2011年 03月 11日 ( 1 )

▼3月11日▼
東北でとてつもなく大きな地震がありました。東京もかなり揺れて、まだ余震があり怖いです。特に東北地方の被害が大きく、どんどんその状況が明らかになり心配してます。

私は山手線に乗っていましたが地震発生時にたまたま実家近くの駅だったので、止まってしまった電車から降りて歩いて実家に戻り、今はネコたちと避難中。実家の家族は職場から帰宅するとのこと。電車は止まってるので車か歩きだって。それも心配。もっちはまだ職場にいて、他の社員さんがいる間はきっと帰れないだろうから、今夜は会社に泊まるかも(>_<)


どうかもう大きな地震がありませんように。被害がなるべく少なくなりますように。皆さまも引き続きどうかお気をつけて。




▼3月12日▼
地震から一夜明けた東京は、地下鉄も電車も復旧が進み少し落ち着いてきました。地下鉄は一部をのぞいて昨晩から復旧が進み、その処理の速さに驚きました。その他のJRなどは今朝になって、どんどん復旧が進み、自宅に帰る人などがたくさん利用していたようです。午前中の山手線は30分に1回ぐらいの割合でしか運行していなかったので、目的地まではとても時間がかかってしまう状態。でも昨晩から比べるとちょっと一安心です。東京などの都心では、亡くなった方もいらっしゃいますし気の毒な結果がたくさんありましたが、火事とか家屋倒壊などと共にやはり交通のマヒというニュースもとても印象に残ってます。それによってものすごくたくさんの人が不便な夜を強いられました。

私個人としては、昨晩実家にステイしている間に7時半に母が車で(大渋滞だったそうです)、父が9時半、妹が10時半にそれぞれ職場から歩いて帰宅しとりあえず一安心。妹は超高層ビルで働いているので、とっても揺れて怖かったそうです。想像するだけでもカラダがゾワゾワする・・・家族を待ってる間、今どの辺りとかメールで聞いても、送信はできるけれど相手の受信が遅いようでやり取りにとても時間がかかったり、まったく送信できないときもありました。電話はまだ全然ダメだったし。

もっちとは随時携帯メールや電話でやり取りをしてましたが、夜中の2時前ぐらいにもうすぐ自宅だと連絡がありました。どうやら社員たちと営業車を乗合タクシーみたいにして、それぞれの自宅を周っていたみたい。もっちも無事に家に到着してこれまた一安心。

これでゆっくり寝られる・・・と思ったけど、やっぱり余震もあるしなかなか熟睡はできませんでした。ちょっと遠くに住んでいる友達が無事に家族の元に帰れたのかなどとっても気がかりでした。ライフラインに関しては、昨晩は電気・水道はOKだったけれどガスが使えなかったので(マンション全体がストップさせてたみたい)、顔を洗うのも冷水・・・ひーひー言いながら洗いましたが、今朝になってガスが復活したので、使える内にと家族全員それぞれシャワーを浴びてみんなすっきり。

お昼前に実家の車で自宅まで送ってもらって、こわかったね、揺れたねと話しながらランチを食べて今、もっちはお昼寝中・・・(^^;

東京は落ち着いてきましたがまだ余震も続いてるし、東北の状況はこれからどんどん悲惨な状況が明らかになってきそうでこわいです。でもいろいろな方から安否メールをいただいたり、自分たちはダイジョウブだよっていうお知らせもあったりして、それがとっても心の支えになっています!メールもまだ不便なときもあるので、菜花庵でもお知らせさせていただきました。

これからまた何かあったら追加します。どうかどうか生存者が早く救助され、これ以上の悲惨なニュースが増えないことを祈ってます。私も短時間でしたが家族の安否を確認するまで不安でした。今も尚ご家族の安否を気遣って不安な時間を過ごしていらっしゃる被災地の方に心よりお見舞いを申し上げます。


▼3月14日▼
今日は用事がある以外は家にいます。東京の道路は朝ほど混雑していませんでした。お店は開店しているのかしていないのか分からないような・・・電気をあまり点けていないところもあります。あるビルでは館内放送がかかって、トイレの電気の節電のお知らせをしていました。近くのスーパーでは、カップ麺類、飲み物、お米、お豆腐類、バナナ、野菜、ハムやソーセージ類など、いろいろなものが品薄になっていました。カラの棚の電気は消されていました。

今日は東京には午前中に1回、午後に1回ずつ緊急地震速報の連絡が入ってます。携帯がボワッボワッとなるので、その音もちょっとコワイ。。。昼間は1人なのでちょっと心細いかも。今日は妹の会社が休みなので実家に遊びに行ってもよかったのだけど、交通状態もあまりよくないのでまた帰れなくなるかもしれないと思い、家にこもってます。さっきは都内ではないけど、周りの県で速報が入りました。本州の各地で地震が起こってるのはなんで?

「1000人の遺体発見」などというニュースが増えてきていますが、「1000人?簡単に言うな。」というある宮城出身の芸人さんのまっすぐで悲痛な声を聞いて、それがあまりにも生々しくて涙が出ます。ライフラインも大切だけど、まず一番知りたいのは安否だと思う。たった数時間だけでも家族や友達と連絡が取れなかったとき、私」はとっても不安でした。たった数時間でもあんなに不安で心がドキドキしたのに、地震からずっとそんな気持ちで過ごしている方々のことを思うと胸がつぶれそうです。早く早くお互いの安否を確認できますように・・・家族が一緒になれますように・・・心からの願いです。


お見舞いのメールやとりとめのないメールをいただく度にとても心強いです。不安なのはみんな一緒。幸い東京はだんだんと落ち着きを取り戻しています。まだ余震は怖いけど・・・でもこれからは東北に向けて節電や停電、どんどんがんばろう。あ、停電のときの信号や踏切などを渡るときには、くれぐれも気をつけないとね。たくさん揺れた東北のみんなから預かった大切な命、気を引き締めてしっかり守って、我々にできることを東北にお返したいです。
by maropu21 | 2011-03-11 19:11 | 日常雑記 | Trackback | Comments(7)

いろいろなお話~食べ物・猫・犬・旅・日常・留学とアメリカ生活のこと


by maropu21