『増上寺の節分』の話

f0036603_2012261.jpg

去る2月3日の節分の日。増上寺の節分豆まきに参加した会社の先輩からのおすそ分けです。


こういう小袋に入ったお豆を投げるんですね。また、豆まき側ではなく観客席側にいた別の先輩曰わく、「豆拾いしてる人々は大人気なかったわよ!」だそうです。何やら押されて転んでケガもしたそう!拾うのに必死なんですね、知らなかった~。
# by maropu21 | 2006-02-07 20:12 | 日常雑記 | Trackback | Comments(0)
三谷幸喜作品は結構好きです。その最高傑作は、何度となく書いてるけど(笑)「やっぱり猫が好き」であります。←どうしてもコレは言わずにいられない(=^▽^=)

私にとっての三谷幸喜コメディは、大笑いするものではなくって、のんびり見ながらたまにクスッとするもの。まったりとしたストーリー進行の中、今回も何度かクスっとさせてもらいましたよ☆

また三谷作品が面白いと思うもう1つの理由、それはそれぞれの役柄が強烈なキャラクターを持っているというところです。今回も大袈裟なぐらい濃いキャラクターの登場人物が盛りだくさんでした。

ストーリーの舞台は大晦日の年明けまであと2時間!のホテル。様々な出来事が登場人物のそれぞれの視点で描かれています。
役所さんの凛々しいホテルマンとしてのキャラクターは、私のもう一つの大好きな「王様のレストラン」のギャルソン役松本幸四郎を少し思い出す感じでした。

エンドロールを見て楽しめることも。あんな人出てた?とか、あのタレントが声のみの出演してたなんて気づかないよねとか結構ありました。

ところで、品川プリンスホテルのエグゼクティブタワー内にある映画館はいいですよ。今回初めてネット予約でチケットを購入してみました。いい席をゲットするために並ぶも必要なく、また見やすい席を優先的に取ってくれるみたいでオススメです!
特に、プレミアム館は高いけどゆったりとしたシート間隔で楽に映画を楽しめます♪
# by maropu21 | 2006-02-05 22:09 | 日常雑記 | Trackback | Comments(2)
前回ちょこっと触れたチロルチョコですが、コメントしてくれたのを読んでちょっとHPを検索してみたら、面白いのがありました。

チロルチョコのHP

私は92年から2001年まで海外にいて、たまにしか帰国してなかったので、知らない種類がこんなにあるとは思わなかった!!もう発売してないのかなぁ・・・食べたい・・・
# by maropu21 | 2006-02-02 23:05 | 食べ物 | Trackback | Comments(2)
f0036603_23204546.jpg


小さい頃よく通ったのは、ニコニコ堂。その当時には至る所にあった駄菓子屋さんの内の1つです。
ニコニコ堂は私の小学校のすぐ横にありました。しかし、お金を持ち歩かない子供時代だったから学校帰りに直接寄るなんてあり得なくて、まずは家に帰ってまた学校までの道のりを戻りニコニコ堂に行ってました。
大人になった今だったら、会社から自宅へ帰り、そしてお金を持ってまた会社方面へ戻り、隣のビルにあるスタバまで買い物に行くというような感じ!?
いやはや面倒な事をしてたもんですねぇ。


話を戻しましょう。
小さなお店だったのに、ニコニコ堂にはたくさんの駄菓子がありました。
私がよく買ってたのはチロルチョコ。当時は10円でしたが、包み紙を開けると四角いヌガー入りチョコが入っているのは今でも同じ。
昔と違うのは、チョコに描かれた絵です。今は車の絵とかが描いてありますが、私の子供時代の絵は、チロルという文字とキコリの妖精みたいな男の子の横顔の2種類でした。
チロルチョコの復刻版が出た頃にはチロルの文字はあったけど、男の子のは結局なかったようです。

我々子供達に特に人気があったのは、くじ引きお菓子。
長めのヒモの先に三角のイチゴ飴が付いていて、それが何本も束ねてあり、ヒモを引くと運が良ければ「当たり~」っていうやつ。
当たり付きのガムボックスもありました。箱の下の方にあるポッチを押すと、中から色付きガムが1つ出できます。その色によって賞品が決まってました。ニコニコ堂に行くと必ずこのくじ引きはやってました。


まだまだあります。
お水に入れて飲むジュースの粉や固形物。コーラ味やメロンソーダ味があり、水に溶かすと薄い味だけど、そのまま舐めると濃過ぎるような中途半端なものでした。


フーセンガムは、型抜きシリーズがあったし、チューイングキャンディは今よりずっと美味しかった!


私の育ったのは愛知県なので、当たり前ですが名古屋弁が行き交ってました。
名古屋には有名な駄菓子の問屋街があり、注意して駄菓子の生産元を見ると愛知県の物である事が多いのに気づきます。
この様に東京にいても愛知の駄菓子をたくさん見かけますが、これは愛知県だけの限定品だったのではないかと今では思う駄菓子もあります。
それは棒付き飴で、袋の中にフルーツ風味の粉も入っているお菓子。飴を舐めては粉を付け、舐めては付けという楽しみ方をするもので結構美味しかった記憶があります。(その粉をやはり水に溶かした覚えもあり)
なぜこれが愛知限定だと思うかというと、袋の裏側に食べ方の説明が刺し絵付きで記されていたのですが、それがこんな書き方をされていたんです。


ねぶってつける。
またねぶってつける。

意味分かります?

名古屋弁で、
「ねぶる=舐める」

という意味なんです。つまり「ねぶってつける」とは、飴を舐めて粉をつけるという事。こんな名古屋弁で堂々と書かれてるなんて、これはどう見ても名古屋限定品としか考えられませんよね(笑)
当時は何も意識せずに読んでいたのでしょうが、今でも「ねぶってつける」というあのセリフを覚えてるという事は、やはり無意識に気になってたのかもね(笑)

これ、今でも売ってるのかな。食べたいなぁ~(^O^)


写真は最近コンビニでも売ってる駄菓子です。このエースバット(長い方)はチョコバットっていう同じようなお菓子が昔あったけど、名前が違ってるわ。
# by maropu21 | 2006-01-31 23:20 | 日常雑記 | Trackback | Comments(2)

『咳はどうなった』の話

昨年12月に入った途端に咳に悩まされてた私ですが…

おかげさまで、やっとやっと良くなりました(^_^) もう薬を飲まなくても平気です。
たまにケホリと出るけど、最悪期に比べたら何ともない!

どうもご心配おかけしました!
# by maropu21 | 2006-01-30 22:36 | 日常雑記 | Trackback | Comments(4)

いろいろなお話~食べ物・猫・犬・旅・日常・留学とアメリカ生活のこと


by maropu21