『1年後の経過メモ〜脊髄腫瘍の闘病日記〜』の話



昨年の6月にうけた脊髄腫瘍(頸椎)の摘出手術から1年が経ち、検診にいって参りました。
1年前、まだまだ先のことだな~なんて思いながら予約をしたのですが・・・あっという間ですねぇ。

昨年、術後1か月のMRIでは、腫瘍さんがすっかりいなくなっていて、
圧迫されてギュ~~~ウと潰れていた脊髄も、まっすぐになっていました。
さてさて、1年経った今はどうなってるのかな??
MRI検査も苦手なのでドキドキでしたが、診察結果を聞くのも、さすがにドキドキ。
待合の椅子でじーーーっと名前を呼ばれるのを待っておりました。
f0036603_18263609.jpg


ドキドキしまくりでしたが、・・・おかげさまで経過は良好!
腫瘍はかけらもなく、脊髄はまっすぐのままでした(^^)
今の体調などとあわせてもうちょっと詳しく書きますので、ご興味のある方はmoreへどーぞ!
あ、傷口の写真もありますので、苦手な方はご注意くださいね!


帰り道にケーキを買ってお祝いしました。
本郷三丁目の近江屋さんです♪
いやー、甘いもの、食べた食べた!
でも、いいのいいの。
食欲があるってことは、元気な証拠だもんね。
f0036603_18270978.jpg




<術後1年のMRI検査>
検査は頸椎。造影剤はなし。
時間は15分くらい。
暗くてせまくて、音が大きいので、こわいよ~~ってドキドキしてたけど、
脂汗にぎるくらいで済みました。よかった。。。

検査後、30分くらい待って外来の診察室へ。(大学病院にしては、なんて少ない待ち時間!!!)

手術前のMRIと今回のMRIを比べてみると・・・
手術前の画像・・・もう何度も何度も見てますが、大きな腫瘍がどっかりと第2頸椎あたりにありました。
それが術後1ヶ月の検診で、すっかりなくなっていましたが、今回、1年後のMRIでも、腫瘍のカケラも微塵も見当たらなかった。
よかった、再発してなかった・・・!!
そして、術前は腫瘍で圧迫されていたかわいそうな脊髄は、これまた1ヶ月後の検診と変わらずにまっすぐをキープ!

先生も良かったですね~と言ってくれました。

ただ、術後1か月のMRIのときもだったのだけど、
脊髄の一部にちょっと白い曇りが見えてました。
腫瘍で圧迫されてたところです。
今回もそれは変わりなく、画像ではぼんやり白くなっているのが見えました。
それによって、多少のシビレが後遺症として残っているとのことです。
でもね、何度も書いてるけど、術前のたいへん難儀だったことを思うと、こんなの大したことありません。
術後1年経っても悪くなってなっておらず、状態をキープしていてくれたことに安心しました。



そんなこんなで、無事に終わりました。
大丈夫だとは思っていたけど、実際に結果をこの目でみて、先生からも良かったですねと言われてはじめて、心から安堵しました(^^)


さて、ここからは1年後の体調についてです。

<手足のしびれについて>
左側の手足のしびれは、多少残ってます。
手の方はほぼ大丈夫なので、特に足かなぁ。
膝から下、です。
じーっと座っていたり、ベッドに横になるとにぶいしびれ(ジンジン、ピリピリするような)を感じますが、
なぜか立ってたり歩いたり動いたりしているときは、ほとんど自覚症状はありません。
それに「ガマンして耐える」というレベルでもないので、うまく付き合ってます。
腫瘍が再発してるとか、脊髄がはげしく損傷していることによるしびれだったら
こわくて仕方ないですが、「ちょっとした」後遺症なだけなんですもの。
先生も、ぜんぜん重篤なものではなく、この程度の後遺症は想定内だったし、病気として心配する必要はありませんとおっしゃってました。
まあ私の場合、この後遺症は術前から予想されてたものだったですしね。
とにもかくにも、術前に比べたらなんてことありませんよ〜(^ ^)


<手足のだるさや筋力について>
左足の膝辺り、ときには膝から下全体にすこしだるさを感じることがあります。
シビレと背中合わせのような気もします。
でも、これも「ガマンして耐える」というレベルではありません。
足に集中してしまうとだるいな~と感じるけれど、ふだんの生活でいろいろなことを
やっている中ではそんなに気になりません。
また、術前は衰え始めていた筋力については、今はもう気になる症状はありません。
一般の女性の筋力くらいは戻ってきていると思います。
スーパーの重い袋を持って歩けること、そんな普通のことがまたできるようになりました。
ジャガイモとかタマネギだって、たくさん買って帰れるよ!(笑)
オットがいるときは持ってくれるけどね(*^^*)


