せに導いてくださいってお祈り。
このときは強欲なオンナになります(笑)
f0036603_15164370.jpeg


巣鴨地蔵通りで大人気のときわ食堂さん、このときは一瞬だけ行列がなかった!
奇跡です!!
f0036603_15174695.jpeg


老舗の和菓子屋さん、榮太楼。
夏はシンプルなカキ氷が食べられるよ。
f0036603_15185042.jpeg


今日は4の日。
毎月4のつく日には市がたち、たくさんの人が訪れます。
1/4、2016年最初の4の日です^^
お年寄りもたくさんいてはるし、とにかく人が多くてゆっくりしか進めない…!
f0036603_15222463.jpeg


とげぬき地蔵(高岩寺といいます)にもお参り。
身体や心の悪い病気をとってくれるのよ。
もちろんここでも恒例のお参り。
家族と自分、お友達とそのご家族、みーんなみーんな、健康でいられますように。
病気しても悪くなりませんように。
とまたまた強欲なオンナに( ´ ▽ ` )ノ
お正月はお守りやおみくじ売り場は大行列。
今日は並ばなくてもええな。
また時間あるときにゆるりと行きまひょ。




by maropu21 | 2016-01-04 15:30 | 日常雑記 | Trackback | Comments(2)

『御嶽神社へ初詣』の話

池袋駅から徒歩10分ほどのところにあります御嶽神社さんへ初詣に行きました。
ここはちいさな神社ですが、とても好きなところです(*^_^*)


f0036603_14184875.jpeg


青空とすこしの雲!
キモチのいい日〜。
おみくじは大吉さんでした!
f0036603_14201256.jpeg


こちらは暗渠になった川で今は小道になってます。
川らしく湾曲していて、私にはツボ(笑)
f0036603_14202947.jpeg


黄色いちっちゃなお花が咲いてました。
f0036603_14204402.jpeg


池袋でランチ。
焼肉だよ〜。数日前からずーっとお肉食べたかったので嬉しい!
f0036603_14210509.jpeg


じゅーじゅータイム。
脂ののったお肉に火がついてきたー。
ライターはこわくてニガテだけど、この火はなぜかこわくない(笑)
でもわたくし、脂身の少ない赤身のお肉が好みです!
焼肉ならロース。
ステーキなら断然フィレよ!
f0036603_14211993.jpeg

そんな3日目のお正月でした。



by maropu21 | 2016-01-03 21:30 | 日常雑記 | Trackback | Comments(4)

『お正月のネコと諦めてたことが叶う』の話

三が日、2日目が終わろうとしています。
アビはどうしてるかな?
実家から写真が送られてきました。


ネズミちゃんで遊んでいるようです^^
f0036603_22053694.jpeg


途中できりりとしてみたり。
f0036603_22062607.jpeg


寝てみたり。
まったくいつもと変わらず。
f0036603_22065103.jpeg

いつも同じというのはなかなか難しいものです。
お正月だからといって、自分を甘やかしてお菓子バリバリ食べてるわたくし、少し反省…(笑)
猫に学ぶことって意外に多いのよ。


=====
こちらは、今年のお花をあきらめたミニシクラメン。
昨年の寒い時期に咲いてたのを買って、春、夏、秋、そしてまた冬を迎えました。
お花が枯れて葉っぱがなくなってからは、ほとんどコレといったお世話をせず、たまーにお水をあげるくらい。
すると、秋ごろから葉っぱだけ生えてきました。
(黄色くなった葉っぱ、このあと切りました。)
f0036603_22115170.jpeg


しかし、よーく見てみると…
f0036603_22132153.jpeg

つ、つ、つぼみが!!
いくつもあります。見えます??
これは咲いてくれるってことよね?!よね?!
楽しみです(*^_^*)
咲いたらまたここでご紹介します〜。


=====
しばらくyoutubeで聞いていたある曲。
イギリスのバンドによるカバー曲で、なんとかしてiPhoneかiPodに入れたかったのだけど、なかなか見つからない。
すごーーーーくさがし求めていたら、ある方のブログにその曲が入っているアルバムのヒントを見つけました!
さっそくアマゾンで探してみたら…
あ、あ、あった!!
やっとやっと見つけたーーーーーっ♪───O(≧∇≦)O────♪
というわけで、即買いましたYO!
歌っている人のバンド名で探していたのですが、全然ちがう人のアルバムに入ってた。
見た目はチョット、ヲトナの雰囲気ですが( ´ ▽ ` )、この中の1曲だけiPhoneとiPodにダウンロード。
ほかのも聞いてみようかな。
f0036603_22260316.jpeg


◆おまけ◆
大晦日から今日くらいまで、お江戸の町は空き空きでした。
これは新宿西口のあたり。
Ghost townのようだ。
f0036603_22280534.jpeg



by maropu21 | 2016-01-02 22:20 | 日常雑記 | Trackback | Comments(0)