2018年 06月 09日 ( 1 )

アメリカの風習で日本とえらく違うなーと思ったのは、ウェディングとお子ちゃま誕生の贈り物。

ウェディング、日本ではご祝儀を包みますが、アメリカでは新郎新婦が欲しいものリストを作り、お祝いする人はその中から贈り物を選びます。
ウェディングレジストリーと言います。

ウェディングだけではなく、ベイビー誕生のお祝いも同じ。

赤ん坊誕生のお祝いはものを贈ることが多い日本。
個人的に何にしたらいいのかいつも迷ってたから、アメリカ式にすればいいのになーって思う。

ところで、アメリカに住んでいたとき、お友達カップルが結婚しました。
日本人同士。
だけど、お式はアメリカでするらしく、ウェディングレジストリーが送られてきました。
当時の私や友達は学生だったので、そうそうお金をかけることができず…
でもウェディングレジストリーはすべて女子に人気の有名ブランドの商品ばかりでした。
一番リーズナブルの商品でも数百ドル。
学生には大金です。
友人たちとお金を出しあって、なんとか商品を選んで贈りました。
90年代はじめの頃のお話で、どんなシステムだったか覚えてないのですが、レジストリーの中でどの商品がすでに贈られているのかも分かりました。
今はインターネットで「購入済み」とか出るみたいだけど、ひと昔前のインターネットもない時代、どのようにしてたんだっけなー。

さすが合理的なアメリカ。
と思いましたが、ウェディングに関しては、お金を贈って、それでほしいものを買える日本の方が合理的かもしれないですね。
ほとんどの場合はご祝儀でお式代に当たるのでしょうが。。。(・∀・)

by maropu21 | 2018-06-09 20:57 | アメリカ | Trackback | Comments(0)

いろいろなお話~食べ物・猫・犬・旅・日常・留学とアメリカ生活のこと


by maropu21