<傷口>
傷口の写真を載せておきますね。
私はケロイドになりやすい体質なので、手術のときも、先生方はとても気を使ってくださいました。
ケロイドになるかどうかは切ってみないとわからなかったのですが、見ていただいてお分かりになるように、とてもきれいになっております!
髪の毛の中、頭皮にも傷は続いてますが(全体で12㎝くらいかな)、同じくらいにキレイです。
少し髪の毛の間から見えるかな?
痛みはもちろんありません。
髪の毛洗うときにも、ゴシゴシできます(^^)
ただ、ひとつだけ。
ちょっと「ツル」ような感覚があるかな~。
少し突っ張る…というか。
ときどきなんですけども。
皮ふを縫っているので、「ツル」感覚は仕方ないのかなと思います。
特に、雨の日とか気になるかも…?
低気圧の影響?!
うーん、わかんない、ぜんぜん低気圧は関係ないかもしれないですけど。

f0036603_11103964.jpg



<後頭部(左側)の感覚>
私の場合ですが、腫瘍ができていた神経を切ってしまったので、その神経がつかさどっている
身体の部位=左後頭部の感覚がにぶくなっています。
感覚がにぶくなっているのは術後すぐに自分でも確認できましたし、
その後の生活で、左後頭部をさわるたびに、感覚がにぶいな~と感じているのですが、
日常生活に大きな支障はまったくありません。
自分でさわったり美容院などで人にさわられるときだけ、oh、にぶい…と思うだけです。
あと、前にも書きましたが、横になるときは「にぶさ」をどうしても感じてしまいます。
それでも、10秒くらいするとにぶい感覚がマヒするというか、
まるで感覚が普通にあるような感じになるのが不思議。
ニンゲンの体って、順応性が高いのですねぇ。
同じ手術をした方でも、神経を切るということはあまりあることではないのかもしれないので、
私の場合はこんな風なんだよ~というご報告です(^^)

<肩や首の凝り>
手術から半年過ぎた頃は、12月で真冬だったというのもあって、肩こりがけっこうひどかったです。
仕事で毎日PCに向かっているというのもあると思いますけど、
手術したところを「縫う」という作業には1時間~1時間半ほどかかっているそうで、
首を深くざっくりと切ったわけですから、その断面は何層にもなっていて、その層を1枚ずつ塗っていく作業なんだそうです。
なので、首の中も縫い目が実はいっぱいあって、それによって「ツル」感覚や「凝る」ということが起こるそうです。
そりゃあ、そうだよね、よく考えてみたら。
見た目は表面の傷口しかないように見えますが、結構、奥深くまで切っているので、何層にも縫うって当り前のことなのかも。
シロートには、あまり気づかないことでしたが。
f0036603_11145401.jpg
と、話は長くなりましたが、ずーっと寒いシーズンは肩や首が凝っていたのですが、暖かく(というか暑い)なってきたここ1か月くらいはずっと調子よかったです。
・・・「よかったです」と何気に過去形にしましたが、ここ数日は、ちょっとまた凝ってきちゃいました。
なんでだろー?
と考えると・・・たぶん、スマホの使い過ぎのような気もします(^^;
最近、LINEでやり取りすることが多かったので、夜、スマホに向かう時間が長かったのよねー。
なので、凝りがひどくなってしまっているのではないかしら?

<体のだるさ>
術前は、なぜかわからないけど、とてもダルイ日があってそれはそれは大変だったのですが、術後は元気になりました。
脊髄腫瘍を摘出する手術をしたことによるダルさは一切ないです。


<首の筋力>
首を切ってから、首の筋力がすこし落ちた気がするので、美容院でアタマを洗ってもらうときなんかは首にタオルを置いてもらって自分でアタマを支えなくてもいいようにしていますが、そのほかにも、ちょっとしたことが苦手になりました。
それは、ネックレス。
ネックレスを下げていると首が疲れます。
それになんだか「ツル」感覚を覚えます。
軽いものでも、そうなの。
だから、ネックレスはどーーーしてもこのシャツには必要だ!!っていうときにしかしなくなりました。
疲れとか「ツル」感覚も、自分が気にするかどうかという程度なのですけどね!

