『しだれ桜』の話

千葉県にある樹齢四百年というしだれ桜を見に行ってきました。
桜の名前は、「伏姫桜(ふせひめざくら)」。
とてもかわいい名前ですよね。

伏姫桜は、大元の幹から枝がかなり前方に垂れていて、バランスを取るのが大変そうなのにもかかわらず、静かに大らかに佇んでいました。ずっと見ていると、本当にお姫様が佇んでいるように見えます。ところで、1枚目の写真の空に浮かんでいる左上の雲が富士山にかぶる雪に見えるのは私だけかしらん?

f0036603_22564011.jpg


f0036603_22592538.jpg


四百年前といえば、西暦1600年ごろのこと。ちょうど江戸時代の始まりですよね。江戸時代からの長い長い歴史とともに生きてきたと思うとなんとも言えず感慨深いものがあるなぁ・・・しみじみ・・・
# by maropu21 | 2006-03-25 23:06 | 日常雑記 | Trackback | Comments(0)

『学校 in Baltimore』の話

f0036603_23263029.jpg


私の留学先の学校にて。92年の6月ごろに渡米したので、これは10ヶ月目ぐらいに撮りました。いくつかある中の一つの校舎です。(名前忘れた・・・)
この青い空。これは私のアメリカ生活の思い出の一つです。


f0036603_23304326.jpg


これも学校内の写真。左手奥に見えるのは、Gibonsという名前の建物で、塔には鐘があり朝の6時に鳴ります。もしかしたらお昼とか夜にも鳴ったのかもしれないけど全然気にしたことなかったなぁ。
なぜ6時の鐘は知っているかというと、日本に里帰りしてここに戻ってくると、何日かは時差ぼけ状態が続き朝の5時台に目が覚めることもしばしば。そういうときには、日ごろ7時過ぎに起床している寮生活では聞くことのないGibonsの鐘の音を聞くのです。

右側にある建物には音楽のクラスの教室があります。そこでたまにピアノを弾いてました。

これは92年の9月に撮った写真。アメリカのクラスは9月が始まりだから、まだまだ私の本当の留学生活は始まったばっかり。そしてクラスについていくのが大変なときの始まりでした・・・(--;)

これからしばらくすると涼しく紅葉の秋が、東京よりもちょっとだけ早く始まります。

留学のお話の続きはまた今度!
# by maropu21 | 2006-03-23 23:42 | アメリカ | Trackback | Comments(2)

『花肌雪』の話

洗顔後、完全に乾いた状態になったらこれを顔につけてマッサージします。ゼリー状の液体がポロポロとなってきたら(20秒ぐらい)、洗い流します。
やることはたったこれだけ。こんな簡単な作業で、古い角質を取り除いてくれる優れものです。
終わった後には、信じられないほどお肌がツルツルになりますヨ!うちの母も気に入ったので追加購入することにしました。イギリスの妹にもお土産で持って行くつもり。


f0036603_21224599.jpg

# by maropu21 | 2006-03-21 21:22 | 日常雑記 | Trackback | Comments(2)

『バランス』の話

f0036603_22104444.jpg

電車が駅に止まってドアが開き、降りる人は降り乗る人は乗り、そしてドアが閉まります。さあ出発するぞというとき、私は知らず知らずの内に進行方向と逆の方向に体を傾けているようで、たまにドアが閉まってすぐに出発しないと出発方向に構えている体が「あれれ?」となり、上手にバランスが取れなくて微妙にユラユラしちゃいます(笑)そんなことないですか?

写真は今日の東京の空です。アメリカにいた時に見ていた青い空を思い出しました。
# by maropu21 | 2006-03-20 22:10 | Trackback | Comments(0)

『キムチ』の話

f0036603_2210588.jpg

東京駅の大丸デパートにはたくさんのお惣菜屋やお菓子屋があり、お腹が空いてる時にはかなり無駄遣いをしてしまいます!でもこれだけは無駄遣いじゃないと思えるのが1つだけあるのです。一パック1,000円もするキムチです。それも白菜やキュウリのではなく「納豆」キムチ!!
# by maropu21 | 2006-03-20 22:10 | Trackback | Comments(0)

いろいろなお話~食べ物・猫・犬・旅・日常・留学とアメリカ生活のこと


by maropu21