『岩盤浴へ』の話

私がたまに行くのは(といっても、今回で2回目)、渋谷にある岩盤浴「TERRA」。JR渋谷駅から109を超えて歩くこと約5分。
雑居ビルの中にTERRAはあります。でも一歩店内に入るとそこは癒しの場所。

今回はVIPルーム(!)といって、2人用の個室でゆっくりと岩盤浴をすることに。ここTERRAは女性専用の岩盤浴なのですが、個室に限っては男性も入ることができるようです。デートで行くのもいいかも!

さて受付を済ますとお部屋に案内されます。(予約はしておいた方が断然いいです)先にいただいたお水(常温か冷えたのか選択できる)を持って、いざVIPルームへ!

f0036603_23181262.jpg


↑右の冷えたのは私の、常温のは友人ぴーちぇの。




f0036603_23201694.jpgVIPルームには、広くて大きな鏡付きの脱衣所とクローゼットがあり、中には3種類サイズのタオルや袈裟衣などが入ってます。全て脱いでこの袈裟衣を身に着け、一番大きなサイズのタオルは岩の上に敷くの。















f0036603_23233347.jpg
洗面台もあります。髪の毛を結ぶゴムやブラシ、ドライヤーや化粧落としなどの基礎化粧品は完備。何も持っていかなくてもOKなのよ。
















f0036603_23252532.jpg専用のお手洗いとシャワー室もあるんですよ。ちょっと写真は暗いですがお手洗い。この向こうにシャワー室があってどちらもとても清潔です。















↓これは岩盤です。同じものだけどちょっと違うモードで撮影してみました。奥に木の枕が置いてありますが、そこに頭を乗せてうつぶせになったり仰向けになったりして寝転がっていると汗がだんだん出てきます。やり方は以前に書いたのでここでは省略しますね。(岩盤は結構熱いのでその上にタオルを敷きます)



f0036603_23312143.jpgf0036603_23313256.jpg



















1時間ぐらいあたたまると汗がダクダク出てきて(でもベトベトしないの!)、心地良い疲れが出てきます。シャワーは浴びなくてもいいのよ、全然気持ち悪くない汗だから。

そして、身支度を整えてお部屋から出て、ロビーへ。そこにあるテーブルスペースに一度座り、温かいお茶をいただくんだけど、ここではもうちょっと冷たいお茶でもいいかなって思いました(^^;)←暑がり

f0036603_23393581.jpg



今日はVIPルーム代(100分コースは1部屋4000円)&基本料金(100分コースは4500円)。100分コースは一番長く、コレ以外だと80分などがありますが、料金は身支度の時間も含めてのことなので、余裕を持ちたかったらやっぱり100分コースをおススメします!のんびり身支度が出来るからね。
# by maropu21 | 2006-03-30 23:48 | 日常雑記 | Trackback | Comments(2)
コンビニに寄ると、私の気を引くものが。

ペコちゃんのおまけグッズ付きミルキー♪

f0036603_2315217.jpg



今回の中身は救急セットです。しかもミニなの。これは絶対に買い!だよね(笑)

f0036603_23163183.jpg


この中で私がほしいのは、薬入れ。またはソーイングセット!ピンセットもいいなー。
反対にいらないのはティッシュ入れ・・・これはいいや・・・
ほしいのが当たりますように、と願いを込めて店頭に陳列している箱から一つ選び購入。ドキドキしながら開けてみると・・・・・・・??


f0036603_23195992.jpg


うーん、あまり眼中になかったグッズが入ってたよ。残念!!でも会社のメモ帳として使えるかな。
なんだか・・・・・薬入れかソーイングセットが当たるまでやっちゃいそうな予感?!でも一箱400円もするのよねぇ。


▼おまけ

グリコのキャラメルにもこんなおまけ入りがありました。ミニ絵本入りなの。傘地蔵(これが欲しい!)とかの和風の絵本から洋風なものまで。

f0036603_23242292.jpg


そして私がゲットしたのはコレ。猫の物語でした。おまけでしかもミニサイズだというのに、この出来はすごい!表紙はハードカバーだし中はもちろんカラー。普通の絵本がそのまま小さくなったような感じで、本当にいい仕事してます!
猫の絵本・・・これはこれでかわいかったけど、やっぱり傘地蔵がほしいナ←当たるまで買っちゃいそうな予感(笑)このグリコ絵本は210円でした。

f0036603_23272458.jpg




▼おまけ その2

チロルったら、こんな味を出してました!
どんな味だろうか。

f0036603_23284346.jpg



え?無駄買い?!いいえ、これは趣味だからいいんです♪
# by maropu21 | 2006-03-27 23:31 | 日常雑記 | Trackback | Comments(0)
東京では六本木とここ東京駅前に1店舗ずつあります。「つるとんたん」というおうどん屋さん。
六本木店には以前に会社の子たちと行って、あまりに量が少ないので食べたりない気分になったのですが(追加注文をしたけど)、今回は東京駅店に行きたくさん食べてきました!