f0036603_11222500.jpg


でもね、少し弱くなってしまった首の力、1年経った今でも、少しずつ回復の兆しがあるのもご報告しておかねばなりません(^^)
というのも、術後から半年くらいまではうつぶせになって本を読んだりできなかったの。
意外に首のチカラを使うんですよね、うつぶせで本を読む格好って。
でも、いつの間にかそれができるようになっていました。
美容院でも、この前ハッケンしたのですが、いつもとちがう人がアタマを洗ってくれたのでタオルの高さがいつもと違っていたんです。
以前だったら、洗髪の間すら首でアタマを支えることが辛かったのに今回は多少タオルが低くて自分の力でアタマを支えられました。
うつぶせ読書も今回の美容院のことも、他人から見たら小さなことなのでしょうが、私には大きなハッケンで大きな大きな喜びでした。
術後すぐの治癒力もすごいですが、術後1年経った今でも、刻々と体は変わってきているのですね。
もちろん、いい方向に(^^)

1年経って、入院中に激写しまくった写真を見ました。
術後直後に家族に撮ってもらった寝たきりの自分(顔はうごかせないけど、手はピースしてた 笑)、寝たきりで不自由だったときに自分で撮った天井の写真、痛み止めの点滴、点滴がとれたときに撮った手、車椅子に座ったときの写真、食事、外の景色、廊下の写真…たくさんあります。
それを見ても辛かったーーという気持ちだけでなく、なんだか楽しかったーーーーー、嬉しかったーーーーーという気持ちもたくさんあるのはなんでだろう?
それはきっと、毎日、術後の自分が良くなっていくのがわかったからかもしれません。
少しずつだけど確実に。
回復しているのを身を以て体験できるのは、入院中がいちばんだっと思います。
あの2週間で劇的な治癒力と回復力を体験しました。
だから嬉しかったとか楽しかったという気持ちも感じるのかもしれませんね。
前にも書きましたが、ニンゲンの治癒力って本当にすごいからね〜\(^o^)/

長々とご報告しましたが、読んでくださってありがとうございました!!
基本的には、手術したのを忘れるときもあるくらいに元気になってます!
もう、旅行も運動もなんでもできるようになりました。
ただ、実際は、ここにご報告したように、健康だったときと比べると体の機能として足りてないこともいくつかありますし、
すこし不便を感じることもあります。
でも最近は、今、自分ができる範囲内で生活できればいいという気持ちも大切かなと感じてます。
年をとると足腰が弱くなって、それに見合った行動をするように、手術をして少し不便に感じることがあるなら、
それに向き合ってできる範囲で行動すればいいじゃないって。
それぞれの術後の生活スタイルや後遺症ってあると思いますが、それはもう仕方のないことですものね。
一番大切なのは、まず、腫瘍が完全になくなったこと!
それに尽きます・・・!!!
そして、脊髄がまっすぐになって、ひどいシビレ(人によっては痛みもあるみたいですよね)、筋力の低下を阻止することができました。
あと、命もね。
このままだと、あと半年もすればかなり悪化して、いずれ寝たきりになり呼吸が止まると言われたので、命を救ってくれた手術でしたもの。
それを考えると、少しくらいのことは、本当にほんとーーーーーに何ともナイ!
大病しても、元気に過ごすことができるシアワセに感謝しながら、過ごしております(^^)

家族と過ごし、友達や先輩たちと飲みに行ったりご飯食べたり、同僚と笑ったり。
寝てるアビを眺めたり、梅雨でしっとりしたアジサイを見たり、夕焼けに感動したり、
たまに郊外に行くと見かける田んぼに大騒ぎしたり。
もちろん、そんないいことだけだけじゃないですけどね、人生(^^;
仕事の愚痴とかちいさなコトでグツグツ煮えたぎったりすることも、本当はシアワセなのかもしれないですね(笑)
そこまで悟りを開けないですけど( ̄▽ ̄)

次回の検診は、また1年後です。

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございました。
同じ病気をしている方々のご参考までに・・・

トラックバックURL : https://maropu.exblog.jp/tb/24190261
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みい at 2015-07-03 18:34 x
こんばんは~

 もう一年経ったのですね~
経過が良好とのこと、わたしもホッとしました^^。
ほんとよかったね!
少々の不快は我慢できるよね。
これからもいっぱい楽しいことあるものね。

Moreも読ませてもらったよ。
こうやって詳細に記録しておくことで、同じような病気で不安な心を抱えている人たちの救いになるね。
前向きになれると思う。

下の記事にコメントしたけど消えてるみたい。
もう一度コメしてみるね。
Commented by maropu21 at 2015-07-03 20:07
みいさん

こんばんは〜。
ありがとう!無事に検査も終わり、経過は良好でした。
順調に回復しているようです(^ ^)
今でも回復は続いているし、特に後頭部の感覚については先生の見解だと、(治るとは言ってませんでしたが)良くなっていくはずとのことです。
また折を見て、レポしてこうかな!

長いのにσ^_^;、moreまで読んでくれてありがとうー。
元気になったし、今年は四国まで遊びに行きたいなーー(*^^*)
Commented by Kim at 2015-07-03 21:30 x
お疲れ様!経過観察、結果良好とのこと、よかったね~!ほんっと、頑張った甲斐があったよね。ほんと、つらかったと思う。。読んでても、滲んでくるもの、大変さが。

MEもそうだったけど、、経験して、そうなってみてわかる、いかに健常でいることがあり難いことか!なんか、動作ひとつとっても、結構私たち、空気を吸うように当たり前にやっているけど、ほんっとに、ひとつひとつ、できることがどんなに幸せなことか、こういう時にひししと感じるよね。でも、日々忘れちゃうこともあるんだけどね。。自分が手術したんだ~とか、もうほとんど忘れそうになってしまうので、こうして、書き記しておくのは、いいことだよね!
何はともあれ、お疲レンコン!

しかし、ケーキはうまそうね~!なんか、どれも小ぶり??私全部食べれる勢いだわ!今、日本の美味しいケーキ、食べ放題でしょ。制御できない自分が恐ろしいっす。アメサイズに慣れたら、この手のサイズは、一回でDONE!って感じ!
Commented by maropu21 at 2015-07-04 10:23
Kimちゃん

ありがとうー。
記録として、また長々と(笑)書きました。
同じ手術仲間として、いろいろわかってくれるねー(><)
そうなの、当たり前にやっていたことが、そうでなくなったときにそのありがたみがヒシヒシと分かる・・・
でも、不自由になってみると、それが今回みたいな手術の場合、術後、突然のことだし最初はあたふたするんだけども、なんとなく慣れていくというか・・・
受け入れていけるようになるのよね~。
それも基本的に元気でなんでもできるという、ありがたい結果だからなのかもしれないけど。。。

また来年の今頃、きっと同じように、MRIこわいーーーー!!って騒いでいると思うわ(笑)

ケーキ、意外に大きいよ!
とくにショートケーキは直径10センチくらいあって、高さもこんもりしてるから、かなりボリューミーよ~。
お隣のもっち母にもおすそわけして、3人でいただいたよ!
アメサイズとズッシリ感は、すごいよねー。
私がいたころ、Rosslyの小さな駅ビルモールみたいな中に、TIVOLIというケーキやお惣菜のお店があってね。
そこのチョコレートケーキとか洋ナシタルト、よく買ってたよーー。
今たべても、きっとおいしいと感じると思う、あそこのケーキは!
Commented by Kim at 2015-07-05 08:53 x
Back again ♪

MEは、このComming火曜日に、脳ドックに行ってきますだ。MRIに入るから、ちょっと憂鬱っす。あの、せまく動けない状態が、あまり好きじゃないんだわ。You程、苦手ではないんだけど、なぜかああいう状態になると、どっか手の届かない所がかゆくなるんだよねー 無性に動きたくなるのだわ。。。結構甲状腺関係で、CTとかMRIもそうだし、あと放射線ヨードを使った全身スキャンもあって、結構時間かかるのよー。動けないと、なんか動きたくなる。。。

ケーキ!あの「プラ」(この言葉覚えたよ!プラマーク~)の小さなスプーンと比較してみたのよ。なんか小ぶりのケーキかな、と思ったけど、プラスプーンが私が思っているものより、大きめなのかも!

最近、うちの近くのケーキ屋さんで、いろんなケーキを買っては、味見してるんだけど、結構怪しい人と化しているかもー!「この人、よく来るな。。」って思われてるかも!
なるべく、コンビニとか、スーパーのケーキとかにする時もあるんだけど、やっぱりそこのケーキ屋さん、老舗なのよー!美味しいんだわ。ほんっと、日本はこんなケーキ屋さん、たくさんあるよね!