カウンターの向こうには大きな厨房。

f0036603_2304724.jpg



サイドメニューも注文。でも、鴨の塩焼きは私は一口(右)、あなご寿司も1つだけ(左)。
だってこれを食べたら次にくるメインが食べれなくなっちゃいそうだもん。

f0036603_22594732.jpg



私はすっごくお腹すいてたので、こんなにたっぷりなセットを注文!他人丼(牛肉とたまご)と素うどんです。おうどんは普通の太さと細いものから選びます。今回は細いのに。

f0036603_233927.jpg



他人丼のアップ!大きな丼にたっぷりご飯と具。

f0036603_2343355.jpg



おうどんはかまぼことお葱以外何も入っていないシンプルなもの。関西系の薄い透き通ったスープです。ちょっと甘めだったかな・・・

f0036603_235527.jpg



うまくサイズを紹介できなかったけど、この丼は結構大きい!!!ここの特徴は、とにかくうどん皿が大きいってこと。直径30センチぐらいあります。スープを飲むのに、お皿を手に持って口に持っていくなんてことは絶対にできないぐらいに大きいのです。そして、この丼もそれに負けず劣らずな大きさで、結局少し残してしまいました・・・
# by maropu21 | 2006-03-27 23:12 | 食べ物 | Trackback | Comments(0)
先日訪れたベトナムレストランへまたまた行ってきました!前回は注文しなかったけど、かなり気になっていたメニューがあったから、今回はそれを食べに行こうツアーです。

前菜は定番中の定番、生春巻き。実は一緒に行った友達も私もパクチーは苦手・・・でも、ベトナム料理には欠かせない葉っぱですよね。生春巻きにはたいてい入っているので、今回もそれを取りのぞいて食べないといけないわねと話していたら、なんとここのには全く入ってなかったの!レモングラスは入ってたけどそれならOK。

f0036603_23285970.jpg


しかも!もっとうれしかったのはタレ!よく見かけるのはオレンジ色っぽい甘辛のとろみのあるタレで、それはそれでおいしいのだけども私が好きなのではないの。私が生春巻きにディップするのに一番好きなタレはこれなんだ↓

f0036603_23305047.jpg


八丁味噌っぽい色の甘いお味噌みたいなのと、赤い辛いタレのコンビネーション♪上にかかっているのは細かく砕いたナッツです。ちょっと濃厚なこのタレが、あっさり春巻きにピッタリ!この赤い辛いソースはたまに外国食料品店で見かけるけど、この味噌タレみたいのは見たことない・・・今度、お店の人にどこでゲットできるのか聞いてみよーっと。

またもう一つ注文。これはサトウキビにエビ味のかまぼこみたいのが巻きつけてあって、それをライスペーパーに包んで食べるもの。生春巻きとちょっとかぶっちゃったけど、これはこれでおいしかったです♪ライスペーパーをお湯につけて柔らかくするのも自分でやって、かまぼことサイドのお野菜をお好みで包むのも自分で。ちょっと楽しみながら食べられますよ。

f0036603_23364516.jpg


最後にそれぞれヌードルを注文。友達は牛肉のフォーを、私はちょっと趣向を変えてフォーの焼きそばにしてみた。フォーのスープはとてもおいしく、私の焼きそばはちょっとタイ料理のパッタイに似ていておいしかったです♪

▼おまけ

日ごろあまりお酒は飲まない私たちですが、その日は前回来たときから気になっていた、このレストランの近くにあるバーがあったので一杯飲むために入ってみました。
バーの名前は、「春木屋」。さまざまな焼酎やカクテルが楽しめるところです。
地下一階にある店内に足を踏み入れると、中は水をコンセプトにした涼しげな雰囲気。多分、カップルで行くと通されるであろうペアシートの前には、青い熱帯魚たちが優雅に泳いでいる水槽を前にして、お酒を楽しむことができます。
# by maropu21 | 2006-03-26 00:28 | 食べ物 | Trackback | Comments(4)

『しだれ桜』の話

千葉県にある樹齢四百年というしだれ桜を見に行ってきました。
桜の名前は、「伏姫桜(ふせひめざくら)」。
とてもかわいい名前ですよね。

伏姫桜は、大元の幹から枝がかなり前方に垂れていて、バランスを取るのが大変そうなのにもかかわらず、静かに大らかに佇んでいました。ずっと見ていると、本当にお姫様が佇んでいるように見えます。ところで、1枚目の写真の空に浮かんでいる左上の雲が富士山にかぶる雪に見えるのは私だけかしらん?

f0036603_22564011.jpg


f0036603_22592538.jpg


四百年前といえば、西暦1600年ごろのこと。ちょうど江戸時代の始まりですよね。江戸時代からの長い長い歴史とともに生きてきたと思うとなんとも言えず感慨深いものがあるなぁ・・・しみじみ・・・
# by maropu21 | 2006-03-25 23:06 | 日常雑記 | Trackback | Comments(0)

いろいろなお話~食べ物・猫・犬・旅・日常・留学とアメリカ生活のこと


by maropu21