>TIVOLI
今もあるよ~~!たまに、ケーキを買いにいくことあるけど、たっかい~~の!相変わらず。

ロズリン&コートハウス&バージニアスクエア、あの近辺、特にクラレンドンはYOUはびっくりすると思うよ。様変わりも、MEちょっと見ない間にびっくり!って感じでした。開発が進んで、ちょっとコじゃれたエリアになっているわよ。
Commented by 高兄 at 2015-07-05 17:56 x
まろぷうさん、こんにちは

よかった、良かった、ヨカッタ―^0^
Commented by maropu21 at 2015-07-05 21:01
Kimちんさん

MRI、youも何度もやってるよね…(T_T)
手術とか後遺症との闘いとか、いろいろと本当によく頑張ったよね!!!!!
MRIが苦手な人って多いみたいだけど、中には始まったら眠くなって寝たっていう人もいたの!
ビックリしたよ。人それぞれだねぇ。
かゆくなるの??それは初めて聞いたよ!!
頑張ってね。
脳ドック、お値段高いけど私もいつかやらねばと思ってるよー。
今、お世話になってる大学病院の先生が脳神経外科だから脳ドックについて聞いてみたことあるんだけど、もちろんやりますよって言ってた。
私のかかりつけ大学病院だし、これからは人間ドックも含めて、脳ドックを受けるときもここでお世話になろうかと思ってるよー。

昔ながらのケーキ屋さん、いいねー。
ずっと残ってるってことは美味しいってことだよね!
いつか食べてみたいなー。
オシャレなケーキもとても美味しいけど、昔ながらのケーキもいいよね。
TIVOLI、まだあるのねー!!
当時、Virginiaにあった7 corners mallとかいう名前のちいさなモールに、中国の食材屋が入っててね、お惣菜もあって肉まんみたいなのが売ってたの。それがすごーーーくおいしかった記憶あるよ。
中にウズラの卵が入ってたの。
もっちも覚えてるって。
そこにはケーキも売ってて、アメリカのお店ではなかなか見られないロールケーキがあってね。
ロールケーキの生地も柔らかくてすごく好きだったの思い出したー!
ロンドンにも同じような品揃えのお店があって、妹もその肉まん食べたって!

ロズリン、クラレンドンとか、小洒落エリアになってるのかー。
家賃も高くなってそうね…
Commented by maropu21 at 2015-07-05 21:05
高兄さん

ありがとう、有り難う、アリガトウー です\(^o^)/
大丈夫とは思いつつ、実際に先生から大丈夫と聞いて安心しました!
また京都遊びに行きます〜。
(少し暑さが和らぐころに…笑)
Commented by m-oishii at 2015-07-10 16:39
まろぷうさん!
無事生還~いたしました~~
ブログでシュミレートさせていただいたおかげで、ふむふむ今のこれが~同じだなあ~と学習効果があり、手術前も全く緊張せず過ごすことができました
ただ~髪は看護師さんにわかめちゃんのように刈り上げされてしまいました~やれやれ~まあ上の髪があるので風が
吹かない限り、きずかれませんが~~~
同じように着圧ソックスの自分の足を撮ってみたり~
とにかくありがとうございました~~
Commented by maropu21 at 2015-07-11 12:40
m-oishiiさん!!!

コメントありがとうございます!!!!!
すごく案じておりました。
ご無事にご退院されたようで、本当によかったです。
私のときと全くおなじではなかったとはおもいますが、少しでもお役に立てたのなら1番のシアワセです〜。
やっぱりあのソックス履きましたか!
履くの、たいへんじゃなかったですか??
でもかなりきついけど、何日も履けるものなんですよね。不思議と。
あれは買うと高いし、妹がむくみ防止のために欲しいと言ってたのであげました(笑)
これからは傷口が徐々に回復していきますね。
髪の毛、刈られますよね…(笑)
私はうなじから上の20センチくらい、縦に四角く刈られましたが、麻酔がかかったあとだったので本人は気づかないうちの刈り上げでした(笑)
私も風が吹かないよーにと祈ってましたよー!おなじですね!
台風のときは外出しないのがるいいかも(笑)
人それぞれのペースでしょうが、でも半年くらいすると、だいぶ生えてきますよ(^_−)−☆ 私は伸びるの早い方なんですけど。

どうぞご無理せず、ゆっくりご療養くださいね。
ここでお会いできたこと、本当にそのご縁に嬉しく思ってます\(^o^)/
by maropu21 | 2015-07-03 11:30 | 手術 | Trackback | Comments(10)

いろいろなお話~食べ物・猫・犬・旅・日常・留学とアメリカ生活のこと


by maropu21